ミントC!Jメールに関するコンテンツ

更新:2022.11.10 作成:2022.11.10

Jメールは本当に会える?口コミ評価と他サイトとの比較・キャッシュバッカーに関して解説

Jメールの利用を検討している人にとって、本当に会えるのか疑問に感じている人は多いでしょう。

マッチングサービスや出会い系関連のアプリは種類が非常に増え、試しに挑戦したくても不安に感じる人は多くいます。そこで今回は、Jメールが本当に会えるのか、口コミや評判を紹介しつつ、他サイトと比較してどう違うのか詳しく解説していきます。

Jメールの利用を検討している人はぜひ読んでみてください。

Jメールは出会える

まず結論から言えば、Jメールは出会えます。2000年から運営がスタートした老舗のサイトで、会員数も充分おり、セキュリティ面もしっかりしているためです。

ただ、Jメールに関して評判や口コミを調べると不安に感じてしまう人は多いでしょう。出会い系やマッチングサービスに関して、業者はどうしてもつきものです。

出会うためには、業者の存在がどういったものなのか理解した上で、出会えるための正しい使い方を理解する必要があります。この記事では、それらを全てまとめて解説していきます。

Jメールの口コミと評判

実際にJメールを使って出会えるのか、実際に使っているユーザーの口コミを集めました。Appstoreのレビューでは総合評価3.9と比較的高い評価が多めでした。

SNS連携なし、マッチングなしなので、不真面目な人が多いと思っていませんか??自分も始める前はそう思ってました。。。でも、ブロック機能に通報機能。匿名での安全に登録できるシステム。24時間365日のカスタマー窓口。しっかり行われる年齢確認。そして何より18年続いている信頼の実績年数。中身がちゃんとしてなかったらここまで続かず途中でサービス停止していると思うんですよね。ユーザーの質も決して悪くないし、真面目な恋愛希望の人も居ました。まずは簡単なので登録してみるのオススメしますね。引用:Appstore

初めは少し戸惑ったんだけど、使ってみるとちゃんと出会えてやってよかった!!写真も大きくてとっても見やすい! 色々なアプリを使いましたが、使いやすいです。検索で性格や趣味など、細かいところまで絞り込めるので好みの異性が見つけやすです。。他地域の同年代の人のつぶやき、画像が見れて楽しい。引用:Appstore

初めてレビュー書かせていただきます。はっきり言いますが、このアプリ含めてサクラは少ないですが、風俗のような業者だらけです。ただ風俗の相場に比べると安く遊べてしまうとでも言っておくべきでしょうか?なのでお金をしっかり持ってる人でないと楽しくできないアプリだと思ってます。引用:Appstore

「セキュリティがしっかりしていて安心して使える」「ちゃんと出会えた」といったものが見受けられました。Jメールは、使い方さえ間違えなければちゃんと出会えるアプリであることがわかります。

また、風俗のような業者、CB(キャッシュバッカー)が多いなどという口コミもありました。キャッシュバッカーはともかくとして、風俗業者が存在するのは事実です。しかし、これはJメールの質が悪いわけではなく、今ではほとんどのマッチングサービス・出会い系サイトに存在しているのが実情です。

Jメールのキャッシュバッカーに関して

口コミでは、Jメールにはキャッシュバッカーが多いなどという口コミが見受けられました。聞きなれない人に向けて、キャッシュバッカーに関して解説をします。

キャッシュバッカーとは

キャッシュバッカーとは、メールのやり取りをすることでもらえるポイントを換金してお金稼ぎをしている一般ユーザーのことを指します。あくまで一般人なので、厳密にいえば業者ではありません。

女性は男性とやり取りすることで微量ですがポイントが入ります。そのため実際にはデートはせず、サイト内でのやり取りを長引かせようとしてきます。

メールレディとも呼ばれ、自宅でできる副業として一部の女性に人気です。

Jメールにキャッシュバッカーは多いのか

Jメールには、他のポイント制出会いサイトと比較してもキャッシュバッカーが多いといわれています。これは、もらえるポイントが多いから。大手のハッピーメールやPCMAXがメールのやり取り1往復で1~2円入るのに対し、Jメールだと7円もらえます。

