ワクワクメールに関するコンテンツ

更新:2022.11.24 作成:2019.11.20

ワクワクメールとハッピーメールを目的別に徹底比較!どっちが出会いやすい?

「大手出会い系アプリって種類がたくさんあるけど、どれも同じでは?」「ワクワクメールハッピーメールってどう違うの?」

こう考える人は大勢います。

そこでこの記事では、ハッピーメールとワクワクメールの違いについて注目。

どちらが低コストで出会えるのか、どんな人に向いているのかなどが気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

\ワクワクメールは登録無料!/
ワクワクメールに今すぐ無料登録(R18)

ワクワクメールとハッピーメールどんな違いに注目すべき?

wakuwaku-happymail-chigai1

ワクワクメールとハッピーメールの違いはさまざまですが、全てに注目する必要はありません。

注目すべきポイントは、男性と女性で異なります。

男性の場合は料金面と業者対策の充実度

男性であれば、注目すべきは料金と業者対策の充実度。

ワクワクメールやハッピーメールのような特定の目的にとらわれずに、出会いを探すことができるサービスは、業者の少なさや、見分けやすさが出会いやすさに繋がります

アクティブユーザーの数を測れれば出会いやすさも分かりますが、地域差や個人の体感も大きく影響してしまうことから、そういった要素は一旦除外しておきましょう。

女性の場合は安全面とユーザーの質

女性が注目すべきは厄介な男性に遭遇した際のサポートや、男性ユーザーの質です。

ワクワクメールとハッピーメールは、どちらも大規模なサービスなので、男性ユーザーのかっこよさやお金持ち度はそれほど変わりません。

そもそも、すべの出会い系サイトに条件検索機能があり、希望の年収や職業で検索することが可能。

どの層にも多くの利用者がいますから、お金持ち度を気にする必要はないといえます。

よって、ユーザーの質で一番気にすべきは恋活や婚活意識が著しく低いヤリモクの多さです。

結論:若い世代を狙うならワクワクメール!熟女狙いならハッピーメール!

結論から言うと、どの世代の女性を狙うかで選ぶべきアプリは変わります。

若い世代を狙うならワクワクメール、30歳以上を狙うならハッピーメールがおすすめです。

一時期ワクワクメールは、公式がパパ活を推奨していました。(現在はそういったことはありません。)

その影響で、10代後半~20代前半ユーザーへの認知度が高いと考えられます。

ワクワクメールとハッピーメールの違い 概要

会員数と利用料金だけを見ると、ハッピーメールの方が良さそうなサービスに見えます。

しかし、会員数と利用料金だけでは実態が見えないのが事実です。

ワクワクメール ハッピーメール
運営会社 ワクワクコミュニケーションズ アイベック
会員数 1,000万人 3,000万人
男性利用料金 メッセージ送信1通50円
プロフ閲覧無料円
プロフ画像閲覧1人20円
メッセージ送信1通50円
プロフ閲覧無料
プロフ画像閲覧1人20円
女性利用料金 無料 無料
アプリストア評価 3.6 3.3
年齢認証の有無 必須 必須

