更新:2020.02.17 作成:2019.09.23

セフレになりやすい女性の特徴6選!女性の狙い方を徹底解説

kyonyu
セフレと恋人は、男性の中ではっきりと定義されています。セフレである以上、男性から本当の愛情を注がれることはありません。

しかし、セフレでも恋人になれる可能性は十分にあります。この記事では、セフレと本命彼女の特徴を紹介し、セフレが彼女になるためのテクニックや注意点などを紹介します!
 

セフレになりやすい女性の特徴

sefure-koibito3
ここではセフレになりやすい女性の特徴を紹介します。男性は、女性を「この子はセフレだな」とはっきり定義することが多いです。ここで紹介する特徴に当てはまるなら、セフレにされてしまいやすいでしょう。
 

押しに弱い

押しに弱い女性はセフレにされてしまいやすいです。男性にとってセフレとは、都合の良い存在。男性に抵抗できなかったりついつい誘いに乗ってしまうと、セフレにされてしまいやすいです。

「セフレを作りたい」と考える男性の多くは自己中心的。そのため、女性に対しても「嫌がらないということは、本当は喜んでいるんだな」と考えてしまいがちです。そのため、押しに弱いとセフレにされてしまう確率も高いでしょう。
 

寂しがり屋

寂しがり屋も、男性がセフレにしやすい女性の特徴。「女性をセフレにしたい」と考える男性は、女性の気持ちを利用するのが上手です。「寂しい」と男性の連絡してしまえば、その気持ちを利用されてしまうでしょう。

特に、彼氏と別れたばかりの女性はセフレにされやすいです。彼氏と別れたばかりのタイミングで男性がアプローチしてきたら、「セフレ化を狙っているのかもしれない」と警戒することも必要でしょう。
 

メンヘラ

男性の中で、「メンヘラはセフレにしやすい」と言われています。メンヘラは通常の女性よりも肉体的なぬくもりを欲しがることが多いからです。

セックスすると精神安定の作用があるオキシトシンが分泌されます。そのため、メンヘラは心を落ち着かせるために「セックスしたい」と考える方が多く、セフレを求める男性に狙われやすいのです。
 

好きな男性に尽くしたい

「尽くされたい」と考えるより「尽くしたい」と考える女性もセフレ向きです。男性から「都合のいい存在にされている」とわかっても、考えないようにしてしまうのが「尽くしたい」と考える女性の特徴でしょう。

むしろ、「もっと男性を喜ばせたい」「男性のためになんでもしてあげたい」と考えるあまり、セフレはおろか男性に貢いでしまったり男性をヒモにしてしまう可能性も。尽くしたいと考えるタイプの女性は、身の振り方に気をつけましょう。
 

男性の肩書などに弱い

男性の肩書などに弱い女性もセフレにされてしまうでしょう。「女性をセフレにしたい」と考えるのは、高学歴・高収入の方も多いです。実際に、パパ活サイトなどを見てみれば高収入な男性で溢れかえっています。

肩書に弱い女性は、年収が高かったり特殊な職業に就いていたりすると本能的に「強い雄」を感じてしまいます。その「強い雄」とつながりたいという気持ちを利用され、セフレにされてしまう可能性があるでしょう。
 

セックスを遊び程度に考えている

女性の中には、セックスを遊び程度にしか考えていない方もいるでしょう。特に、20代前半の女性は、「若いうちに楽しんでおきたい」と自分の体を持て余す方も多いです。

そういった女性は、すぐにセフレにされてしまいます。「減るもんじゃないし、いいでしょ?」といった男性の言葉に「たしかにそうかも」と納得してしまうからです。誰とでも簡単にセックスしてしまう方も、セフレになりやすい女性の特徴です。
 

