ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2020.04.14 作成:2020.04.14

危険!ハッピーメールには高校生もいる。出会った場合の罰則は?

happymail-koukousei1

出会い系サイトのハッピーメールはその会員規約で会員資格を定めており、18歳以上で高校生ではないこと、が条件となっています。

また、一般的にも高校生とのデートは淫行だと言われがちです。

しかし実際には、高校生の会員も大勢いるようで、気を付けていないと掲示板などを介して出会ってしまうことがあります。

そこでこの記事では、ハッピーメールで高校生とデートしてしまった場合の罰則についてご紹介していきます。

高校生はハッピーメールに登録できない

happymail-koukousei5

ハッピーメールの会員資格は、18歳以上でなおかつ高校生ではないこと、と明記されています。

これは児童保護の観点から法律で定められていることであり、正式に事業者登録している出会い系サイトすべてに遵守が義務付けられています。

もちろん、ハッピーメールも例外ではありませんから、高校生に会員資格がないというのも当然のことでしょう。
 

実際には高校生がいる

規約上ではハッピーメール会員になれないはずの高校生や18歳未満の児童ですが、編集部が独自に調査したところでは、年齢を偽って登録している高校生や児童が何人もいます。

ハッピーメール内でメールのやり取りをするには身分証明書による年齢確認が必要であり、本来ならばそこで会員資格の最終チェックができるはずなのですが…

残念ながらこのシステムは完璧ではありません。

というのも、身分証明書を偽造したり、18歳以上の知り合いから借りたりすることによって、簡単に年齢確認をパスできてしまうからです。

ましてハッピーメールでは、身分証明書の画像を送信する仕組みになっていますから、昨今の発達した写真画像技術を使えば高校生でも簡単に身分証明書を偽造できてしまいます。

また、18歳を迎えた人であれば、自ら高校生と名乗らない限りはハッピーメール側にバレる可能性はほとんどありません。

そのため、18歳未満の児童や高校生とは知らずに出会ってしまう可能性があるのです。

高校生や児童とデートした場合の罰則

happymail-koukousei3

ハッピーメールの年齢確認だけを信用していては、児童や高校生と出会ってしまう可能性があります。

問題は、そのような場合において、どんな罰則を受けてしまうのか、という点です。

これに関して、ハッピーメール側からの罰則と、条例や法律による罰則の二つに分けてご紹介します。
 

ハッピーメール側からの罰則

高校生や児童だと知らずにデートをしてしまった場合、それに関する条項はハッピーメールの会員規約にはありません。

そもそも、高校生や児童側から「私は会員資格がありません」と名乗り出るはずはなく、出会ってしまった側も「高校生とデートしてしまいました」などと運営会社に報告することはしないでしょう。

その意味では、表沙汰にならないだけで、実際には高校生や児童との出会いがたくさん発生していると思われます。

ただし、年齢を偽る、高校生であることを隠す、他人の身分証明書を使う、などの違反行為が発覚した場合は、即刻強制退会となります。

高校生と出会った側への罰則

ハッピーメールでは、高校生や児童を対象にした募集は禁止されています。

会員規約によると、

「児童(高校生を含みます)を対象とする不正誘引、または会員を児童との異性交際等の相手方となるように誘引する行為」

は禁止されており、自分から児童(高校生を含む)を募集しても、またその出会いを斡旋してもいけません。

また、児童に関しては、

「児童ポルノ、または児童虐待に該当するおそれのある画像、 文書などを掲示板に書き込み、または送信する行為」

も禁止されています。

そして、この禁止事項に抵触した場合は、

「第9条(利用制限措置)、第10条(禁止行為)に違反したと判断した会員については、事前通告なしにサービスの利用停止、または会員資格の停止ができる」

と定められています。

つまり、児童を出会いの対象にした人は強制退会になってしまうということです。

強制退会になってしまうと、その時点で保有していたポイントやプロフィール、やり取りの履歴など、あらゆるデータが無くなります。

また、同じ電話番号をつかっての再登録はできません。

強制退会後のアカウント復活はできませんから、くれぐれも児童や高校生を対象とするような募集・書き込みはしないようにしましょう。
 

条例・法律による罰則

ハッピーメール側からの罰則とは別に、条例や法律によっても罰せられる可能性があります。

条例は自治体ごとにその内容が異なりますが、ほとんどのところで18歳未満の児童との性行為や売春を禁止しています。(詳しくは、お住まいの自治体の条例をご確認ください)

