更新:2020.01.17 作成:2020.01.17

出会い系サイトの登録(審査)で落ちる理由とは?

deai-touroku-shinsa1

 

出会い系サイトを利用しようと思う時、まず最初にやらなければならないのが登録(審査)です。

 

本来であれば、割と簡単にできてしまうこの作業ですが、「何度やっても審査に落ちる」「登録を完了させることができない」などといったケースもあるようです。

 

そこでこの記事では、出会い系サイトの登録(審査)で落ちる、または、登録できない理由についてご紹介していきます。

 

出会い系サイトへの登録と審査

deai-touroku-shinsa2

 

初めて利用する出会い系サイトの場合、まずはトップページにある「新規登録」ボタンを押し、決められた内容を入力する必要があります。

 

この時に多いのが、メールアドレスを入力して仮登録のメールを送ってもらい、そこに記載されているURLにアクセスするといった方法です。

 

その後の、より詳しい個人情報(生年月日や居住地、電話番号など)を入力することでユーザー登録が完了します。

 

実際に利用するには年齢確認が必須

 

ユーザー登録するだけであれば、特に審査らしきものはありません。

 

その代わり、単にユーザー登録しただけでは、女性へメールを送ることも、受信したメールを読むこともできないケースがほとんどです。(できるのは女性のプロフィールを閲覧することくらいです)

 

というのも、出会い系サイトには児童保護の観点から18歳以上であることを確認することが義務付けられており、この条件を満たしていない人は利用してはならないという決まりがあるからです。(18歳以上であっても、高校生は利用できません)

 

その年齢確認ですが、運転免許証などの身分証明書の写真を取り運営会社に送信するといった手法がとられます。

 

確認に要する時間は各社ともまちまちですが、早いところでは5分程度で終わる出会い系サイトもあります。

 

また、一部の大手出会い系サイトであれば、クレジットカードを使って課金する(ポイントを購入する)ことで、年齢確認を兼ねることができるところもあります。

 

こうして年齢確認が済めば準備完了となり、はれて女性とメールのやり取りができるようになります。

 

登録できないことがある

 

出会い系サイトへの登録と年齢確認審査についてはご紹介した通りですが、人によっては登録ができないことがあります。

 

「何らかのバグか?」と思う人もいるかもしれませんが、実際にはバグなどではなく、ちゃんとした理由があって登録ができないのです。

 

なので、サポートセンターに問い合わせる前に、思い当たる節がないかよく考えてみることをおすすめします。

登録できない理由とは?

それでは、登録できない、又は審査に落ちる理由について、考えられる点をご紹介していきます。

 

ユーザー登録できない理由はメールアドレス?

 

deai-touroku-shinsa3

 

ユーザー登録ができない人の大半は、「仮登録のメールが届かない」と訴えています。

 

登録作業の初期段階でのことですから、このメールが届かないことには何も進まないわけですが…

 

考えられる原因としてはいかのようなものがあります。

 

● 入力したメールアドレスが間違っている
● ドメイン拒否設定がなされている
● 「迷惑メール」のフォルダに届いている

 

意外と多いメールアドレスの入力ミス

 

メールアドレスを間違って入力している人は意外と多いものです。

 

自分では正しく入力したつもりでも、実際には1〜2文字間違っているのでしょう。

 

数分待っても仮登録のメールが届かない場合は、この入力間違いの可能性を考え、メールアドレスの確認又は再入力を行うようにしましょう。

 

ドメイン拒否設定したのを忘れている

 

何らかの理由で過去にドメイン拒否設定や、特定のメールアドレスのみを受信するように設定している人がいます。

 

かなり昔のことで、すでにそういった設定を行っていること自体を覚えていないのかもしれません。

 

なので、使っている端末のメール設定をよく確認する必要があります。

 

通常とは違うフォルダの方で受信している

 

最近のメールソフトには、「受信トレイ」が複数にカテゴリー分けされているものがあります。

 

なかには、特定のドメインを持つメールを自動的に「迷惑メールフォルダ」に振り分ける機能をもったメールソフトもあります。

 

出会い系サイト側から送られてくるメールは、こうした「迷惑メール」扱いになることが多く、「よく見たら迷惑メールとして届いていた」というケースは多々あります。

 

メールアドレス以外の理由

 

deai-touroku-shinsa4

 

メールアドレス関連以外の登録できない理由はあまりないのですが、あえていうなら、入力した個人情報の内容に問題があることが挙げられます。

 

たとえば、

● 生年月日がありえない日付になっている
● パスワード設定が要件を満たしていない(字数、半角、数字の有無など)
● すでに登録済み

 

生年月日やパスワードが上手く入力出来ていない場合は、画面上にガイダンスが表示され、修正を求められるはずです。

 

なので、落ち着いて修正すれば、特に問題はないでしょう。

 

問題なのは、すでにその出会い系サイトに登録済みだった場合です。

 

登録済みであることを忘れているくらいですから、当然、以前のIDやパスワードを覚えているはずもなく、運営会社に連絡して新しくIDとパスワードを発行してもらうことになります。

 

こうした状況になるのは、出会い系サイト各社が電話番号とメールアドレスの二つでユーザーを管理しているからです。

 

つまり、同一の電話番号やメールアドレスを使って二つのアカウントを持つことはできないのです。

審査に落ちる理由とは?

deai-touroku-shinsa5

 

ユーザー登録が完了したら、次は年齢確認をすることになるのですが、これには運営会社による入会審査の意味も含まれています。

 

そして、「審査」である以上、落ちる人もでてくるわけです。

 

では、一体なぜ審査落ちしてしまうのか…その主な理由は以下の通りです。

 

身分証明書の画像に問題がある

 

身分証明書を送る際のルールは出会い系サイトによて微妙に異なりますが、その証明書の発行元と生年月日の確認がとれることが最低条件です。

 

それ以外の部分はモザイクなどで隠しても良いとされていますが、このときに最低限必要な情報まで隠してしまっている可能性があります。

 

こうした身分証明書による審査落ちの場合は、運営会社側から修正をもとめるメッセージがくるはずなので、それを読んで不備があった箇所を修正するようにしましょう。

 

無論、年齢が18歳未満であった場合は、有無を言わさず審査落ちとなります。

 

過去に強制退会になっている

 

審査落ちする理由として、「過去に強制退会になっている」ということ忘れている可能性もあります。

 

強制退会とは、運営会社側が定めている規約に違反した場合に、そのアカウントごと削除されてしまう処分のことをいいます。

 

その際に登録した電話番号が記録として保存されているため、年齢確認によって強制退会の経歴がバレてしまうのです。

 

大手の出会い系サイトになれば20年近く続いているところもありますから、随分前に強制退会になっていなか、よく思い出してみましょう。

まとめ

この記事では、出会い系サイトに登録できない&審査落ちしてしまう理由についてご紹介しました。

 

その理由は、「入力間違いなどの人為的ミス」と、「過去に利用歴がある」という2つに大別できます。

 

人為的ミスであれば修正するだけで良いのですが、利用歴がある時は、どんな形で利用を中断していたのかもよく思いだす必要があります。

 

かりに強制退会になっていたのであれば、同じ電話番号を使っての再登録は基本的にできません。(サイトによっては、電話番号を変えてもできないところもあります)

 

そういった場合は、無理にその出会い系サイトに固執せず、別のサイトに登録することを考えるようにしましょう。