ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2020.01.10 作成:2019.08.17

ハッピーメールのプロフィールから業者を見分ける方法は?

hapime-top
非常に多くの会員を抱え、出会い系サイトの老舗として知られているのがハッピーメールです。

基本的には援助交際目的の男女が利用している訳ですが、デリヘル業者が素人女性を装って登録しているケースが多いようです。

一方、男性側としては、「できれば素人女性と会いたい」と考える人が多く、業者を見分ける技術が必要になってきます。

そこでこの記事では、プロフィールから業者と素人を見分ける方法をご紹介します。

ハッピーメールとは

hapime-warikkiri2
ハッピーメールとは、累計会員数2000万人の大手出会い系サイトです。

主な使い方は、女性側がサイト内の掲示板に投稿し、それを見た男性がメッセージを送るというものです。

掲示板自体は、恋人募集用やメル友募集用など数種類ありますが、もっとも活発に投稿されているのは援助交際用の掲示板です。

このことから、ハッピーメールには援助交際目的の男女が多いということが分かります。

ハッピーメールには業者が多い

気軽に援助交際を楽しむことができるハッピーメールですが、「女性はデリヘル業者がほとんど」とも言われており、素人女性との出会いが多いとは言い難いのが実状です。

素人であれデリヘル業者であれ、最終的にセックスをするという点では同じですし、女性に渡すお小遣いの額も同じですから、相手がデリヘル業者であっても気にしない人もいることでしょう。

しかし、ハッピーメールの男性会員にきくと、「デリヘルの女性はセックスが事務的で全然楽しくない」「個人的な関係に発展しにくいからコスパが悪い」などの意見もあります。

デリヘル嬢にとっては、できれば早く終わらせて次の客のところに向かいたい訳ですから、セックスが事務的になるのも当然のことでしょう。

素人女性の方が楽しい?!

淡泊な出会いになりがちなデリヘル業者とは異なり、素人女性は個人的な関係への発展が期待できます。

編集部が聞いたところでは、

  • ●彼女ができた
  • セフレ関係になった
  • ●1回分のお小遣いだけで、2泊3日のデートができた
  • ●セックスの後に一緒に食事した

などの体験をした男性が多く、1回あたりのコスパもその後の関係においても、素人女性と出会った方が満足度が高いようです。

ちなみに、援助交際では、ホテル代も含めて2~3万円の費用がかかります。

決して安い金額ではないので、一期一会の業者よりも、その後に繋がる可能性のある素人女性と出会った方が、男性としては嬉しいのではないでしょうか。

業者を避けるべき理由

なぜハッピーメールでデリヘル業者とやり取りしてはいけないかというと、実際に待ち合わせ場所に来る人は、やり取りしているプロフィールとは似ても似つかない全くの別人が来るためです。

デリヘル業者は、ハッピーメールを使って集客をしています。多くの男性からのアクセスを集める必要があり、そのためにネットで拾ったモデル級の写真やセクシーな写真を無断で転載して載せています。

プロだからこそ、行為は効率重視、これなら口コミの良い風俗店を探して行った方が絶対に満足できます。

一般ユーザー以外の業者の種類とは

今回業者を見極める方法を解説する上で、ハッピーメールにはどういった種類の業者やユーザーがいるのか以下にまとめました。

業者では無く、一般ユーザーだとしても相手にしてはいけないアカウントは一定数存在しています。

デリヘル業者

最も数が多く、厄介なのがデリヘル業者です。デリヘル業者は一般人を装い、ハッピーメール等の出会い系を使うことで約束を取り付け、集客を行います。そのためメールを実際に打っているのはデリヘル店の男性スタッフであることも珍しくはありません。

個人情報回収業者

ハッピーメールには、LINEのIDやメールアドレスを回収し、販売している業者がいます。そのため簡単にIDを教えてしまうと勧誘のLINEが流れてきてしまうようになるので注意が必要です。

個人でおこなっている援助交際

ハッピーメールにはデリヘル業者と同じくらい、個人で援助交際を行っている女性がいます。個人で行っている以上写真が別人である可能性は低くなります。実質的にはデリヘル業者とそこまで変わらず、性格の良し悪しや当たりハズレが激しい特徴があります。

