出会い系サイトの攻略法

2017.04.11

セフレの作り方を徹底検証!今最も出会い易い方法とは

見出し

そもそもセフレって何?

交際期間の長期化や結婚によってパートナーとのセックスがマンネリ化してしまいその不満をセフレという形で補おうとするのは今も昔も変わらないあり方ですが、そのセフレという存在も最近では男性だけに限ったことではなく、女性にも当たり前のようにいるということをご存知でしょうか?
もちろんすべての男女がセフレを所有しているというわけではありませんが、セフレを求めて出会いを探している女性がここ数年の間で非常に増えてきていることも事実です。
しかしここで問題となってくるのは「そもそもセフレとは一体何なのか?」というセフレの定義の部分だと思います。
男女間でセフレの定義が異なることがある可能性もありますし、女性がセフレを求めている理由と男性が求めている理由に根本的な相違がある場合もあります。
ですが、セフレ(セックスフレンド)という言葉からもお分かりの通り、セフレとはセックスだけを楽しむ関係、つまり体だけを目的につながりを持つ関係性を意味しています。
もちろんセフレの中には食事を共にしたり、共通の趣味を一緒に楽しんだり、恋人さながらの時間を共有しながらも体の関係を維持する場合など人によってセフレのあり方は様々なので、一見するとごく普通のカップルと大差ないと思われることが多いのです。
そのため、セフレからいつの間にか恋愛感情がわいてカップルになるケースもあれば不倫関係をズルズルと継続させることもあります。
しかし基本的にセフレというのはセックスだけを目的とした関係、という認識に男女間の相違はないと考えていいでしょう。

セフレと出会う方法まとめ

とはいえそんなに都合よくセフレになってくれる女性なんて存在するのだろうか?という疑問が頭を過ぎった男性も少なくないでしょう。
結論から言ってしまうと、セフレと出会うことそれ自体は決して難しいことではありません。
セフレの作り方として代表的な方法は以下の通りです。

・SNSを通じて知り合う
・街でナンパする
・アプリを使う
・出会い系サイトを使う
・趣味のサークルに入る

ほかにも職場の出会い、友人の紹介などいろいろと方法はありますが、セフレを探すという目的一点に集中するのであれば現実的に考えて出会い系サイトやSNSなどが一番効率よく手軽であることは間違いないでしょう。
また大手出会い系サイトは若い世代の女性が愛読するような女性誌にも積極的に広告を出しているので新規登録するユーザーが連日絶えることもありませんし、10代20代のセフレを作りやすいというメリットもあります。

セフレはどこで見つけられるのか?

セフレと出会うきっかけは広い視野で考えればどこにでも転がっていると言えますが、長期間セフレという関係を安全に維持していくためにはできることなら自分の私生活に全く関与していない女性を見つける方が後々都合がよいです。
例えば職場関係の女性とセフレになった場合、関係が良好な間はそれでいいですが破綻すれば悪い噂を広められる可能性もありますし、別れる時も何かと面倒な事態に発展する恐れがあります。
友人の紹介も同様に、トラブルが発生すれば腹いせに事実無根のことを吹聴されて友人との関係性がギクシャクする危険性もあります。
これらの危険性も考慮したうえでより手軽にセフレを見つけられる方法としてはやはり出会い系が一番効率的だと言えるでしょう。

【特集】出会い系でセフレを探すなら、PCMAXとイククルがおすすめ!

出会い系サイトはセフレ作りの王道手段といっても過言ではありませんが、出会い系サイトであれば何でもOKというわけではなく、やはりセフレを作りやすいサイトとそうではないサイトがあります。
ではセフレ作りをするうえで欠かすことのできない出会い系サイトをご紹介していきましょう。

PCMAX

出会い系サイトの中でも運営年数、会員数共にNo1の実績を誇る出会い系サイトです。
セフレ探しとして利用できるアダルト掲示板には毎日募集の書き込みが更新される盛り上がりっぷりなのでセフレ候補を探すにはまず抑えておいてほしい出会い系サイトです。

ユーザ例

  • 名前:ゆき
  • 年齢:18歳
  • 職業:専門学校生
  • 出会いの目的:彼氏探し
  • コメント:別れたばっかりで、寂しい・・・。まずは一緒にご飯に行ってくれる人募集!
  • PCMAX公式サイト(18歳未満は利用禁止)

イククル

登録者数800万人突破という驚異のユーザー数を誇る老舗出会い系サイト。数ある出会い系の中でも今最も勢いがあるのはイククルといってもいい位の盛り上がりを見せています。
写真掲載率が高いので顔写真をチェックしてからアプローチできる点もイククルの特徴です。

ユーザ例

  • 名前:かな
  • 年齢:19歳
  • 職業:学生
  • 出会いの目的:彼氏探し、メル友探し
  • コメント:大学生になったばかりです!女子大で出会いがないので登録してみました!優しい人が好きです。
  • イククル公式サイト(18歳未満は利用禁止)

セフレを作る為のコツ

セフレ作りがしやすいプロフィールとは

出会い系サイトでは必ずといっていいほど登録後にプロフィール作成の手順を踏むことになりますが、早く女性とコンタクトをとりたいあまりプロフィールを適当に書いたり嘘八百を並べ立てている方も多いと思います。
しかし、例えセフレ作りを目的にしている場合でも適当なプロフィールでは誰も見向きもしてくれませんし、それどころかお金と時間だけ割いて結局セフレを作れなかった……となる可能性大です。
では、セフレ作りにおいて気を付けておきたいプロフィール項目とはどのような部分なのでしょうか。
ここからはプロフィール作成において欠かせない最低限の知識についてご紹介します。
ではまずはじめに、プロフィールが何のために存在しているかについて考えてみましょう。
出会い系サイトでは誰もが赤の他人です。まったく知らない人の人となりを知るためにはプロフィールから得られる情報がすべてとなります。
このプロフィールが適当な感じだったら「この人変な人かも……」と思ってしまうのは当然ですよね。
例として以下2つのプロフィールを参考に比較してみてください。

ケース1

ニックネーム ☆AOI☆
性格 明るくて天然
趣味 スマホゲーム
特技
マイブーム
職業
休日
恋人の有無
PR

ケース2

ニックネーム 香織
性格 のんびりしてます
趣味 ショッピングと旅行が好きです
特技 暗算が得意です
マイブーム お洒落なカフェを見つけるのにハマっています
職業 フリーターです
休日 基本は土日祝がお休みです
恋人の有無 恋人募集中です
PR 素敵な出会いがあればいいなーと思って登録しました!まずは気軽にメールもらえると嬉しいです(^^)/よろしくお願いします。

さて、上記2種類のプロフィールのうちどちらの女性とメールのやりとりをしてみたいと思いましたか?
恐らく大多数の方が後者のプロフィールを選ばれたと思いますが、実はこれ相手の情報を無意識のうちに確認して、より具体的ことが書かれている女性を自然と選んでいるためなんですね。
男性であれ女性であれ、まったく知らない人とメール交換をする時はまず相手のことを知りたいと思う心理が働きます。
しかし、必要最低限の情報がそこに開示されていなければ人間は対象を不審に思います。
・この人はどんな人なんだろう?
・なぜプロフィールをきちんと記入していないんだろう?
・プロフィールをきちんと開示できないということは何かやましいことがあるのかな?

という具合に、見えない相手のことを色々と妄想します。
そしてやりとりするかorしないかのジャッジを下すわけですね。
男性でもちゃんとしたプロフィールが書かれていない女性には「この子変かも……」と思うんですから、警戒心の強い女性ならなおさら「うわっこわ!無視しよう」と思うはずですよね。
なので、プロフィールを作成する上で最低限守ってほしいのは、

・自分が女性ならこのプロフィールを見てどう思うか
・項目をきちんと埋めること
・丁寧な言葉遣いを心掛けること

の3つとなります。
よく出会い系サイトに登録している女性はたくさんの男性からアプローチがくるのでいちいち一人一人のプロフィールなど見ていない、なんて言われていますが、女性はプロフィールは確実にチェックしています。
そしてその中から好感を持った男性だけに返事をしています。
少し時間を割いて丁寧にプロフを作るだけで返信率は格段に上がるので、面倒だと思わずにぜひ細かく項目を埋めてほしいと思います。

さて、では引き続いて実際にセフレ作りで使えるプロフィールの中身についてご紹介していきたいと思います。
セフレ作りの場合は相手に不信感を与えないこと、そしてやりとりしてみたい、と思わせることが第一条件となりますので、とにかく誠意ある自己紹介文が求められます。といっても真剣に恋人探しをしているユーザーのようにダラダラと長文で自己アピールをする必要性はありません。
要点をおさえるだけでも相手の興味を引くことは十分に可能です。
セフレ募集の場合で特に重要となってくるのは趣味や休日の過ごし方です。これは相手と話が合うかどうかを見極めるためでもあるのですが、メールのやりとりを続けるために話題性がどうしても必要となるので、相手と自分の共通の趣味や興味あることの方が攻めやすいためです。
あと、プロフィール作りでもう一点大切なのは「人と同じような自己紹介文にならない」ことです。
女性のプロフィールをざっくり見ればお分かりになるかと思いますが「同じようなこと書いてるな」「この自己紹介さっきも見た」みたいな感じのパターンがいくつもあります。
最初のうちは新鮮でプロフィールを見ているだけでも楽しめるんですが、だんだん同じような内容に見飽きてしまって「またこれか」とウンザリするようになるんですね。
そうなってくるとメールのやりとりすらしてもらえなくなります。
これは女性に限らず男性でも同じことが言えますよね?
なので、大勢のユーザーに埋もれないようなアピールはプロフィール内にほんの少し織り交ぜておいた方がいいでしょう。
といっても、凝りに凝った紹介文を作成する必要はなく、例えば趣味や特技、今ハマっていること、毎日欠かさずやっていることなどを少し付け加えるだけで十分です。
肝心なのはあなたの日常や人格をプロフィールに忍ばせることにあるので、ポエムとか小説の中の一節みたいな文学的な表現とかロマンチックな内容とかは一切不要ですし、逆にそれはそれで引かれるので止めておいた方がいいでしょう。

プロフィールは現実味のある内容で

出会い系サイトというバーチャルの世界だとどうしても自分自身を作ってしまう傾向にあるんですが、あまりにも完璧なスペックだと信憑性に欠けて嘘っぽいと思われます。
かといって低スペックの男性を装えばそれはそれで魅力を感じてもらえませんので、目安としてはリアルを100%だと仮定すると60~70%くらいダウンさせたプロフィールを作成するのが理想です。
その方が親しみもありますし、何よりも現実味があって言葉の一つ一つにも信憑性が出てきます。
「ハイスペックの男性以外はネットではモテない」「スペック詐欺をしないと女性は釣れない」なんて言われていますが、そんなことはありません。
むしろハイスペックの男性ほどネットではモテませんし、女性は警戒心を強めます。
「こういう欠点もあるけどここは自慢できるよ」という具合に、良さと悪さをありのままにアピールした方が人間らしく見えて女性からの好感を得られやすいということなんですね。
では、以下に参考にしてほしいプロフィールテンプレート集をご紹介していきますので、もし何を書けばいいのか分からない……と迷ってしまった場合には以下の文例をコピペして使用していただければと思います。

パターン1

はじめまして。
○○に住んでいる○○といいます。
男性ばかりの職場で出会いがないので思い切って登録してみました。
仕事上、人と話し機会も多いためか社交性があるとよく言われます♪
趣味は○○で、休日はよくジムに行ったり自転車乗ったりしています。
基本的にアクティブなのであまりインドアになることはありません(^^)/
逆にインドアな遊びがあれば教えてほしいです!
これを機に色んな人と出会えたらうれしいです。
よろしくお願いします!

パターン2

プロフィール閲覧してくれてありがとうございます。
○○に住んでいる○○といいます。
最近なかなか出会いもないので休日を一緒に過ごしてくれる人がいなかと思い登録してみました☆
趣味は○○が好きで、休みの日は時間があればよくやっています。
同じ趣味を持つ人もそうでない人も、まずはメール交換からよろしくお願いします。

パータン3

プロフィール見てくれてありがとうございます!
自己紹介は苦手なんですが、よかったら読んでくれると嬉しいです。
名前は○○、年齢○歳、○○に在住。
仕事は○○をしていて、休みは土日祝です。
こういうところで出会いを探すのは初めてですが、なかなかきっかけがないので登録してみました。
お互いの趣味とかハマっていることなど、まずはメールで色々と話せたらいいなーと思っています。
少しでも気になったらメールください!
よろしくお願いしますm(__)m

といった感じです。
ポイントは硬くなり過ぎず、かといってフランクになり過ぎない。丁寧で誠実なイメージをアピールしつつも親しみやすい雰囲気を醸し出し、それとなく自分の情報を加えること。
そうすることで女性は安心感を抱きます。
まあ、ないとは思いますが、「セフレ募集しています」とか「たくさんの女の子と知り合いたいです!」みたいな本音はプロフィール内では暴露しないでください。


あと、プロフィールに記入して好感を持たれやすい趣味と悪印象になりやすい趣味というものがありまして、だいたい男性の場合だと

・ジム
・スポーツ観戦
・旅行
・音楽
・バンド
・食べ歩き
・自転車
・車
・映画鑑賞

あたりが好感を持たれやすいかと思います。
逆に悪印象になりやすい趣味というのは

・漫画
・ゲーム
・フィギュア
・パソコン
・アイドル
・ギャンブル
・酒
・風俗
・アニメ
・鉄道

あたりでしょうか。
例えば明らかに漫画オタクの女の子が相手だと漫画やアニメの趣味は最強の武器となるんですが、漫画にまったく興味のない子に「僕実は漫画オタクなんですよ」なんて言っても引かれるだけですし、恐らくいいイメージを持たれないでしょう。
なので、こういった趣味がある場合はオブラートに包むか、別の趣味を記載するようにした方がいいかと思います。

セフレ作りのメールで心掛けたいポイント

プロフィールは第一段階に過ぎません。もっと言えば、プロフィールの関門を突破してからようやく本当の意味での試合がスタートします。
女の子をセフレにするためには兎にも角にもメールで話を弾ませる、会ってみたいなーと興味を持ってもらうことに尽きるわけですが、メールの返信が来たことにテンションが上がり過ぎて無駄な文字の羅列を並べたり、軽々しく誘ったり、言わなくてもいい情報を開示して自爆している人も多いです。
この「無駄な情報」と「無駄じゃない情報」の境目が非常に難しいとは思うんですが、結論から言うと男性の話は女性にとってすべて無駄だと思っていいでしょう。
ではまずは失敗例のメール文からご紹介します。

ケース1

メールありがとう!
とってもうれしいです。
彼氏と別れたばっかりなんだ?寂しいのかな?
何処住みなの?今から慰めてあげようか?

