ワクワクメールに関するコンテンツ

更新:2020.05.16 作成:2020.03.10

ワクワクメールのブロック機能について解説。設定や解除方法とは

wakuwakumail-block-1

 

ワクワクメールで女性とやり取りしていると、「○○さんとやりとりすることができません」と表示されることがあります。

 

「何かあったのかな?」と心配になるかもしれませんが、実はこれ、相手側からブロックされてしまっているのです。

 

逆に、「この人はブロックしたい」と思うこともあるかもしれません。

 

そこでこの記事では、ワクワクメールのブロックについて、その設定と解除方法をご説明していきます。

 

また、ブロックされるありがちな理由についても記載しておきますので、注意すべき点として頭にいれておいてください。

 

ワクワクメールのブロック機能とは

wakuwakumail-block-2

 

ワクワクメールにおけるブロックとは、特定の会員との関わりをすべて排除するための機能です。

 

自分、または相手のどちらかがブロックすると、お互いにプロフィールや募集、日記、つぶやき等の書き込みを閲覧できなくなります

 

なので、ブロック以降の行動に関して、相手方に知られる心配がなくなります。

 

さらに、相手方から嫌がらせや抗議のメールが届くこともなくなります。

 

その一方で、自分がブロックされてしまった場合は、どんなに連絡を取りたいと思っても、解除してもらえるまでは正常にコンタクトできません。

 

日常生活においてこれほどまでにきっぱりと「NO」と意思表示されることはあまりないかもしれませんが、ワクワクメールではよくあることなので、普段からブロックされないようなやり取りを心掛けておく必要があります。

 

ブロックされた・した場合の機能制限

 

仮にAさんがBさんのことをブロックした場合、Aさんが残した足あとは全て消えます

 

加えて、Bさんからプロフィールや募集、日記、つぶやき等を閲覧されることもなくなります。

 

もちろん、BさんはAさんにメールを送ることができなくなります。

 

この時、Bさん側の画面には、「○○さんとやりとりすることはできません」と表示されますから、ブロックされたことに気付くことでしょう。

 

とはいえ、Bさんが退会後に再登録したり、名前の変更をした場合でも、ブロックした状態が継続されますから、基本的にはBさんからのコンタクトは一切なくなることになります。

 

なお、ワクワクメールにはブロックと似た機能で、「見ちゃイヤ☆」というものがありますが、こちらは相手に募集(掲示板)への書き込みを見せないようにするための機能です。

 

なので、掲示板への書き込み以外に関しては、通常通りとなります。

 

ブロックの設定と解除方法

wakuwakumail-block-3

 

ここでは、ブロックの設定と解除方法についてご説明します。

 

ブロックの設定方法

 

相手をブロックするには、以下の手順で操作します。

 

1.ブロックしたい人のプロフィールページを表示させる
2.画面下部にある「ブロックリストにいれる」を選択
3.コメント(ブロックの理由)を記入する(任意)
4.最後に「ブロック」を押して完了

 

ブロックの解除方法

 

ブロックの登録が完了すると、ブロックリストに相手の名前が表示されるようになりますが、いつでも解除することができます

 

以下がその手順です。

 

1.マイリストの「ブロックリスト」を表示させる
2.解除したい相手の名前にチェックを入れる
3.「ブロック解除」を押すと解除完了

 

相手にブロックされた後にブロックし返す場合

 

あまり意味はないかもしれませんが、相手からブロックされた後にブロックし返すことも可能です。

 

その場合には、やりとりやメモが残っていることが条件となります。(やりとりやメモが残っていない場合は、ブロックリストに入れることができません)

 

その手順は以下の通りです。

 

1.やりとり履歴やメモ一覧から相手のプロフィール画面を表示させる
2.画面下部の「ブロックリストに入れる」を選択する
3.「ブロック」を押して完了

 

 

男性側がブロックされるありがちな理由

wakuwakumail-block-4

 

