更新:2019.12.18 作成:2019.12.18

出会い系サイトでパパ活!その実態や危険性、メリットについてご紹介

deaikei-papakatsu1

 

出会い系サイトを利用する女性が増えたことで、男性にとってはパパ活が随分やりやすくなってきました。

とくに「若い女の子とデートしたい」といったような願望のある男性にとっては、出会い系サイトは持って来いのツールといえます。

とはいえ、出会い系サイトでのパパ活にはリスクもあります

そこでこの記事では、パパ活の実態からみる危険性とメリットの両方をご紹介していきます。

 

出会い系サイトでのパパ活の実態

まずは、出会いサイトでのパパ活の実態からご紹介していきます。

なお、ここでいうパパ活とは、「若い女性と定期的に会う関係になること」をいい、一晩限りのセックスをする関係とは別物になります。

 

女性ユーザーは20代前半が多い

deaikei-papakatsu2

 

パパ活女子の特徴として、「年齢層が若い」ということがあげられます。

そのほとんどが20代前半の学生やフリーターで、なかには18歳や19歳の女の子もいます。

これには、「無茶をやるなら学生のうち」「働いていないからお金がない」といった心理が関係しているようなのですが、若い女性をターゲットにパパ活をしている男性にとってはありがたい展開といえるでしょう。

 

経済的なゆとりがあることが前提条件

deaikei-papakatsu3

 

年齢層が若いとはいえ、女性のお金に対する欲求は非常にシビアです。

なので「学生なんだから安いレストランで十分だろう」などという甘い考えは通用しません。

移動手段から食事する場所、プレゼントにお小遣いまで、想像以上にお金がかかります。

それにくわえて身体の関係もとなると、一般的なサラリーマンの収入ではまったく足らないでしょう。

ちなみに、一般的なパパ活における費用をご紹介しておくと…

 

●食事やカラオケに行くだけ:お小遣い1万円前後+食事代
●身体の関係:お小遣い3万円〜/回 または、月10万円以上+ホテル代
●プレゼント:2万円〜(女性の誕生日やクリスマス、ホワイトデーなど)

 

ご覧の通り、1回のデートで数万円がかかることになります。

男性のなかには、「月に10万円のお小遣いで会い放題」という契約を結んでいる男性もいるようですが、そうであったとしても、食事代やホテル代などの実費は別途必要になります。

こうした条件は男女間の話し合いによって決まるのですが、相場を理解している女性がほとんどなので、大幅なディスカウントは望めないと思っておいた方が良いでしょう。

 

出会うのは非常に簡単

deaikei-papakatsu4

 

非常にお金のかかるパパ活ですが、パパ活女子と出会うこと自体は割と簡単です。

というのも、ほとんどの出会い系サイトにおいて、女性ユーザーはお金が目的であり、その対価としてデートすることを理解した上で登録しているからです。

出会い系サイトの広告をみると、「素敵な恋人ができた」「結婚相手がみつかった」等と書かれているものが多いのですが、実際にはそういった真面目な出会いよりも、パパ活や援助交際の方がはるかに多いのです。

 

身体の関係になることもある

deaikei-papakatsu5

 

パパ活にどこまでの行為が含まれるのかは、人によって解釈が異なります。

なので、「食事はするけどセックスは絶対にしない」という女性もいれば、「お小遣いの額次第ではセックスもあり」という女性もいます。

無論、セックスありの方がお小遣いの額も高くなるわけですが、一体どこまでの行為がOKなのかは最初に細かく確認しておく必要があります。

お金の話をするのは気が進まないものですが、これを曖昧にしたままパパになってしまうと、後々大きな損をすることになってしまいます。

 

あくまでも疑似恋愛

deaikei-papakatsu6

 

お金を渡しているとはいえ、可愛い女性と何度も会っていると、恋愛感情を持ってしまうこともあるでしょう。

まして身体の関係までもってしまうと、「情」が入りやすいものです。

そうやって相手にのめり込んでいく男性は多いのですが、一方の女性はというと、非常にドライです。

甘えてきたり、恋愛感情を匂わせてきたりしますが、それらはすべてお小遣いのためです。

なので、お小遣いがもらえない恋人関係にはまったく興味がないのです。

パパ活をするときは、このことを理解した上で行うようにしましょう。

パパ活の危険性

ご紹介したように、お金さえあれば、パパになることは割と簡単です。

時間をかけて探せば、自分好みの女性をみつけることもできるでしょう。

ですが、あまり調子に乗っていると、痛い目に遭うこともあります

はっきり言うと、パパになったからといって相手を信用しすぎてはいけないのです。

そこで以下では、パパ活におけるリスクをご紹介していきます。

 