ケース2

返信ありがとう!
顔がすっごくタイプだったのでほんとにうれしいです!
そんなに可愛かったらモテるでしょ~?
ほんとに可愛いよね!

ケース3

こんばんはー。
早速なんだけど、あんまりダラダラメールするの好きじゃないので今週末とかよかったら会えないかな?

ケース4

こんばんは!
今日もお仕事お疲れさまでした~。
○○ちゃんはもう家に帰ったのかな?
僕はこれから帰宅です。
寂しいけど今夜はコンビニ弁当になりそう。。。あ、でもその前にジムに忘れ物取りに行かなくちゃいけないんだ。
そういえば今度三連休だね。
僕はスポーツ観戦が好きなので三連休も試合を見に行くんだ。
ちょっと遠いところだけど次の日休みだからね(笑)
楽しみだなー。またお返事待ってるね!

ケース5

○○さんこんばんは!
メールありがとうございます。
楽しい時間を共有してお互いにとってメリットある関係を作れる人を求めて登録してみました。
○○さんはどんな人を求めているんですか?
○○さんは趣味が音楽なんですね!
僕も音楽好きでよく聴くんですよ。
最近好きな音楽は何ですか?

といったところでしょうか。
ケース1~3に関してはもう下心が全面的に出過ぎてて相手にされないというパターンですね。
そしてケース4に関しては自分の話がほとんどなのでキモいと思われるパターンです。
ケース5は一見普通そうに見えますが、目的が「彼女探し」だとか「好きな人を見つける」という風に明確化されていないところにセフレ募集の雰囲気を感じさせますし、勘の鋭い女性ならすぐに見破ってしまうでしょう。
ここでは何度も申し上げていますが、セフレを作る上でもっとも重要なことは女性に信頼されること。つまり信頼されるような男性を演じるということです。
出会い系に登録している女性は男性ユーザーの話を聞くためにメールしているわけでもないし、男性の話には興味もありません。そして下心丸出しと分かれば即ブロックされます。
つまり、メールで話を弾ませるためには女性にたくさん話してもらうこと、女性が気持ちよく話してもらえるように聞き役に徹することがまず求められるということです。


セフレ作りのファーストメールとしては以下のような内容が適切です。

ケース1

メールありがとうございます。
私は○○に住んでいる○○といいます。
仕事は○○をしています。
趣味やプロフィールに惹かれて思わずメールを送ってしまいました。
もしよかったら仲良くしてほしいです。
私も休みの日は映画を観ることが多いです。○○さんはどんな映画がお好きなんですか?

ケース2

こんばんは。
お返事ありがとうございます。
プロフィールを見てとても気が合いそうだなーと思っていたのでメールくれてとても嬉しかったです。
今日はもうお仕事は終わりですか?
僕はもう少し残業です。
また時間がある時で結構ですので、お返事いただけると嬉しいです。

ちょっと堅苦しいのでは?と思われるかもしれませんが、少し硬いくらいの文面の方が誠実さをアピールすることができますし、紳士的な男性だと思われやすいです。
本当に出会いを目的にしている女性であれば、上記のようなメールには間違いなく食いついてきます。
エロ全開で狙うのもいいですが、まともな考え方を持つ普通の女性であればそのような男性と会いたいとは思わないでしょうし、そもそも女性側にメリットが少なすぎるのでそれで会いに来る人は逆に怖いですね。
セフレ作りをする場合のメールで大切なのは、信頼できる紳士的な男性を演じることです。
もっとはっきり言うと、本当に誠実かどうかはこの際どうでもいいことなのです。
女性に「誠実な男性」と思わせることが何よりも大事なのです。
詐欺師みたいで気が引ける……と思われるかもしれませんが、出会い系においてイメージというのはとても重要です。
そのイメージを作り上げるのはほかでもないメールの中身です。
メールの中身が誠実かつ紳士的なものであれば、女性は自然と男性を信用しますし「この人がセフレ探しをするはずなんてない!」とまで思い込みます。
まぁ、もうここまでくると思い込みというより洗脳に近いんですが。
兎にも角にも女性にそう思ってもらわなくてはリアルで会うことすら不可能になるので、嘘でも真面目な男性を装うようにするのがベストです。

セフレにしやすいタイプの女の子

女の子の中にはセフレにしやすい子としづらい子がいます。
セフレにしやすい子は比較的容易に落とすことができるので、タイプさえ見抜くことができればあとはその子に合わせてグイグイ攻めていくだけでOKなんですが、セフレにしづらい子はどれだけ攻めても微動だにしないのでよほど気になる相手じゃなければ時間をかけるだけ無駄とも言えます。
では、セフレ化しやすい女の子とはどんな子なのでしょうか?
その特徴を以下にまとめましたのでぜひ参考にしてください。

恋愛体質

彼氏がいなければ生きていけない、彼氏のいない人生なんて考えられないというタイプの子です。
恋愛体質というよりも恋愛依存に近いですが、彼氏がいなければ存在価値を見出せないという思考を持っているのでそのポイントを狙うと簡単にセフレ化できます。
ただし精神的に不安定な側面もあるので、関係を止める時はやや面倒なことになる恐れもあります。
あと、恋愛感情を持たれやすいのでセフレ関係を継続できる期間が限られるというデメリットもあります。

押しに弱い

頼まれると断れない、男性からの誘いをはっきり拒絶できない、といったタイプの子はとにかく押しさえすれば落とせる可能性大です。
そもそも押しに弱いタイプの子は自分の意思がなく、本当に嫌だと思っていても口にできなかったり、それすらも考えていない節があるので男性のペースに持っていけばすぐに流されてしまうのです。
「ねぇ、一度会ってよ。お願い」と何度も誘えば女性も断り切れなくなって会ってくれるかもしれません。
しかし、これが通用するのはあくまでも押しに弱い子限定であり、尚且つはっきりと拒絶されていない場合のみです。
思い込みでグイグイ押しすぎるとストーカー行為として訴えられる可能性もあるのでほどほどに。

上京してきたばかりの子

地方から上京してきたばかりの子は基本的に孤独です。
家族とも離れて暮らすうえに、身近に知り合いもいないわけですから、ネットワークができるまでは寂しい生活を強いられることになります。
そこに親身になってくれる男性が現れたらその人を信用してしまう可能性は大いにあるでしょう。
上京したばかりで右も左もわかりません、という子は少し親切にすればすぐ信用するのでピンポイントで狙い撃ちしてみるのもいいかもしれません。
ただし、地方から出てきた子は出会い系や職場で別の男性を見つけることも多いので、セフレ期間を継続するのが難しいという側面も持っています。

寂しがり屋の子

寂しがり屋の子はとにかく何かの依存していないと心が休まらないという習性を持っています。
特にネットは手軽に利用できるということもあって、依存する対象になりやすく、出会い系で色んな男性と関係を持っていることが多いのも寂しがり屋の子特有の傾向です。
あまり趣味がない、仕事以外にすることがない、楽しみがないというちょっとメンヘラ的要素も持っていますが、寂しさに付け込めば即セフレ化できることは間違いありません。その一方で、寂しがり屋の子は男性に依存する気持ちが強いため一度関係を持ったら別れるのに苦労するデメリットもあります。
一度きりの遊びなら最適のタイプですが継続すると別れるときにトラブルになることが大いに予想されるので、長く関係を持つことはありまおすすめできません。

シングルマザー

離婚歴がありかつ子供がいる女性は新しい恋人を作ることに躊躇している節があります。
ただでさえ一度結婚に失敗しているのに、それに加えて子供もいればそう易々と次の彼氏を見つけることもできません。
なので、将来のことを考えなくて済むセフレという関係はシングルマザーにとってとても楽であり、心地よい付き合いとなるのです。
相手の性格にもよりけりですが、セックスだけを楽しみながら上手く関係を継続していくことができるタイプの女性ではあります。
人生経験も豊富なので割り切った関係にも理解を示してくれるのもシングルマザーの特徴です。

主婦

主婦はこの中でもっともセフレに相応しいターゲットです。
というのも、主婦はそもそも既に結婚している身ですから恋人になってほしいとせがむこともないですし、あなたが望みさえすればお互いに都合のいい関係をずっと継続することができます。
ただしその関係は浮気の事実がバレないことが前提に成り立つことなので、不貞行為の事実を隠し通せる自信のある人向けであることも事実。
また家庭があるために会える時間などが限られているデメリットもあります。

どうやってアプローチすれば良いのか?

セフレという言葉を聞くとどうしても「不倫」や「割り切り」といった人目を気にするような関係を連想させますが、実際のところセフレを希望するのは既婚者ばかりではなく10代20代の若い女性もかなりたくさんいます。
もちろん彼女たちは最初からセフレを希望しているわけではありません。むしろ男性に対して警戒心を持っている女性がほとんどですから、例えば出会い系サイトの掲示板などで「セフレを探しています」というような書き込みを堂々としている女性がいればそれは高い確率でデリヘル業者かサクラだと思っていいでしょう。
逆にセフレ候補となり得る女性の場合は掲示板に「会うつもりはない」「メル友だけを募集している」という具合の書き込みをしています。
これだけを見ると、会うつもりもない女性をセフレにできるのだろうか?と疑問を覚えるかもしれませんが、その警戒心を逆手にとることができればセフレにすることは容易です。
特に出会い系サイトやSNS上で接触する時、ほとんどの女性は相手に多少の不安を抱いています。
疑心暗鬼に囚われている女性に対して「セフレになってよ」「LINE教えて」というメールを送ってしまえば返信は100%返ってきません。
そんな時は「会わなくてもいいからメールだけしよう」と、女性に合わせるようにするのがベストです。
警戒させないように心掛けていれば女性はあなたのことをいい人だ、と認識するようになり、メール交換を交わしていくうちに自然と興味を持ってもらえます。
しかし実際に会う段階に突入しても焦ってボディタッチを繰り返してしまわぬよう、ここでも注意が必要です。
執拗なボディタッチは女性の信用を一気に打ち砕く力を秘めていますし、何よりも初回で気持ち悪い人だと認定されてしまえば次回に繋がる可能性はほぼゼロに等しくなります。
そのため、会ってからも女性と親しくなるまではボディタッチを控えるようにして信頼関係を築くことに努めましょう。
セフレにするための第一歩はいい人だと思ってもらうこと。これに尽きるのです。

セフレを作るためには女心を理解する

前項でも既に触れましたが、女性は性欲があってもそれをオープンにすることはありません。
どれだけ欲求不満な時でも「誰でもいいからセックスしたい!」という気持ちは女性の中には生まれません。
これは男女の根本的な価値観の違いと言いますか、脳内の作りが根本的に違うためでもあるのですが、男性の本能への理解を女性に求めてもそれは到底無理な話なのです。
セフレ関係でもOKだという女性はそもそも最初からセフレを希望していたわけではなく、気が付けばセフレになっていたというパターンがほとんどです。
つまり「恋愛感情が生じて本当は恋人になりたいけれど、それを告白してしまうと今の関係が崩れるような気がするのでセフレを継続している」だけに過ぎないのです。
なので、セフレであろうがなかろうが、女性は恋愛感情なしには男性とセックスすることはできません。
しかし男性はそうではありませんよね。
その辺りの違いをよく認識したうえで女性を口説かなければいつまで経ってもセフレを作ることはできないというわけです。
あと、セフレができない男性の特徴として狙っている女性が的外れという点もあります。
例えば、貞操観念に強いこだわりがあってセフレ関係に嫌悪感を抱いている女性が相手だと、どれだけ一生懸命アプローチしても口説き落とすことは不可能です。
それどころか益々嫌われます。
セフレは男性にとっては非常に便利な存在ですが、女性にとってはメリットの少ない関係性です。
場合によっては大きなリスクも秘めているのでセフレという言葉に露骨に嫌な表情を浮かべる人も少なくありません。
なので、まずはそういった男女の関係にも比較的寛容な考え方を持っている女性をターゲットにすることをおすすめします。
とはいえ、先ほども述べた通り、女性はセックスがしたくてもそれをオープンにさらけ出すことはしませんから、雰囲気や反応から様子をうかがう必要があります。
そういう意味では出会い系サイトに登録している女性は比較的ハードルが低い傾向にあるので、ストリートナンパや合コンに比べてセフレにも理解を示してくれる人が集まりやすいのが特徴です。
出会い系サイトと言えばアンダーグラウンド感の強いイメージがありますが、サイト選びさえ間違わなければ安全に、かつセフレ候補となる女性を見つけることができます。

スペックはやや低めが狙い目!

