更新:2020.03.24 作成:2020.03.24

断言!マッチングアプリで結婚相手を作ることはできる!理由と結婚までの道筋を公開

matchingapp-kekkon-1

 

婚活も兼ねてマッチングアプリで結婚相手候補を探そうと思っている方の懸念点と言えば、ネットやアプリで結婚相手なんて見つかるのという疑問。

 

さらに、マッチングアプリで出会った相手と結婚するのってどうなのという、とにかく疑問だらけのマッチングアプリ婚活。

 

今回はそんな疑問たちに答えるべく、マッチングアプリで結婚する方法、マッチングアプリが出会いのきっかけであることを周囲にどう説明するのかなどを解説します。

 

婚活の一環として、マッチングアプリを活用しようと思っている方は、ぜひチェックしてみてください。

 

マッチングアプリで結婚相手を探す際に重要なこと

matchingapp-kekkon-2

 

マッチングアプリで婚活をするのであれば、婚活に必要な条件を満たしたアプリの使用など、いくつかの重要なことがあります。

 

アプリで婚活を成功させるためにも、必須です。

 

婚活に特化したマッチングアプリをいくつか使用

 

まず、最も重要なのが、婚活に特化したマッチングアプリを複数併用することです。

 

婚活に特化したアプリとそうではないアプリには、下記のような違いがあります。

 

婚活アプリ 恋活・カジュアルなアプリ
年齢確認の有無
卒業証明・収入証明・資格証明の提出 ×
男性利用料金 有料 有料
女性利用料金 有料 無料

 

大きな違いは婚活アプリの場合は、経歴を証明するための認証機能があり、給料明細などの提出を行うことができます。

 

また、婚活アプリということで、女性も当然有料です。

 

恋活やカジュアルな出会いに特化したアプリの場合は、経歴詐称などは珍しいことではなく、遊び目的で利用している男女が多くいます。

 

プロフィールで真剣に出会いを探している旨を記載

 

婚活を真剣にしたい方は、プロフィールに真剣に出会いを探している旨をやんわりと記載しておくのがおすすめです。

 

婚活において、待ちの姿勢はあまりおすすめしません。

 

同じく真剣に相手を探している異性を引き寄せるためにも、しておきたいです。

 

とにかく、少しでもいいなと思った相手とは会う

matchingapp-kekkon-3

 

マッチングアプリでは特に女性の場合、男性からかなりのアプローチがきます。

 

メッセージだけで判断するのは難しいので、少しでもいいなと思う相手がいたら、メッセージ段階で比較せず、実際にデートをした上で比較をするのが、婚活成功の近道です。

 

会ってみなければ、相手の人柄や雰囲気などは全く分かりません。

 

メッセージの段階を一次面接だとしたら、一次面接で落選させた相手が、実際にデートをする2次面接の相手よりも実際に会ったらよかったという場合もあります。

 

私がおすすめのマッチングアプリ婚活は、最低限のスペックを満たした異性で、なおかつメッセージが可もなく不可もなくということであれば、まず会ってみることです。

 

数十人から多ければ数年間をかけて100人に会うのもいいと思います。

 

結婚は男女関わらず、非常に重要なイベントなのでとにかく会って、相性確認です。

 

交際前にセックスしようとする男性に安売りしない

 

アプリに関わらず、婚活中に体の関係を持とうとする男性は少なくないです。

 

付き合う前に体の相性を確認しておきたい、好意をちらつかせながらセックスに持ち込むのが、そうした男性の手口。

 

婚活中のセックスはセフレに発展して、変に叶わない恋愛感情を持ってしまうなど、婚活成功の妨げになりかねないため、なるべくしないようにします。

 

男性が自分とやりたがるというところで、承認欲求を満たし続けると、結果として婚期を逃してしまいかねません。

 

マッチングアプリのデメリットはこうやって解消!安全に結婚相手を探すコツ

matchingapp-kekkon-4

 

マッチングアプリで婚活する上で重要なことを見てきましたが、婚活する上でのデメリットと、デメリットを解決する方法も事前にチェックしておくのがおすすめです。

 

【既婚者対策】お互いに友人、家族、自宅に早めに紹介、紹介してもらう

 

まず、マッチングアプリの婚活に関わらず、婚活中の最悪の敵が既婚者。

 

既婚者であることを隠し、交際されたり、体の関係を持ってしまうと非常に厄介です。

 

