ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2020.04.04 作成:2019.06.07

ハッピーメールで恋活はできる?掲示板、プロフ検索を調査

hapime-top

出会い系サービスの王道といえば、会員数2000万人を超えるハッピーメール

頻繁に宣伝されていることもあり、認知度が非常に高く、そのため会員数が多いことから数少ない本当に出会える優良出会い系サービスです。

ただし、「出会える」とはいっても、いわゆる真剣な恋活・婚活とは異なり、アダルト目的の男女が利用することが多いと言われています。

果たして、ハッピーメールで恋活ができないという噂は本当であるのか、今回はハッピーメールを実際に使って分かった結果を紹介します。

ハッピーメールを使ってみようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハッピーメールの料金は恋活で利用する上で妥当?

ハッピーメールを恋活で利用する上で何よりも重要なのが、ハッピーメール以外の恋人を作るための手段と比較した場合の料金比較。

リアルの場と比較して、利用するハードルが低い点ではオンラインで出会いを探すことができるハッピーメールが上回っています。

また、ハッピーメールは他出会い系サービスよりも低価格で利用することができ、料金面では使いやすいです。

ハッピーメールの利用料金はいくら?

ハッピーメール内の行動には、基本的に「ポイント」を使います。

このポイントは銀行振り込み、クレジットカード、コンビニ決済などで買うことができます。

一度に多くのポイントを購入すればするほど、換金率が良くなる(割引率が大きくなる)ので、予算に余裕のある人は、数千円単位で購入しておくと良いでしょう。

ポイントが無いとメールが送れず、女性の写真すら見ることができません。

しかし、完全前払い制のため、後から高額請求が来るといったことはないためその点では安心です。

ちなみに、以下はクレジットカードで決済した場合の例です。

  • 1,000円→100P
  • 2,000円→210P
  • 3,000円→320P
  • 4,000円→430P
  • 5,000円→550P
  • 10,000円→1,150P

こうして購入したポイントを使って女性とやり取りしていく訳ですが、どのような行動をとるかによって、消費するポイントが異なります。

以下に、その主なものをご紹介しておきます。

  • ●掲示板を検索する 0P
  • ●プロフィールを検索する 0P
  • ●掲示板の投稿を見る 1P
  • ●アダルト画像動画掲示板を見る 3~5P
  • ●掲示板に投稿する 5P( 1日1回無料)
  • ●プロフィールを見る 1P
  • ●メールを送信する 5P
  • ●受信メールを読む 0P

ポイントを消費する行動は他にもありますが、女性と出会うことを目的とするのであれば、これだけ覚えておけば問題はないでしょう。

なお、アダルト目的で女性と出会うまでに必要なポイントは、平均して30Pほどとなっています。

これは、掲示板を閲覧して好みの女性を探すのに数P、その後やり取りを3~4回するのに15~20P、待ち合わせ時の連絡に5~10Pという計算です。

「たったそれだけで会えるの?」と思うかもしれませんが、この手軽さがハッピーメールの長所なんですよ。

他の恋人探しの手段と料金を比較

ハッピーメールの利用料金が分かったところで、他出会い系サービス、合コンなどリアルの出会いの場との比較も紹介します。

その他出会い系サービスと比較してハッピーメールは安い

ハッピーメール最大の特徴がプロフィール閲覧が無料であるのと、初回登録時にもらえる無料ポイント数の多さです。

ハッピーメールをはじめとした大手出会い系サービスは基本的に男性のみ有料、女性は無料。

したがって、出会い系で恋活をしたいという男性はハッピーメールをまず最初に使うべきだと言えます。

ハッピーメール PCMAX YYC
会員数 2000万 1400万 1400万
プロフ閲覧 無料 10円 10円
メッセージ送信 50円 50円 50円
初回無料ポイント 1200円相当 1000円相当 300円相当

恋人を探せるリアルの場よりもはるかに低コスト

出会い系を活用して恋活をする男性の中には、労力をかけずにできることから利用する方が多いと思われます。

しかし、オンラインの出会いと比較して、出会い系を活用した恋活はお金の面でのメリットもあります。

出会いの手段 ハッピーメール 合コン 街コン
利用料金 500〜1500円 4000〜6000円/1回 4000〜6000円/1回
精神的な負担 低い 普通 高い
時間的なコスト 隙間時間で可能 拘束時間が長い 拘束時間が長い

お金、時間の面でハッピーメールをはじめとした出会い系サービスは利用するメリットがありますが、デメリットもあります。

デメリットとしては、特にレベルの高い合コンや街コンと比較すると女性の質が落ちる点です。

自分に自信があり、可愛い、綺麗な女性に狙いを定めて出会いたいのであれば、合コンや街コンの方が良いかもしれません。

ハッピーメールで恋活することは可能?