とにかくかわいい女の子、スタイルのいい子、好みの子、という具合に自分の欲望が先行してしまいがちですが、セフレ作りの場合においてはやや低めのスペックを狙う方が後々上手くいく確率が高いです。
奇跡的に美女とセックスできたとしても1回限りで終わるか、遊ばれたことに相手が激怒してトラブルになる可能性が極めて高いです。
安心してセフレ関係を継続させたいのであれば少し低めのランクの女性をターゲットにして、徐々に接近していった方が上手くいくでしょう。
というのも、こういうタイプの女性は男性からのアプローチになれていないので積極的に押してくる男性には弱い習性があります。
また、一度男性のことを好きになるとそのまま流されてしまうという弱点も秘めているので、相手が好意を持ってくれさえすれば後は楽々セフレの関係に持ち込むことができるのです。
ただし、セフレになったからと言って手抜きをすることは禁物。
女性は男性の仕草や言動に敏感なので、優しさや配慮が見えなくなるとすぐに気持ちが冷めてしまいます。
セフレになった安心感から女性を蔑ろにしてしまう男性も多いと思いますが、維持するにはそれ相応の時間や労力を割くのは必須であり、努力を怠ればすぐに関係は崩れてしまいます。
出会い系サイトでも「セフレになってくれる子募集」「セックスしたい子いませんか?」といった書き込みをよく目にしますが、こうした書き込みに食いつく女性はまずいませんし、居たとすればそれはサクラか業者です。
女性を楽しませる努力、飽きさせない努力、相手を思いやる気持ちと気遣いはセフレであろうとも忘れてはならないポイントです。
逆にこれらを忠実に守っている男性はセフレを常時2~3人キープすることも容易ですし、相手から恨まれたりトラブルに発展することもありません。
そしてあなた自身の信頼度を高めるためにも、日頃から誠実で紳士的な対応を心掛けるようにしましょう。
そうするだけでも、女性からの評価はぐんと高まるはずですから。

セフレを作る時は可愛くない女の子から狙い撃つべし!

美人とブスはどちらも落とす難易度としては変わらない

「美人を落とすのは難しい」「自分と不釣り合いな気がして手が出せない」と思ってあえてランクを下げている人は多いんじゃないでしょうか?
しかしこれは大きな勘違いです。
可愛い子でもブスの子でも落とす難しいさと言いますか、それまでの工程はほぼ変わりません。身体的特徴が異なるだけで、脳はまったく同じ『女性』の考え方ですから、基本的にはアプローチも手段も手間もたいした違いはないんです。
美人だから落とすまで時間がかかるとか、ブスだから早く攻略できるとか、そんなマニュアルはありませんし、むしろ難易度はそれぞれの性格や個性に影響される部分が大きいと思うので、外見はその付属程度に考えておいた方がいいかと思います。
まぁ、極端な話をすると、どれだけブスで男性から人気のない女性をターゲットにしても、相手があなたに興味がなければ時間をかけて口説いてもまったく意味がありませんし、そもそも相性が悪い女性とはセックスまで持ち込むことができません。
この相性というのは外見的な要素よりも雰囲気とか話し方とか趣味といった内面的から発せられる要素の方がはるかに大きいと思います。
街中を歩いているとたまにいませんか?
普通レベルの男性と究極美人が腕を組んで歩いている姿を。
あれは愛人契約とかその道のプロのお姉さんってわけじゃなくて、本当に純粋に恋人関係にあるカップルです。
失礼ながら誰がどう見ても不釣り合いな見た目なのでちょっと違和感を覚えるものですが、ああいうカップルは内面の相性、つまりフィーリングで結ばれているんです。だから外見の不釣り合いも気にならないんですね。
ちょっと話が逸れてしまいましたが、結論としては相性さえ良ければ美人であろうとブスであろうと落とすことはできるってことです。

しかしブスの方が口説きやすいのは事実

これは「好き」「嫌い」という感情によってコミュニケーション能力が左右されるため、あえてブスを選んだ方が結果的に上手くいく確率が高まるからです。
分かりやすく以下にご説明していきましょう。
意識している人とは上手く会話することができなかったり、自然に話せなくていまいち盛り上がらなかった……という経験をしたことはないでしょうか?
これは自分の中で無意識のうちに「上手く話そう」とか「いいところを見せよう」という意識が働いて、逆にいい自分を見せられないためです。
しかし、タイプじゃない女性と会話している時は変に相手を意識することもないので自然と自分をさらけ出すことができますし、共通点が見つかれば自然と会話も弾みますよね。
これが美人とブスの違いです。
ブスの子といっても人によって見方も違いますし好みもありますので、ここでは興味のない子としておきましょうか。
興味のない子が相手だと100%の実力を発揮することができますが、好みの女の子だとその半分の力も出せずに終わってしまうことが結構あります。
面接、試験、試合、などの大事な場面に置き換えても同じことが言えますよね。
『意識する』という感情は行動や会話にも大きく影響し、意識すればするほど本来の実力を発揮できないものです。
だからこそ、最初からタイプの女の子で攻めていくよりもあまり興味のない女の子で練習した方がいい結果が得られやすいのです。
美人の子が相手だとそれだけで恐縮してしまって上手くアプローチするとか口説くどころの話じゃなくなりますが、ブスの子が相手なら「ダメでも次に行けばいいか」という余裕も生まれて、その余裕がさらに魅力に繋がって女の子を簡単に落とせるというわけです。

美人は競争率が高い

モテる女の子は常時色んな男性からアプローチを受けていますからやはり競争率はブスの子よりも高くなります。
これはどうしようもありません。
競争率と難易度は比例するかしないか?という点においてはそれぞれの受け止め方だと思いますが、出会い系サイトにおいては確実に比例しますし、競争率の高い子はそれだけ難易度も高いです。
また美人の子は実生活でも男性にチヤホヤされて生きてきたために、その影響をがっつり受けた恋愛観や考え方を持っています。
逆にブスの子は今まで男性から言い寄られたこともなければ「可愛いね」「綺麗だね」と褒められたこともないので、競争率も低い上に落とすのも簡単です。
美人の攻略が難しいというわけではありませんが、ただ、効率的に無駄なくセフレを探すことを目的とするならば最初はブスの子から狙っていった方がいいのは確かです。
ブスの子で口説き方を練習してセフレの作り方をある程度マスターしてから美人の子にシフトしていった方がスムーズにセフレを作ることができるでしょう。

セフレを作るなら腐女子がおすすめ!

オタク女子と言えば電車男の女バージョンみたいなイメージが定着して世の男性たちにも受け入れられ難い人種でしたが、近年ではその偏見意識もだいぶ緩和されてきつつあります。
オタク的趣味を持たない男性にとって腐女子を相手にすることはちょっぴりハードルが高いことのように思われるかもしれませんが、腐女子は男性のオタクと違ってその特殊な性癖を隠す傾向にあるので、扱いもそこまで難しいものではありません。
では、腐女子をセフレにするにはどうすればいいのでしょうか?
今回は腐女子の特徴からセフレに相応しい理由、そしてセフレの仕方までを解説していきます。

腐女子とは

腐女子=オタク女子と認識している男性も多いようですが、実はこれは大きな勘違い。
腐女子とは、男性同士の恋愛を題材としている漫画、アニメ、小説を好んで読んだり、その世界観に浸って妄想を楽しんだりする女性のことを指します。
別名BLオタクとも称されていますが、一般的に知られているオタク女子とは全くの別物です。
オタク女子は、男女の恋愛を扱った物語から男性同士はたまた女性同士に至るまで幅広く好む傾向があり、男性向けに発売されている少年漫画を積極的に読んだり、少女漫画に夢中になっていたり、コスプレやアニメに関するグッズを集めているような女の子のことを指す言葉であり、このような趣味を持つ女性は腐女子には当てはまりません。
腐女子と呼ばれる女性はBLの世界だけを好物とし、男性同士の恋愛を自分なりに追及している場合のみに適応される言葉となっています。
現段階ではこのような認識で腐女子という言葉が用いられていますが、今後社会の変化に伴い腐女子の概念も変わっていく可能性は十分にあり得るでしょう。
ちなみに腐女子となる背景には「現実世界で男性と恋愛できないため」とか「コンプレックスがあるから」などの理由も囁かれていますが、腐女子になる特別な理由というのは特にありません。
強いて言うなら「その世界に出会った瞬間から腐女子になっていた」といったところでしょうか。
腐女子は誰しもが持つ性癖と同じで、非現実的な世界の中で男性同士が恋愛をすることに興奮を覚える特殊なスイッチがあるだけに過ぎません。
世の中にはSM好きな人、野外プレイが好きな人、ロリコンの人と色んな性癖を持っている人がいますが、腐女子もそのひとつと捉えれば自然と受け入れることができるのではないでしょうか。
ただ腐女子というマイノリティーな性癖に偏見を持っているとセフレ作りのチャンスを逃してしまう可能性もあります。
蛇足ですが、腐女子は妄想の世界で同性の恋愛を楽しむのが好きなだけなので、現実世界の同性愛には全く興味がない、つまり現実の恋愛においてはノーマルな思考の持ち主だったりします。

腐女子は自分を受け入れてほしいと思っている

腐女子は特殊な趣味の持ち主ゆえ、男性から受け入れられ難いことを重々理解しています。
だからこそというべきかもしれませんが、男性に受け入れてほしいという願望が人一倍強いのです。
アブノーマル思考の男性ですら嫌悪感を示すほど強烈な性描写が描かれていたりするので、腐女子は基本的に自分の趣味をオープンにすることはありませんし、共感を求めたりもしません。
「嫌がる人もいる」ことは理解しているものの、心のどこかで寂しい思いをしているのは事実ですから、そこに趣味を理解してくれる男性が現れれば腐女子はそれだけで男性に心を許すことでしょう。
また、腐女子は根本的にはオタク女子と同じで自分の世界に酔いしれているタイプですから、相手の世界に理解を示して話を合わせていれば自然と話は盛り上がっていきます。
もちろん””聞いているフリ””ではなくきちんと相手の話に合わせられる程度の予備知識を得ておく必要はありますが、基本さえ抑えておけば簡単に親密な関係になることができます。

腐女子を肯定すれば簡単に落とせる

既に前項でもご説明いたしましたが、腐女子は自分たちの趣味が男性から好かれるものではないと理解しています。
腐女子という名称から見ても察することができますが、彼女たちは腐女子であることに一種の劣等感を抱いています。
現実世界で恋愛できないから空想の世界に逃げ込んでいるわけではありません。腐女子だから恋愛できないと思い込んでいるだけです。
そこを突いてあげるだけでもかなり相手から好感を得ることはできます。
極端な話、あなたがBLの世界に興味がなくてもアニメや漫画の知識がなくても腐女子という存在を認めてあげれば向こうから勝手に好きになってくれます。
だって腐女子の周りには自分を肯定してくれる男性がほとんどいないのですから。あなたが一番の理解者となればそれ以外に自分を認めてくれる男性なんてなかなか現れませんよね?
なので、ノーマルな女性よりもあっさり落とすことができるんです。

男性も引くほどのエロトークができる

腐女子のエロトークは一般的な下ネタとは完全にレベルが違います。
普通の女の子なら下ネタトークをちょっとしただけで引いてしまうものですが、腐女子の場合は逆に男性が引くくらいの表現を普通にしてくるので、エロに対する免疫はかなりあると思っていいです。
エロに慣れているといっても腐女子が好むのはあくまでも2次元の話で、少年誌で例えると人間の構造上ありえないレベルの巨乳キャラに興奮している少年たちの女バージョンみたいな感じなので、普通の下ネタトークの感覚で話題を振るとちょっと視点が違い過ぎて引いてしまうかもしれません。
ただ、腐女子は男性同士のセックスシーンに興奮するという性癖の持ち主ですから、ちょっとやそっとのエロトークでは動じないというのは確かです。
しかも普通の子よりエッチに対する興味もあるので、軽いノリで下ネタトークを振ってセックスに持ち込むことができる人種だと言えます。

SNSの情報配信は当たり前

腐女子はSNS上で腐女子専門のコミュニティを作って活動していることがほとんどです。
腐女子が腐女子と出会えるきっかけは日常生活の中ではほぼ皆無に等しいので、必然的にインターネットに頼って仲間を集める方向にならざるを得ない感じですね。
また、腐女子の中には自分で漫画や小説を書いて思うような世界観を作り上げたいという子もいて、そういう女の子たちはそれぞれ作った創作物をインターネット上で公開して全国の腐女子に見てほしいという目的で活用していたりします。
同人即売会やコミックマーケット、そのほか地方で行われる様々なイベント行事の開催日もネット上で告知されるので、交流以外にも情報を得る目的などにおいてSNSは腐女子の間で必須のツールとなっています。
とはいえ、腐女子をメインにして開催されるイベントは女性という社会的ジェンダーが精神の中で確立されていながらも空想の世界では男性同士の恋愛を好む人たちの集まりなので、腐女子への理解があっても性別が男性だと参加できないことが多いです。
特にコミックマーケットや同人即売会では入場規制がされるほどの排除っぷりなので、イベントから腐女子と接点を持つことは基本的に不可能だと考えた方がいいでしょう。
ちなみに、腐女子と出会えると謳って一般の男性会員を集める悪質サイトもここ最近急増してきているようですが、腐女子だけをかき集めた出会い系サイトなどこの世には存在しないと思っておいた方がいいです。
上で述べた通り、SNS上には腐女子専門のコミュニティサイトがいくつも存在しますが、それは女性限定でしかも出会いを目的としていない趣味を楽しむために作られたサイトです。
男性が参加することを良しと思わない腐女子も多い中、出会い目的で接触してきたことが分かれば一発即退場です。
SNSは腐女子と交流しやすい場でもありますが、それと同じくらいリスクもあります。
コミュニティを利用する際はそのリスクを十分に理解しておいた方がいいでしょう。

腐女子をセフレにする際の注意点

腐女子についておよその傾向はお分かりいただけたと思いますが、セフレにする前に気を付けておいて欲しいポイントもいくつかあります。
腐女子は妄想が大好きで自分の世界に常に浸っている自己陶酔型です。自分に酔いしれている人間は腐女子だろうが何だろうが他人から否定されることを極端に嫌う傾向があります。
腐女子の場合、既にBLに対する劣等感があることはご説明しましたが、この劣等感にさらに追い打ちをかけるような否定的な発言は絶対にタブーです。
もしあなたがBLを好きになれそう、受け入れられそう、と思うのならば一緒に好きになってその世界に浸ってあげるのがベストですが、難しい場合はネガティブ発言をしないようにだけ気を付けてください。
なぜなら、腐女子はBLを拒絶するような発言をした途端に心を閉ざしてしまうからです。
また、腐女子は他人の話よりも自分の話を聞いてほしいと思っていますから、相手の話を引き出してどんどん腐女子に話をさせてあげる方がいいです。
きっかけ作りとしてあなたの方から自己開示するのもいいですが、延々と自分の話ばかりにならないよう気を付けてください。
相手の趣味を認めて、それを一緒に楽しむ。それができない場合は否定的な発言は一切しない。それだけ徹底していればOKです。

仕入れておいた方がいい知識

漫画やアニメに詳しくならないと腐女子と仲良くなれないんじゃないの?と思われる人もいるでしょうが、そんなことはありません。
腐女子はBLを否定する人には容赦ないですが知識のない人に対しては寛容です。
なので、素直に「漫画やアニメはよく知らないんだけど」と言えば分かりやすく教えてくれます。
ただ、話のきっかけとして腐女子が好みそうな漫画を知っておくのはいいかもしれません。
「この漫画は読んだことあるよ」みたいな感じで話を振っていけばそこからどんどん盛り上がっていくと思いますから。
ちなみに、腐女子の場合は有名なネタひとつ振るだけでも驚異的なスピードで話が拡大していくので、話題には一切困らないというメリットがあります。
腐女子が好きな漫画タイトルは以下の通りです。

・進撃の巨人
・黒子のバスケ
・おそ松さん
・マギ
・銀魂
・テニスの王子様
・ハイキュー

この辺りの漫画を読んだことがあるならあなたの方から積極的に話題を振ってあげてください。
腐女子が敏感に反応することでしょう。
会話中に分からない用語や内容が出てきた際には分かったふりをせず質問してあげてください。
腐女子は質問されることを喜びます。
あなたが自分の話に興味を持っていると分かれば、腐女子もあなたに対して興味を持ち始めますから、どんどん会話を繋げて腐女子の中で燻っているBL愛を発散させてあげてください。

腐女子とはどこで出会う?