ただ、実際にはキャッシュバッカーはほとんどいないとされています。「メールレディ 副業」などで調べればわかりますが、女性が稼ぐことに特化したメールサイトは他にいくつもあり、そちらはメール受信単価が20~30円となっています。

いくら他サイトよりも少し単価が高いからといって、わざわざJメールを使ってメールレディをやる人はいません。そもそもキャッシュバッカー自体ほぼいないと考えてOKです。

キャッシュバッカー対策方法

ただ、それでもキャッシュバッカーがいるのかもしれないと不安になってしまう男性に向け、対策方法を紹介します。

キャッシュバッカーの対策としては、こちらの話を逸らしたり、連絡先交換をはぐらかしたり、「連絡先交換はもう少し仲良くなってから」などと返信がきたりする時点でブロックすることです。

連絡先交換を渋るユーザーは多くいますが、会うことに対して前向きな人は積極的に提案してくれます。仮にキャッシュバッカーではなかったとしても、そういったユーザーはやり取りする候補から外し、どんどん新しい人にアプローチしていきましょう。

Jメールと業者

次は、Jメールにいる業者に関して解説します。Jメールで出会う上で重要なポイントなので、どんな業者がいるのかを把握し、見極め方を知っておきましょう。

業者はいるがサクラはいない

まず、整理しておきたいのがJメールには業者はいるがサクラはいないということ。業者とは外部から利益を求めて悪用するユーザーのことです。対してサクラは、運営が雇った人間のこと。

規模が大きく、すでに一定のユーザーが集まっているJメールでわざわざサクラを雇う必要はありません。「サクラが多くて出会えない」といった口コミを見ても、気にする必要はありません。

業者の多くは援デリ業者

Jメールにいる業者の多くは、援デリ業者と呼ばれる業者です。援デリ業者とは、違法なデリヘル業者のことです。Jメールを使って集客し、金銭と引き換えに性的なサービスを行っています。

届け出を出しておらず、違法な業者なのでどんなトラブルが起きるかはわかりません。また、他人の画像を使って集客しているため、サイト上では抜群にルックスの良い女性だったとしても実際に現れるのは別人です。

業者と似ているのがパパ活や援助交際希望者

援デリ業者と少し似た性質を持つのが、パパ活や援助交際希望者です。特に援助交際希望者は金額を提示して交渉してくるため、やり取りやメールの特徴は援デリ業者と酷似しています。

基本的にJメールではパパ活や援助交際は禁止されています。法的にもグレーのため、提案をされても断りましょう。

業者を見極めるのは簡単

Jメールには援デリ業者がいるのは事実ですが、実は見極めるのは簡単です。以下にざっと特徴をまとめました。

  • ●ルックスが非常に優れた写真を使っている
  • ●長文のメールやプロフィール文章
  • ●バストサイズをわざわざプロフィールで公開している
  • ●会うことになった場合、初回は15,000円ほしいなどと金銭を要求してくる

基本的に業者は、自分を風俗業者やデリヘルなどとは公開しません。「寂しくて誰かと関係を持ちたいが、あなたなら楽しく過ごせそうな気がした」などと特別感を出して誘惑してきます。

舞い上がってしまう人は多くいますが、実際には会うことが決まったタイミング(場合によっては序盤のメール)で金銭を要求されます。その時点で業者だと判断し、返信は控えましょう。

Jメールで出会う方法

では実際に、Jメールでどうやって出会うのか詳しく解説していきます。プロフィールさえ充実させれば、連絡先交換は難しくはなくなります。

プロフィールを充実させる

Jメールで出会うために重要なのは、プロフィールを充実させること。特に写真は重要です。顔写真がない人からメールが来ても、無視する女性はほとんどでしょう。写真がなければ、どんなにまともなメールが来ても信頼関係が築けないからです。

多少加工でぼかしても構わないので、顔がある程度わかる写真を載せましょう。できれば自撮りではなく他の人に撮ってもらったものが理想です。他撮り写真の方が表情が自然だからです。