料金面でハッピーメールは利用しやすいですが、恋人を探すというよりも、気軽いん遊べる異性を探すのに適したサービスです。

ハッピーメールをはじめ出会い系は残念ながら恋活には適さないというのが実際のところ。

もちろん、恋人を作ることが100%できない訳ではないですが、非常に難しいです。

その理由は下記より順番に解説していきます。また、恋活に適したアプリも紹介するので、手軽に出会いを探したい方はぜひチェックしてみてください。

ハッピーメールで恋活をするデメリット

アダルト目的(援助交際など)で利用するユーザーが多い

hapime-keijiban5

ハッピーメールなどのアダルト色の強い出会い系サイトを利用したことがない人のなかには、「援助交際をするにはどんなやり取りをしたらいいの?」と、不安に思っている人もいることでしょう。

そこで、援助交際における一般的なやり取りの流れをご紹介しておきます。

まずは、掲示板にある書き込みのなかから、気に入ったものを選び、メールを送ることになります。(比較的新しい書き込みの方が返信率が高くなります)

メールの内容は「こんばんは。良かったらこれから会いませんか?」の一文でOKです。

すると女性から「ありがとうございます。大人の関係でお願いできますか?ホ別、ゴム、ニで」というような返事があるのが一般的です。

ここでいう「ホ別、ゴム、ニ」とは、お小遣いは2万円で、ホテル代は別途(男性負担)、コンドーム着用が条件という意味です。

この内容で問題なければ、「その条件でOKです。○○時に待ち合わせでいいですか?また、場所はどこにしますか?」と送ります。

すると、相手から時間の確認と、場所を指定するメールが届きます。

これで待ち合わせが決まる訳ですが、あとは、待ち合わせ場所に着いた時に、「着きました。○○の前で△△の服を着ています」と送るだけです。

さて、ここで気になるのが”お小遣いの相場”だと思います。

相手の年齢や容姿、セックスの内容によって変わるのですが、いわゆる本番ありだとすると、1.5万~2万円程度です。

時々それ以上の金額を要求してくる女性もいますが、そういった女性がルックスが良いとは限りません。

元AV女優といった魅力的な経歴をアピールしてくるパターンも多いです。しかし、これは多くの場合は嘘ですので注意しましょう。

また、それ以外の性的行為(口や手)となると、「車の中で数千円」という条件が多いようです。

なお、待ち合わせ場所に関しては、こちらから指定してもほとんど却下されます。

なぜなら、やり取りをしている相手はデリヘル業者である可能性が高く、そうであるならば、”縄張り”があるので、それを超えた場所で待ち合わせることができないのです。

また、たいていの場合はスタッフが女性を送迎しますから、待ち合わせ場所も送迎しやすい場所となります。

掲示板やボイスチャットなどにキャッシュバッカーがいる可能性あり

hapime-keijiban6

ここまでは実際に女性とアダルト目的で会うことを前提に、掲示板をご紹介してきました。

しかし、世の中には、「女性とアダルトなメールのやり取りがしたい」「アダルトじゃなくても女性とメル友になりたい」という人もいることでしょう。

そんなニーズに応えるように、ハッピーメールでは「メル友募集」や「大人のメール/TEL」といった掲示板が用意されています。

その他、「恋人募集」や「友達募集」の掲示板でも、「お話しましょう~」とか「まずはゆっくりとメールから」などといった書き込みがチラホラでてきます。

では、これらの書き込みにメールを送るとどうなるのでしょうか・・・

その答えを端的にいうと、「キャッシュバッカーに騙されることが多い」、です。

実はハッピーメールでは、女性が男性からのメールに返信すると、マイルが貰えるようになっています。

そのため、マイルを貯めることを目的に、ひたすら男性とメールをしている女性(実際には女性じゃないかもしれません)がいるのです。

このような利益目的の女性をキャッシュバッカーといいます。

援助交際と違って、「恋人募集」やアダルトな内容を含むメールは、やり取りの回数が増える傾向にありますから、マイルを貯めるのにはもってこいの場なのでしょう。

そもそも今時メル友を募集している女性は、余程暇を持て余している主婦くらいしかいるとは考えにくいです。

もしメル友相手を募集するのであれば、40代以上の主婦がおすすめでしょう。

