2019.05.09

もしかして、マッチングアプリで出会った彼、彼女は結婚詐欺師?手口と特徴を全公開

kekkon-sagi-matching-app
「結婚できると思ったのに..」マッチングアプリで出会った相手が結婚詐欺師だったということが実際にあったようです。
 
マッチングアプリにおける結婚詐欺被害は多くないものの、結婚詐欺師の手口、特徴などを把握しておくのはマッチングアプリ婚活をする上で知っておいて損はないといえます。
 
マッチングアプリで結婚詐欺に引っかかりたくない方は、ぜひチェックしてみてください。
 

マッチングアプリで結婚詐欺に遭遇する可能性はある?

そもそも結婚詐欺とは

kekkon-sagi-matching-app2

そもそも結婚詐欺の意味を知ることは非常に重要で、結婚詐欺に該当しない場合は、騙されたと感じても法的に追求することが難しいです。
 
肝心の結婚詐欺の意味は、結婚をほのめかし交際相手から財産を不当に得ることを指します。
 
騙されて傷ついた、実は別に相手がいたということでは痴話喧嘩ということで、罪として扱われないことがほとんどです。
 
そして、正確には結婚詐欺罪というものは存在せず、相手を騙して金銭を奪う詐欺罪に該当します。
 

マッチングアプリでも結婚詐欺に遭遇する可能性はある

kekkon-sagi-matching-app3
引用:平成30年における特殊詐欺認知・検挙状況等について
 
警察庁による特殊詐欺の手口別認知件数によると、振り込め詐欺以外の詐欺(金融商品等取引名目の特殊詐欺、異性関連詐欺など)は600件未満です。
 
その中で、世間一般で言われる結婚詐欺の件数はさらに下がるものの、毎年数百件の被害届が出されています。
 
つまり、マッチングアプリで出会った相手が結婚詐欺師であったという可能性は非常に低いものの、無い訳ではありません
 
ただし、ほとんどないようなものなので、結婚詐欺を心配して、マッチングアプリを利用しないと判断するのは早計です。

マッチングアプリで結婚詐欺に遭遇した事例

実際にマッチングアプリを通じて結婚詐欺の被害にあった人はいるようです。
 
可能性こそほとんど無いものの、明らかに怪しい男性、女性には注意をしておくのが良いと考えられます。
 
結婚詐欺師には特徴があるようなので、いくつか紹介していきます。

マッチングアプリにありがちな結婚詐欺師の特徴

マッチングアプリには結婚詐欺以外に、経歴詐称、交際する気がないのに好意をちらつかせるなどヤリモク男性、お金目的の女性はいます。
 
こうした男性、女性に引っかからないためにも、結婚詐欺師やそれに近い詐欺師の特徴を把握しておくのは重要です。
 

職業不明の自称高年収男性

kekkon-sagi-matching-app4

マッチングアプリで高収入の男性には注意が必要です。
 
結婚詐欺をする男性、ヤリモクの男性の場合でも、女性と出会いやすくするために収入を高く設定する人はいます。
 
職業、所属会社が不明確な人は高収入であっても、非常に怪しいです。
 
現在は会社員であれば、ネットで年収を検索をすれば、どれくらいもらっているかわかります。
 
経営者であっても、ネットで経営している会社が表示されるはずです。
 
高収入な男性は何をしているのかを知るまでは、あまり信用できません。
 

自宅や実家、SNSアカウントを教えてくれない

自宅や実家、SNSアカウントは結婚詐欺師にとっては知られたないものです。
 
なかなか実家に連れて行ってくれない、普段使いのSNSアカウントを教えてくれない場合はは隠したいことがある可能性があります
 
結婚の意思表示を相手がするにも関わらず、相手の親に会わせてくれないのは、実は既婚者であったりということも考えられます。
 

物がほとんどない愛人部屋を用意しているケースも

kekkon-sagi-matching-app5

実家やSNSアカウントは知らないけど、自宅には連れて行ってくれるケースがあります。
 
しかし、結婚詐欺師、ヤリモク男性の中には、女性との専用部屋を借りていることもあります
 
そういった部屋は、通常はあるはずの家具がなかったり、やたらと物がなかったりと、生活感がないです。
 
本当に普段この部屋に住んでるのかなと気になったら、黄色信号だと思い、警戒してみるのがいいかもしれません。
 

お金を貸して欲しいと頻繁に言う

kekkon-sagi-matching-app6

お金を貸して欲しいと男性、女性から要求があった場合はどんな理由でも簡単に貸すのはおすすめしません。
 
「お金を簡単に貸すなんてバカ」だと思っている方も、いざ好きな相手を目の前にすると、「1回くらいは..」から始まって、次第に大きな金額になっていきます
 
結婚詐欺師は借りたお金を返済せず、自分のお金にしてしまうため、お金を貸すことで大きな損失を被ってしまうかもしれません。
 

結婚費用など大きなお金の建て替えを要求

kekkon-sagi-matching-app7

結婚費用など大きなお金の建て替えを要求された場合も注意が必要です。
 
結婚詐欺師は当然ながら結婚する気はないので、騙すためとはいえ、大きな金額は払いたくありません。
 
大きなお金の建て替えあるいは、同居する部屋の保証人、連帯保証人になって欲しい、借金の保証人になって欲しいと言われても絶対にならないようにします。
 

結婚の意思を早い段階で見せる

結婚の意思表示を出会って数回と早い内にしてくる男性、女性も危険です。
 
相手に結婚を意識させることで、騙しやすい関係を築くのが目的の可能性があります。
 
婚約したとしても、相手の素性を知ること、金銭のやり取りに関しては緩めてはいけません。

