paters(ペイターズ)に関するコンテンツ

更新:2020.01.18 作成:2020.01.18

ペイターズの退会と再登録の方法まとめ! 退会よりも休止がおすすめ!?

paters-taikai-saitouroku17

ペイターズを使い終えたり、事情で使えなくなったりしたら、頭に浮かぶのは「退会」という選択です。ですが思うように退会の方法がわからなかったりしますし、再登録できるのかどうかということも気になりますよね。

本記事では退会の方法から再登録の方法、また本当に退会するべきかどうか、退会よりも良い選択肢がないかということをお伝えしていきます。

ペイターズ退会の方法

まずは、ペイターズの退会方法から見ていきましょう。

前提として、ペイターズのアプリを削除しても退会したことにはなりません。ペイターズアプリ内で退会処理をし、アプリを削除するのが正しい手順です。ご注意ください。

ペイターズを退会するには、「マイページ」右上の歯車のようなマークから「設定」のページに飛びます。

paters-taikai-saitouroku19

「設定」ページの真ん中くらいの場所にある「お問い合わせ」をタップしてください。

paters-taikai-saitouroku12

ここまで来れば、「退会について」の表示があるのがわかると思います。

退会することを決めている人は、ここから進みましょう。

paters-taikai-saitouroku18

すると退会方法の説明が表示されます。

この「退会について」から直接退会処理ができるわけではありません。もう少し下に進み、「お問い合わせフォーム」をみてみましょう。

paters-taikai-saitouroku10

「お問い合わせフォーム」の「お問い合わせカテゴリ」には「退会」が存在します。

ここで「退会」を選ぶと……。

paters-taikai-saitouroku4

「退会をする前に」など、ペイターズ運営側としてユーザーに知っておいてもらいたいことが表示されます。

そのままページ最下部まで進むと、退会手続きを進められます。

paters-taikai-saitouroku10

最後に求められるのは、ペイターズ運営事務局からのアンケートと最終確認。

退会理由を選択し、改善ポイントなどを記載。そのあと注意事項に全てチェックを入れ、「同意の上、退会手続きをする」までタップすれば退会手続きは完了です。

paters-taikai-saitouroku14
 

退会するとどうなる?

退会すると、基本的にすべてのデータが削除されます。

これまで積み上げた「いいね!」の数も無くなりますし、購入したポイントもすべて削除されます。返品・返金もできません。

もしかしたらペイターズ内にデータそのものは残っているかもしれませんが、退会してしまうと同一のアカウントで再度ペイターズを利用することはできないため、仮にそうであったとしても意味はありません。

気を付けておきたいのは異性とのメッセージ履歴を見ることができなくなる点です。

メッセージの中で何か気になることや、覚えておきたいことがあれば、退会前に必ずスクリーンショットやメモをとっておきましょう。とくに「もしかしてこの人、嘘をついているのかも……?」なんて思った相手であれば、(言い方は悪いですが)言質をとっておく意味でもスクリーンショット、メモはしておくべきです。

また、当然ながらアカウントがなければ相手のプロフィールを見ることはできなくなります。プロフィールで覚えておきたいことがある場合も同様にスクリーンショットやメモをとっておきましょう。

なお、他の会員とのメッセージ履歴は、ペイターズを退会したあとでも相手会員からは見ることができます。

その際、退会したユーザーの写真は全て削除された状態、つまり何も設定していない状態が表示されます。ユーザー情報を見ようとタップしても、「退会済み」と表示されるだけで何も見ることはできません。
 

退会前に必ず課金契約の解約を!

paters-taikai-saitouroku20

ペイターズで退会手続きをする前に必ずしておきたいのが、定期課金契約の解約。

稀にペイターズを退会したりアプリを削除したりするだけで定期課金契約も終了すると考えている人が見られますが、アプリに入会しているかどうかと定期課金契約が続くかどうかは完全に別。

契約を解除しない限り、ペイターズを退会したあとにも課金が勝手に続きます。絶対に定期課金契約を解除してから退会処理をしましょう。

定期課金契約の解除方法は、「メニュー」から「設定」を開き、「お問い合わせ」の「退会について」から読むことができます。

特に気を付けたいのはWeb版をご利用の方! 退会後は解約不可!?