「それでもいいからアダルトな内容のメールをしたい」というのであれば問題ありませんが・・・

メールの送信1回ごとに約50円分のポイントを消費することを考えると、月額固定制のマッチングアプリをやった方が良いかもしれませんね。

ちなみに、キャッシュバッカーの特徴は、

  • ●写真が可愛いすぎる
  • ●自己紹介文が長い
  • ●やり取りの内容が嚙み合わないことが多い

などがあります。

こちらから質問をしているのに、的外れな回答が返ってきたり、答えようとしなかったりする場合は、キャッシュバッカーであることを疑ってみるべきでしょう。

キャッシュバッカーの中には、巧妙にキャッシュバッカーであることを隠している女性と、割と簡単に見破れる場合の2パターンがあります。

やり取りが不思議と噛み合わなかった場合は、メッセージの返信はやめておきましょう。

コミュニケーションが重要な恋活において意外とお金がかさむ

ハッピーメールで恋活をする最大のデメリットは、業者がいるのはもちろんですが、何よりも意外とお金がかかることです。

遊び目的の女性と出会うのであれば、正しくハッピーメールを活用することができていれば、500〜1500円程度で、出会うことができます。

しかし、恋活希望の女性と出会うとなると、かなり難易度が上がります。探す段階でお金がかかり、メッセージも即会い系の女性よりもじっくりとするのが大切です。

そうすると、1人と出会えたとして3000円程度かかってしまう場合があります

ハッピーメールよりも恋活しやすいマッチングサービス

恋活がしにくいハッピーメールのような出会い系サービスとは異なり、マッチングアプリと呼ばれるサービスは恋人を探すのに特化しており、しっかりと活用すれば高確率で恋人を作ることができます。

出会い系とマッチングアプリには下記のような違いがあります。

出会い系(ハッピーメール) マッチングアプリ
料金 メッセージ送信50円/1通(1人と出会うのに500〜1500円以上) 月額2000〜3000円で使い放題
ユーザーの恋活意欲 非常に低い 高い
業者の多さ 多い 少ない

マッチングアプリに恋活意識の高いユーザーが多く集まっていることと、業者と呼ばれる悪質ユーザーが少ないのには理由があります。

ハッピーメールをはじめとした出会い系は最近こそ恋活に舵を切ろうと宣伝に力を入れたり、アプリをリリースするなどしていますが、少し前まではライトな出会いができるサービスとして宣伝をしていたこともあり、利用者が遊び目的の男性ばかりに偏ってしまった経緯があります。

一方で、マッチングアプリは出会い系で恋人が作れないという課題から誕生した経緯があり、真面目な恋活を全面に押し出して宣伝をしていたこともあり、真剣なユーザーが多く集まっています。

また、基本的に下心を持って利用しているのは男性ユーザーくらいなので、男性は定額で一定金額を支払うというハードルがあるのも、マッチングアプリの環境維持に役立っているのかもしれません。

とはいっても、マッチングアプリの利用料金は安く、場合によっては、出会い系よりも低価格で済むケースさえあります。

ハッピーメールではプロフィールが良い感じの男性であれば500〜1500円程度で女性1人と出会えますが、うまく行かないと3000円を費やしても1人も出会えないというケースもありえます。

他方で、マッチングアプリはどれだけ利用しても、定額で利用できるため、コミュニケーションに時間をかけて距離を縮めたい男性にも最適です。

恋活アプリとしての知名度No1!Pairs(ペアーズ)

pairs

マッチングアプリで最もおすすめなのが、会員数1000万人を超える最大手のPairsです。

利用料金は月額1430〜4100円で追加料金無しで利用することができます。

これまでに20万人以上が交際、成婚しており、実は筆者の周りでもPairs経由で恋人ができた友人が多いです。

恋活アプリNo2!Omiai

omiai

次におすすめなのが会員数400万人を超える大手マッチングアプリのOmiai。

Omiaiは会員数こそPairsよりも少ないものの、20代のユーザーが多いPairsよりも、30代のユーザーが多いこともあり婚活意欲の高いユーザーが多いのが特徴。

利用料金は、月額1950〜3980円とPairsと同額程度です。

恋活をするのであれば、PairsあるいはOmiaiを優先して利用するのをおすすめします。

ハッピーメールの使い方!もしも、恋活目的で使用するならどう使う?