すでにご説明した通り、一度ブロックされてしまうと、基本的に相手側から解除してもらうまでコンタクトをとることができなくなります。

 

なので、最優先に考えるべきは、「ブロックされないように振舞うこと」となります。

 

そこで、男性側がブロックされるありがちな理由をご紹介しておきます。

 

なかにはついやってしまいがちなこともありますから、ブロックされることのないように頭にいれておきましょう。

 

気持ち悪い・怖いと思われてしまった

 

相手が素人女性であった場合、大なり小なりネット上での出会いというものに不安を感じているものです。

 

なので、ちょっとしたことで「気持ち悪い」「怖い」などと思われてしまいます。

 

なかでも多いのが、度々足あとを残してしまった場合です。

 

女性側も出会いを求めているわけですから、足あとを残してくれた男性のことはちゃんとチェックしています。

 

なので、毎日のように足あとを残していると、「この人にいつも覗かれているようで怖い」と思われ、ブロックされてしまいます。

 

それではまったく出会いにつながりませんから、少しでも興味があるのであれば、メールを出すなり、スマイルを送るなりの意思表示をした方が良いでしょう。

 

あるいは、その女性が日記をつけているのであれば、そこからコメントを送るというのもとても有効です。(日記からコメントを送る場合はポイントを消費しません

 

しつこいと思われてしまった

 

思い切ってメールを出すのは良いのですが、問題は相手から返事がない場合です。

 

「どうしてもやり取りしてみたい」「男らしく猛アタックすれば何とかなる」などという思いから、返事がないまま立て続けにメールを送る人がいるようですが、、、

 

それでは「しつこい」と思われてしまいます。

 

1回返事が来ない程度であれば、相手が返信するのを忘れている可能性もありますが、2回メールしても返事がない場合は、興味を持ってもらえてないと判断すべきでしょう。

 

にも関わらず、しつこくメールを出しているとブロックされてしまいます。

 

そこはむしろ、しばらく放置して相手の気持ちが変わるのを待った方が得策です。

 

相手側の気分を害した

 

やり取りがスタートした後もブロックされる可能性は残ります。

 

例えば、冗談のつもりで書いたことで相手の気分を害してしまったり、傷つけてしまったりすることがあります。

 

あるいは、「この人、私に興味がなさそう」とか、「チャラそうでヤリモクっぽい」などと思われることもあります。

 

こうしたトラブルを避けるには、女性が書いてきた内容に賛同しつつ話を広げていくというテクニックが有効です。

 

女性は話を聞いてもらいたがる傾向があるので、その内容に賛同している間は、ブロックされることはないはずです。

 

相手側に特定のパートナーができた

 

「上手くやり取りを重ねてきたのに急にブロックされた」という場合は、相手側に特定のパートナーができた可能性があります。

 

律儀な女性は、「特定の男性がいる状態で他の男性とやり取りするのは良くない」と考えるからです。

 

とはいえ、その男性と関係が発展していくとは限りませんから、気長に待っているうちに返事がくることもあります。

 

掲示板への投稿を見られた

 

一人の女性とやり取りしている際中であっても、掲示板を使って他の女性を募集してみたいと感じることもあるでしょう。

 

ですが、その投稿を見られてしまったことで、やり取りしていた女性からブロックされてしまうことがあります。

 

おそらく、「私とやり取りしてるのに他の女性を募集するなんて失礼だ」ということなのでしょう。

 

そんな展開にならないようにするには、「見ちゃイヤ機能」を使って、掲示板に投稿したことを隠しておくのがベストです。

 

これが効果的に働くことが多いので、活用することを強くおすすめします。

 

女性側がブロックされるありがちな理由

 

女性も男性からブロックされることがあります。

ここでは、女性側がブロックされるありがちな理由について解説します。

 

業者だと思われた

 

ワクワクメールに登録している男性は、常に「女性が業者ではないか」と警戒していることが多いです。
なぜかというと、ワクワクメールには一般女性のふりをした業者が潜んでいるからです。