腐女子を狙うといってもリアルの生活の中で腐女子を探すことはなかなか難しいですよね。
普通の女の子と知り合ってセフレにすることさえ難しいのに、腐女子なんてマイノリティーな人種そうそう見つかるはずありません。
さらに、腐女子は自分の性癖を隠して生活している傾向にあります。
これは先ほども既に説明しましたが、やはり男性だけじゃなく同性からも嫌悪されやすい趣味でるがゆえに、ノーマルを装って生活しないと差別される可能性が高いんですね。

「V系みたいなコスプレしてるのかな?」
「アニメの缶バッチとかバッグに付けてるのかな?」
「猫耳とかフリルのレースとか好きなのかな?」

というイメージがありますが、これほど分かりやすく腐女子をアピールしている子はかなり珍しいです。
イベントの時はこういった格好で楽しむ人もいますが、大抵日常生活では普通の格好しているので見た目では判断できなかったりします。
なので学校でも職場でも「私実は腐女子なんです」とカミングアウトしてる子はほぼ居ないでしょう。
では、腐女子はどういう場所で自分をアピールするのかというと、主にインターネット上になります。
特にTwitterやブログが多いです。
ただ、残念なことにTwitterやブログでナンパをしても腐女子を釣ることはかなり難しいです。
接点を持つくらいならできるかもしれませんが、そもそもSNS自体出会いやセフレを探す場として相応しくありません。
Twitterやブログをやっている腐女子は出会いを求めてそれを利用しているわけではありません。
求めていたとしても同じ趣味を持つ同性のみなので、男性と分かればその時点でブロックされるでしょう。
では男性との出会いを求めている腐女子はどこにいるのか?それは出会い系サイトです。
腐女子たちはリアルの場で出会いを求めようとはしません。
それは相手が男性であっても女性であっても同じです。彼女たちはBL好きということを中心に生活を送っており、またBLを否定される可能性のある場では出会いを求めないのです。
なので自分の性癖を出しやすい出会い系サイトで男性を探します。
プロフィール上に腐女子であることを公開している子もいますが、警戒して載せていない子もいます。
そういう子は会話中の受け答えから見極めることができます。
漫画やアニメのネタで食いつくだけならオタク女子でもあり得るので、この内容だけで特定するのはちょっと難しいですが、腐女子だけの特別な専門用語が出てきたら100%そうだと思っていいでしょう。
例えば

・攻め
・受け
・総受け
・猫
・タチ
・百合
・薔薇
・お腐会
・お腐施
・カップリング
・やおい穴

などでしょうか。
誰が聞いても「えっ?なにそれ?」となる用語なのですぐ分かるかと思いますが、腐女子は日常生活ではこれらの表現を出さないようになるべく気を付けて会話しています。
なので、まずは相手の心を開いて「この人ならカミングアウトしてもいいかも」と思ってもらえるようになりましょう。
腐女子はリアルで男性と付き合う勇気がないため(趣味を打ち明けられないため)、出会い系によく出没します。
見分けるまで多少の時間がかかるかもしれませんが、一般の女の子と比べてはるかに落としやすく、しかもセックスまで持ち込むのも簡単なので、セフレ候補としてはこれ以上に無いタイプだと思います。
これからセフレを作ろうとしている方はぜひ腐女子にも目を向けてみてください。

女の子がセフレ男性に求めていることって?

男性がセフレを求める理由はただ一つ。「性欲を発散させたい!」これに尽きるわけですが、女性の場合はそれとちょっと違うんですよね。
もちろん女性にも性欲がないわけではないですが、男性ほど発散させたい欲求が強いわけでもないですし、そこまでセックスしたいと思う女性はあまりいないでしょう。
では女性は男性に対して何を求めているんでしょうか?
ここでは女性がセフレになる理由についてまとめてみましたので、女性心理を知りたい方はぜひご参考にしていただければと思います。

ただセックスがしたいだけ

恋人や夫がいるけどマンネリ化してセックスに刺激がない、もしくはセックスという行為自体を何年もしていないという場合はこういう衝動に駆られやすいです。
男性でもセックスレスの状態が続くと浮気に走ったり風俗で発散させたりしますが、これは女性でも同じです。
特に女性の場合は30代後半辺りから性欲が増していく傾向にあるので、男性の性欲が落ち着いてくる時期と反比例するようにぐんぐん上昇していきます。
しかし30代後半というと出産、育児、仕事、家事などに追われて夫婦生活ものんびり楽しむことができませんし、男性にとっての30代は上司の圧力と部下の育成に追われるもっとも過酷な時期でもあります。
この大変な時に彼女や妻からセックスをねだられては男性も身が持たないですし、セックスもおざなりになってしまうのも致し方ないでしょう。
そうなってくると女性の欲求不満はピークを迎えてついに出会い系サイトでセフレ探しをはじてめしまうというわけです。
単純にセックスがしたいからという理由もありますが、彼氏や夫に対するストレスをセックスで発散させたり未知なる快楽を求めているケースもあります。

寂しい

メンヘラ(心の病気を患っている人)の女性はとにかく誰かに抱かれていることで安心感を覚える思考を持っているので、セックスしたいというより寂しさを紛らわせるためにセックスする感覚に近いと思います。
メンヘラ女性は寂しい時にセックスをしても孤独感が拭えるわけではないので、また時間が経てば男性を求めて出会い系に出没していたりします。
セフレの関係にも抵抗がなく積極的にエッチなことをしてくれる子が多いですが、セックスや男性そのものに依存しなければ生きていけない体質なので、一度深入りしてしまうと別れる時に面倒です。

癒しが欲しい

仕事で嫌なことがあった、人間関係でイライラしている、そんな時のはけ口としてセフレを作る人もいます。
これは女性に限らず男性でも同じではないでしょうか?
ただ、こういう女性はセックスをすることよりも””パートナー以外の男性で癒されたい””””浮気をして息抜きしたい””と考えているので、快楽より精神的ゆとりを重視しています。
セフレと会っている時間はすべての日常を忘れて楽しい気分になれる、恋人のような時間を過ごせる、また会いたいと思える、そんな時間を提供してあげればセフレ関係を永遠に続けることができるでしょう。

優越感に浸りたい

現在の環境に不満を抱いている女性は自分に無いものを持っている人に憧れを抱くものです。
そしてそんな嫉妬心を少しでも満たそうとしてセフレを作ります。
これは女性が浮気する心理と少し似ています。
女性の浮気はメンタル的に不安定な状態陥った時、たまたま優しい言葉をかけてくれた男性に靡いてしまったり現実逃避するものですが、浮気相手がいることで精神的な余裕が生まれます。
これはセフレに置き換えても同じこと。
またセフレもいて恋人もいるという状況は女性としてまだまだ魅力があるんじゃないか?という自信にも繋がります。
「私はまだまだいける」「魅力がある」という優越感になるんですね。
こういう女性はひたすら褒めていい気分にさせてあげれば関係が崩れることはありません。
プライドさえ傷つけなければ関係に罅が入ることもありませんし、面倒な揉め事に巻き込まれることもありません。
ただ、会っている時は相手をひたすらいい気分にさせることが条件となります。
「とても綺麗だ」「本当に素敵だよ」という言葉を嘘でもいいので言ってあげてください。
嘘か本当かなんてことは相手には分からないことですし、そもそもこういうタイプが求めているのは優越感ですから、自信を取り戻せるようなことを連発すればあとは向こうから積極的に誘ってくれるようになります。

女性がセフレを作る理由まとめ

女性がセフレを作る理由はそのタイプによって色々ですが、共通して言えることはどんな女性も自分のわがままや欲求をある程度は叶えてほしいと思っていること。
急に連絡してきて「今から会いたい」と誘われた時もできる限りそれに応えるように努めてください。
自分の都合のいい時に会いたいという気持ちはもっともですが、女性の都合を最優先に聞いてあげるくらいの余裕がないとセフレは長続きしません。
女性は気分次第でコロコロ変わる生き物ですから、その辺りも理解して上手にお付き合いしていきましょう。

セフレに関する素朴な疑問

セフレに告白されてそのままの状態を維持するための方法

どういう関係なの?と迫られた時

一度セックスすると女性は男性を好きになりやすくなるという傾向が見られます。
しばらくは「付き合う」という具体的な発言をしないまま有耶無耶にしていたとしても、次第に女性からの要求がエスカレートしてまるで彼女かのような態度で迫られる時もあるとかと思います。

「今日は何していたの?」
「誰と一緒にいたの?」
「どうして連絡くれないの?」

みたいなパターンですね。
そしてついに痺れを切らした女性が「私たち付き合ってると思っていいんだよね?」なんてストレートに聞いてきたりします。
男性としては非常に面倒なタイプの女性ですが、こういう場合は一旦否定するのが基本です。
例えば、

「付き合ってないよ。○○ちゃんは僕と付き合いたいの?」
「付き合ってないよ。付き合える人を真剣に探しているけどまだお互いのことよく分からないしね」
「付き合ってないよ。でも今は恋愛を真剣にする気持ちにはなれないんだ」

相手のタイプに合わせて後半部分を変えてみてもOKです。
兎にも角にも、交際の事実を確かめられた時は一度否定して、恋愛については真剣に考えている素振りを見せるのがベストです。
現状を維持したい、恋愛なんて面倒だなんて言い方をすると「ああ、この人は最初から遊びだったんだ」と思われてそこで終わってしまいます。
なので、あくまでも関係については真剣に前向きに考えているけど、付き合っている訳ではないというスタンスを通してください。

付き合うという選択もあり

女性の方から付き合うことを迫られる、もしくは正式に告白された場合は付き合うことを視野に入れてみてもいいかもしれません。
もちろん、付き合うのは建前だけで、実際には女性を引き留めるだけの口実に過ぎません。
ただ、付き合うことを選択するとある程度の束縛や要求に応じる必要は出てきますし、ほかの女性と会っている時は女性バレないよう嘘の理由もきちんと用意しておく必要があります。
ただ、交際をしてみなければどんな女性に変化するのか分からない部分もあります。
束縛が激しい子になるかも分かりませんし、放任で結構自由にさせてくれる子かもしれません。
後者なら付き合う選択をチョイスしてもセフレのように扱うことが十分に可能ですし、ほかに本命の女性が現れたらそちらに乗り換えればいいだけのことです。

本気になるのはNG

セフレになる子はほかの男性とも関係を持っている可能性が高いです。
男性もセフレを一人持てばほかの女性ともセックスしたくなりますし、遊び相手がもっとできるかもしれない!なんて欲が出てくるかもしれませんが、これは女性でも同じです。
また女性の場合は男性と比べて出会い系でも相手が見つけやすいので、セフレの一人や二人簡単に探し出すことができるんですね。
そんな子に本気になってしまうと痛い目を見るのはあなたの方です。
浮気の恐れはもちろん、性病や妊娠のリスクも否定できません。
というより、複数の男性と関係を持っているので、妊娠した場合も実際に誰の子供なのか分からないかもしれないので女性の言葉を鵜呑みにして「自分の子供なんだ!」と思うのは少々危険です。
もちろん100%疑ってかかるのはよくありませんが、そういうリスクもあるということは承知の上で付き合うことを決断された方がいいでしょう。

いくらでも作れる、という余裕を持つ

セフレから交際を迫られると「ここで本音を喋ったら関係が終わるかもしれない」という危機感からつい嘘をついたり女性に合わせてしまうパターンが多いと思いますが、それをしてしまうとズルズル関係が続いて結局その女性から逃れられなくなってしまいます。
大事なのは””セフレが居なくなってもまた別の女性を補充すればいい””という余裕を持つこと。
そうすれば女性から交際を迫られても焦ることなどありませんし、仮にそれで関係が終わっても別の女性を探せば済むことです。
関係を上手く継続するためには下手にでないこと、そして相手にそれを見抜かれないようにすること、この2点です。
セフレを逃したくない!という思いが強ければ強いほど力関係が相手の方に傾いて最終的には女性に振り回される結果となります。
またその下心が見抜かれると、今度はそれを武器にあなたを繋ぎ止めるようになるでしょう。
そうならないためにも、セフレは常時2~3人キープして誰かひとり欠けても困らないような状況を作っておくことが大切です。

『婚活アプリvs出会い系サイト!セフレを探すならどっち?』
にもセフレに関する知識が記述されていますので合わせてご覧ください。

セフレとはどのくらいのペースで会うのがベスト?