※ワクワクメールの口コミ評価はApp Store、ハッピーメールはGoogle Play

ハッピーメールは30代以上の年齢層に強い

wakuwaku-happymail-chigai3

ハッピーメールとワクワクメールともに、女性会員は20代が中心です。

ただし、その割合に関していうと、両者に違いがあります。

ハッピーメールは30代以上の女性もそこそこいますが、ワクワクメールは20代の若い世代に大きく偏っているのです。

出会い系サイトでは男女の年齢差が10歳以上あると出会いにくくなるというデータがありますから、30代後半以上の男性はハッピーメールを利用すべき。

一方、20代の男性はワクワクメールを軸にしてハッピーメールをサブ的に使うのがおすすめです。

援助交際、ヤリモクなど邪魔なユーザーの多さ

マッチングサービスには、援助交際、ヤリモクといったできれば遭遇したくないユーザーが必ず存在します。

問題は援助交際やヤリモクでワクワクメール、ハッピーメールそれぞれを利用するユーザーがどれくらいいるかです。

編集部が実際に使用した感想としては、援助交際、ヤリモクはハッピーメールの方が1〜2割ほど多い印象。

とはいえ、真剣に恋活している人が少ないという点で両者は共通しており、どちらを利用するにしても真剣に恋活している人を見つけるテクニックを磨くことが肝心です。

ワクワクメールとハッピーメールの違い:安全性

出会い系サイトにおける安全性とは、『悪質な会員の有無』『サイバーセキュリティ』『サポート体制』の3つを指します。

悪質会員の有無について

出会い系サイトにおける悪質会員の代表格といえば、業者、サクラ、キャッシュバッカーの3つです。

これらのうち、業者はワクワクメールとハッピーメールのどちらにも大勢います。

もっといえば、全ての出会い系サイトにおいて女性会員の半数以上は業者です。

また、サクラに関しては両社とも業界大手ということもあり、一切存在していません。

一方、キャッシュバッカーはどちらにも常に一定数います。

どちらが多いかを正確に計算することはできませんが、ワクワクメールの方が比率が高い、と編集部は考えています。

これはキャッシュバッカーは複数の出会い系サイトを掛け持ちする傾向があるため。

キャッシュバッカーがワクワクメールとハッピーメールの両方に登録しているなら、人数の少ないワクワクメールの方が比率は高くなるはずです。

サイバーセキュリティについて

近年、クラッキングやハッキングといったサイバー犯罪の被害に遭う企業が増えています。

2021年には某大手マッチングアプリで会員情報が大量に流出するといった事件もありました。

こうしたサイバー攻撃にはファイアウォールの枚数を増やして備えるのが一般的。

ワクワクメールやハッピーメールがどのくらいのファイアウォールを構築しているのかは分かりませんが・・・

ファイアウォール構築には高額な費用がかかることから、収益力のある方が取り組みやすいはず。

そう考えると、会員数の多いハッピーメールの方が分厚いファイアウォールを持っているのではないでしょうか。

サポート体制について

wakuwaku-happymail-chigai5

ハッピーメール、ワクワクメールともに、サービス内のトラブルを相談できる窓口があります。

どちらも、メールだけではなく電話でも問い合わせが可能

後は電話の繋がりやすさや返答までの期間といった質の問題ですが・・・

編集部が同時刻にハッピーメールとワクワクメールの両方に同じ内容の問い合わせメールを送ったところ、ハッピーメールの方が数時間早く返信がありました

ワクワクメールとハッピーメールの違い:料金面

2022年10月、iOS向けアプリを供給しているAppleがアプリ利用料を値上げしました。

それに伴い、アプリ内課金を導入しているすべての企業が一斉に料金を改定。

ハッピーメールやワクワクメールでいえばポイント単価に変化が生じたのです。

そこで、2022年11月時点の最新料金表で両社を比較していきます。

ポイント消費の違い

<ワクワクメールのポイント消費>

行動 消費量 行動 消費量
掲示板閲覧 1P 画像閲覧 2P
掲示板投稿 5P(1日1回無料) プロフィール作成 無料
日記コメント 無料 プロフィール閲覧 無料
日記投稿・閲覧 無料 メッセージ閲覧 無料
メッセージ送信 5P

<ハッピーメールのポイント消費>

行動 消費量 行動 消費量
掲示板閲覧 1P 画像閲覧 2P
掲示板投稿 5P(1日1回無料) プロフィール作成 無料
日記コメント 無料 プロフィール閲覧 無料
日記投稿・閲覧 無料 メッセージ閲覧 無料
メッセージ送信 5P

基本的な行動におけるポイント消費量は上の表の通り。

ハッピーメールとワクワクメールの間に明確な差はありません。

あえていうなら、ワクワクメールは掲示板への投稿が1日1回無料。

それに対して、ハッピーメールはすべてのジャンルに対して1日1回無料となっており、ハッピーメールの方がお得です。

ポイント単価の違い

<WEB版ワクワクメールの料金表>

金額 ポイント数
1,000円 110P
2,000円 230P
3,000円 400P
5,000円 700P
10,000円 1,500P
20,000円 3,000P