アプリ版をご利用の方は、定期課金契約を解除する前に退会したとしても、後で解除することが可能です。アプリの利用と決済方法が別々になっているからです。

しかし、Web版の場合は基本的に退会前にしか定期課金契約を解除できません。以下の方法に従い、忘れずに退会しましょう。

Web版ペイターズにログインしたら、「マイページ」から「設定」まで進んでください。

paters-taikai-saitouroku6

この中に、「お支払い情報」と「定期課金設定」の項目があるのがわかります。

そちらをクリックして、定期課金設定を解除してください。

なお、「お支払い情報」内の「クレジットカード登録」からクレジットカードの情報も併せて削除しておくと安心でしょう。

再登録の方法

ペイターズを退会した後に、「やっぱりもう一度ペイターズを使いたい!」と思うことはあるでしょう。あるいは、そもそも退会自体ただの休止が目的だった、という人もいるかもしれませんね。

そのため「再登録はできるの?」という疑問を持つ人は少なくありません。結論から言うと、ペイターズでは退会した後も再登録は可能です。

ただし、再登録といってもいくつか不自由な点が存在します。
 

再登録の方法は、新規登録と同様!

再登録するために必要なのは、新規登録時と同様の手順だけ。アプリをインストールし、「電話番号で登録」か「Facebookで登録」を選んでください。

paters-taikai-saitouroku9

そのあとは最初に登録したときと同様、年齢、性別、ニックネーム、居住地、パスワードを入力。最後に電話番号認証を済ませれば終了です。

お気づきかもしれませんが、再登録というよりは、「もう一度新規でペイターズを始める」という感覚に近いです。
 

以前のアカウントの引継ぎは不可! メッセージ履歴なども見られない!

paters-taikai-saitouroku8

「もう一度新規でペイターズを始める」という感覚の通りなのですが、退会前に使用していたアカウントを引き継いで再スタートということはできません。

当たり前ですが、以前にやりとりをしていた人とのメッセージ履歴は全て削除されてしまっていますし、当時所持していたいいねの数やポイントも全く帰ってきません。

これは前回利用時と同一の電話番号を使って登録した場合でも関係はありません。まったく別のアカウントとして始めることになると考えたほうが良いでしょう。
 

再登録には7日間が必要

paters-taikai-saitouroku11

退会してからもう一度ペイターズを利用したいと思っても、再登録には7日間が必要です。退会後、一週間の間は同一の電話番号では登録できないのです。

実際のところ、一度退会してからたった一週間でもう一度登録したくなるということはあまりないかもしれませんが、退会するときにはちゃんと覚えてから処理しましょう。

ちなみに以前までは再登録には30日間の待機期間が必要だったようですが、現在はそこまで長期ではありません。

30日間の待機期間が必要であれば、場合によってはスマートフォンの2代目を契約するやり方もおすすめできたのですが、さすがに7日間であれば素直に待機したほうが良いでしょう。
 

注意! 強制退会された場合は再登録不可!

paters-taikai-saitouroku15

自身で退会した場合とは別に、ペイターズ運営事務局から強制的に退会処分をさせられる時があります。

強制退会は他ユーザーからの通報をきっかけに、ペイターズ運営事務局が調査し報告が事実と確認された場合に起こり得ます。

問題となる行動は、規約に違反する行為や、公序良俗に反する行為。単に暴言を送る場合もアウトです。

強制退会となる場合は、まずは一度目に「警告」としてペイターズ運営事務局よりイエローカードが渡されます。それでも改善が見られない場合には強制退会となるのです。

強制退会されたユーザーは、同一の電話番号で再登録をすることが一切できなくなります。

実は、ペイターズ退会にメリットはない?

paters-taikai-saitouroku16

ここまでペイターズを退会する時の方法や注意点をお伝えしてきましたが、実はペイターズを退会することにはメリットは特にありません。

もちろん「そもそもこれ以上ペイターズを使う気がないんだから、退会したいだけです」という人もいるでしょう。しかし、そういった人でも気が変わってペイターズを再び使いたくなる時が来ることが多いんです。そんな時に退会してしまっていると、後悔することになるでしょう。

未来のことはわかりません。逆に言えば再登録する気が起きないということもあり得ますから、ここでしっかりどんな理由で再登録したくなるか、ケースごとに知っておきましょう。

これを見て、「もしかしたら自分にも当てはまるかも?」と少しでも感じたら退会しないでおくことをおすすめします。
 

再登録の理由を見てみよう! 自分にも当てはまる?

再登録の理由として挙げられることが多いものを紹介していきます。

パパ活の関係が終わってしまった

paters-taikai-saitouroku3

ありがちなのが、定期的に会うことを考えていたにも関わらず、思ったより早く関係が終わってしまった時。相手がより好条件の相手を見つけてしまったときにはよくあることでしょうし、転勤や結婚などの予想外のことがきっかけで関係が終了することはあり得るでしょう。

パパ活の関係が終わってしまったら、当然のことながら別の相手を探したくなります。特に支援をしてもらいたい女性側は死活問題。立てていた自分の見通しが不意になってしまうわけですからね。

相手がいなくなったとしてもペイターズのアカウントがそのままであれば再開するだけでOK。しかし退会してしまっていると、獲得していたいいねの数、所持していたポイント数、その他もろもろ全て失うことになってしまいます。単純にプロフィールを再設定するだけでも手間ですよね。

