ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2019.12.01 作成:2019.11.19

出会い系サイトのハッピーメールが野呂佳代主演で映画に!評判は?

happymail-movie2

出会い系サイトの王道といえばハッピーメールですが、そんなハッピーメールをテーマにした映画があります。

その名もズバリ、「ハッピーメール」で、主演は元AKB48の野呂佳代さんです。

出会い系サイト・ハッピーメールの実態は援助交際サイトだと言われていますが、そんなデリケートな部分がどこまで描かれているのか・・・ハッピーメールユーザーのなかにはそう思った人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、映画「ハッピーメール」についてご紹介していきます。

映画「ハッピーメール」の概要とキャスト

happymail-movie4

映画「ハッピーメール」は2018年8月25日に公開されたラブコメディーです。

東京・秋葉原を舞台に、出会い系サイトのハッピーメールを介して知り合った主要なキャスト達が悩みながらも恋愛を通して成長していく姿が描かれています。

話自体はあくまでもラブコメディーではあるのですが、出会い系サイト・ハッピーメールの宣伝を兼ねていることは言うまでもなく、「ハッピーメールを利用すれば恋ができますよ!」的なメッセージも込められているのでしょう。

結局、興行収入の面では成功とは言い難かったようですが、映画の公開期間中は渋谷や池袋などの主要な街に巨大な広告が張り出されており、広告効果という意味ではそれなりの効果があったのかもしれません。

 

キャスト

映画「ハッピーメール」は、主演が元AKBの野呂佳代さんであることでも話題となりました。

なお、その他の主なキャストは以下の通りです。

  • ●楓 – (演)野呂佳代 2次元に夢中のカリスマネイリスト
  • ●浩介 – (演)竹財輝之助 イケメンだが不器用で鉄道オタクの医師
  • ●あすか – (演)小林涼子 地味なOL
  • ●慎之介 – (演)佐野和真 地下アイドル好きのアラサー男子

主演も含めて、いわゆるビッグネームとされる俳優はこの映画には出演していません。

特に主演の野呂佳代さんは、女優としてのキャリアが薄いだけに、その演技力が心配されていました。

しかし、この映画のレビューをみると「意外と芝居が上手だった」という声が多く、どうやら芝居のセンスは高いようです。

また、小林涼子さんに対する賛辞も多く、ある意味、この映画でもっとも輝いた人ではないでしょうか。

映画「ハッピーメール」の評判は?

happymail-movie1

キャストに対する評価は上々の映画「ハッピーメール」ですが、作品としての評判はどうなのでしょうか。

インターネット上に寄せられた視聴者の口コミのなかから、代表的なものを集めてみました。

ちなみに、Yahoo!映画での評価は3.07です。

3.5以上を良作・ヒット作の目安だとすると、3.07という数字はやや物足りない結果ではありますが・・・

 

良い評判

ハッピーメールのゴリ押しになるのかと思ったら、ちゃんと援助交際といった闇の部分も描かれていた。実際はもっと酷いと思うけど、ある程度事実に即していると思う


キャストの皆さんの演技が上手でした。それぞれが役柄にあった感じだったし、違和感もなかった。野呂さんもいい芝居してましたね

良い内容のレビューをみると、援助交際というハッピーメールの実態を描いている点や、キャスト陣の演技力に対するものが多いようです。

事実、Yahoo!映画の平均点でも、「配役」の項目が一番高評価になっています。

 

悪い評判

脚本が雑。ラブコメといいつつ、たいしてコメディ要素がある訳じゃない。これから恋愛が始まるドキドキ感もない。たいした見せ場もなく、ただハッピーエンドという既定路線に向かって話が進んでいくだけ


ハッピーメールを長年利用しているけど、恋愛につながるような出会いは一度もない。実際はデリヘル業者の温床になっているわけで、もっとそういう部分にも切り込んでほしかった


駄作とは言わないけど、面白いかというと、正直それほどでもない。まぁ、レンタルDVDで十分って感じかな


配役に関する評価が高い一方で、脚本に関しては不満を感じる人が多かったようです。

インターネットを介して男女が出会うというストーリーはこれまでにいくつもありましたから、後は恋に落ちていくまでの過程などで個性を出していくことになるわけですが・・・

その部分においてやや工夫が足らず、それが3.07という評価に繋がったのではないでしょうか。

まとめ

happymail-movie3

この記事では、映画「ハッピーメール」についてご紹介しました。

出会い系サイトのハッピメールを題材にした映画であり、キャスト人の演技力が高く評価された作品ですが、脚本の面ではやや批判的なレビューが多いようです。

映画の方はすでにDVD化されていますし、別途、Webドラマの方も配信されていますので、気になった人は視聴してみはいかがでしょうか。