ハニートラップ

deaikei-papakatsu7

 

パパ活をする男性が増えたのに伴って、ハニートラップの被害に遭う人も増えています。

「パパ活をする男性=お金持ち」と考えるのが一般的ですから、男性から金銭をだまし取ろうと思っている女性にとっては格好の的になるわけです。

大抵の場合、一緒に歩いていたり、ホテルに入っていくところを共犯者がカメラにおさめ、それをネタに後日脅してきます。

あるいは、セックス中に自撮りした写真をもとに脅してくる単独犯の場合もあります。

さらに厄介なケースになると、合意の上でセックスをしたにも関わらず、「レイプされた」と言い出すこともあります

「示談に応じなければ警察に被害届けを出す」と脅され、しぶしぶ高額の示談金を払う男性も多いようです。

これに類似して、セックスをした後に「私、15歳だから」などと言い出すケースもあります。

16歳以下との性交渉は法律で禁じられていますから、これを言われてしまうと男性側としてはお金を払わざるを得ません。

こうした悪意のある女性ユーザーも大勢いますので、セックスをする際にはそれなりに警戒するようにしましょう。

 

金銭的負担の増加

deaikei-papakatsu8

 

パパ活とは、本来お金にゆとりのある男性がするものです。

しかし、若い女性と遊びたいという欲求は誰にでもあるもので、さほどゆとりがない人でも手を出してしまうことがあります。

最初のうちは貯金などを切り崩しておけば問題ないのですが、貯金がなくなってしまった時が問題です。

すでに女性に渡せるお金がないのに、ねだられるとつい無理をして渡してしまう…

そんな状況になってしまう男性は意外と多いのです。

これはキャバクラや風俗にハマってしまう状況と似ています。

昔から女性関係を発端に経済的に破綻してしまうことはよくある話ですので、パパ活をするときは、毎月の収支が赤字にならない程度におさめておきましょう。

 

出費の割に得るものが少ない

deaikei-papakatsu9

 

パパ活女子のなかには、かなりの強者もいます。

彼女たちは1時間おきに複数の男性とアポをとっておき、短時間のデートで数万円を受け取るということを繰り返す人がいるのです。

この場合、「急用ができた」などといって早々にデートを切り上げて帰っていくのが常套手段となっています。

「用事ができたのなら仕方ない」と、喫茶店でのデートだけで納得してしまうかもしれませんが、その裏で別の男性との待ち合わせ場所に向かっているというケースも多いのです。

こうしたケースを避けるためには、事前に「今日はどれくらいのデート時間があるのか」を確認することと、「デート時間に応じてお小遣いの額が変わる」というルールを作ることが重要です。

パパ活とは、いわばお金で女性と繋がる行為なわけですから、そのお金で何ができるのかということはしっかりと決めておきましょう。

出会い系サイトでパパ活するメリット

deaikei-papakatsu10

 

出会い系サイトでのパパ活にはリスクがある一方で、メリットもあります

 

とにかく出会いやすい

パパ活に出会い系サイトを活用する最大のメリットは、とにかく出会いやすいということです。

使い慣れた人であれば、メールのやり取りを数回おこなっただけでデートをすることも可能です。

しかも、サイト内にはパパ活女子が大勢いますから、デートをした結果気が合わなくても、他の女性を簡単に見つけることができます。

出会い系サイト以外で、これほど簡単に女性と出会える方法はないでしょう。

 

男性側の容姿は問題にならない

パパ活女子の目的はあくまでもお金をたくさん貰うことです。

なので、男性の容姿はさほど問題になりません

あまりにも汚らしい服装などはNGですが、常識の範疇であれば、イケメンやオシャレ男子じゃなくても出会えてしまうのです。

普通に街中でナンパをする場合はこうはいきませんから、出会い系サイトの方が圧倒的に効率が良いといえます。

 

