ハッピーメールに関するコンテンツ

ハッピーメールでは詐欺に注意!被害の事例と対策をご紹介

hapime-top
出会い系サイトの大手といえばハッピーメールですよね
 
登録者が多く、簡単に出会えることから人気の出会い系サイトとなっていますが、利用者に話を聞いてみると、”詐欺”行為をする人が横行しているようです。
 
そこで今回は、利用者達の体験談をもとに、ハッピーメールにありがちな詐欺行為とその対策をご紹介していきます。
 

ハッピーメールの実状

出会い系サイト・ハッピーメールを利用したことがない、という人も多いと思います。
 
そこでまずは、ハッピーメールというサイトについてご紹介します。
 
ハッピーメールは大手出会い系サイトの一つで、その登録者は全国にいます
 
主な使い方は、ハッピーメール内の掲示板に女性が書き込みをし、それを見た男性がメールを送ることでやり取りが始まります。
 
たいていの場合、数回のやり取りを経て「これから会いましょう」という話になりますから、「手軽に女性と出会いたい」という男性にはとても便利なサービスといえます。
 
ただし、このようにして会う女性は、基本的に援助交際を目的としています
 
なので、待ち合わせ場所で合流すると、そのままホテルに直行、セックスをしたらお小遣いを渡して解散、となることがほとんどです。(お小遣いの相場は1.5万~2万円
 
「それでもいいから女性と出会いたい」という人には、ハッピーメールほど使い勝手の良い出会い系サイトはないでしょう。
 
しかし、真剣な恋活・婚活を望む男性にとっては、大変使いにくいサイトでもあります。
 
というのも、ハッピーメール内には、恋人募集といいつつ、実際にはまったく別の目的で登録している女性が大勢いるからです。
 
後述する詐欺の被害事例も、こうした女性達に引っかかってしまったケースが多くなっていますから、注意が必要です。
 
ちなみに、ハッピーメールの料金システムは、ポイント制となっています。(女性は無料)
 
クレジットカードなどを使ってポイントを購入し、それを使ってプロフィールを閲覧したり、女性にメールを送信したりします。
 
援助交際をする場合、効率よくやれば、300円程度のコストで出会うことができます。

詐欺の被害事例①:写真詐欺(危険レベル1)

hapime-sagi

簡単に出会えるのがハッピーメールの長所ですが、それ故に「詐欺に遭った」という被害報告が多々あります。
 
なかでも、もっとも多いのが「写真と実物がまったく違う」という事例です。
 
援助交際をする場合、お金を払うのは男性側なのですから、当然、自分の好みの女性と会いたいはずです。
 
そのため、ハッピーメールのプロフィールに掲載されている女性の写真をチェックして、「この子に会いたい」と思った女性にメールを送っていることでしょう。
 
しかし、実際に待ち合わせ場所に現れた女性をみると、「は?どなたですか?」と思ってしまうほど顔がまったく違うことが多いようです。
 
このような写真詐欺が発生する背景には二つの要素が考えまれます。
 
一つ目は、女性側が自分を可愛くみせようと、アプリで加工した写真を掲載しているパターン。
 
二つ目は、最初からまったく別人の写真を載せているパターンです。
 
「自分を可愛くみせよう」という気持ちは理解できますし、インスタグラムやFacebookでも、加工された写真をよく目にします。
 
その方が男性ウケが良くなりますから、ハッピーメールで援助交際の相手を募集する際には有利といえます。
 
もっとも、このパターンは少数派で、ほとんどの写真詐欺は、「最初からまったく別人の写真を載せている」パターンです。
 
実はこうした別人の写真を載せているのは、素人女性を装ったデリヘル業者であることがほとんどです。
 
デリヘル業者は、ネット上にでている可愛い女性の写真を2~3人分集め、それらを使ってプロフィールを作成し、掲示板に書き込みをします。
 
そして、書き込みを見た男性からメールが届き待ち合わせ場所が決まると、事務所に待機していたデリヘル嬢達を順次派遣していくことになります。
 
このような仕組みになっていますから、プロフィール写真にあるような可愛い女性は、そもそもハッピーメールに登録していない訳です。
 
もちろん、実際に会う女性の容姿は写真以下ですから、男性からは「写真詐欺だ」という声が出ることになります。
 
なお、こうした写真詐欺の対策としては、
 

  • ●顔写真を載せている女性にはメールを送らないこと
  • ●待ち合わせ場所に現れた時点で、好みでなければキッパリ断ること

 
などがあります。

詐欺の被害事例②:年齢詐称(危険レベル1)

hapime-sagi2

写真の他にも騙される部分があります。
 
それがプロフィールの内容、特に年齢です。
 
ハッピーメールでは、年齢確認のために、登録時に身分証明書の提出が義務付けられています。
 
しかし、実際には、年齢を偽って登録している女性が大勢います。
 
編集部が聞いたところでは、20代前半の女性と待ち合わせをしたところ、実際にはちょっと若くみえる40代の女性が現れた、という事例もありました。
 
もっとも、本当に危険なのは、相手が18歳未満だった場合です。
 
法律によって、18歳未満とのセックスは禁じられています。年齢を誤魔化されていた場合は罪に問われる可能性が低くなるのですが、それでも、リスクが高いことに変わりはありません。
 