パパ活相手を探すユーザー

ハッピーメールにはパパ活相手を探しているユーザーもいます。「紳士的な方」「定期で会える方」といったキーワードがプロフィールに入っていると要注意です。

パパ活をしている女性とセフレ関係になれることはまずないため、メールを送るのは控えましょう。

キャッシュバッカ-

数は少ないですが、ハッピーメールにはキャッシュバッカーも存在しています。

キャッシュバッカーとは、男性とメールのやり取りをすることでもらえるポイントを現金化することでお小遣いを稼いでいるユーザーのことです。換金率が低いため、かなり数は少ないですが今でも一定数はいるようです。

メールをしていて話が噛み合わなかったらキャッシュバッカーである可能性が高くなります。

プロフィールで素人と業者を見分ける方法

「素人女性と出会いたい」という男性が多いなかで、問題になってくるのは、「出会う前にどうやって業者と素人を見分けるか」ということです。

「私は業者です」と掲示板で打ち明けている女性はいないので、様々な情報から総合的に判断して業者と素人を見分けていくしかありません。

そこで重要となってくるのが、女性のプロフィールです。

以下では、業者の女性のプロフィールにありがちな特徴をご紹介します。

自己評価が高すぎる

hapime-jikohyouka
ハッピーメールのプロフィールには、「自己評価」を星マークで表す箇所があります。

「かわいさ」「セクシー度」「おしゃれ度」「スタイル」などの項目があり、0~5星までを任意で選択できるのですが、ここでほぼオール5にしている女性は業者を疑うべきでしょう。