 

たとえば、こういった行動を取ってしまうと業者だと思われてしまいかねません。

 

  • ●「会おう」「LINE交換しよう」としつこく誘う
  • ●逆に、なかなか会ったりLINE交換したりしない
  • ●なかなか返事をしない
  • ●短文のメッセージを送ってしまう

 

業者だと思われないためには、「自分の情報」をしっかり伝えるようにしてください。

女性が知り合いだった

 

ワクワクメールは累計会員数800万を超す人気出会い系サイトなので、知り合いに会ってしまう危険性があります。
直接的な知り合いじゃなくても、「友達の友達」「知り合いの兄弟」などと出会ってしまう可能性はゼロではありません。

 

また、既婚者の男性は、身バレを防ぐために「知り合いかもしれない」と疑わしい人物はすぐにブロックします。
この場合、解除は望めないので諦めたほうがいいでしょう。

ブロックされたら最後の1通メール機能を使う

wakuwakumail-block-5

 

対策を講じていたにもかかわらず、残念ながらブロックされてしまった人は、「最後の1通メール」に望みを託すことになります。

 

ブロックされてしまうとコンタクトをとることができないとご紹介してきましたが、実はこの「最後の1通メール」を使って、ブロック後に1回だけメールを送ることができます

 

これはすれ違いや勘違いによる誤解からブロックされた時のために設けられた機能で、相手から返信があった場合に限り、さらにもう1通送信できます。

 

あるいは、問題が解消されて相手がブロックを解除してくれるかもしれません。

 

なので、上記の「ありがちな理由」も含めてブロックされた原因を推理し、その問題点を解決するような内容のメールを送るようにしてください。

ワクワクメールのブロックに関するよくある質問

ワクワクメールのブロックに関するよくある質問をまとめました。

ブロックした・された場合には、こちらを参考にしてください。

ワクワクメールでブロックされた!再登録したら元に戻る?

退会してもブロックされたままです。
どういうことかというと、ワクワクメールの再登録は、完全にアカウントを作り直すことではないのです。
つまり、前回のデータを引き継いでしまうため、「ブロックされた」という状態は継続するんですね。

 

アカウントを新しく作り直したい場合は、別の電話番号を使ってワクワクメールに登録するしかありません。
また、退会&再登録するとデータがすべて消滅してしまうので、注意してください。
詳しくはこちらの記事で解説しています。

見ちゃイヤと何が違うの?

見ちゃイヤに設定した相手には、掲示板の投稿が見られなくなります。
たとえば、ピュア募集で出会った女性に、こちらが「その他募集でセフレを探している」と知られたら引かれてしまいますよね。
そういったときに、相手を見ちゃイヤリストに追加するのです。

image1
見ちゃイヤに設定しても、相手とはそのままメール交換を続けられます。
連絡を取りたくない場合は見ちゃイヤではなくブロックしましょう。

 

相手が業者だった!ブロックするべき?

 

相手が業者だったら、ブロックと同時にサポートに通報しましょう。
通報内容が認められれば、相手は強制退会などのペナルティを課せられ再登録もできなくなります。

 

このような特徴が見えた場合は通報するようにしてください。

 

  • ●しつこく個人情報を聞き出そうとしてくる
  • ●18歳未満だとわかった
  • ●他のサイト・アプリに誘導しようとしてくる

 

業者の特徴に関しては、こちらの記事でもまとめています。

 

ワクワクメールでブロックされてしまう人の共通点

 

ワクワクメールのユーザーを調査したところ、ブロックされてしまう人には共通点があると判明しました。

 

ブロックを回避してたくさんの女性と出会うためには、ここで紹介する共通点を把握しておきましょう。

 

強引に「会おう」「LINE交換しよう」と迫る

 