続いて、ハッピーメールを活用したいという方向けに、基本的な使い方を紹介します。

ハッピーメールで女性と知り合うには、大きく分けて二つの方法があります。
一つは、プロフィール検索をして好みの女性にメールを送ること。

もう一つは、ハッピーメール内にある掲示板に投稿された書き込みをみて、メールを送ることです。

プロフィール検索中心で女性にメッセージを送る

これらのうち、プロフィール検索に関しては初心者にはあまりおすすめできません

というのも、いくら好みの女性をみつけてメールを送ったところで、返信がくる確率が異常に低いからです。

人気の女性は、登録してすぐに100件以上のメールが来ることも珍しくありません。

その中から選ばれるともなると、可能性が非常に低いことがわかりますよね。

返信率を上げる方法もありますが、それでもなかなか出会いに繋がりづらいのが実情です。

月額固定制のマッチングアプリであれば、返信が来なくても特に気になりませんが、ポイント制のハッピーメールではお金を捨てているようなものです。

そもそも、アダルト色の強い出会い系サイトであるため、プロフィールの内容や写真を偽っている会員が大勢います

とくに顔を隠さずに登録している女性の多くは、業者か別人である可能性が高くなっており、プロフィール検索がまったく役に立たないのです。

一般ユーザーの女性の多くはスタンプなどで顔を隠しています。

出会い系に慣れていない場合だと、そもそも業者かどうかを見分けるのが難しく、魅力的な女性にメールをしたものの、相手は全て業者でポイントを無駄遣いしてしまったということにもなりかねません。

掲示板に書き込んで女性を探す

一方、掲示板の書き込みにメールを送る場合はどうかというと…正直なところ、ここにもプロフィール内容や写真を偽っている会員が大勢います。

ただし、会うことを前提としている書き込みのなかから最新のものにメールを送れば、かなりの確率で返信があります

つまり、ハッピーメールで効率よく女性と出会うためには、「掲示板を利用して最新の書き込みにメールを送る」のがコツとなってくる訳です。

尚、ハッピーメールで女性とやり取りをするためには、事前に年齢確認をしておかなければなりません。

年齢確認は身分証明書の画像を送信するか、クレジットカードを使って課金することで行うことができます。

利用する上では必須事項のため、初めに済ましてしまいましょう。年齢確認を済ますことで、ポイントももらえます。

ハッピーメール掲示板の種類 恋活で使うとしたらどれ?

ハッピーメールの掲示板には様々な種類があります。

では、どの掲示板にどんな女性がいて、どのような書き込みをしているのか・・・

以下で詳しくご紹介していきます。

ピュア掲示板

hapime-keijiban2

ハッピーメールの掲示板は、大きく分けると、「ピュア掲示板」と「その他掲示板」の2種類があります。

さらに、それぞれが細分化されており、会員は目的にあった掲示板を利用することになります。

まずピュア掲示板は、

  • ●全国メル友
  • ●メル友募集
  • ●今からあそぼ
  • ●恋人募集
  • ●友達募集
  • ●ミドルエイジ/シニア
  • ●ピュア画像掲示板
  • ●ヲタ友/ヲタ恋

に細分化されています。

ピュア掲示板では、そのタイトル通り、純粋な出会いを求める書き込みが多く見られます。

特に恋人募集の掲示板では、「真面目に出会いたいです」「彼氏募集中」などと書かれた書き込みが多いのですが・・・

実際にこれらの書き込みにメールを送ってみると、残念ながらその8~9割は恋人募集ではありません

まず、一番多いのは、援助交際です。

いざやり取りをはじめると、「最初は大人の関係から始めたいけど、長く続くか心配だから1回目だけは2万円くれませんか?」などといった強引な提案をしてきます。

もちろん、2回目以降に繋がることはなく、1度会ってからは連絡が取れなくなります

これに騙される人が多いので、十分に気を付けてくださいね。

また、援助交際の次に多いのが、勧誘目的の業者です。

「お金をかけずにメールを送ってほしいから、アドレスを教えて」などと言ってきて、アドレスを教えると様々な勧誘がはじまります。

こういった業者であれば、すぐに気づけるはずなので、絶対に変なサイトに登録したりメールアドレスを教えてはいけません。

もっとも、本当に恋人を募集している女性もいます

その特徴は、

  • ●プロフィールに写真を載せていない
  • ●30代後半~40代の女性
  • ●書き込みの内容が控えめ

などといったものです。

これらの特徴は他の掲示板にも共通していて、写真を載せている若い女性の大半は業者率が高く、写真を載せていない中年女性はリアルに相手を探している率が高くなっています。