なぜなら、普通の女性ならば、実際に会ってガッカリされるのを警戒して、3~4星程度をつけるからです。

これは女性との日常会話をイメージしていただくと分かりやすいのですが、「かわいいですね」と褒めると、たいていの女性が「そんなことないです」と謙遜するはずです。

日本人女性の意識として、「自分を低く評価する」というのが定着している証拠であり、それはどのシチュエーションにおいても同じなのです。

にもかかわらず、これから会うことを前提としている女性が、自己評価をオール5にしているというのは、きわめて不自然だといえます。

オール5がつけられるのは、そのプロフィールを作成したのが、本人以外の誰か(おそらく男性)だからではないでしょうか。

写真に目線が入っていない

援助交際相手を募集しておきながら、顔写真に目線をいれていない女性がいます。

この場合、ほぼ間違いなく業者だと考えられます。

一般的な意識として、「セックスをしてお金をもうら」という行為をしていることは、秘密にしておきたいはずです。

なので、ハッピーメールでは、顔写真を載せていなかったり、大きく目線をいれている女性が大勢います。

そんななか、堂々と顔写真をのせ、「イチャイチャしたい」などと書いている女性は、どう考えても素人ではありません。

もっといえば、その写真とは別人である可能性もあるのです。

写真が可愛すぎる

hapime-profile-pic
プロフィール写真が可愛すぎるというのも、業者を疑うのに充分な状況です。

一般的に、可愛すぎると称される女性は全人口の数%以下です。

そのなかで、堂々と顔写真を公開し、援助交際をしている人となると、その数は極めて少なるはずです。

ところが、ハッピーメールの掲示板をみると、アイドル級のルックスをした女性がゴロゴロいます。

人口比率から考えて、アイドル級がそんなにゴロゴロいるはずがありませんから、これはデリヘル業者が、ネット上の写真を無断で使用していると考えられます。

つまり、この女性とデートの約束をしても、待ち合わせ場所に現れるのはまったくの別人(もちろんデリヘル嬢)ということになります。

セクシーな写真を載せている

プロフィールにセクシーな写真を載せている女性もいます。

「下着がみえている」「胸の谷間を強調している」「AVのようなポーズをしている」などがその典型的な例ですが、これらを素人女性が行っているとは考え難いところです。

ユーチューバーのように、あくまでもネットの中だけの関係であれば、セクシーな一面を見せることができるかもしれません。

しかし、ハッピーメールでは実際に男性と会う訳ですから、女性側の心理として、セクシーな写真を公開する気にはならないはずです。

なので、この場合もデリヘル業者が、ネット上の写真を無断で使用していると考えられます。

自己紹介が性的すぎる

hapime-jiko-pr
「毎日ムラムラしてます」「セックスが大好きです」などのタイトルをつけ、長々と自分の性欲や性癖について書いている女性がいます。

男性側からすれば、セックスに寛容で扱いやすいように感じられるのでしょうが、素人女性はこのような性的な表現は使わないものです。

むしろ素人女性は、「これから会える人、いますか?」「良かったら○○辺りで遊びませんか」など、控えめで短い文章になることが多いようです。

このような文章は、自己紹介文や掲示板の投稿で確認できますので、業者と素人女性を見分けるもっとも簡単な方法といえます。

身長は155~159が多い

女性が業者である場合、プロフィールに記載されている身長は、155~159cmであることがほとんどです。

逆に160以上や150以下と記載している業者はあまり見かけません。

業者は、一つのアカウントで同時に複数の男性とアポをとり、待機させていたデリヘル嬢達を待ち合わせ場所に派遣する仕組みをとっています。

なので、平均的な身長(155~159)を記載し、それに該当する女性をできるだけ多くしてある訳です。

これを考慮すると、170近い身長の女性は、素人女性である確率が高いといえるでしょう。

相手に求める条件が幅広い

hapime-aite-jouken
プロフィールには、「相手に求める条件」を記載する欄があります。

年齢、身長、スタイルといった項目があり、それに該当する男性を希望していることを意味します。

素人女性であれば、「30代まで」とか「ぽっちゃりは嫌」などの好みがあるはずであり、それが記載内容に表れているものです。

一方、業者である場合、年齢、身長、スタイルのすべてが非常に幅広く記載されており、ほぼ「誰でもOK」状態です。

以外と見落としがちですが、この「相手に求める条件」の欄をチェックするのは、業者を見分ける上で有効な手段といえます。

スカスカのプロフィールなのにメールしてくる女性

hapime-profile-pic2
援助交際目的でハッピーメールを利用している男性は、自分のプロフィールを細かくは記載しない傾向があります。

まして、顔写真を載せている男性はほとんどいません

というのも、あえてそこまでしなくても、金銭面の条件が会えば女性と出会えてしまうからです。

そんななか、ある日突然女性からメールが届くことがあります。

「気になったのでメールしました」「会いませんか?良かったら返事下さい」などと書かれているのですが、年齢と居住地くらいしか記載していない男性のことを、素人女性が気にするはずがありません。

そんな男性にメールしなくても、掲示板に投稿すれば、たくさんの男性からメールが来るからです。

このことから、いきなりメールしてくる女性は、業者の可能性が極めて高いと考えられます。

おそらく、待機しているデリヘル嬢の数が多過ぎて余っている時間帯だったのでしょう。

このような現象は、新規登録した直後に発生しやすいので、始めて利用する人は注意が必要です。

使用端末がPC

ハッピーメールでは、使用端末が表示されるようになっています。もし使用端末の欄がPCと表示されている女性がいれば、業者である確率はかなり高まります。

メッセージのやり取りが基本のハッピーメールでは、スマホを使用している人がほとんどです。PC端末を利用している場合、風俗店のスタッフが集客のために作ったアカウントである可能性が高いでしょう。