マッチングアプリで結婚詐欺被害者にならないための対策

マッチングアプリで結婚詐欺師の被害者にならないためにも、結婚するまでは対策が重要です。
 

出会って数ヶ月以内の内にお金の貸し借りはしない

kekkon-sagi-matching-app8

出会って数ヶ月以内、正確にいうと相手の素性がハッキリとするまでは、お金の貸し借りはしないのをおすすめします。
 
お金の貸し借りは信頼関係を崩すきっかけにもなりかねない物ですし、借用書を作成したとしてもあまりしない方がいいです。
 
もしも、お金の貸し借りをする場合は借用書を必ず作成し、お金は貸した相手の講座名で銀行振込で返済してもらうようにすることで、返済金額の証拠を残してください
 

SNS、職場、実家は把握するまで婚約を信じすぎない

そして、最後にSNSアカウント、職場、実家の3つは必ず把握しておくのが重要です。
 
恋人関係にも関わらず、この3つを知らないというのはおかしい話ですし、婚約を信じすぎないのが良いと思われます。
 

相手が結婚詐欺師なのではと心配な方は、探偵、興信所を使ってみるのも

kekkon-sagi-matching-app9

相手の身元があまりにも心配な方は、探偵、興信所を活用してみるのもおすすめです。
 
十万円前後で身元調査をしてもらうことができます。
 
探偵、興信所で使うお金以上の損、時間を無駄にしないことを考えれば、怪しい相手の身元を探るのに十万円は安いです。

結婚詐欺ではないが、マッチングアプリにありがちな経歴詐称を避けるには?

ここまで、マッチングアプリの結婚詐欺の手口、対策を紹介しました。
 
マッチングアプリには結婚詐欺とまではいかないものの、ヤリモク男性が一部利用しています。
 
ヤリモクの男性はより効率的に女性に近づけるように、経歴詐称をするというのはすでに紹介済みです。
 
婚活における最悪の行為である経歴詐称を避けるためには、そもそもどのマッチングアプリを使うかが非常に重要になります。
 
最後に、結婚詐欺一歩手前になりかねない経歴詐称者が少ない婚活マッチングアプリを紹介します。
 

婚活は結婚相談所よりも低価格でできる婚活アプリがおすすめの理由

成婚率ほど結婚相談所の方が高いものの、料金面では婚活アプリが圧倒的に低価格で利用することができます。
 
婚活は数ヶ月という単位で終わらせることが一般的ではないため、なるべくお金がかからず、長期的に活用しやすい手段を利用するのがおすすめです。
 

利用期間 成婚率 利用料金
婚活アプリ 1年 10%前後 20000円前後
女性無料のケースも
結婚相談所 1年 20%前後 最低40-50万程度

※成婚率、料金はサービスによります。
 
婚活アプリを利用した婚活は、料金面、成婚率から考えても、一度は活用しておきたい手段だといえます。
 

リクルートグループが運営するゼクシィ縁結び

zexy-enmusubi-top

ゼクシィ縁結びは上場企業のリクルートグループが運営する婚活アプリです。
 
会員の80%が6ヶ月以内に出会えているようで、結婚相談所よりも低価格で、婚活ができます。
 
通常のマッチングアプリでは、年齢確認のみなので、経歴詐称が多いですが、ゼクシィ縁結びの場合は幅広い本人確認に対応しているため、プロフィールの信頼性が高いです。
 
男女ともに結婚詐欺、経歴詐称が心配な方は、証明書提出済みの異性にのみアプローチしてみてください。
 

会員数 月額料金 対応可能な本人確認
85万人 男女:2592円〜 年齢確認・収入証明
卒業証明・資格証明

 

婚活アプリ大手のyoubride(ユーブライド)

youbride-top

youbrideは婚活支援事業で有名な上場企業のIBJ子会社であるDiverseが運営する婚活アプリです。
 
youbrideは婚活アプリとして、国内最大手の規模で、ゼクシィ縁結びと同じく、本人確認の対象が幅広く揃っています。
 
youbrideは会員数が多いせいか、ヤリモクの男性も一部いるという噂があり、アプローチするのであれば、本人確認をしているユーザーが安全かもしれません。
 
結婚相談所には通わないけど、真剣に婚活したい方は、ゼクシィ縁結びとyoubrideを活用してみてください。
 

会員数 月額料金 対応可能な本人確認
170万人 男女:2400円〜 年齢確認・収入証明
卒業証明・資格証明

 

再婚ならマリッシュがおすすめ

marrish-top

マリッシュは再婚者、シンママ、シンパパに特化した婚活アプリです。
 
他の婚活アプリは初婚の男女ユーザーが多い中、マリッシュは初婚ユーザーと結婚経験者がバランスよく利用しています。
 
marrish-top2
 
相手のプロフィール情報、自分を知ってもらう手段が豊富にあり、アプリ内で理解を深め合うことが可能です。
 
「婚活アプリって再婚者を受け入れてくれるの」と心配な方は、ぜひ活用してみてください。
 

会員数 月額料金 対応可能な本人確認
10万人前後 男性:1665〜
女性:無料
年齢確認・収入証明
卒業証明・資格証明

まとめ マッチングアプリで結婚詐欺はほとんどない

結婚詐欺自体がそれほど多いことではありませんが、実際にマッチングアプリで結婚詐欺にあった被害者はいるようです。
 
可能性こそ低いものの、結婚詐欺とまではいきませんが、経歴詐称のヤリモクは珍しいことではありません。
 
タチが悪いと既婚者の場合もあります。
 
婚活を邪魔されないためにも、婚活は婚活に特化したマッチングアプリを利用し、お金の貸し借り、相手の身元特定は必ずしておきたいです。
 
マッチングアプリを利用した婚活は時間、お金の面で負担が少ないため、興味のある方はぜひ活用してみてください。