また、日本の法律をみると、16歳未満の児童との性行為は禁止されています。

一方、16歳以上であれば未成年であっても「可」となっています。

ただし、判例によると「恋愛関係が成立していること」が前提となっています。

知り合ったばかりの高校生とホテルにいってセックスしたような場合は恋愛関係とは言い難く、罪に問われる可能性が高いといえます。

つまり、相手が16歳未満であれ16歳以上の高校生であれ、ハッピーメールで売春をすれば罰せられることになるわけです。
 

そもそも淫行や売春とは

法律の話が出たので、淫行と売春の定義についても簡単にご説明しておきます。

まず、淫行とは、「18歳未満の男女とのわいせつ行為・みだらな行為」のことをいいます。

わいせつ行為・みだらな行為と聞くとセックスをイメージしがちですが、場合によってはキスだけでも該当します。

ただし、恋愛関係が成立している場合は除外される可能性があります。

次に、売春ですが、「金品を対価にして性行為をすること」と定義されています。(セックスありの援助交際も含まれます)

言葉のひびきとしてはいかにも違法行為のように感じられますが、実際には、18歳以上であれば売った側、買った側ともに罰せられることはありません。

罰せられるのは、女性を取りまとめて売春を斡旋するような事業を行っている事業者のみです。

もっとも、相手が18歳未満だった場合は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪に該当し、「5年以下の懲役又は300万円以下の罰金」が科せられます。

もっとも怖いのは悪質な高校生

happymail-koukousei4

ご紹介した通り、ハッピーメールには高校生が潜んでいる可能性があり、セックスをした場合は条例や法律によって罰せられる可能性があります。

「そんなこと、バレるはずがない」と思うかもしれませんが、そういった油断を悪用する高校生もいます。

というのも、高校生であることを隠してセックスをした後に「自分は高校生だ」と告白し、条例や法律を盾に脅迫してくる人がいるのです。

知らなかったことなので多少の減刑が想定されるものの、「警察に被害届を出す」と脅されれば、多くの人が酷く困惑することでしょう。

また、仮に罪には問われなかったとしても、公になれば社会的立場を失いかねません。

そのため、泣き寝入りしてしまう男性がほとんどのようです。
 

悪質な高校生に引っかからないための予防策

前述のような悪質な高校生に引っかからないようにするには、注意深く探りをいれるしかありません。

なので、以下のような方法を用いて、デート中(セックスをする前)か、あるいはハッピーメール内でやり取りをしている間に、年齢を確認するようにしてください。

  • ●年齢とあわせて干支もきく
  • ●生年月日を西暦できく
  • ●こっそりバッグや財布の中身を確認する
  • ●服装や持ち物をチェックする

年齢とあわせて干支もきく

相手が年齢を偽っている場合、干支を答えられないことがあります。

この質問は唐突であればあるほど効果を発揮しますから、デート中に質問するようにし、回答と相手の表情をチェックするようにしましょう。

生年月日を西暦できく

生年月日を西暦できくというのも年齢を確認する上でとても効果的です。

干支と同様で、偽っている場合は答えられない可能性があります。

こっそりバッグや財布の中身を確認する

チャンスがあれば、バッグや財布の中身も確認しておきたいところです。

万が一高校生であった場合は、スケジュール帳に時間割が書かれていたり、学生証が入っている可能性があります。

服装や持ち物をチェックする

バッグの中身が確認できない時は、服装や持ち物(時計など)を細かくチェックするようにしてください。

それがチープな洋服や持ち物であった場合は、高校生である可能性が高いと考えるようにしましょう。

編集部が高校生会員にインタビュー

happymail-koukousei2

ハッピーメールに潜んでいる高校生会員。

ある意味厄介な存在といえるわけですが、編集部は友達同士でハッピーメールに登録しているという女子高校生(Aさん、Bさん)にインタビューすることができました。

以下は、そのインタビュー内容をまとめたものです。
 

ハッピーメールに登録した目的は?