ワクワクメールに登録している本物の女性は警戒心が強いです。
なぜかというと、マッチングアプリなどに比べて業者や悪質なユーザーに出会ってしまう危険性が高いからです。

 

だからこそ、男性は女性に対して「自分は危険人物じゃない」としっかりアピールしないといけません。
信頼してもらうためには、こういった行動が必要です。

 

  • ●写真とプロフィールを充実させる
  • ●自分の情報を相手に伝える
  • ●日記やつぶやきで自分の日常を紹介する
  • ●敬語で話しかけて紳士的な態度を貫く

 

デートの約束やLINE交換は、仲を深めてからお願いするようにしてください。

メールの内容がつまらない

自分を信頼してもらえても、メールの内容がつまらなければブロックされてしまいます。
女性は男性の数十倍メールをもらうので、「この人とは仲良くなれないな」と思った相手がいたらすぐにブロックするのです。

 

相手と仲を深めたいなら、このようなメールを送るように心がけてください。

 

  • ●質問は「はい」「いいえ」で答えられるよう分かりやすく
  • ●相手との共通点をアピールする
  • ●女性を褒める、しっかり相槌を打つ

 

詳しくはこちらの記事でもまとめています。

相手とニーズが合致していない

相手とニーズが合致しない場合にも、ブロックされる恐れがあります。
ワクワクメールは婚活・恋活以外にも、さまざまな目的で使えるからです。
たとえば、婚活・恋活目的で使っている女性に対して割り切りの条件を伝えたら、確実にブロックされてしまいますよ。

 

また、ニーズが一致していても、条件で折り合いがつかないという場合もあります。
この場合、女性の意思を尊重するか、諦めて他の人を探すしかありません。

 

ワクワクメール以外でおすすめのサイト・アプリ

 

しょっちゅうブロックされてしまう場合、「自分がワクワクメールに合っていない」という可能性も考えられます。
ワクワクメールに合っていない方は、別のサイトやアプリを使うことで出会える可能性がありますよ。

 

たくさんの女性と出会いたいなら:ハッピーメール

 

たくさんの女性と出会いたいならハッピーメールがおすすめです。
ハッピーメールの累計会員数は2,000万人と、ワクワクメールの2倍以上です。
実際に掲示板を見てみても、分単位で新規投稿されており、どの地域・ジャンルでも盛り上がっていますよ。

 

ワクワクメールは会員数が少なめであるため、地方で使う場合は、女性からブロックされてしまうとアプローチできる人がどんどん減っていきますよね。
しかし、ハッピーメールは地方でもたくさんの女性と出会えるので安心してください。

 

真剣に婚活・恋活がしたい:ペアーズ

 

真剣に婚活・恋活がしたい場合はペアーズがおすすめです。
ペアーズは婚活・恋活専用のマッチングアプリで、会員のほとんどは真剣です。

 

ワクワクメールでも婚活・恋活はできますが、残念ながら真面目な方はあまりいません。
ペアーズで婚活・恋活しつつワクワクメールで友達・セフレ探しをする、という使い方がおすすめですよ。

 

パパ活したい:シュガーダディ

 

パパ活したいならパパ活専用アプリを使うべきです。
その中でもおすすめなのは、男性料金が安く女性の会員が多いシュガーダディです。

 

シュガーダディはワクワクメールと違って月額課金制で、有料会員になればメッセージが送り放題になります。
「デート可能日」機能を使えば希望する日に遊べる女性を簡単に見つけることができ、出張のときでもパパ活相手を見つけられますよ!

まとめ

 

この記事では、ワクワクメールのブロック機能についてご説明しました。

 

この機能を使えば、相手との繋がりを完全に断ち切ることができます

 

なので、好意を持っている女性とやり取りする場合は、「ブロックされないように心掛ける」ということがとても重要になってきます。

 

それでもブロックされてしまった場合は、何が問題だったのかを自分なりに分析し、それを解消する内容を「最後の1通メール」に書いて送ってみてくださいね。