ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2019.06.27 作成:2019.06.27

割り切りならハッピーメール。料金や使い方を総まとめ

hapime-warikkiri
割り切り”とは、援助交際、サポート、買春などとも呼ばれ、金銭を払う代わりに女性とセックス目的で会うことをいいます。
 
セックスが関係するだけに女性側の同意が必要な訳ですが、普通に街中でナンパしても、そう簡単にはセックスできませんよね。
 
その点、ハッピーメールは、「簡単に割り切りができる」と評判のようです。
 
そこで今回は、ハッピーメールで割り切りをする時の流れや料金、使い方をご紹介していきます。
 

ハッピーメールの料金と使い方

hapime-warikkiri2

まずは、ハッピーメールの料金と基本的な使い方をご紹介していきます。
 

ハッピーメールの料金

ハッピーメールはポイント制の出会い系サイトです。
 
ネット上でポイントを購入し、そのポイントを使用して女性とやり取りをしていきます。
 
以下はクレジットカードでポイントを購入した場合の例です。
 

  • 1,000円→100P
  • 2,000円→210P
  • 3,000円→320P
  • 4,000円→430P
  • 5,000円→550P
  • 10,000円→1,150P

 
ほぼ10円で1Pの計算ですが、一度に大量のポイントを購入すればするほど、ボーナスポイントが沢山ついてくるようになっています。
 
割り切り目的で女性と会うためには、1人あたり30~50Pあれば十分なはずですから、2,000円ほど課金しておくと、数回遊べることになります。
 
ちなみに、購入したポイントは以下のような時に消費します。
 

  • ●掲示板を検索する 0P
  • ●プロフィールを検索する 0P
  • ●掲示板の投稿を見る 1P
  • ●アダルト画像動画掲示板を見る 3~5P
  • ●掲示板に投稿する 5P( 1日1回無料)
  • ●プロフィールを見る 1P
  • ●メールを送信する 5P
  • ●受信メールを読む 0P

 
少しでもポイントを節約したいのであれば、「掲示板に投稿する」のを1日1回までにすると良いでしょう。
 
というのも、掲示板への投稿は1日1回までは無料ですが、2回目以降は5Pかかます。
 
また、投稿したところで、女性からのメールはほとんどありませんから、効果の薄い行為といえます。
 
その他、メールの送信回数をいかに少なくするかも、ポイントを節約するコツです。
 
ハッピーメールで割り切りをする場合は、長々と文章を書く必要はありません。
 
割り切りの条件、待ち合わせ場所、時間、目印といった4点を確認できれば十分ですから、3回程度のやり取りでこれらが決まるように書くと良いでしょう。
 

ハッピーメールの使い方

ハッピーメールで女性と知り合うには、プロフィール検索を使うやり方と、掲示板を使うやり方があります。
 
プロフィール検索では、希望の条件を入力してそれに合う女性にメールを送ることになります。
 
しかし、検索結果の一覧画面には、顔写真と居住地区、年齢しか表示されず、その女性が会える状態にあるのかどうかがわかりません。
 
その割に、プロフィールを閲覧するのに1Pを消費しますから、効率の良い方法とはいえません。
 
一方、掲示板の方は、そこに投稿された最新の書き込みを見ることで、まさに今出会いを求めている女性を見つけることができます。
 
当然、このような女性はメールの返信率もよく、会える確率も非常に高くなっています。
 
その掲示板ですが、「ピュア掲示板」と「その他掲示板」の2種類があります。
 
さらに、それぞれが細分化されているのですが、割り切りで会える女性を探しているのであれば、「その他掲示板」内の「今スグ会いたい」がおすすめです。
 
なぜなら、この掲示板にはタイトル通り「今スグ」会える女性達が書き込みをしており、なおかつ、9割以上が割り切り相手を募集する書き込みになっているからです。
 
これがスタート地点ですから、あとは時間と場所、そして会う条件を確認するだけでOKです。

ハッピーメールが割り切りに向いている理由

hapime-top2

ハッピーメールの料金と使い方が分かったところで、割り切りに向いている理由もみていきます。
 

会員数が多い

出会い系サイトの老舗であるハッピーメールには、大勢の会員がいます
 
そのため、掲示板への投稿数も多く、たとえ深夜・早朝であっても「今から!」と書き込んでいる女性がいるほどです。
 
さすがに人口数万人ほどの小さな街だと投稿数も少なくなりますが、それでも何件かの投稿はあります。
 
また、車で移動し最寄りのやや大きい街にいけば、その数は一気に増えます。
 
「急に暇になった」「ふと女性とデートしてみたくなった」などといった時でも手軽に会えるのが割り切りの良いところですから、そういう意味ではハッピーメールは日本全国でニーズを満たしているといえるでしょう。
 

