更新:2020.01.17 作成:2020.01.15

出会い系サイトは自己紹介を要チェック。その書き方と業者の見分け方

deai-jikosyokai1

 

出会い系サイトに登録した時、最初にやるのがプロフィールの作成です。

 

そのなかには自己紹介文を書く欄もあるのですが、「何を書いたら良いのか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

 

また、相手の自己紹介文をよく読むことで、業者かどうかを見分けることもできます

 

そこでこの記事では、自己紹介文の書き方と業者の見分け方をご紹介していきます。

 

出会い系サイトの自己紹介文の書き方

自己紹介文というのは意外と厄介なもので、何も書かないと印象が悪くなりますし、いざ書くとなると何を書くべきなのかが思いつかないものです。

 

しかも、男性の自己紹介文を熟読してイメージを膨らませる女性会員が多いので、自分自身のことを上手に伝えつつ、イメージを良くするような内容にしなければなりません。

 

そこで、自己紹介文に書くべきポイントをご紹介していきます。

 

性格の長所を書く

 

「ルックスも大事だけど、性格も大事」と考えている女性が多いので、いかに分かりやすく自分の性格を表現するかは重要なポイントとなってきます。

 

なので、自己紹介文の序盤で「僕は○○な性格なので〜」と切り出し、交際したらどんな雰囲気になるのかを女性にイメージさせる必要があります。

 

ということは、○○の部分は自分の長所を書くことになります。

 

もっといえば、一番の長所ではなかったとしても、女性ウケの良い性格を選んで書いておいた方が得なのです

 

「誠実」「明るい」「前向き」「アクティブ」「優しい」「穏やか」などの性格が女性から好まれる傾向がありますから、これらについて書くと良いでしょう。

 

ちなみに、○○の部分にネガティブなことを書くのは大きなマイナスです。

 

「自分のことを知ってほしい」という思いからつい自分の短所を書いてしまいがちですが、それは会った時に相手に評価して貰えば良いわけで、あえて自己紹介文に書く必要はありません。

 

どんなデートをしたいのかを書く

 

交際した時に彼女とどんなデートをしたいのか、ということを書くのも大事です。

 

具体的なデートのイメージを抱かせることができ、「そういう男性なら会ってみたいかも」と思われる確率が高くなります。

 

なので、女性も一緒に楽しめる、あるいは、女性が好きそうな内容を書くのがベストです。(自分が本当に好きなことを書くのではありません

 

それを考慮すると「食べ歩き」「ドライブ」「旅行」「買い物」などについて書くのがおすすめです。

 

逆に、あまり一般的ではない趣味、あるいは、女性向きではないデート内容を書くのは避けた方が良いでしょう。

 

自己紹介文に書いた方が良いその他のこと

 

自己紹介文の後半には、「やり取りしやすい人だ」と女性に思わせる仕掛けを施すのがベストです。

 

なので、「メールの返事はこまめな方です」「まずは楽しく気軽にやり取りしましょう」「お互いの趣味などについてお話したいですね」などと書き添えるのが無難です。

 

女性のなかには緊張している人もいるので、こうした文言で話しやすさをアピールするのはとても有効なのです。

 

自己紹介文の例

deai-jikosyokai2

 

自己紹介文に書くべき内容が分かったところで、その文例をご紹介しておきます。

 

<文例>

はじめまして。都内在住の***といいます。

一緒に楽しく過ごせる人と出会いたくて登録しました。

僕自身がいつも笑顔で、明るい方なので、同じように明るい女性はもちろん、落ち着いた感じの人でも和やかな雰囲気で過ごせると思います^^

休日はドライブをすることが多く、行った先の名物を食べたり、名所を周ったりしています。

それと、洋服や小物などのショッピングに行くのも好きです。

なので、仲良くなったらこういうデートをしてみたいですね!

まずはお互いを知ることからだと思うので、気軽にメールのやり取りをしましょう。

よろしくお願いします!

女性の自己紹介文で業者を見分ける

deai-jikosyokai3

 

出会い系サイトには、様々な業者が女性会員を装って紛れ込んでいます

 

そんな業者を見分ける時に、自己紹介文が役立つことがあります。

 

そこで、業者がよく用いる自己紹介文の特徴をご紹介ます。

 

「お金はいらない」はメールアドレス業者か勧誘

 

出会い系サイトには、自己紹介文に「経営者をしているのでお金にはゆとりがあります」「男性側にデート費用などの負担は一切かけません」などと書いている女性会員がいます。

 

職業は美容室やエステ、旅館の経営者か、あるいは夫がお金持ちでお小遣いを沢山もらっている主婦であることが多いようです。

 

男性側からみればお金をかけずにデートできることから、大変美味しいオファーに思えるのですが・・・

 

残念ながらこうした自己紹介文を書いている女性会員の多くは、メールアドレスの回収を目的とした業者です。

 

条件が良いので多くの男性がメールを出してくるわけですが、それらの男性に対して「ここでは話にくいのでメールアドレスを交換しませんか?」と持ち掛けてきます。

 

こうやって回収したメールアドレスを転売することをビジネスとしており、当然なら男性と出会うことはありません。

 

このようなメールアドレス回収業者は非常に多いので、条件が良すぎる自己紹介文を書いている女性には十分に注意しましょう。

 

セフレ募集中」はデリヘル業者

 

「夫が相手をしてくれない」「彼氏がいない」「根っからのセックス好き」などと自己紹介文に書いている女性がいますが、これらはデリヘル業者である可能性が高いといえます。

 

なぜなら、いくら性欲が強い女性であっても、わざわざそれを自己紹介文に明記する人は少ないからです。

 

そんなことを書く暇があったら、男性への希望や自分の趣味について書く方が有意義なはずです。

 

「セックスできればデリヘル嬢でもいい」というのであれば何の問題もありませんが、「素人っぽい女性と出会いたい」ということであれば、なるべく控えめな自己紹介文で、セクシャルな内容を書いていない人を選ぶようにしましょう。

 

「メールで沢山お話したい」はキャッシュバッカー

 

自己紹介文に「メールで沢山お話したい」「メル友募集」などと書いている女性は、そのほとんどがキャッシュバッカーです。

 

キャッシュバッカーの目的はメールを重ねたことによる運営側から報酬であり、男性と出会うことではありません。

 

送ってくるメールの内容も、話がかみ合っていなかったり、一斉送信かと思えるようなものが多いので、メル友としても成立しません

 

結局、得るものが何もないままお金だけが減っていく展開になりますから、メールのやり取りにこだわる女性には手を出さない方が無難です。

まとめ

deai-jikosyokai4

 

この記事では出会い系サイトの自己紹介文についてご紹介しました。

 

自己紹介文の書き方を工夫することで女性からのイメージがよくなり、出会う確率を高めることができます。

 

また、女性の自己紹介文を注意深く読むことで、その人が業者かどうかを見分ける判断材料となります。

 

これらを活用して、良い出会いにつなげてくださいね。