どのくらいの頻度で会うのが理想的?

セフレと会う頻度は人によって様々です。
週1回しか会わない人もいれば毎日のように会う人もいるでしょう。これは相手の都合やあなたの生活スタイルによっても変わってくる問題ですが、セフレは会う頻度が増すごとに飽きてくる、つまりマンネリ化してくるリスクがあります。
最初は新鮮な気分でデートを楽しみセックスできた関係もいつの間にかそれが当たり前となって何も感じなくなってくるというパターンですね。
これはセフレだけに限らず恋人でも同じことがいえると思います。
恋人の場合はマンネリ化しても””好き””という感情が前提にありますから関係性を継続させることは可能です。しかしセフレの場合はそうではありません。
もともと嫌いなわけではありませんが、前提に恋愛感情があるわけでもないので飽きてしまうとすぐにほかの異性に目が行ってしまう可能性があるんですね。
これがセフレ維持の難しいところでもあります。
そういう意味でいうと飽きさせない頻度とは、頻繁に会いすぎてもいけないし、かと言って会わない時間が長くなりすぎてもいけない、程よい距離感を保つことが一番いいと言えるかもしれません。
これは具体的に1週間とか2週間とか数字で表せるものではありません。一人の女性に固執すると間違いなく飽きる瞬間が来ますし、そう遠くない未来に別れが訪れるので、頻度に関係なくセフレは必ず飽きるものと思っておいた方がいいかもしれません。
ではどうすれば長期間セフレを維持することができるのでしょうか?
答えはとても簡単です。セフレを複数作ればいいのです。

セフレは常時複数人キープする

セフレとの関係を維持したいならつかず離れずの距離感を維持することがもっとも重要です。
そのためには、あなたの都合ばかりを優先し過ぎてもいけないし、相手の都合ばかりを受け入れてもいけません。
お互いに都合のいいタイミングが来た時だけ会うようにする、これを徹底するのが一番理想的だと言えます。
セフレというのは男性にとってとても都合がよく、はっきり言って自分がセックスしたい時だけ呼び出して行為に及べばそれでいい話なんですが、そういう扱い方をしているとすぐに逃げられてしまいます。
特に関係が曖昧な時は下手に相手を突き放すような態度をすると逆恨みされて報復される可能性もあります。
逆に関係が離れすぎている場合はあっという間にほかの男性に奪われてしまいます。
なので、一人の女性を自分の思うままに動かすのではなく、できれば複数のセフレを作って自分の都合のいい時に会える人を確保しておいた方が思い通りに事を運びやすくなります。
何人かセフレをストックしていれば、仮に月1や週1という具合に会えるタイミングがバラバラだったとしてもうまく都合を合わせていくことができますし、それぞれの女性ともマンネリ化することなく、またつかず離れずの関係を維持できるので良好な状態をキープできるというわけです。

お互いの都合を最優先する

セフレは恋人ではありませんから、つい自分の都合や意思が優先してしまったりすることもあると思います。
しかし、自分のことばかり押し付けてしまうとせっかくのセフレ関係もギクシャクしてしまって上手くいかなくなります。
男性はセックスしたいと思ったら一気にテンションが上がりますが、女性はじわじわとテンションが上がっていくので男性のようにすぐセックスしたいモードになるわけではありません。
これはセフレでも同じで、会う時は必ずセックスしたい時というわけではないんですね。
なので、セックスに誘って断られた時は潔く引いて次の機会に備えましょう。
もちろん何度誘ってもセックスに応じてくれない場合はもはやセフレとは呼べない存在なので関係をリセットしても問題ないと思いますが、その時もすぐに穴埋めできるよう別のセフレ候補はすぐに見つけておいた方がいいかと思います。

このほかにも
『婚活アプリvs出会い系サイト!セフレを探すならどっち?』
でもセフレに関する情報が掲載されていますので、合わせてご覧ください。

セフレにかかる費用は1ヵ月平均どのくらい?

セフレでもお金はかかる

風俗よりも彼女よりも安上がりでセックスできる都合のいい存在。コスパ充実の物件という理由からセフレを探しをする男性が結構いらっしゃるかと思いますが、維持費ゼロで関係を継続できるわけではありません。
というか、そういう気持ちでいるとほぼ間違いなくセフレを失うことになります。
いくらセフレと言っても毎回セックスだけで終わる関係だと女性の方も冷めちゃいますし、「エッチしたい時しか誘ってくれないんだ?」みたいになってくるので、やっぱりある程度のケアは必要になってくると思います。
と言っても、彼女のようにもてなす必要はありませんし毎回デートに応じることもないので、たまに恋人のような感じでデートする程度で十分だと思います。
ただ、セフレが何十人もいるとかだと金銭的な部分もそうですが、管理自体も大変なので自分のキャパシティに応じて人数を制限するのも重要になってくるでしょう。

人数の多さはコストに比例しない

1人しかセフレがいない人と比べて10人セフレがいる人の方が圧倒的にコストがかかるイメージがありますが、これはあくまでも””かかる可能性が高い””だけであって実際のところはそれほど変わらないことが多いです。
もっと正確に言うと、人数よりもセフレに会う回数によって費用面はかなり左右されるので、多いか少ないかはあまり関係ないんです。
例えば1人セフレを持っている男性が月に10回会ったとして、ホテル代(約5000円として計算)だけで計算するとそれだけでもう5万円の出費ですよね。
10人セフレを持っている男性が月にそれぞれ1回ずつ会ったとしても同じ額の計算になります。
なので、かかる費用は人数よりも会う頻度でほぼ決まるということになります。
ただ、費用面に関してはセフレとその都度どんなデートをしているのか、毎回男性が費用を負担しているのか、といった条件で結構変わってくる部分でもあるのでボリュームが増せばそのぶん費用も嵩んでくることにはなります。
しかし冒頭でも既にお伝えしたとおり、毎回ホテルに直行するやり方は一番嫌われるスタイルなので、たまには新鮮さを感じられるデートに誘うのもセフレ維持には欠かせない要素にはなってきます。

セフレに使う平均費用

セフレと会った時にかかる費用の平均金額としてはだいたいホテル代に5000~1万円。食事代に1万円。合計2万円前後を見ておいた方がいいと思います。
軽くデートも交えるならさらに5000~1万円プラスされる感じですね。
そこそこの満足感を女性に与えたい場合はすべて含めて1回会うごとに3万円は見ておくと余裕のあるデートができるのではないでしょうか。
この数字だけ見ると「風俗の方が安上がりじゃん!」と思うかもしれませんが、それは間違っています。
3万円という数字はあくまでもフルコースのデートをした時の目安金額なので、毎回この金額を使う必要はありません。
というか、毎回これだけと普通のサラリーマンは破産します。
普通の会う時はだいたい1~2万くらいの予算にしておいて、たまに豪華なデートにするという流れが一番理想的です。
毎回豪華にするとセフレもすっかりそれに慣れてしまうので、通常はホテルに直行か食事してからホテルの流れにするのが無難だと思います。
その段取りでも風俗よりは断然安上がりですし、そもそも風俗のように時間制限がないので思う存分セックスを楽しめるという魅力があります。
彼女やパートナーとはできないようなちょっと刺激的なプレイができるのもセフレならではですので、トータル的には一番安上がりでメリットの大きい物件だと言えるのではないでしょうか。
ただ、あまり頻繁に会いすぎるとやはりコストがかかってくるので、平均的に見て月2~4回くらいを目安に会うようにすることをおすすめします。
それくらいの頻度なら経済的にも何とか許容できる範囲だと思いますし、月2回は1人のセフレと会ってもう2回は別のセフレと会うみたいなこともできますよね。
風俗でも同じような遊び方はできますが、費用面でセフレの倍はかかると思っておいた方がいいですし、何よりもセフレのように充実した時間を過ごすことができません。

童貞でもセフレは作れる?

童貞でも作れます

「彼女も出来ないのにセフレなんて作れるはずがない……」と諦めていませんか?
その考え方は根底から間違っています。
童貞だからセフレができないわけではありません。というよりセフレを作るのに童貞やイケメンなどの条件は必要ありません。
イケメンでもやり方を間違えていればセフレは永遠にできませんし、喋りが上手い人でも入り口で躓いたら不可能です。
ではセフレにするためには何が必要なのか?答えは簡単です。
『決して諦めない精神』を持つことです。
出会い系でセフレ候補探すのはそれほど難しいことではありません。
ただひたすら掲示板を見てメールを送り続ければいいだけです。問題はその後です。
出会ってからセックスまで持ち込むことができるのか?セフレ化することができるのか?ってことなんです。
これは話し上手とかイケメンとかそういう部分的要素はあまり関係ありません。あなたにぴったり合う女性と運よく巡り会えるかどうか、この1点だけです。
童貞は恋愛経験が人よりも少ないぶん、テクニックや女性の扱いが下手なところが目立つと思いますが、どれだけ会話を弾ませたり女性を楽しませるテクニックがあったとしても断られてすぐネガティブ思考に陥ってしまうようだとセフレを探すことは難しいです。
むしろポジティブ精神がなければ絶対的に不可能ですから、もしあなたが童貞でもメンタルには自信がある!ということでしたら恐らくセフレを見つけることも容易だと思います。

彼女よりもセフレを作る方が簡単

意外に思われるかもしれませんが、彼女を作るよりセフレの方がはるかに簡単でしかも時間を割かずに作ることができます。
この2つの決定的な違いは””本気””か””本気じゃない””かなんですが、本気で好きになった女の子を口説くのはかなり難しいです。
世の中には相思相愛のカップルがごまんといるので「彼女作るなんて簡単でしょ」と思うかもしれませんが、あれは全て奇跡の出会いなのです。
そう易々と好きになった女性が自分のことを好きになってくれたら恋愛で悩む人なんてこの世からいなくなるでしょうし、恋愛指南書やハウツー本の売れ行きもワーストになり書店から消えてなくなることでしょう。
しかし実際は恋愛で悩んでいる人が溢れ返っていますよね。
恋愛はどちらか一方が好きになることで始まるものです。
そして好きになった方が負けるようにできています。
つまり、最初に好きになった方は永遠に相手のことを追いかける宿命にあるわけです。
まぁ、この想いが実ればいいんですが、残念ながらそう簡単に行く恋ばかりでもありません。
しかしセフレは違います。異性として見られる最低限のラインさえ超えていればセックスできるかな?程度の存在なので特別な感情も何もありません。
なので必要以上に相手の反応を気にすることもないですし、相手に固執することもありません。
『どうでもいい人』だからこそ適当に軽い感じで接することができ、それが結果的には功を成すというわけです。
本気で相手を意識している場合は女性慣れしている男性でも相手の反応にビクビクしてしまうのでぎこちない話し方になってしまったり、会話がいまいち盛り上がらないことがあります。
すると女性もいまいち楽しめない結果となって撃沈してしまうんですね。
なので、意識している女性よりも全く意識していない女性の方がリラックスして会話できるので口説きやすくなるのです。

セックスすることを第一目標に

童貞の人はどうしても彼女を作ることを第一に考えてしまいがちですが、彼女作りを優先すると相手の感情を支配することに専念してしまいます。
それだと前項でお伝えした””好きな人を口説く””ということと何ら変わりない状況に陥ってしまうので、あまりおすすめはできません。
彼女を作ることよりもまずは友達だけどセックスを許してくれるような相手を探すことからスタートした方がいいです。
友達を探すという感覚で女性との出会いを楽しめば相手に求めるハードルも低くなると思いますし、許容範囲に満たなかった女性が現れても「友達だから」という言い訳で切り抜けることができます。
彼女を作るわけでもないので焦る必要もないですし、最低限の外見と常識さえクリアしていればあとはOKという感じで友達の数を増やしていくことに専念しましょう。
ただし、友達になれたからと言ってすぐにセックスを求めたり、拒んでいる相手に無理強いするのはNG。
相手から拒絶された時はそれを受け入れてすぐに次の女性に切り替えるくらいの余裕は持ち合わせておきましょう。

童貞は恥ずかしいことではない

童貞であることをコンプレックスに感じている男性が非常に多いですが、童貞を恥だと感じているうちは女性にモテることはまずありません。
なぜなら、女性は自分に自信のない男性を嫌う習性がありますし、そのコンプレックスを理由にネガティブ発言をすれば確実に引かれてしまいます。
女性は前向きな姿勢で努力している男性に好感を持つものです。例えそれが童貞で恋愛経験ゼロの人であっても別の要素に魅力があれば自然と女性は寄ってくるものです。
「気持ち悪いと思われたらどうしよう……」とビクついている人はまずその考え方から修正した方がいいでしょう。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる理論で攻める

女性慣れしていない人がよく陥るパターンなんですが、プロフィールを隅から隅まで熟読して自分と気が合いそうな女性に的を絞ってメールするとか、1人にメールしてダメだったらまた1人に絞ってメールするっていうやり方を延々と繰り返している人がいます。
もちろんそれが悪いというわけではないですし、女性のプロフィールを確認することはとても大切なのことなんですが、出会い系では同時進行がほぼ定着していますし、1人だけとやりとりするのは少々効率が悪すぎます。
女性は登録後に何十通、何百通というメールを受信することになるので、あなたが送ったメールも埋もれている可能性があります。
それをただひたすら待つというのはちょっと時間を無駄に使いすぎている気もしますので、できれば複数人の女性にアプローチして常に4~5人の人とやりとりしている状態をキープしてほしいです。
そうすると誰かのメールが来なくなったとしてもまた探して補充してやりとりを開始するという手順を繰り返すだけでよくなりますし、常にメール交換している相手がいるので精神的にも余裕が生まれますよね。
精神的に余裕があることは女性を口説く上で結構重要だったりします。
焦っている時はどうしてもガツガツしている感じが全面的に表れるので女性もそれに引いてしまうんですけど、余裕があると女性の気持ちや反応も快く受け入れることができるので、そこから次に繋がる確率も高くなってきます。
最初は返信が全く来なくて焦るかもしれませんが、繰り返しアプローチしているとそのうちやりとりできる相手も見つかるようになるので、気長にセフレを探すくらいの気持ちで臨むと丁度いいかもしれません。
今回の内容をもう一度おさらいしましょう。

・女性の友達を作る
・童貞を恥ずかしいことだと思わない
・セフレができるまで諦めない
・彼女作りをゴールにしない
・メールは必ず複数人と同時進行で

以上を徹底するようにしてください。
童貞だろうと何だろうと出会い系ではみんな平等のスタートラインです。
そこからどうリードを付けるかはあなたの努力と精神力にかかっています。
まずは優良出会い系サイトに登録して女性とメール交換することからはじめてみましょう。

セフレ作りにセックスのテクニックは必要?