幅広い年齢層の女性がいる

ハッピーメールに登録している女性の年齢層は、20代がメインです。
 
ただし、20代だけに特化していることはなく、18~19歳、30代、40代といった女性達もほどよくいます
 
どんな女性とデートしたいかという好みは人それぞれですから、幅広い年齢層に対応しているというのは良いことではないでしょうか。
 
なお、過去に編集部が確認したところでは、50代中盤の女性が割り切り相手を募集していたこともありました。
 

比較的冷やかしが少ない

出会い系サイトで多いのが、「冷やかし」と呼ばれる行為です。
 
待ち合わせ場所を決めようとすると急に連絡がとれなくなったり、酷いときには待ち合わせ場所にこなかったりすることがあります。
 
これらの冷やかし行為はハッピーメールでも見受けられるのですが、他の出会い系サイトと比べると少ないように思います。
 
また、仮に待ち合わせ場所に女性が表れなかったとしても、その場で掲示板をチェックすれば、すぐに他の女性をみつけることができるはずです。
 
そういうリスク管理ができるところもハッピーメールの長所といえるでしょう。

ハッピーメールで割り切りをするまでの流れ

ハッピーメールでの割り切りに慣れていない、あるいは、やったことがないという人もいることでしょう。
 
そこで、掲示板から実際に会うまでの流れをご紹介します。
 

まずは掲示板をみてメールを送る

hapime-warikkiri3

割り切りで会う以上、それを目的にしている投稿をみつけるのが一番です。
 
そしてそれは、「今スグ会いたい」という掲示板にもっとも多くみられます。
 
「○○駅の近く」「今から!」「冷やかしなしで」など、書き込みのタイトルは様々ですが、9割以上の書き込みが割り切りを意図していますから、男性側としては選び放題です。
 
そこで、年齢や書き込みの内容から好みの女性をみつけ、「今から会いませんか?」とメールを送ります。
 
ただし、ハッピーメールのプロフィールに書かれていることが事実とは限らないので、年齢や職業、スタイルに関しては会ってみるまで確かなことは分かりません
 
同様に、顔写真も別人のものであることが多く、いくら事前に確認しても、あまり意味がありません。
 

やり取りは簡潔かつ素早く

hapime-warikkiri4

「今から会いませんか?」というこちらからのメールに対して、たいていの場合は10~15分ほどで返信があります。
 
このとき、会える状態であれば、「連絡ありがとうございます。会えますよ」というような返事になっているはずです。
 
また、「大人の関係が希望なのですが、大丈夫ですか?」等と、割り切りの関係を匂わせてくるはずです。
 
なので、「どんな条件ですか?」と質問で返すようにします。
 
その後、女性側からお小遣いの額や待ち合わせ場所などといった細かい条件が提示されますので、問題なければ会う約束をします。
 
スムーズにやり取りが進行すれば、3往復程度で待ち合わせ場所と時間が決まるはずです。
 
ちなみに、割り切りにおけるお小遣いの相場は15,000~20,000円ほどです。
 
若くて容姿に自信のある人だと30,000円近く要求してくるケースもあるようですが、前述の通り会ってみるまでは分からない点が多い訳ですから、あまり高額な条件の場合は断った方が無難でしょう。
 