自己紹介も、簡単で良いので3行程度のものを用意しておくこと。未記入だと業者ではないかと疑われたり、話題が広がりにくくなってしまいます。

返信がもらえるファーストメッセージを作成する

Jメールで出会うのに重要なポイント2つ目としては、ファーストメッセージです。印象が悪いファーストメッセージを送ってしまっていると、どんなに多くの人にメールを出しても発展しません。

ファーストメッセージは、特にユーモアや個性は必要ありません。シンプルかつ、ちゃんと話ができそうと思わせること。

「はじめまして。髪型すごく似合ってますね!」などといった一言でOKです。相手が映画やアニメなどの趣味を自己紹介でアピールしている場合は、質問を盛り込んでみるのも良いでしょう。

会えなそうなら早々に返信をやめる

Jメールで出会うのに重要なのは、会えなそうだと判断したときに早々に返信するのを辞めることです。基本的には、数回のやり取りで連絡先交換を提案しましょう。Jメール内でやり取りを続けていてはポイントが大量にかかってしまうからです。

「連絡先交換は会ってから」「もう少し仲良くなってからがいい」などと返信が来たら、追わずにどんどん新しい女性にメールを出すこと。

時間をかけても会えなさそうな相手にポイントを使ってしまうと、結果的に損をしてしまいます。会う気がある相手は早々に連絡先を教えてくれるため、1人に固執しないことが重要です。

試行回数を増やす

Jメールでは、とにかく複数の人にメールをまとめて出していくのが重要です。出会い系サイトでは、突然返信がなくなるのはよくあることだからです。

5人にメールを出して、最初のメールに3人から返信が来れば上々。そのうちの1人とLINEが交換できれば成功と考えましょう。

男女比の割合的に男性のが圧倒的に多く、自然と魅力的な女性は取り合いになっています。良いと思ったらどんどんメールを出しましょう。

他出会い系サイトとの比較

最後に、Jメールを似た性質を持つ「ハッピーメール」「ワクワクメール」「PCMAX」と比較していきます。基本的にはそれぞれ明確な独自性はほとんどなく、1つのサイトで慣れれば他のサイトでも充分出会えます。

おすすめは同時に使うこと。月額制ではないため同時使用が負担になりません。

安全面

安全面に関しては、全てのサイトとも非常に力を入れています。24時間365日の監視は標準搭載されていて、通報やブロック機能もあります。

4つのサイトとも約20年近く運営が続いているだけあって、セキュリティ面は高く、安心して使えると考えて良いでしょう。

料金・消費ポイント

料金は、どのサイト(アプリ)も1ポイント10円換算です。以下の表に消費ポイントをまとめました。

  Jメール ハッピーメール ワクワクメール PCMAX
プロフィール閲覧 1ポイント
(アプリ版は無料)
無料 無料 1ポイント
プロフィール画像閲覧 3ポイント 2ポイント
(1枚目無料)
2ポイント 3ポイント
掲示板投稿 1日1回無料
(2回目以降5ポイント)
1日1回無料
(2回目以降5ポイント)
1日1回無料
(2回目以降5ポイント)
1日1回無料
(2回目以降5ポイント)
メール送信 7ポイント
(アプリ版は)
5ポイント 5ポイント 5ポイント

Jメールは、メール送信が少し高く設定されているのがややネックです。ただ、逆に考えれば出会い系に精通していて慣れているユーザーは他サイトを積極的に利用しています。

男性ユーザーがさほど多くはないことから、返信率が比較的高くなり、結果的には誤差程度にしかなりません。

まとめ

今回は、Jメールが会えるのかどうか、口コミを紹介しつつ噂されていたキャッシュバッカーや業者、実際に出会う方法を解説しました。

Jメールは運営実績が豊富で、会員数も多いアプリです。使い方さえ間違えなければ気軽な出会いを求める人が見つかります。

プロフィール画像をきちんと設定して、ぜひJメールに挑戦してみてください。ハッピーメールやワクワクメール、PCMAXとの併用もおすすめです。