セックスのテクニックは必要ない!

セックスが上手くないとセフレを作れないんじゃないか?と疑問を持っている男性は結構いると思います。
恋愛感情も何もない関係ですから女性の性欲を満たせなければそこで関係が終わるのはもちろんのことですが、だからと言ってテクニックが必要ということでもありません。
もちろんセックスが下手だと話になりませんが、AV男優レベルの技術とかどんな女性も悦ばせることができるスペシャルテクとかそういうのは一切必要ありません。
むしろそんなテクニックを披露されてもノーマルな女性は引いてしまうだけだと思いますので、普通にセックスできるくらいのレベルというか知識があれば特に問題はありません。

大切なのはテクニックよりも雰囲気作り

女性を楽しませる程度のテクニックがなければセフレを作ることは難しいと思います。
ただ、テクニックよりも女性はセックスするムードを重要視しているところがあるので、どれだけプロ級のテクを持っていても雰囲気作りが下手だと女性はガッカリしてテンションも下がってしまいます。
AVを観る習慣がある男性はAVの通りに実行すれば女性は喜んでくれる!みたいに思い込んでいたり、それをそのまま女性にやってしまったりするようですが、これは絶対にNGです。
AVで勉強することは悪いことではありませんが、AVの世界は非現実的でリアルでは絶対にありえない設定です。
ましてや普通の女の子はAVのようなセックスをしても絶対に興奮しません。
少し考えてもらうと分かるかと思うんですが、AVの場合は大抵ストーリーがなくただセックスシーンだけがクローズアップされる流れになっています。
前後の脈略が何もない状態でいきなりセックスに突入する内容はAVだから成り立つことであって一般の女性にそれをやると間違いなくドン引きされます。
男性はすぐに興奮する脳の構造となっていますが、女性はセックスする前に興奮するきっかけがあってそこからじわじわと興奮するようにできています。
つまり、段階を踏んで少しずつ女性を興奮させていかないと本当に女性を楽しませることはできないってことなんです。
そのために抑えておいてほしいのがムード作りです。
セフレは決して恋人関係ではありませんが、セックスに入る前段階では恋人同士のような雰囲気を作る必要があります。
やや面倒くさいかもしれませんが、前置きや段階を少しずつ踏んでいくことの方が女性にとっては大事なことであり、そういうポイントに気付いてくれる男性とセフレになりたいと思っているものです。
テクニックはセックスをよいものにするための道具に過ぎません。
テクニックが無ければ無いなりに、ほかの部分でカバーすれば必ずセフレを作ることはできます。
ちなみに女性の中にはセックスそれ自体にもこだわっていない人もいたりします。
ここで言うセックスとは””挿入””を意味しますが、その行為をせずとも満足する女性は意外に多いです。
女性が満足感を得るポイントは快楽よりも雰囲気や優しさ、そして現在のパートナーでは満たされない不満を解消することです。
肉体的な要求よりも精神的な要求の方が大きいということですね。
なので、どれだけテクニックがあってもここを理解していなければセフレを作ることはできないというわけです。

アブノーマルを求める女性も多い

精神的な癒しを求めてセフレになる女性は多いですが、それ以外にも普段できないようなアブノーマルなセックスに挑戦してみたいという願望を叶える目的の人もいます。
この場合は完全に性的欲求が精神よりも勝っているので相手の願望を叶えてあげる必要がありますが、アブノーマルなセックスに興味がある人は大抵ノーマルセックスの経験しかない人です。
なので、SMプレイとか野外プレイとかそういう特殊な経験がなくても問題ありません。むしろそれに共感してあげることや興味を持ってあげることの方が大事です。
そして一緒にプレイを楽しんであげれば女性との関係も長く続けることができるはずです。
ただ、アブノーマルを求める人は段々要求がエスカレートしていってノーマルなセックスでは満足できなくなったり、自分自身もノーマルには戻れないというリスクがあるので、やるにしても程々にした方がいいでしょう。
いずれにせよ、セフレを作ることにテクニックはそれほど重要ではありません。普通レベルのセックスができればそれでOKです。
それよりも女性が求めていることに応えられるセックスができるかどうか、雰囲気作りができるか、女性を気遣うことができるか、といった点がポイントです。
女性の欲求を瞬時に理解して上手く引き出せるようになれば、セフレを作ることも簡単になるはずです。

女性からの「セックスしたい」サイン見逃していませんか?

性欲は男性にしかないものだと思っていませんか?
実は女性にもセックスしたいと思う時はあるんです。でも、口に出して言うのが恥ずかしいからあえてそれを隠しているだけ。
セックスしたいと思っている時、女性は男性にそれとなくセックスに誘ってほしいアピールをしてきます。
このサインを見逃してしまうとせっかくのチャンスも棒に振ってしまうことになるので、女性の仕草や言動、外見などをじっくり観察してください。
とはいえ、女性のさり気ないサインを見抜くのは相手がよく知ってる相手でもなかなか難しいもの。
そこで今回は女性がセックスしたい時に送るサインについてご紹介していきます。

特定の相手がいないことをアピールする


出会い系サイトでは複数の男性と同時並行でやりとりしている女性も少なくないですが、基本的にはそれをオープンにすることはありません。
あえて隠す必要もないと言えばないんですが、場所が場所だけに他の男性との交流は話題にしたがらない人が多いんですね。
しかし、あなたのことが気になっている女性はこちらから訪ねてもいないのに「今彼氏いないんだ」「やりとりしてるのは○○さんだけだよ」と、あなただけアピールをしてきます。
逆に誘ってほしくない相手には変な誤解を招きたくないのでそのような発言は絶対にしませんし、嘘でも「彼氏がいる」といって切られることも十分に考えられます。
にもかかわらず、女性の方から今はフリーであることを積極的にアピールしてくるということは「私をデートに誘ってほしい」と言ってるようなものであり、もっと直接的な言い方をすると「あなたとセックスしてもいい」と思っている証です。
女性からこういうアピールをされたら「僕も君だけだよ」と返してあげましょう。
そして早い段階でデートに誘ってあげてください。

デートの誘いを断らない

あなたに興味がある女性はあなたからの誘いを絶対に断りません。
どれだけ急な誘いであっても都合をつけて会えるようにします。
「今夜少しだけ会えない?」という突然の連絡にも喜んで対応してくれますし、どうしても会うことができない場合でも代替案を提案してきます。
こういう場合、女性はかなりあなたに好意があるとみて間違いありませんし、デート中にさり気なくホテルに誘っても絶対にNOとは言わないはずです。

積極的にデートに誘ってくる


最初から積極的な女性はあまりいないかもしれませんが、何度か食事をしてリアルでも普通に会えるくらいの関係になれば女性の方から積極的になることも珍しくありません。
もし女性があなたのことを気に入っていたとしたら、次のデートに誘ってほしいために色々と話題作りにも工夫を凝らしてきます。

「この映画みたい」
「新しいカフェが近所にできた」
「仕事が落ち着いたらどこか出かけたいな」
「たまには遠出するのもいいね」

といった感じですね。
これらのセリフはすべて「あなたと一緒に行きたい」という意味合いが含まれています。
ただ、女性が積極的になると言ってもやっぱり男性のようにストレートに誘うのは少し勇気がいるので直接的な表現はできません。
なので「あなたから誘ってほしい」というアピールを会話に含ませるんです。
非常に遠回しに言い方なので見落としている人も多いかと思いますが、これはデートに行きたいという気持ちの表れだけではなく、「あなたと一緒にいたい」という気持ちを間接的に表現しています。
これにはもちろんセックスなどの行為も含まれています。
女性からどこかへ行きたいアピールをされた時はセックスアピールの一種と捉えてOKしてあげた方がいいでしょう。

予定がないことをアピールする


セックスするということは一晩を共に過ごすということ。
このシチュエーションを予め想定している女性は自分から「明日は何も予定がない」「一日暇だよ」と言って泊れることをアピールしてきます。
明日用事がないということは「泊っても大丈夫」というサインですから、そのまま素直に受け止めて女性をホテルに誘いましょう。
セックスしたくないと思っているなら嘘でも理由を作ってホテルに誘われる状況を回避するはずです。それをあえてしないということは、あなたに誘われることを望んでいると考えて問題ありません。

終電に気付かないフリをする


本当に気づいていないのか、それとも気付かないフリをしているだけなのかは分かりませんが、いずれにしても本気で帰る気持ちがあれば終電を逃すことはまずあり得ないでしょう。
終電を逃すというのは泊る口実として最適ですし、女性の方からわざわざ誘わなくても必然的にそういう流れになります。
仮に本当に終電に乗り遅れたとしても帰りたいならタクシーを使えばいいだけの話。それを選択しないということは「あなたとセックスしたい」というアピールですのでスマートにホテルに誘ってあげましょう。

ボディタッチを嫌がらない


女性は男性よりも分かりやすく極端です。
好きでもない男性から触れられると真顔で「止めてください」と言って全力でボディタッチを拒否します。
しかし、好きな男性が相手だと別人のような態度をとります。
口では「いやだー」「触らないでー」と言ってても笑った表情を見せていたら本当に嫌がっていません。むしろ喜んでいます。
こういう時は軽いボディタッチをどんどん繰り広げて女性との距離感を縮めてあげてください。
次第にエッチなムードに変わってセックスへと突入できます。
女性がボディタッチを拒まない時はセックスまでいくことを望んでいる時ですから、ここで中途半端にイチャイチャするのを止めてしまうと次のチャンスが無くなる恐れもあります。

まとめ


女性からのセックスアピールはとても分かりづらく曖昧な表現が多いです。
男性のように「セックスしたい」と直接言えない分、行動や会話の中にそれとなく含ませて伝わることを願っています。
「露出度の高い服を着ている時はセックスしたい気分の表れ」とか「ミニスカートでデートに来たらセックスできる」なんで意見もありますが、これは男性的な目線による判断なのではっきり言って鵜呑みにしない方がいいです。
男性は動物的な本能から女性を観察する傾向にあるためか、どうしても外見的な特徴や肌の露出などでセックスアピールを見極めがちですが、ファッションとセックスアピールには何の関係性もないので、誤解しないようにしてください。
女性にとってファッションとは自分を美しく見せるための道具であり、それ以上でもそれ以下でもありません。
つまり、ただ着たいものを着ているに過ぎないということです。
清楚で純情そうな女性の中にもビッチはいくらでもいますし、キャバ嬢風で派手に見える女性でも真面目で大人しい子はいくらでもいます。
見極めで重要なのは服装や雰囲気よりも、一緒にいる時の会話やじくさ、行動です。
一番分かりやすい方法としては軽くボディタッチをすること。それで嫌悪感を示せばその子はあなたとセックスしたくないと思っています。逆に笑ってくれたら「セックスしてもいい」と思っているサインとなります。
とはいえ、全員が必ずOKというわけではありませんので、女性の反応を見ながら慎重に誘うようにしてください。
『セックス好き女性の特徴』もご参考ください。

セフレに向く女性のタイプ

わがまま女性は意外とセフレにしやすい

出会い系であろうが現実世界あろうがどこでも可愛い女の子はモテます。そして男性はそういう女の子とエッチすることを望んでいます。
しかし可愛い子はこれまでも男性から「可愛いね」「すごくタイプ」「モテるでしょ」と言われてきているため、自分に自信があったり勘違いしているところがあります。
さらに言ってしまうと「自分が可愛いことなんてよく分かってる」とさえ思っています。
こういう子は男に苦労したことがないことはもちろん、男がどれだけ自分に尽くしてくれるか?自分のわがままに付き合ってくれるか?を試している節があるので、結局可愛い子を狙ってもそのわがままさゆえに挫折してしまう男性もかなりいます。
では可愛くてわがままな女の子をセフレにするのは難しいのでしょうか?答えはNOです。
実はわがままな子ほど口説きやすいタイプはいないのです。
今回はそんなわがまま女性の口説き方についてご紹介します。