その他、待ち合わせ場所は女性側の希望に合わせることがほとんどです。
 
そのため、掲示板から女性を探す時点で、「自分(男性)にとって都合の良い待ち合わせ場所で相手を募集している女性」にメールするのがポイントです。
 

待ち合わせ

hapime-warikkiri5

待ち合わせ場所と時間が決まったら、そこに遅れないようにして行きます。
 
その際、目立ちやすい服装にして、事前にそれを女性に伝えておくと、合流がスムーズにいきます。
 
女性と合流してからは、暗黙の了解でホテル直行となります。
 
いちいち遠回りにホテルに誘わなくても、女性の方がその気で来ていますから、「じゃあ、行きましょう」とだけ言えば問題ありません。
 
なお、待ち合わせ場所の近くに隠れて、「どんな女性が来るのか」と観察する人もいるようですが、わざわざそんな後ろめたいことをする必要はありません。
 
なぜなら、実際に会ってみてタイプじゃなかった場合は、「ごめん、タイプじゃないから」と断ればよいのです。
 
とくに、プロフィール写真やプロフィールの内容を誤魔化していた女性に対しては、「書かれていたことと違うから」という理由で、あっさりと断ることができます。
 
逆に、隠れて男性の様子を観察している女性もいるようです。
 
この場合は、「怖い人じゃないか」「不潔な人じゃないか」などの点を気にしていることが多いようなので、そう思われないような格好をして待ち合わせ場所に行くようにしましょう。

割り切りの注意点

ここまでは割り切りの仕方と良い点をご紹介してきましたが、実は割り切りならではの注意点もあります。
 

性病のリスク

hapime-warikkiri6

割り切りとは、初対面の男女がセックスをし、それと引き換えに金銭を渡す行為をいいます。
 
そして、その一度限りとなるケースがほとんどです。
 
いわば一期一会になる訳ですが、それゆえに相手に対して無責任な行動をとりがちです。
 
たとえば、掲示板には「生中OK」と書き込んでいる女性がいますが、この女性が毎日性病検査を行っているかと言えば、おそらくそうではないでしょう。
 
あるいは、すでに自分が性病に感染していることを知りながら、放置している女性もいるかもしれません。
 
夫や彼氏がいる女性であれば、「感染させないようにしよう」と治療するはずですが、そういった存在がいない女性であれば、「別にいいや」と無責任な判断をしがちです。(治療にはお金がかかりますからね)
 
なので、一度でも避妊せずに割り切りをしたことがある人は、検査を受けておいた方が良いでしょう。
 
性病は自覚症状がでないことも多いですから、「自分は大丈夫」と思いこまないようにしてください。
 

犯罪の被害に遭うリスク

hapime-warikkiri7

割り切りの関係でホテルに行き、翌朝目覚めたら財布ごと盗まれていた、というような例は少なからず報告されています。
 
これを昏睡強盗と呼びますが、単なる睡眠だけでなく、薬物を飲まされ眠らされることもあるようです。
 
その他、ハニートラップの被害に遭ったという話も報告されています。
 

セックスの直前で女性の彼氏と名乗る怖い男性がホテルの室内に入ってきた

 
ホテルに入る瞬間を写真に撮られて、後日脅迫された

 
レイプ事件として被害届を出され、示談金の支払いをせまられた

 
などなど、世の中には悪いことを考える人が大勢いるようです。
 
ハニートラップでは、たいていの場合が背後に協力者(実質的な首謀者)となる男性がおり、その男性の指示で女性が動いているようです。
 
相手は計画的に罠にはめてくる訳ですから、素人の一般男性がそれを事前に察知するのはほぼ不可能でしょう。
 
そういう意味では、万が一被害に遭ったとしても、被害を最小限に抑える、ということを念頭に動くべきです。
 
たとえば、割り切りで会う女性には、本名はもちろんのこと、勤務先や住所、年齢などは一切教えるべきではありません。
 
と同時に、本来の自分とは別のキャラになりきって、まったくデタラメなプロフィールを教えておくのがコツです。
 
こうすることで、後日写真をもとに脅迫されるリスクが減ります。
 
また、割り切りで会う時は、不要な現金やカードを持って行かないというのがコツです。
 
シャワーを浴びている時やトイレに行った際など、財布から目を離してしまうタイミングは必ずあります。
 
そのような時に被害に遭ってしまうこともあるので、ホテル代と女性へのお小遣い、帰りの移動費だけを持参し、その他のものは持っていかないようにしましょう。

まとめ

会員数と掲示板への書き込みが多いハッピーメールは、割り切りをするのには最適な出会い系サイトです。
 
女性へのお小遣いはかかるものの、サイトの料金自体は少額で済みますから、手軽に出会うことができます。
 
ただし、基本的にまったく知らない人とホテルで過ごすことになる訳ですから、様々なリスクがつきまといます。
 
これらのリスクを完全に避けることは難しいのですが、事後のケアや予防意識をもつことで、被害を最小限に食い止めることはできます。
 
割り切りをする際は、こうした自己防衛の気持ちも忘れずに持つようにしましょう。