もっとたくさんの相手とパパ活したい

paters-taikai-saitouroku2

パパ活を続けていると、相手を増やしたいなと思うことがあります。最初に好条件の一人と出会って、「この人がいればいいな」と思ったとしても、お互いに休日が一致しないまま会えない日が続いたり、相手がそこまで自分に時間を割いてくれないときが来てもおかしくありません。

別に今の相手と会いたくなくなったわけではないけど、もっと女性とデートしたい、あるいはパパからたくさんの支援が欲しいと思った時、ペイターズを退会していると困ってしまいますよ。

他のアプリを使ってみたけど、ペイターズのほうが良かった

paters-taikai-saitouroku13

ペイターズを退会する時の理由のひとつに、「ペイターズ以外のパパ活アプリを使ってみたい」というものがあります。シュガーダディやpaddy67のように、他にもパパ活に向いたアプリはありますから、ペイターズ以外のパパ活アプリを使ってみたくなるのは自然です。

ですが、実際に使ってみたけど思ったより使いづらかったり、ペイターズのほうが優れている部分があると感じたり、そもそもなかなかマッチングしたり出会えたりできないということがあるのです。

そのためペイターズに戻りたいと感じるのはよくあることと言えます。

退会する時の原因から、解決策を考えてみよう!

さて、このように一度退会したとしても再登録したくなる理由はたくさんあります。

そんな時に退会してしまっていると積み上げてきたポイントやいいねを引き継げなくなりますし、再度の登録・プロフィール設定に手間がかかります。

そのため、そもそも退会しないというのが最適な行動のはず。ですが、退会を考えるということは何かしら理由がありますよね。

退会せずにその理由を解決する方法を探ってみましょう。
 

ペイターズは「退会」ではなく「休止」しよう! プライベートモードを活用して!

paters-taikai-saitouroku5

ペイターズの退会理由として挙げられるのは以下のようなものです。

  • ●希望する条件に合う人とマッチングしない
  • ●希望する条件に合う人がいない
  • ●料金が高い

これらが理由である場合、一度退会してももう一度ペイターズを使いたくなるタイミングが来ることは多いです。

こういった理由で退会する場合、「ペイターズでは望みをかなえられなかった」と考えて別のパパ活アプリを利用することになるでしょう。

しかし、そもそも希望する条件が高すぎて他のパパ活アプリにもそれを満たす相手が全然いなかったり、いたとしてもマッチングできなかったり、料金の相場が思っていたより高くてペイターズが安く思える、といったケースが考えられます。

そんなときに有効なのが、「退会」ではなく「休止」という選択。

休止するためにはペイターズにログインするのをやめるだけでもOKですが、もっと良い方法として「プライベートモード」というものがあります。

プライベートモードにしておくと、異性からの検索画面に自分が表示されなくなります。そのため新しく異性からアプローチされることがなくなります。

すでにマッチングしている異性には表示されてしまいますが、プロフィールやつぶやきに「休止中です」などと記載しておけば理解してくれるでしょう。

逆に言えば、再開した時にもともとつながりがあったパパともう一度連絡を取れる可能性が残るわけです。

プライベートモードの設定は簡単。「マイページ」の「設定」から「プライベートモード設定」を選びます。

paters-taikai-saitouroku12

すると設定するか否かの選択ができるので、こちらをオンにするだけです。

paters-taikai-saitouroku1

たったこれだけで休止状態にできますので、退会するよりもよっぽど楽です。ぜひ使ってみてくださいね。

ちなみに、ペイターズを退会したい理由として以下のようなものもあると思います。

  • ●いいお相手と巡り合うことができた
  • ●彼氏ができた
  • ●なんらかの事情でペイターズのアプリをスマホから削除しなければいけなくなった

これらの場合は、いずれもスマートフォンの中にアプリがあることが問題となっています。相手にペイターズのアプリが入っているのを見られたくないというわけですね。

その場合、プライベートモードに設定してからアプリを削除してしまうと良いでしょう。

ログイン情報さえ覚えておけば、ペイターズにはいつでもログインできるのです。

まとめ

paters-taikai-saitouroku7

以上、ペイターズの退会についてでした。

重要なポイントをまとめます。

  • ●ペイターズを退会すると、全てのデータが削除される。
  • ●退会前に定期課金契約を解約しておかなければ、退会後も継続してお金を支払うことになる。
  • ●再登録には7日間の停止期間が必要。また、以前のアカウントを引き継いで再開できない。
  • ●退会には基本的にメリットはない。再開したくなることを考えると、休止しておくのがおすすめ。
  • ●休止するにはプライベートモードをオンにするだけでOK。アプリを削除しても問題なし。

一度退会しても、再登録したくなることは本当に多いんです。未来のことはわかりませんから、なるべく休止状態にしておくと良いですよ。