合コンなど周囲の人間関係と何かしら繋がりのある相手であれば、既婚者かどうかを知ることができます。

 

一方で、マッチングアプリは全く人間関係の無かった相手と出会うのが一般的なので、知るのは簡単ではありません。

 

そこで、既婚者対策としてやっておきたいのが、友人や家族、自宅を早めに紹介してもらうことです。

 

また、今時の20〜30代の男性であれば、何かしらのSNSをやっており、それなりの友達数がいるはずなので、そうしたSNSも早い段階でフォローしておくことで対策をすることができます。

 

【ヤリモク対処】付き合ったらねと強く言い切る

 

既婚者以外にも、厄介なのがヤリモク。婚活アプリには、まだ少ないですが、ゼロではありません。

 

ヤリモクの対処法としては、相手がやりたがったら、「付き合ったらいいよ」と強めに言い切ることです。

 

他にも、相手に半強制的に誘導されないように、カラオケやホテル、家などの密室に入らないこと、薄暗い個室店に入らないなど最低限の防衛は必要だと言えます。

 

【経歴詐称】職場、経営企業の情報は絶対に仕入れてエビデンス確認まで

matchingapp-kekkon-5

 

マッチングアプリで出会った相手といざ婚約。

 

通常であれば、相手の素性を疑うことはありませんが、中にはアプリで知り合った相手の素性がきになる方もいると思います。

 

もし相手が経営者や、会社役員であれば、相手の会社の健全性を知るのは、帝国バンクなど企業情報のリサーチ会社に依頼すれば、数万〜10万円程度で簡単に行うのが可能です。

 

また、職場が本当に正しいかどうか、隠した借金の状況などは、探偵を使うことで簡単に把握することができます。

 

他にも、働いている会社名さえ分かれば、vorkersなど会社の口コミサイトを使用することで、現在の年収や今後どれくらいの年収になるのか知ることも可能です。

 

結婚後に会社が傾いて大変なことになる、職場が嘘だった、借金が発覚とならないためにも、不安な方はしておくのが良いかもしれません。

 

婚活目的なら、使うのはこのマッチングアプリで決まり

 

次は、いよいよ婚活で使用するのがおすすめな婚活アプリの紹介です。

 

Pairsはとりあえず登録して、使っておくべき

matchingapp-kekkon-6

 

婚活をスタートする方が、まず利用しておきたいのが婚活アプリではなく、恋活アプリのPairs。

 

Pairsは婚活アプリではなく、恋活アプリですが、まず使うべきアプリとして紹介したのには理由があります。

 

前述したように、婚活をする上で重要なことの1つに多くの異性とまずは会うのが重要と解説しました。

 

既存の婚活アプリでは、多くの異性に短期間で出会うのは難しいですが、会員数が1000万人を越えるPairsであれば、数を打つことに関してクリアすることが可能です。

 

会員数 月額料金 本人確認の対応範囲
1000万人 男性:1430-4100円
女性:無料
年齢確認

 

そして、Pairsは他のアプリよりも、成婚や交際の実績が高いという特徴もあります。

 

婚活アプリとPairsの併用で、相手を探していくのが効果的です。

 

Pairsと平行して、ゼクシィ縁結びを有料利用

matchingapp-kekkon-7

 

Pairsと平行して利用する婚活アプリとしては、会員数100万人以上を抱える大手婚活アプリのゼクシィ縁結びがおすすめ。

 

婚活アプリなので、各種証明機能がついており、さらに女性も有料です。

 

会員数 月額料金 本人確認の対応範囲
100万人 男性:2640-4378円
女性:2640-4378円
年齢確認、卒業証明、収入証明、資格証明

 

Pairsでは数を打ちつつ、ゼクシィ縁結びでは質重視で婚活を進めていくことで、バランス良く進めていくことができます。

 

婚活初期にハイスペだけを狙い内するなら、東カレデート一択

matchingapp-kekkon-8

 

余談になりますが、将来性重視のハイスペック狙いで婚活をするのであれば、東カレデートを使用するのもおすすめです。

 

男女変わらず月額6500円ですが、女性は相手の男性がゴールド会員であれば、課金せずにメッセージのやり取りをすることができます。

 

matchingapp-kekkon-9

 

利用する男性は高学歴かつ、高年収の男性がほとんどで、各種証明書の提出を行うことができるため、経歴詐称リスクも低いです。

 