SNSに頻繁に投稿している

セフレにしやすい女性は承認欲求を満たすために、男性とセックスをするという人が多いそうです。

セックスをすることで、認められたと無意識の内に感じるため、セフレを辞めることができません。

そんな承認欲求を不足な女性を見分けるのに最適なのが、SNSへの投稿頻度

芸能人でもないにも関わらず、毎日のように投稿をし、さらにはInstagramのストーリーまで毎日のように挙げている女性は、セフレになりやすい傾向があります。

実はセフレにしやすい女性の属性

paying-1438142_1920

セフレにしやすい女性の特徴とは別に、セフレにしやすい女性の属性もあります。

意外とセフレになりやすい人妻

セフレにしやすい代表格と言えば、既婚者である人妻。

男性側が躊躇してしまうかもしれませんが、ある調査では既婚女性の4割は浮気願望があり、さらにその内の7割は実際に浮気したことがあるという結果が出ています。

この調査を鵜呑みにすれば、既婚女性の約28%に当たる、4人に1人は男性側の押し次第で、セフレにできると言っても、過言ではありません。

このように人妻が、浮気しやすい属性であるのは明らかです。

結婚生活が長くなると、新しい刺激が欲しくなってしまうのかもしれません。

女子大生 特に1、2年生は狙い目

次に狙い目なのは、女子大生で、特に大学1、2年生は遊び経験の少なさから羽目を外しがちなので、盛り上がった勢いでセックスというのはよくあります。

私の周りを見渡しても、ヤリマンと呼ばれる女性がヤリマンになり始めたのは、大学1、2年生の時期が多いです。

女子大生をセフレにするためには、お酒を飲んで、勢いに任せるというのが最も効率的。

合コンをして出会うのも良し、またお金のない女子大生は相席屋にも出没する傾向があります。

職場やサークルの後輩

次に狙いやすいのが、後輩という立場にある女性。

なぜか大したことはしていなくても、男性が先輩で、女性が後輩という関係性が築かれると、カッコ良さ300%増しの補正がかかります。

会社やバイト先、サークルの後輩は、セフレにするのであれば、特に狙い目です。

女性は雰囲気でセフレになる!女性がセフレになりやすい状況

people-2587156_1920

女性をセフレにするためには、女性が付き合っていない男性とセックスをしてしまった状況を作ってあげるのが重要です。

男性とは違い、女性は雰囲気や流れでセフレになります。

お酒が進む楽しいコミュニケーションを心がける

女性をセフレにするために重要なのは、何よりもお酒を飲むこと。

大量に飲む必要はなく、お酒を飲んだという事実を作ることで、女性が酔ってセックスをしてしまったという言い訳を作るのが大切です。

また、言い訳とは関係なく、お酒が入ると気分が開放的になり、女性の「セックスはしたいけど..」という理性を取っ払うきっかけになります。

今日こそ持ち帰りたいという時は、必ずお酒を入れるようにします。

終電を逃す

女性とセックスをするためには、セックスができる場所へ移動しなくてはなりません。

理由もなく、ホテルへ行くのは女性にとっては、望んでいることであっても理性が働いてしまいます。

そこで、有効なのが、終電を逃すこと。

終電を逃してもいいと考えている女性は、終電の時間を気にしません。

ホテルや男性の家に行った理由を、終電を逃すことで作ります

ホテル、家など密室で会う

ホテル、家まで辿り着くことができたら、それ自体がセックスをする理由となります。

この状況を作り出すことができれば、失敗する可能性はかなり低いです。

理想は宅飲みからスタートすること。宅飲みさえできれば、セックスへスムーズに持ち込みやすいです。

クラブで2人きりになる

セックスと相性の良い場所と言えばクラブ。

クラブの盛り上がりに乗じて、女性を静かな壁際に連れ出し、2人きりになればセックスへの道は近いです。

クラブで狙った相手がいたら、まずは2人きりの状況を作るようにします。

セフレと恋人の決定的な違い

sefure-koibito
セフレと恋人の決定的な違いは、「恋愛感情があるかないか」です。セフレは男性に恋愛感情を抱かれていません。一方で、恋人は男性に恋愛感情を抱かれています。この点が、セフレと恋人の決定的な違いです。

男性の中には、あたかも好意を抱いているかのような素振りを見せて女性をセフレにする方もいます。こちらが本気で想っているのにセフレにしかなれないなんて、辛いですよね。男性のことが本当に好きであれば、セフレでなく「恋人になりたい」と考えるのが正直なところ

しかし、逆に言えば、恋愛感情を持ってもらうことさえできればセフレから恋人になることも十分考えられます! そのためにも、まずは男性のセフレに対する心理を把握しておきましょう。

男性のセフレに対する心理

sefure-koibito2
男性のセフレに対する心理を紹介します。基本的に、男性は誰でも「セフレがほしい」と考えています。「たくさんの女性とセックスしたい」というのは、男性の本能だからです。