<WEB版ハッピーメールの料金表:クレジットカード決済>

金額 ポイント数
500円 50P
1,000円 100P
2,000円 210P
3,000円 370P
5,000円 650P
10,000円 1,400P
20,000円 2,800P

WEB版の料金を比較すると、どの金額で購入してもワクワクメールの方が10%前後お得

もっとも、会員数はハッピーメールの方が圧倒的に多いわけで、それを金銭的価値に換算して考えると、ハッピーメールの方がお得といえるでしょう。

<アプリ版ワクワクメールの料金表:iOS>

金額 ポイント数
650円(初回限定) 65P
1,000円 100P
1,500円 150P
2,800円 280P
4,000円 400P
6,600円 660P
12,800円 1,280P

<アプリ版ハッピーメールの料金表:iOS>

金額 ポイント数
490円 49P
730円 730P
1,600円 170P
2,320円 247P
3,920円 432P
8,000円 940P

*アプリ版は2022年10月に料金改定

ハッピーメール、ワクワクメール共に、アプリ版はWEB版より単価が高くなっています。

そのため、特殊な事情がない限り、アプリ版から課金するのはおすすめできません

それでもあえてアプリ版の料金を比較するなら、ハッピーメールの方が10%ほどお得です。

無料ポイントの違い

wakuwaku-happymail-chigai6

登録時にもらえる無料ポイントは、両社ともに1,200円相当

他の出会い系サイトは800~1,000円相当なので、ハッピーメールとワクワクメールはかなりお得です。

せっかくお得な出会い系サイトが二つあるのですから、ユーザーとしては併用するのがベスト

2社合わせて2,400円相当の無料ポイントとなり、これだけあればたとえ出会い系サイト素人であっても十分に出会えます。

利用目的による違い

ワクワクメールにしろハッピーメールにしろ、ユーザーの利用目的は様々。

マッチングアプリ代わりとして恋活目的で使う人もいれば、割り切りやパパ活といったアダルトな出会いを目的としている人もいます。

また、アフィリエイトやキャッシュバック(女性のみ)による収入が目当ての人も。

これらの点についてもワクワクメールとハッピーメールでは若干違います。

恋活目的

概要の項目でもお伝えした通り、女性の年齢分布をみるとハッピーメールの方が幅広く分布しています。

また、ハッピーメール、ワクワクメール共に真剣に恋活している女性の大半は30代中盤以上。

ということは、ワクワクメールより30代以上の比率が高いハッピーメールの方が恋活には有利だといえます。

問題は20代をターゲットとした恋活ですが・・・

残念ながら、両社とも20代女性はパパ活や援助交際といったお金目的の人ばかり

これはどの出会い系サイトにもいえることなので、20代女性をターゲットにした恋活がしたいなら、マッチングアプリを選択してください。

割り切り・パパ活目的

wakuwaku-happymail-chigai8

前述の通り、ワクワクメールは20代女性の比率が非常に高く、彼女達の利用目的はお金です。

よって、男性がパパ活をするならワクワクメールの方が有利

また、ハッピーメールは年々パパ活や割り切りといったアダルトな出会いに対する規制を強めているという背景もあります。

アフィリエイト目的

wakuwaku-happymail-chigai9
※ワクワクメールのアフィリエイトランクに関する画像

アフィリエイトで扱うのであれば、単価の高いハッピーメールがおすすめです。

また、単価とは別にハッピーメールは会員数が多いことから、ハッピーメールの体験談などの需要は高く、稼ぎやすいといえます。

ワクワクメール ハッピーメール
単価決定方法 ランク制 ランク制・全承認
単価 2,000-5500 2,000-5500
平均単価 3,000円 4,000円

まとめ

この記事では、ハッピーメールとワクワクメールの違いについてご紹介しました。

基本的には似ている両社ですが、あえて違いをいうなら、女性会員の年齢分布と料金

とはいえ、神経質になるほどの差ではなく、出会いやすさを考えるなら併用するのがベストな選択といえます。

\最大1200円分のポイントがもらえる!/
ワクワクメールに今すぐ無料登録(R18)