また、年収500万〜1000万未満の男性でも、商社や外資系企業勤めの20代男性が多く、30代に差し掛かる頃には1000万越えが見えた優良物件が多くのが特徴。

 

登録をするには、利用者と運営による、顔写真と経歴の審査を男女ともに合格する必要があります。

 

マッチングアプリで相手の結婚意欲を確かめるためにやっておきたいこと

matchingapp-kekkon-10

 

マッチングアプリで婚活をすることは可能ですが、本気で結婚する気のある男性はいるのかと気になっている方は多いのではないでしょうか。

 

そこで、相手の結婚意欲の高さを知る方法を紹介します。

 

働いている会社と自宅を知るだけでは、結婚意欲を確かめ切れない

 

どこで働いているのか、自宅を早くに教えるというのは、本命の証と思っている方は少なくないと思われます。

 

しかし、実はこれだけでは本命かどうか、婚活意欲があるかを完全に知ることには繋がりません。

 

相手に結婚の意思があるのかを知るためには、別の根拠が必要です。

 

両親を紹介してくれたら、少なくとも遊びの可能性は大幅に下がる

 

周知の通り、両親に紹介し合った場合、遊びの可能性は大幅に下がります。

 

重要なのは、両親に紹介し合うということではなく、こちらの両親に会う気があるのか、会わせてくれる気があるのかを早い段階で知ることです。

 

そこで、マッチングアプリで出会った相手の結婚の意思表示を知るためにも、交際した初期に、親に会いたい、実家に来るかと誘い、反応を見るのが良いと思われます。

 

両親の前で、結婚を考えていることを明言した際は結婚を確信

 

結婚確約のクロージングは、お互いの両親の前で結婚を考えていることを明言させることです。

 

クロージングをかけるのが上手い男性、女性は、確実に結婚するために、結婚を前提にしていることをさりげなく両親に打ち明けます。

 

確約を取りたい方は、待ちの姿勢ではなく、色々と工夫をして、明言させるのも一つの手です。

 

結婚のきっかけはマッチングアプリ、周囲への説明は?

matchingapp-kekkon-11

 

結婚の意思確認の他に、結婚のきっかけをどう説明するのか、きっかけがマッチングアプリというのはどうなのかにも答えます。

 

まず、結婚のきっかけがマッチングアプリというのは何も後ろめたいことではないので、思い切って公表してしまってもいいと思われます。

 

一方で、どうしてもマッチングアプリが出会いのきっかけであることを知られたくない方は、適当な場所を選んで、そこで意気投合して、そのままと濁したりするのも良いかもしれません。

 

あるいは、知り合いに紹介してもらったと親に言うのもよくあるパターンだと思われます。

 

ただ、隠す必要は本当に無いので、マッチングアプリで出会ったと率直に伝えるのが、その後も考えるとラクです。

 

【まだ不安な方へ】マッチングアプリでよくあるトラブルを回避する方法

 

マッチングアプリで婚活をする上で、いくつかあるトラブルの種類と、回避する方法を最後に見ていきます。

 

不安が残るという方は、チェックしてみてください。

 

結婚前に付き合っている相手が、マッチングアプリを辞めていなかったら?

 

マッチングアプリで出会ったという以上、多少気になるのが、付き合った後もアプリをやっているのではないかという心配。

 

一番良いのは、相手が辞めたことを信じることですが、気になって仕方がないという方もいると思います。

 

付き合った直後であれば、付き合った記念ということで、一緒にアプリを削除する儀式のようなことをするのが可能です。

 

その後は、信じるか、携帯をチェックできるような関係になるのも良いかもしれません。

 

相手の素性があまりに心配すぎる場合は、興信所で素性調査を依頼するのも最終手段

matchingapp-kekkon-12

 

前述していますが、相手の素性が心配すぎる場合は興信所に調査を依頼するのが有効です。

 

特に、友達や実家を紹介してくれなかったりする割には、結婚をチラつかせたり、お金を借りてこようとする場合は、結婚詐欺の可能性が低いもののあります。

 

信頼性に欠けるということで別れるのであれば、問題ないですが、それでも信じたい方は興信所という必殺があるのを頭の片隅に入れておいてください。

 

まとめ マッチングアプリで結婚はおすすめできる

 

最後に結論としては、マッチングアプリで結婚することは全然できます。

 

相席屋や街コンなんかよりも、コスト面、時間などの労力面でも便利であるのは間違いです。

 

マッチングアプリを有効活用して、素敵な結婚相手を探してみてください。