興味あること

興味あることの欄に大人の交際が入っている時点で、デリヘル業者か個人で行っている援助交際目当ての女性か、パパ活相手を探している女性のどれかです。

会えたとしても楽しめる可能性は低いので、まずは興味あること一覧をチェックし、大人の交際が入っている時点でメールを送るのは控えましょう。

写真の枚数が1枚

ハッピーメールでは、写真を最大5枚までアップロードでき、3枚までプロフィールに載せられます。

業者の場合、ネットで拾った写真を使用していることが多いため、プロフィールに載せている写真が1枚の場合が多いです。

見ず知らずの同じ人物の写真を複数集めるのが難しいため、複数の写真をアップロードしているアカウントは一般ユーザーである確率が高まります。

掲示板の投稿から業者を見分けることも可能

プロフィールの他に、掲示板の投稿内容から業者と素人女性を見分けることもできます。

以下では、その代表的な例をご紹介します。

投稿のタイトルが過激

hapime-jiko-shoukai
どのようなタイトルで掲示板に投稿するかは、十人十色です。

「こんにちは」と書いている人もいれば、かなり過激なタイトルをつけている人もいます。

では、どちらが業者っぽいかというと、もちろん、過激なタイトルをつけている方です。

前述したとおり、これから会うことを前提としているのに、過激な表現をつかう素人女性はいません。

いくら出会い系サイトとはいえ、「素人女性であれば羞恥心がはたらく」ということを覚えておきましょう。

社会人なのに平日の昼間から投稿

掲示板には、投稿された日時が表示されています。

それをみると、OLだといいながらも平日の昼間に「今から」と投稿している女性がいます。

しかもそれが3日続けてとなると、もはやOLという話は信用できなくなります。

こういう場合、デリヘル嬢が本業である可能性が高くなりますので、素人女性と出会いたいのであれば、手を出さない方が無難です。

毎日のように投稿

昼夜を問わず、ほぼ毎日のように投稿している女性がいます。

これは投稿履歴をみれば分かるのですが、ここまでくると、仮にデリヘル嬢ではなかったとしても、素人とはいえないでしょう。

お金は要らないと書いている

hapime-profile
掲示板に「お金は要りません」と書いている女性がいます。

お小遣いはもちろんのこと、ホテル代も要らないことになっており、そのかわり定期的な関係になることが条件とされています。

男性にとっては大変嬉しい条件ですが、世の中、そんなに美味しい話ばかりではありません

こういうタイトルで投稿している女性は、連絡先の交換を求めてきます。

しかも、連絡先を交換すると、「定期的な関係になるという保証がほしいので、最初に3万円を預りたい」等と言ってきたりします。

2回目以降、1回会うごとに1万円ずつ返していくと説明されるのですが、これは嘘です。

実際には、1回会った後に連絡が取れなくなり、3万円まるごと取られるパターンです。

50代くらいの女性か、よほどモテない女性であれば、「お金は要らないから誰かとセックスしたい」と言い出すのも分かりますが・・・

20代、30代でルックスが普通以上の女性が、「お金は要らない」と書いて投稿しているのは、あきらかにおかしく、相手にしない方が無難です。

同様に、「私(あるいは家族)が経営者なので、お金には困っていません」と書かれている投稿も、相手にするべきではないでしょう。

一定のパターンで投稿している女性

掲示板の投稿を過去に遡ってみていくと、同じ女性が一定のパターンで投稿しているケースがあります。

たとえば、AとBという二人の女性がおり、その二人が毎回ほぼ同時に投稿していたりします。

仮にAとBが友達同士であったとしても、毎回同時刻に投稿するというのは不自然です。

これはつまり、あるデリヘル業者がAとBの二つのアカウントを操り、同時刻に投稿していると考えられる訳です。

このパターンは結構多いので、過去の投稿を分析するというのも、業者を見分ける上で非常に有効です。

メールの特徴から業者を見極める

送られてきたメールの特徴からも業者かどうかを見極めるポイントがあります。以下では、業者から送られてくるメールの特徴を紹介します。

早い段階でLINE交換を申し出てくる

早い段階で相手からメールアドレスやLINEのIDの交換を申し出てくる場合、業者の可能性が高まります。

ハッピーメールには、デリヘル業者以外にもLINEのID回収業者もいます。そういった業者に簡単に連絡先を教えてしまうと宣伝や怪しいアカウントからの勧誘メッセージが大量に届いてしまう恐れがあります。

いきなり会おうとする

ハッピーメール いきなり

「今から会えませんか?」といったメッセージがきたら高確率で業者か個人で援助交際をしているユーザーのどちらかです。

普通の出会いを求めている一般的な女性はいきなり見ず知らずの人に会おうとはしないためです。こういったメールはログイン直後に大量に届くことが多いですが、これは業者が手当たり次第ログイン直後のユーザーに対してメールを一斉送信しているためです。

隠語を使用したメール

ハッピーメール いちご

「イチゴで本番どうですか?」こういった隠語を利用したメールはデリヘル業者か一般の援助交際をしているユーザーのどちらかです。

イチゴとは、1万5千円のことで、援助交際やデリヘル界隈で使われる隠語です。こういった単語を積極的に使ってくる相手には返信してはいけません。

まとめ

今回は、ハッピーメールのプロフィールから業者を見分ける方法をご紹介しました。

「素人女性であれば羞恥心があるため、控えめな表現になるはず」、ということを念頭にみていけば、不自然に思えるプロフィールがたくさん出てくると思います。

同様の観点でいけば、掲示板の投稿からも業者を見分けることができます。

素人女性と出会いたいという人は、これらの技術を使って、上手に業者と素人女性とを見分けるようにしましょう。