Aさん
遊ぶお金が欲しかったから。援交なら簡単に2万円くらい儲かるからやってる人は多いと思う


Bさん
私もお金が欲しかったから。普通にバイトするより断然儲かる


アルバイトの時間に制限があったり、それ自体が禁止されていることもある高校生にとって、ハッピーメールで知り合った男性からお金を貰うというのは良い収入源といえるようです。
 

どうやって年齢確認したのか?

Aさん
お姉ちゃんの運転免許証をこっそり写真に撮ってハッピーメールに送った


Bさん
知り合いに相談したら運転免許証の画像を送ってくれた


既にご紹介したように、ハッピーメールは運転免許証の画像だけで年齢確認できる仕組みになっています。

そのため、高校生であっても比較的簡単に登録できてしまうのでしょう。
 

援助交際はどこまでOKにしてるのか?

Aさん
もちろん最後(セックス)まで。そうじゃないと稼げないし


Bさん
最初は食事だけにしてたけど、最近はセックスもしてる(恥)


驚く人もいるかもしれませんが、近年の10代、20代女性はセックスに寛容な人とそうでない人の二極化がすすんでいます。

ハッピーメールの会員数が伸びているのも、こうした性への考え方の移り変わりが背景にあると思われます。
 

いけないことだという認識はあるか?

Aさん
良いことだとは思わないけど、誰にも迷惑はかけていないからそんなに悪いことだとは思っていない


Bさん
相手の男性が楽しんでいるので特に問題はない


高校生ならでは浅はかさなのか、それとも法律で罰せられないことを知っているからなのか、援助交際に対して罪悪感を持っていない人も多いようです。

もっとも、援助交際していることを隠したいという気持ちは強いようで、ごく親しい友人にしか打ち明けていないケースがほとんどです。
 

どれくらいの頻度で会っているのか?

Aさん
週に1〜2回。週末の昼間に会ってお金をもらってから、そのお金で友達と遊びに行く


Bさん
普段は会わないけど、お金がほしいときは集中的に会う。一日に3人くらいと会うこともある(笑)


高校生は基本的に生活費がほとんどかかりません。

そのため、援助交際でバリバリ稼ぐことはしておらず、何らかの金銭的ニーズが発生した時にハッピーメールを利用しているようです。
 

何歳の頃からハッピーメールを使っているのか?

Aさん
17歳になった時くらい。何人かの彼氏とエッチして慣れてきたから


Bさん
最初に登録したのは15歳のとき。しばらく放置してて、最近また使い始めた


セックスに寛容な高校生は初体験も早く、比較的早期に慣れてしまうようです。

その慣れがお金にかわると気付くのも早いようで、自由に稼ぐことができない10代中盤からハッピーメールの利用を始める人も少なくありません。
 

他の友達もハッピーメールに登録しているのか?

Aさん
同じクラスで登録しているコを一人知ってる。その他は分からない


Bさん
大勢はいないと思うけど、クラスに1〜2人はいると思う。携帯に疑わしい通知が届いているコを何人か知ってるし


お互いに隠していることが多く正確な人数は分からないものの、携帯の画面に表示された通知などから「この人もハッピーメールを使っているのでは?」と感じることがあるのだとか。

高校生にしてはお金があるな」と感じる人がいれば、その人は援助交際をやっているのかもしれません。

まとめ

この記事では、ハッピーメールにいる高校生会員についてご紹介しました。

会員規約上では高校生には会員資格がないのですが、他人の身分証明書を使って登録している人も少なくはないようです。

お小遣い稼ぎとして考えている人もいれば、相手の男性を脅迫することを目的としている人もおり、注意が必要です。

また、18歳未満との売春行為は法律で禁止されていますから、ハッピーメールで若い女の子と援助交際をする時は、念入りに年齢を確認するなどの予防策を忘れないでください。