料金が安い

ほとんどの出会い系サイトはポイント制を採用しています。

1ポイントあたり約10円で、メールの送信1回につき5ポイント(約50円)かかるのが一般的です。

これに対し、デートをするまでに要するやり取りの回数はわずか数回程度ですから、数百円のコストで女性と出会えることになります。

これほど安い料金でデートのアポがとれる方法は他になく、出会い系サイトが人気となるのも当然のことでしょう。

 

身バレしにくい

出会い系サイトでパパ活をする際は、プロフィールに顔写真を載せる必要はありません。

わざわざそんなことをしなくても、金銭面の条件さえあえば女性は会ってくれるからです。

また、年齢と性別こそごまかせないものの、その他のプロフィールについてはどうとでも書けてしまいます。

つまり、仮に知り合いからプロフィールをみられたとしても、身バレする(どこの誰であるかがバレる)ことはないのです。

 

日本全国でパパ活できる

大手の出会い系サイトであれば、日本全国に女性ユーザーがいます

なので、自分の居住地だけに限らず、よく行く出張先などでもパパ活することができます。

出張中であればホテルは会社の経費で確保されているでしょうから、女性と会うのにホテル代もうきます。

パパ活におすすめの出会い系サイト

deaikei-papakatsu11

 

出会い系サイトでパパ活をすることの危険性とメリットはご紹介した通りですが、どの出会い系サイトを利用するかもパパ活を行う上で重要になってきます。

では、どんな出会い系サイトがパパ活をするのにおすすめなのかというと…

編集部がおすすめしているのは以下の5つです。

<おすすめの出会い系サイト>

 

これらの出会い系サイトに共通しているのは、女性ユーザーの年齢層が若く、なおかつその人数が多いことです。

おまけに、5つすべてが援助交際をメインの目的として使われていますから、お金目当ての女性ユーザーがほとんどということになります。

出会い系サイトでの援助交際というと、1回限りのセックスに終わることが多いのですが、なかには長期的な関係を望んでいる女性ユーザーもいます。

そういった女性は掲示板に「長期希望」などと書いて投稿していますから、簡単に見つけることができます。

ちなみに、上記の出会い系サイトにおけるセックスの相場は、1回あたり1.5万〜2万円ほどです。(別途ホテル代)

後述するワンランク上のパパ活出会い系サイトよりも相場が安いのですが、それでもこれくらいの金額がかかるということは理解しておきましょう。

 

ワンランク上の出会い系サイトはおすすめできない

出会い系サイトのなかには、パパ活をメインの目的として高所得者向けにつくられたサイトもあります。(シュガーダディなど

こうしたワンランク上の出会い系サイトには、年収数千万円の男性がゴロゴロいます。

そのため、デートの相場も高くなっており、食事だけで2〜3万円、セックスとなると5万円以上することも多々あります。

まさにワンランク上であり、リッチな男性からすればこうした出会い系サイトを利用できることが一つのステータスなのかもしれませんが…

よく考えてみると、あえてワンランク上の出会い系サイトを利用する必要はないように思います。

というのも、一般的な出会い系サイトであれ、ワンランク上の出会い系サイトであれ、登録している女性ユーザーに大きな差はないからです。

また、こうしたワンランク上の出会い系サイトはユーザー数が少ない傾向にあり、地方都市になると、オンライン中の女性ユーザーがいない時間帯も多くなっています。

それでもあえてワンランク上の出会い系サイトを推すとすれば、ルックスレベルの高い女性がやや多いと言えるかもしれません。(ただし、これすらも当たり外れがあり、一概にはいえません)

なので、食事だけの関係であれ、セックスをする関係であれ、相場の安い一般的な出会い系サイト(例えばハッピーメール)でパパ活をした方が、男性にとっては有利といえます。

まとめ

この記事では、出会い系サイトでパパ活するときの危険性とメリットについてご紹介しました。

安い料金で簡単に出会えるのが出会い系サイトを利用するメリットですが、悪意をもっている女性ユーザーも大勢いるので、簡単に信用してはいけません

また、高いお小遣いを要求してくる割に、まともなデートができないこともありますから、パパになる際には事前にしっかりと条件を確認しておく必要があります。

こうしたことに留意しつつ、お金に糸目をつけなければ、割と簡単にパパになれるのではないでしょうか。