40代前半女性はアクティブユーザーが多いといった特徴があるため、メールを送ってみる価値は大いにあります。

その他、「今からあそぼ」という掲示板も気になるところだと思います。

hapime-keijiban3

気軽に女性と出会いたい、と思っている男性にとっては、「今から」というフレーズが非常に魅力的ですよね。

書き込みの内容をみても、「ご飯に連れていって」や「遊びに行こう~」などと書かれたものが多いのですが・・・

実はこれらの大半は援助交際です。

ピュア掲示板ではアダルトな内容の書き込みが禁止されているため、パッと見は単なるお食事デートのような記述になっています。

しかし、実際にメールしてみると、「大人の関係もありでお願いできますか?」などと提案されることが多く、実質的に援助交際となります。

普通に考えて、援助交際以外の目的で、初対面の人とデートする女性はなかなかいないですからね。

食事をしながらイチャイチャして、お金を渡すといったものを想像している人もいるかもしれませんが、実際はもっと機械的で、男性側の満足度も高いとは言えません。そのため、あまりおすすめはできません。

以上のことから、ピュア掲示板というタイトルであっても、気軽に会える女性の大半は援助交際だといえます。

相手が18歳以上であれば援助交際自体は違法ではないので、「お小遣いを渡してデート(セックスも)する」ということに抵抗がない人にはおすすめです。

しかし、援助交際希望者の一般女性に扮した風俗業者という可能性も0ではありません。

まずは、様々な可能性はあるということを事前に把握しておくことが重要です。

その他掲示板

hapime-keijiban4

ピュア掲示板よりもさらにアダルト色が強いのが「その他掲示板」です。

こちらは、

  • ●大人のメール/TEL
  • ●大人のメール/TEL(全国版)
  • ●今スグ会いたい
  • ●大人の出会い
  • ●大人の恋愛関係
  • ●刺激的な出会い
  • ●同性愛
  • ●ミドルエイジ/シニア
  • ●画像掲示板

に細分化されています。

ご覧の通り、どのタイトルからもアダルトな雰囲気が伝わってきますよね。

「大人のメール/TEL(全国版も含む)」と「同性愛」は別としても、それ以外の掲示板はどれを選んでも、いきつくところは援助交際です。

なかでも、特に援助交際相手を募集する書き込みが多いのが、「今スグ会いたい」です。

ここに投稿されている書き込みは、ほぼ100%の確率で援助交際目的となっています。

なので、援助交際をするなら、ピュア掲示板から相手を探すよりも、その他掲示板の「今スグ会いたい」から探した方が、効率が良いといえます。

ただし、ここで一つ理解しておかなければならないことがあります。

それは、ハッピーメールで援助交際をしている女性の多くは、デリヘル業者に所属している女性だということです。

これは、ピュア掲示板であれ、その他掲示板であれ、同じことがいえます。

なので、掲示板に書き込みした人も、その後メールのやり取りをした相手も、デリヘル業者のスタッフである場合が多いのです。(おそらくは男性でしょう)

援助交際は買春の一種であり、日本の法律では買春を取り仕切る業者は罰せられることになっています。

そのため、デリヘル業者が絡んでいるとバレないように偽装されている訳です。

もっとも、会う相手が一般女性であれ、デリヘル業者の女性であれ、援助交際の内容はまったく同じです。

事前にメールで待ち合わせの場所と時間を決め、そこに現れた女性とホテルに直行。

セックスをしたらあっさり解散、というのが一般的な援助交際の流れになります。

唯一異なる点があるとすれば、一般女性の方が継続的な関係に発展しやすい、ということくらいです。

お小遣いを渡すという関係性に変わりはないでしょうが、LINEなどで直接連絡を取り合うくらいの間柄にはなれるでしょう。(時にはセフレのような関係に発展することもあります)

ちなみに、派遣されてくるデリヘル女性ですが、容姿もサービスの質も著しく低い場合がほとんどです。

お金を払ってセックスすることが目的なのであれば、自分で口コミの良い店を調べて利用した方が間違いなく満足できるでしょう。

まとめ

今回はハッピーメールの内容について紹介しました。

すでにお分かりだと思いますが、どの掲示板であっても、援助交際(アダルト目的)の書き込みが非常に多く、もはやそれを専門にした出会い系サイトと言っても良いくらいです。

また、真剣な恋活やメル友を募集する掲示板には、そういった希望を持つ女性会員も存在してるのですが、それ以上に勧誘目的の業者が多く、ボイスチャットなど高額な機能を使う際にはキャッシュバッカーと遭遇する可能性が高いのが現状です。

なので、料金がかかる男性側としては、あえてそこに手を出す必要はないと思います。

「今スグ会いたい」の掲示板から3~4回のメールを経て、気軽に援助交際をする・・・

ハッピーメールの使い方とは、そういったアダルトなものであると理解しておいた方が良いでしょう。