実際に女性をセフレにしている方は、このような心理状態にあることが多いです。
 

都合の良いときだけセックスできる

多くの男性は「自由にセックスできる都合の良い存在」を探しています。人間は常に発情期。そのため、自由にセックスできる都合の良い存在=セフレを作りたい、と考える男性がほとんどです。

つまり、「セフレを作りたい」と考える男性にとってセフレは、都合の良い存在にしか過ぎません。好きなときにセックスして飽きたときに捨てるというのが、男性のセフレに対する考え方です。
 

彼女とは別の女性とセックスしたい

「彼女に飽きた」もしくは「彼女以外の女性とセックスしたい」と考えることから、セフレを作る男性も多いです。脳科学的に、「人間の恋愛感情は3年しか続かない」とされています。つまり、3年経ってしまうと、男性は彼女に飽きてしまうのです。

しかし、彼女に飽きても「セックスしたい」と考えるのが男性の本能。そこで、男性は「セフレを作ろう」と考えます。セフレは簡単にヤリ捨てられる存在であるため、浮気よりも後腐れがないからです。
 

女性を自分のものにしたい

女性を自分のものにしたいためにセフレを作る男性もいます。男性には、「女性を服従させたい」という支配欲があります。女性を口説いてセックスに持ち込みセフレにすると、男性は「女性を服従させた」と『雄としての強さ』を得ることができるのです。

実際に、男性向けの同人誌やエロゲーなどを見てみても、ハーレムを作ったり女性を闇落ちさせたりする内容のものが多いでしょう。「女性を自分のものにしたい」と考える男性も多いのです。
 

セフレを作るのはゲーム感覚

ゲーム感覚でセフレを作る男性もいます。どれだけセフレが作れたかを他の男性と競っているのです。

2019年現在、マッチングアプリなどが普及し男性は女性と出会いやすくなりました。しかし、それを逆手に取って「たくさんの女性をセフレにする」という男性も増えています。「女性はセックスすれば男性を好きになる」がテーマになっている『恋愛工学』はその典型的な例でしょう。

本命の恋人になりやすい女性の特徴

sefure-koibito4
「セフレになるのが嫌」「セフレから本命になりたい」と考えるのであれば、本命の恋人になりやすい女性の特徴を把握しておきましょう。ここで紹介する特徴を踏まえることができれば、本命にぐっと近づきます。
 

愛嬌がある

愛嬌がある女性は、男性から本命にしてもらいやすいでしょう。男性が恋人に求めるのは、日々の癒やしや幸せです。なぜかというと、男性は女性よりも責任のある仕事を任されることが多いため、ストレスを感じやすいから。「セフレを作りたい」と感じるのは、ストレスフルな生活から逃げるためでしょう。

ストレスフルな生活に癒やしを与えてくれるなら、男性は「セフレにしなくてもいい」と考えその女性を本気で好きになります。本命の彼女になりたいのであれば、常にニコニコし男性に癒やしを与えられる存在になりましょう。
 

自分の世界を持っている

自分の世界を持っている女性も、男性が本気で好きになりやすいです。男性は多くの場合、好きな人に対しては「愛されるより愛したい」と考えています。AKB48などのアイドルに夢中になる男性が多いのはその証拠でしょう。

自分の世界を持ってがんばっている女性に対しては、「応援したい」「支えてあげたい」と考えるのが男性の特徴。男性から尊敬されるような、自分の世界を持った女性を目指しましょう。
 

気が利いて男を立ててくれる

「彼女を自慢したい」と考えるのが男性の本音。自慢できる彼女とは、気が利いて男を立ててくれる女性です。実際に、気が利いて男を立ててくれるスナックのママは、何歳になっても男性に人気があります。

特に、男性は女性よりも言葉で自分を表しません。そういった男性の機微にいち早く気づく女性は、男性に「結婚したい」「付き合いたい」と思わせることができるでしょう。

セフレから恋人になるテクニック

sefure-koibito5
セフレから恋人になるテクニックを紹介します。男性のことが本気で好きな場合、「セフレのままじゃ嫌」と考えるのが当たり前でしょう。男性の彼女になりたいなら、これらのテクニックを実践してください。
 