可愛い子=わがままというのは世の常


女性というのはそもそもわがままな生き物ですが、可愛い子はさらに輪をかけてわがまま差が増しています。
というのも、先ほど申し上げたように可愛い子は常に周りに男性がいて男性からアプローチされることに慣れています。
ひたすら甘やかされ褒められ追いかけられる立場にあったため、それが当たり前だと思い込んでいるのです。
これがわがままの原因です。
可愛い子とセックスしたい男性たちは必死に女性を口説いて何とかエッチさせてもらえないものかと頑張るわけですが、大抵の人が想像以上のわがままっぷりに心折れて挫折します。
でも、苦労した男性すべてがエッチできなかったわけではありません。
最後まで諦めなかった男性にはその苦労が報われる瞬間が必ず訪れるんです。
つまり、わがまま女性は途中で諦めずに最後までわがままに耐えていればいつか必ずセックスに持ち込める物件とも言えます。
「わがままな子って自分の要求ばかりで嫌だなー」という人もいますが、わがままな子ほど分かりやすいタイプはほかにいません。
極端な例えですが、もし何も要求せず自分の気持ちも言わない女の子が居たとしたら、あなたはどうやってその子を口説き落としますか?
現実世界での知り合いならまだしも、出会い系サイトではメッセージのやりとりが基本ですから、相手の考えが文面から読み取れない以上、手の出しようがありませんよね。
相手が何を考え、自分に何を求めているのか。そこが分かってこそ次の一手を打つことができますし、反応を見てまた別の角度からのアプローチを模索することもできるというもの。
掴みどころのない相手はその戦略が全く通用しないというか、どう攻略していいのかすら分からないので、はっきり言って一番面倒なタイプなのです。
『わがままを言わない子=わがままじゃない』ではありません。
ただ、わがままを言うか言わないかだけの違いなのです。
はっきり要求を口にできない女性に比べてわがまま女性は意思がはっきりとしています。
この意思は言わば道しるべ。迷路で例えるならゴールとなる場所。
わがまま女性を口説くまでは色んな努力を積み重ね、理不尽な要求を聞き入れて、という紆余曲折はあるかもしれませんが、攻略法としては非常にシンプルかつ分かりやすいです。
何より有り難いのは相手のタイプを分析する必要がないということ。
出会い系では顔の見えない相手とやりとりしますから、最初はすべて手探りです。
でもわがまま女性は自分の考えも欲しいものも直球で教えてくれるので、わざわざ口説き方を考える必要もないんですね。
要はクエストをひたすらクリアして次のステージに進んでいけばいいだけなんです。
ある程度のレベルまで上がればちょっとしたご褒美があって、またクエストを攻略していく。そこそこまで達成したらゴールのエッチにありつける、といったところでしょうか。
ゲーム感覚で進めていけるので何も考える必要がないんです。
どんな女の子も多少のわがままさは持ち合わせていますし、それに応えないとセックスなんて到底無理ですから、どうせわがままを叶えるなら可愛くて超わがままな子を狙った方が落としがいもあるのではないでしょうか。

わがまま女性はセフレとしての価値しかない


セックスしたいだけの相手にわざわざ媚びてわがままを聞くなんて面倒、という男性もいるでしょう。
しかしそれはすべて無料でセックスさせてもらうためのサービスだと思ってください。
どれだけ腕のいいナンパ師でも出会い系でサクッとメールして即エッチに持ち込むことは不可能です。
セックスするためには予め種をまく必要があります。出会い系ならたくさんの女性にメールするといったところでしょうか。この種は多ければ多いほどいいです。
そして芽が出てきたところを中心に肥料や水を適度に与えて成長するのを待ちます。
この工程はセフレ作りでも必ず必要となりますし、逆にこのプロセスが面倒だと思う人は向いていません。
ですが安心してください。
わがまま女性の要求を永遠に叶える必要はありません。わがまま女性はセックスするとこれまでの高飛車な態度が嘘のようにあなたに尽くすようになります。
なぜかというと、わがまま女性は男性にチヤホヤされた経験は山のようにあっても『男性に捨てられた経験』はほとんどないからです。
もしかしたら男性に身体だけ求められて利用されたこともあるのかもしれませんが、大抵の女性は自分のマイナスになる過去は話さないものです。
なので、彼女たちにとっては『セフレだけの関係で終わる』ことが何よりも許せないんですね。
もっとわかりやすく言うと、自分が利用して捨てられたことが許せないという感じでしょうか。
だからこそ身体を許した相手にはすがりついて捨てられないようにするのです。
出会い系サイトにいるわがまま女性は自分の価値を高めたい、もっと認めてほしい、誰かに必要とされたいという一心で男性を漁っています。
つまり「自分はほかの女性よりも優れている」「私の方が尽くされている」という優越感に浸りたいだけなんです。
その優越感を思う存分満たしてあげれば彼女たちの要求は嘘のように消失します。
ただ、その代わりと言っては何ですが、今度は彼女という立場に執着するようになります。
わがまま女性の中では常に自己満足と優越感を感じることが最優先なので、セックスというゴールを終えてもまだまだクエストは続くのです。
もちろん男性的にはセックスしたのでもうクエストに挑戦する必要がないわけですが、ここで欲を出して「関係を続けられないかなー」と思っていると痛い目に遭います。
なぜかというと、彼女たちは「自分がセフレ扱いされた」ことを極端に嫌うからです。
なのでわがまま女性は短期間としては最適ですが、長期に渡って関係を続けるなら相手の要求に応え続けるか、恋人になるかのどちらかしか選択肢はないということになります。

わがまま女性の口説き方


もう既に申し上げておりますが、わがまま女性を口説く基本は相手の要求を受け入れることです。
「どんなわがままでも受け入れるよ」という姿勢で臨めば時間はかかってもほぼ確実に落とせます。
とはいえ、わがままと感じる度合いは人それぞれなので、あなたの中でこのわがままは受け入れられないと思ったらそれを無理に叶える必要はありません。
叶えられない要求が増えてきたら自然と相手の方からハードルを下げてくるからです。
可愛くてモテる子だからという理由で焦ってどんなわがままも受け入れてしまう人もいますが、これは返って逆効果。
許容範囲を超えたわがままに無理して付き合うと今度はそれが『当たり前』のレベルになってどんどん自分の首を絞める結果になります。
持久戦で勝負しなければ必ずリタイアする結果となるので、気長にそして確実に距離感を縮めていった方がセックスまで持ち込みやすいです。
あと、あまりにもわがままが過激化してきたら「○○ちゃんはわがままだよね」とさり気なく言ってください。
事あるごとに「わだままだ」と繰り返すのはNGですが、たまにそういう発言をすることで女性の中にも自制心が芽生えます。
また「わがままだね」と言った後には必ず「○○ちゃんのそういうところが好きなんだけどね」と付け加えてください。
こうすることで最初のわがままという発言が強調されずに済みますし、女性の優越感を満たしてあげることもできます。
ただ、わがまま女性はほかの男性からも同じようにアプローチを受けているので「可愛い」とか「好きだよ」という言葉を繰り返していればそれでOKというわけでもありません。
こういうセリフはもう言われ慣れていますし本人も自覚があるので「そんなの言われなくても分かってる」と腹の底では思っていますが、表向きは「そんなことないよ」とか「本当はほかの子にも言ってるんでしょ?」と言ってきたりします。
このやりとりを交わすだけでも若干面倒ですが、そこはグッと堪えて「○○ちゃんだけだよ」と言っておきましょう。
というより、わがまま女性はこういう返事がくることを望んでいますし計算した上であえて否定的な発言をしています。
あれもこれも、すべては自分の価値を高めるため。
逆に言うと、彼女たちの価値を最大限まで高めてあげればセックスに持ち込むのは容易いということです。
セックスするまでは色々と面倒なやりとりもあるかもしれませんが、最初さえ我慢していれば割とすぐに身体を許してくれるので、じっくり女性を落とせる自信のある方はぜひチャレンジしてみてください。

女子大生がセフレに最適な理由について

女子大生はなぜセフレにしやすいのか

若くてかわいい女子大生をセフレにできれば最高ですよね。でも、女子大生なんて学校やバイト先で出会いもたくさんあるしそう簡単にセフレにすることなんてできないだろうなーと躊躇してしまうものです。
確かに女子大生は社会人と比べて出会いが豊富にあります。その気になれば彼氏の一人や二人作ることくらい朝飯前でしょう。
しかし、少女から女性になる過程は性行為や男女の付き合いに対してとても興味を持っている年頃です。
性に目覚めると瞬く間に色んな欲求が芽生えてそれを欲するようになります。
そして、肉体的にも精神的にも若いためにセックスに慣れている女性よりも素直に行為を受け入れるところがあるんですね。
セフレ探しでは主婦だけをターゲットにする男性も結構多いと思いますが、主婦の場合は簡単にセックスできる反面バレるリスクがあるのも事実です。
最悪パートナーにバレてしまったらあなたにも慰謝料請求が発生します。こういうリスクを考えると断然女子大生の方がおすすめです。

女子大生は大人の女性になりたがっている

高校を卒業したばかりの女子大生は服装やメイクなどに気を使って何とか大人の女性に見られるように背伸びをしますが、それでもまだまだ子供っぽさが残っています。
外見は取り繕えても中身は少女のままですから、会話してみるとやはり高校生の名残が感じられるんですね。
しかし彼女たちは自分を『子供っぽい』という眼で見られることを嫌います。なぜなら早く大人の女性になりたいからです。
ファッションに磨きをかけて男性にアピールする年頃だと言ってもいいでしょう。
しかし彼女たちはまだ社会経験を積んでいない子供ですから、大人の言葉にすぐ惑わされたり流されてしまう節があります。
言い方を変えると洗脳できる年頃でもあるということです。
そしてこの年代の女の子は『友達よりも先にセックスして大人になりたい』という願望を持っています。
周囲の友人たちに彼氏ができた、セフレがたくさんいる、ということが分かればライバル心を燃やして置いてけぼりにならないようにします。
こんな時に少し年上で優しい社会人男性が現れたら女の子はどう思うでしょうか?
内面的にはまだまだ子供ですから、社会人の男性にはちょっとした憧れを抱いています。そして学校内には当然社会人の男子などいませんのでそこで差を付けられるというわけです。

女子大生はセックスに興味津々

中学生や高校生で初体験をしたという子も珍しくない世の中ですが、中には大学生になっても初体験を済ませていない女の子もいます。
最近では二極化が進んでいて、若いうちから複数の男性と性行為をしているか、年齢=彼氏いない歴のどちらかに偏っています。
男性との経験がない子はこれまで男性と接する機会があまりなかったか、少し内気な女の子がのどちかですが、いずれにしてもセックス未体験ということでかなり性に対して興味があります。
周囲の生々しい体験談を耳にしては「セックスってどんなことするんだろう」と妄想しているのです。
しかしこういうタイプの子は決してモテるタイプではありません。はっきり言うとあまりかわいい女の子じゃないことが多いです。
しかし、男性経験がないので内面的に素直だったり一度セフレにしてしまうと尽くしてくれるというメリットがあります。

女子大生は基本的に暇を持て余している


女子大生はとにかく暇です。やることがあまりないので新しい体験や情報で暇つぶしをしようとします。
まぁその代表的な例が夜遊びとか彼氏を作るとかセックスするとかなんですが、日常生活の中だけだと出会いの数も限られてしまいますし何よりも新鮮さが薄れてしまいますよね。
なので出会い系サイトに登録して新しい出会いを探そうというわけです。それに学校内でセフレを作ると噂が広まる可能性もありますからね。
出会い系サイトのいいところは日常生活では決して出会えないような人と出会えることです。
女子大生が求めていることはまさにそれで、刺激や非現実的な出来事を常に求めているんですね。
もちろん女子大生がセックスに興味津々だからと言って単刀直入に「セックスしよう」なんて言ったら即アウトですが、普通に会話して仲良くなっていけば簡単にデートするところまで持ち込めると思います。

大人の男性を武器にする

女子大生は大人になりきれていない女子。つまりまだまだ内面は子供なのです。
しかし多くの女の子は同年代の男子を「子供っぽい」と思っています。
なので大人の男性に魅力を感じたり憧れを抱くのです。
この内面的に子供っぽさの残る部分が女子大生攻略のヒントでもあります。
社会人男性は流行の話やましてや女子トークなどに疎いですから、女子大生についていけるように必死に勉強してそれに合そうとします。
ですが、これは返って「キモい」と思われるだけなので止めた方がいいでしょう。
無理して女子大生のトークに合わせるよりも、社会人らしい自然体な振る舞い、落ち着き、優しさ、考え方などを披露すれば十分です。さらに大学生が行けないようなお洒落なレストランに連れて行けばパーフェクトです。
あとは自然体のまま接していれば女子大生の方から好意を持ってきます。
ただここで「女子大生とどうやって出会うの?」というひとつの疑問が浮かんでくると思います。
社会人が手っ取り早く女子大生と出会う方法はやっぱり出会い系が一番なんですが、案外出会い系には女子大生がたくさん登録してたりします。
ほとんどが暇つぶし感覚で登録しているので最初は「会うつもりはない」とか「メル友だけ」とか書いてありますが、そこは女の子に合わせてあげてください。
相手のペースに合わせて紳士的な振る舞いをしていれば必ず向こうから「会いたい」と言ってきます。
女子大生が求めているのは大人で頼りがいのある男性なので、そこさえクリアすればメル友募集だろうが趣味友募集だろうがセフレに持ち込むことは容易です。
『タイプ別!女子大生を口説く方法』も合わせてご参考ください。

セフレにするのは危険なタイプの女の子とは

出会い系では真面目な出会いだけに限らずセックス目的だけのセフレにできる女の子も結構多いですが、女の子なら誰でもいいというわけではありません。
後々面倒なトラブルに巻き込まれたり脅しをかけてくる厄介なタイプの子も中にはいたりするので、手当たり次第にセフレにするとかなり面倒なことに巻き込まれる可能性もあります。
後でその事実に気付いてもあとの祭りですから、できることなら初めに危険なタイプを見分けて回避することが望ましいです。
そこで今回は、セフレにすると危険なタイプについてご紹介していきます。

束縛する人

セフレというのは恋人ではありませんからお互いの都合のいい時に会ってセックスだけするのがスタンダードなあり方です。
共有する部分はセックスだけですから、感情とか相手の環境とかそんなものは関係のないことです。
しかし、中には相手を束縛して独占したいという欲求が強い女性もいます。
既婚者なら家族と別れて自分と一緒になってほしいとか、彼女がいるならその子と別れてほしいとか、そういう欲求が強くなるという感じです。
男性からするとかなり面倒な部類に入るタイプですが、こういう人は何度説得しても自分のものにするまでずっと同じ欲求を繰り返して諦めないという恐ろしいほどのネバーギブアップ精神を兼ね備えているので、こちらの都合を理解してもらうことに労力を費やすよりも早々に見切りをつけた方がいいです。
また、メールの段階で「束縛激しいタイプ?」と確認しておくのもいいかと思います。

寂しがり屋

誰しも生きていれば寂しいと感じる瞬間はありますし、嫌なことや悲しいことがあれば誰かにそばにいてほしいと思うものですが、常に寂しさを感じている女の子は要注意です。
また、寂しさの感じ方というか度合いも尋常じゃないレベルの子がいますが、こういうのに一度付き合ってしまうと身を滅ぼすことになります。
具体的に言うと以下のような発言をする子です。