逆に告白する

もっともストレートな方法が『逆告白』です。男性に告白することによって、セフレから彼女にしてもらえる可能性があるでしょう。

逆告白は、男性に彼女がいないときに有効です。彼女がいる場合、あまり効果的な方法ではありません。なぜなら、男性が彼女と別れないのはセフレの女性より「大事にしたい」と考えているから。そのため、いくら想いを伝えたところで彼女に勝つことはできないでしょう。
 

あいまいな態度を取らない

セフレになってしまうのは、あいまいな態度だからです。「セフレを作りたい」と考えている男性は、女性のあいまいな部分を都合よく利用します。

本気で彼女にしてもらいたいなら、あいまいな態度は止めましょう。たとえば、「帰る」とはっきり意思表示したら、そのとおりに行動してください。男性は、はっきり意思表示する女性に対して「都合よく利用できないな」と感じます。そこから恋愛に発展させることは十分に可能でしょう。
 

相手の誘いにすぐ反応しない

相手の誘いにすぐ反応しないようにすることは、本命の彼女になる上で大事です。相手の誘いに反応してしまうと、今までどおりセックスして終わり。本命の彼女になりたいのであれば、いつもは即答していたところも「今日は止めておこうかな」「返事はちょっと待ってね」と相手のペースを乱してください。

ペースを乱された男性は「なんで自分の言うとおりにならないんだ」と感じます。そこから女性を手に入れるためにはどうすればいいか、を考え始めます。その答えとして「彼女にすればいいんだ」という結論を出すのは当然の流れでしょう。
 

セックス以外の時間を増やす

セックス以外の時間を増やすと彼女化してもらいやすいです。セックス以外の時間が増えるということは、お互いを深く知れるということ。「都合の良い女」から脱却する第一歩です。

逆に、「セックス以外の時間が増えたな」と感じるのであれば、本命の彼女になるまであと少し。自分をアプローチして、彼女化を狙いましょう
 

相手が別れるまで距離を保つ

相手に彼女がいる場合、別れるまで距離を保ちましょう。男性が彼女と別れていないということは、大事にしている証拠。その彼女と別れたということは、非常に傷ついているということです。

彼女と別れたばかりの男性は、まだ本気になっていない相手に対しても「彼女になってほしい」と考えます。そのため、セフレから彼女になることも簡単でしょう

セフレから恋人になる上でやってはいけないこと

sefure-koibito-eye
セフレから恋人になる上でやってはいけないことが3つあります。これらの行動を取ってしまうと、彼女になるのは遅くなってしまうでしょう。
 

男性に「早く別れて」と迫る

彼女がいる男性の場合、「早く別れて」と迫るのは逆効果です。男性にとってセフレは本気の恋愛対象ではないため、「早く別れて」と迫るのは女性のエゴだからです。

恋人になりたい気持ちはわかりますが、彼女と早く別れてほしいため相手に嫌がらせをしたり男性にプレッシャーをかけたりするとトラブルになってしまうでしょう。
 

「恋人にしてくれないと死ぬ」などと脅す

「恋人にしてくれないと死ぬから!」などと大げさなことを言ってしまうと、「面倒くさい女だな」と思われて終わりです。セフレどころか、連絡を断ち切られてしまうことになるでしょう。

セフレになってしまったのは、男性に都合よく利用されてしまった自分にも原因があります。一方的に男性を悪者にしてはいけません。恋人になりたいのであれば、男性を本気にさせるよう仕向けるべきでしょう。
 

「いつかは恋人にしてくれる」と何もしない

何もしないというのは無意味です。男性の「彼女と別れるから待って」「ちゃんと考えてるよ」といった言葉を信用してはいけません。本当に別れるつもりなら、「◯日に話し合う」など具体的に教えてくれます。

何もしないのではなく、自分が相手の彼女よりも素敵な女性になるべく努力しましょう。彼女の愚痴を聞くなどすれば、セフレという立場を利用して彼女化を狙えるはずです。

まとめ

sefure-koibito7
セフレのままでは、いつまで経っても恋人になることができません。本命の恋人になりたいのであれば、セフレを脱却しましょう!

セフレを脱却するためには、『男性が本命にしたくなる女性の特徴』を把握してください。この特徴を踏まえた上で、彼女にしてもらうためのテクニックを駆使しましょう。

男性のハートを掴んで、素敵な関係を築いてくださいね!