・LINEの返信が5分来ないだけで死にたいと言う
・着信履歴がその子で埋め尽くされる
・こちらが返信してないのに何度も催促メールが届く

まぁ、この時点で普通じゃないことはお分かりになるかと思いますが、とにかく女の子のペースに合わせて連絡をとったり会うようにしないと関係が持たなくなります。
逆に相手のペースに合わせることができれば永遠にセフレを続けられるというメリットもあるんですが、寂しがり屋の子は寂しい気持ちを相手にぶつけるだけじゃなく相手に依存するようにもなるので、とても重たいんですね。
気楽にお互いに負担なく楽しむことが長く続ける秘訣だと思います。
しかし、精神的に依存してくる子はそれに応え続けないとセフレを維持できないばかりか、別れる時にその子の精神状態が不安定になって責任を追及されるリスクも伴うので色々な意味で面倒なのです。

口が軽い子

あなたが妻帯者であるか彼女がいる場合、セフレがいることは絶対に秘密にしないといけませんよね。
自分のことをベラベラ喋ることもないですが、何かの拍子に私生活に繋がる発言をしてしまうことはあると思います。
「職場や自宅の駅の近くに新しいショッピングモールができた」とか「仕事の帰りに話題になってるレストランに行ってきた」とか、そんな感じで流れでぽろっと喋ってしまうこともあるでしょう。
それに相手があなたの本名を知っていたらSNS上であなたのことを検索するのは容易ですし、そこからあなたの個人情報を調べることなんて今の時代、朝飯前なんです。
もし口の軽い子にあなたの個人情報をうっかりにでも話してしまったら、バレるリスクは急激に高まります。
例え面識のない女の子であっても絶対にバレないとは言い切れません。その子が悪意を持ってあなたの奥さんや彼女にバラすことも考えられますし、友達の友達みたいなもうドラマの中でしかありえないような展開でバレるかもしれません。
兎にも角にもセフレが秘密を守れない子だとあなたに危険が降りかかる可能性があるので、そういう子とは一回きりで終わった方がいいです。

すべての特徴に当てはまるメンヘラはもっとも避けるべき存在

メンヘラとは、メンタルヘルス(精神的に病んでる人)を指すインターネット用語で、主にめんどうな人や異常な人を表す際に用いられる表現となっています。
例えば「死にたい」とか「辛い」とかネガティブワードを連発するような人ですね。
さてそんなメンヘラの人ですが、上に挙げてきた3つの特徴全てに当てはまっており、尚且つセフレにするともっとも厄介なタイプです。
メンヘラには軽症と重症のタイプがあるのでその人のレベルによって精神状態は異なりますが、どの程度のレベルであるにせよメンヘラであることに変わりはないのでとにかく避けることが一番です。
ではメンヘラの特徴について以下に解説していきます。

妄想癖

常に妄想の中で生活していて、現実でちょっと嫌なことが起きるとすぐ妄想の世界に逃げてしまうのがメンヘラの特徴です。
あと、妄想の出来事をあたかも現実で起こった出来事のように話す節があります。
酷い場合は妄想がエスカレートしすぎてストーカーになってしまうこともあるので深く関わらない方が身のためです。

否定的な発言しかしない

自分の思い通りにならないと気が済まないというタイプ。
どんなことを言っても否定的にしか捉えないのでとにかく扱いが面倒です。
しかしネガティブな発言をする割には思い切った行動に出ることもあるので、あなたが突然に縁を切れば激しい怒りに駆られてストーカー行為をしたり家族や彼女にバラすと脅される可能性もあるので気を付けてください。

自己顕示欲が強い

とにかく自分優位でないと気が済まない、自分が一番じゃないと気が済まないというタイプです。
メンヘラというより高飛車でプライドの高い女の子のように思われるかもしれませんが、メンヘラは基本的に自己顕示欲の塊です。
また歪んだプライドを持っているのでそれを否定されると般若のような形相で激怒します。
仲良くなって信頼関係ができている関係でも自分のプライドを傷つけられると怒りを露わにするので厄介です。

過去について語りたがる

メンヘラは傷ついた出来事や別れ話などを自慢げに話す特徴があります。
しかも、聞いてもないのに延々とそのことについて語り出し、その時自分がどれほど辛かったのか苦しかったのかを猛烈にアピールしてきます。
この時に相手の気持ちに共感して「それは辛かったね」とかなんとか言って優しい言葉をかけてあげれば即セックスに持ち込むことができますが、その後のケアが非常に厄介ですしこの手のタイプは優しくしてくれる男性とはすぐ関係を持っていたりするので性病に感染するリスクもあります。

常に男性がいないと耐えられない

メンヘラの典型的な特徴のひとつです。
とにかく男性がいないと生きていけない、セックスに依存している、複数の男性の影が常にある、こういう女の子はセフレにしてもまた別の男性を求めて出会い系を利用しますし、すぐに飽きられてしまう可能性が高いです。
また男性に求める理想が現実離れしていたりするので、要求に応えるだけでも精神的に疲れてくると思います。

悲劇のヒロインを演じる

過去の辛い出来事やネガティブ発言で男性からの同情を誘って束縛するというタイプです。
男性から別れを切り出されたら「じゃあ、死ぬから」といって相手を繋ぎ止めたり精神的にコントロールしようとする感じですね。
こういう子は自分が世の中で一番可哀想だと思っているので、それに同情してくれる人だったら誰でもいいところがあります。
別れるのが難しいように思われるかもしれませんが、バッサリ切ってしまうと案外深追いしてくることはありません。
悲劇のヒロインは自分が主人公でないと気が済まないので、主人公にさせてくれる男性を常に求めているんですね。
なので、あなたがそうじゃないと分かると別の男性にコロッと切り替わります。
セフレとしては悪くないタイプですが、いつまでも根に持たれる可能性があるのでできれば関わりを持たないことをおすすめします。

起伏が激しい

メンヘラはネガティブで鬱っぽいというイメージがあるかもしれませんが、激しく感情を露わにするタイプもいます。
すごく普通に会話できる日もあればネガティブで否定的なことしか言わない日もあったり、そうかと思えば突然怒り出したりと、起伏が激しく手が付けられないことが特徴です。
またこういう子は一度怒り出すと何をしてもキレる一方なので、扱いがとても面倒です。
謝罪しても怒られる、放置しても怒られる、最悪の場合は変に恨まれて嫌がらせされることもあるので注意したいところです。

メンヘラまとめ

メンヘラはセフレにするのは簡単ですが、もっとも相応しくないタイプでもあります。
一回きりのセックスならまだ逃れることもできるかもしれませんが、付き合いが長くなればなるほど相手に依存されて逃げることができなくなります。
また、関係を継続していく過程でもトラブルが非常に多く、無理をして付き合うとあなたの精神が崩壊する危険性もあります。
「手軽だから」という理由で安易に近づくと自分が痛い目を見る結果となるので、メンヘラの子をセフレにする時はそれ相応の覚悟を持って接するようにしてください。

一人のセフレを長続きさせる方法

一度でもセフレを作ったことがある男性ならお分かりかと思いますが、セフレという都合のいい存在ができると相手が自分から離れてしまうんじゃないか?という一抹の不安に駆られて女性に執着してしまうものです。
そして執着すればするほど女性の心が離れて結局別れることになります。ではセフレ関係をできるだけ長く継続するためにはどのような対応を心掛けるのがベストなのでしょうか。
ここでは一人のセフレと長く付き合っていくコツについてご紹介していきます。

束縛し過ぎは災いのもと

最初のセフレであったり、やっとの思いでてきたセフレであったり、自分にとって色んな意味で特別な女性であれば手放したくないと思うのは当然ですよね。
複数セフレがいるならまだしも、一人しかセフレがいない場合はその女性がいなくなってしまうと代わりを見つけるのも一苦労ですから、別れを恐れるあまり束縛してしまうこともあるかもしれません。
ですが、セフレ関係において過剰な束縛や干渉はご法度。
そもそもセフレになりたがる女性は「束縛や干渉が嫌だから」セフレ関係を求めているのであって、束縛してほしいなら純粋に恋人関係を希望するはず。
それをしないということは、割り切った付き合いを望んでいるからに他なりません。
にもかかわらず、女性に好きな男性ができたのかな?ほかにセフレがいるんじゃないのかな?と深く詮索し過ぎると返って嫌われる原因を自ら作っているようなものなので控えた方がいいでしょう。
セフレとはお互いの性欲を満たすための関係であり、プライベートを探り合うほど深い関係ではありません。よって、長く続けていくには一定の距離感を常に保つように心掛けておきましょう。
もし相手があなたと頻繁に会わなくなったり、連絡が滞るようになったとしても深追いするのは禁物です。
追いかける、追われるという関係になった時点でセフレに求められる一定の距離感から外れることになるので、どんな状況でも相手とは恋人未満の関係をキープすることが長続きの秘訣となります。

適当な扱い方をしない

女性はセックス後の男性の態度をよく観察しています。
男性はオーガズムに達した後はテンションも急激に下がってしまうため、女性の身体に触れるのも嫌だったり、今すぐにでもシャワーを浴びて眠りたいという気持ちになるものですが、そこでさっさと身体を離して浴室に移動してしまうと女性は一気に冷めてしまいます。
「この人、ただセックスするためだけに私と会っているのかな」と思われたら、いくらあなたに好意を寄せている女性であっても長くは続きません。例えセフレであっても自分の性欲処理のために女性を利用しているという考え方ではセフレを繋ぎ止めることは絶対に不可能ですし、会っている時は特別な存在として扱わなければ女性はガッカリしてしまいます。
セックス後は抱きしめたりキスをして特別に思っていることを女性にアピールをすることも忘れてはいけません。

特定の恋人がいる女性をセフレにする

女性は一度セックスすると男性にしつこく執着するなんて言いますが、この問題は特定の恋人がいる女性をターゲットにすることで解消されます。
というのも、恋人やパートナーがいる女性は既に本命の相手がいるわけですから、外で別の男性とセックスしてもその男性に特別な好意を抱く可能性は限りなくゼロに等しいです。
もちろん100%無いとは言い切れませんが、本命の彼を捨ててまでセフレに走る女性もそう多くはないでしょう。
よって、フリーの女性よりも本気になる可能性は低くなります。
恋人が居ながらセフレを求めている女性は現在の生活に何らかの不満を抱いているケースが多いです。
それはセックスだったり、彼への不満だったり、仕事のストレスだったり色々ですが、そのはけ口としてセフレを作っているのです。
出会い系にもパートナーが居ながらセフレを探している女性はかなりたくさんいますし(大半は主婦ですが)そうした女性は不満をセックスで満たしてあげるだけでセフレ関係を維持できるので、下手に恋人関係を求めてくる女性よりも簡単でかつ長く続けることができる相手と言えます。

セックスで悦ばせる

女性はセックスだけを目的にセフレを探していることはほとんどありません。寂しさを紛らわすため、話し相手が欲しいから、イライラを発散するため、という精神的に満たされない部分をセフレで補おうとします。
だからと言ってまったくセックスに興味がないというわけではありません。
やはりセックスで満足できなければ意味がありませんし、何度もオーガズムを感じさせてくれる人なら「またこの人とセックスしたい!」と思うはずです。
そのためには、自分の快楽よりもまずは女性を悦ばせること、セックスで満足させることを念頭に置かなくてはいけません。
あなたは女性とセックスできるというメリットがありますが、女性はあなたとセックスすることにどんなメリットがあるのでしょうか。そのメリットを与えなければセフレ関係が長く続くことはありません。
女性が時間を割いてでもあなたと会いたい、もう一度セックスしたいと思えるような悦びとメリットを提供してあげましょう。

セフレは複数作った方がいい

これを言ってしまうと身も蓋もありませんが、セフレは複数作った方が色々と為になることが多いです。
まず、セフレを一人に固定してしまうとその女性だけに固執してしまう可能性が高いです。
一人に固執するということはそれだけ束縛や干渉が激しくなることを意味します。
また、色んなセフレとの経験がないので、何をすれば女性が喜ぶのか、どういうセックスが求められるのかも経験が浅いゆえにピンとこないでしょう。
しかしこれらはすべてセフレ関係を続けていく上で必須項目と言ってもいいですし、致命的なミスがあればその時点でセフレ関係は解消となります。
セフレを複数持つメリットとしてはやはり「半永久的にセフレを維持できる」ことに尽きますが、この他にも自分の都合のいい時にセックスできるというメリットがあります。
男性はセックスしたいと思った時にセックスしなければ気が済みませんが、女性の場合はホルモンバランスの影響でセックスしたくない気分の時もあります。
そういう時にセフレからしつこく会おうと言われると女性の方も「面倒だな」という気分になってしまいますよね。
しかし、複数のセフレがいれば一人がダメだった時でも別の女性に声をかければいいだけですから、お互いに負担にならない程度の誘い方ができるわけです。
要するに、セフレが複数いれば心に余裕が生まれるということです。
そして複数の相手とセックスしていくうちにプレイのレパートリーも増えて、女性を楽しませるテクニックも身につくことでしょう。
一人のセフレと長続きしないという方は、必ず何かしらの原因があり、その原因は女性に楽しい時間を提供できなかったり不快感を与えてしまうような内容がほとんどです。
ですが、複数のセフレと関係を持てば次第に女性の扱い方も理解できるようになり、一人に的を絞ってもうまく関係を維持できるようになっていきます。
セフレとの別れに怯えている方は、ひとまずキープできるようなセフレ候補を出会い系サイトで探してみましょう。
そして2~3人のセフレが見つかったら同時進行でセフレ関係を続けてみてください。
ある程度セフレとの付き合い方が分かった段階で一人の女性に絞り込んでいった方が関係も長く続きやすいですし、無理だった時は執着せず別の女性に切り替えるくらいのスタンスでいた方が返っていい方向に事が運びます。
なかなかセフレと続かない、今のセフレと別れたくないと思っている方は経験値を溜める意味も含めて、まずは複数のセフレを探すところからスタートしてはいかがでしょうか?