女性の年齢を見抜くのは難しいことですが、容姿があまりにも若い場合は、手を出さない方が無難です。

詐欺の被害事例③:キャッシュバッカー(危険レベル2)

hapime-sagi3

写真詐欺や年齢詐称よりもタチが悪いのがキャッシュバッカーの存在です。
 
ハッピーメールなどの出会い系サイトの多くは、女性会員に対し「メールを返信する度にマイルをプレゼントします」といったサービスを展開します。
 
そのため、マイルの獲得を目的として、強引にメールのやり取りを長引かせる女性会員がいるのです。
 
この女性会員のことをキャッシュバッカーと呼びます。
 
こういたキャッシュバッカーは、”メル友募集”の掲示板はもちろんのこと、その他の掲示板にも数多く潜んでいます。
 
しかも、メールのやり取りを散々引きのばした挙句、結局最後まで会うことはしません
 
メールを送信するたびにポイントを消費する男性側としては、迷惑極まりない存在といえるでしょう。
 
ポイント=お金という実害が発生する訳ですから、小規模とはいえ、完全な詐欺行為ですよね。運営会社も取り締まりを強化しているようですが、なかなか撲滅できていないようです。
 
ちなみに、キャッシュバッカーの特徴としては、
 

  • ●写真が可愛すぎる
  • ●女性の方から突然メールをしてくることもある
  • ●会うための段取りをしているのに、なかなか日時を決めようとしない
  • ●やり取りの内容が嚙み合わないことがある

 
などがあります。
 
なので、やり取り中に、「どうも話が進まない」「内容が嚙み合わない」などと感じたら、やり取りを即刻中止するのが対策となります。(1~2回ほどやり取りすれば、「何かおかしい」と気づくはずです)

詐欺の被害事例④:勧誘目的の業者(危険レベル3)

hapime-sagi4

キャッシュバッカーとは別に、何らかの勧誘を目的とした業者も大勢潜んでいます。
 
こうした業者のほとんどは、驚くほど良い条件で男性を募集しています
 
例えば、「お金はいらないから定期的にセックスをしたい」「お小遣いを渡すので不倫相手になってほしい」などです。
 
また、アイドル並みに可愛い写真を掲載し、「真剣に恋人を募集しています」と書き込んでいる人もいます。
 
これらが事実であれば、男性としては嬉しい限りですが、残念ながらこれが業者の手口なのです。
 
実際にメールを送ってみると、「ポイントを気にせずやり取りしたい」という理由から「メールかLINEを教えてください」と持ち掛けられます。
 
そしてうっかりメールかLINEを教えてしまうと、妙なURLが送られてきて、「ここを見てください」と言われます。
 
このような展開になれば、勧誘目的の業者であると考えて間違いありません。
 
もちろん、その女性と出会えることはありませんから、以降は無視し、その女性をハッピーメールの運営会社に通報しましょう。
 
ちなみに、送られてくる妙なURLですが、クリックしてみると、何かの販売サイト、宗教の勧誘、ネットワークビジネスへの誘い、悪質な出会い系サイト、などであることが多いようです。
 
なお、これらの業者への対策ですが、メールアドレスを教える場合は、新規にフリーメールを取得し、いつでも削除できるようにしておくのがコツです。
 
また、LINEの交換を提案された場合は、自分のIDを教えないようにすると良いでしょう。
 
こうした業者のことをサクラと呼ぶ人がいますが、厳密にいうと、サクラとは運営側が用意するものですから、女性を装って登録している業者はサクラではないということになります。(大手の出会い系サイトにはサクラはいないと言われています)

詐欺の被害事例⑤:ハニートラップ(危険レベルMAX)

hapime-sagi5

ここまでは詐欺被害といっても、比較的軽度なものをご紹介してきました。しかし、ここからは急に危険度が上がり、被害も深刻になってきます。
 
なかでも被害事例が多いのが、ハニートラップです。(ハニートラップのほとんどは、女性の単独犯ではなく、背後に共犯者の男性がいます
 
ハニートラップには様々な手口がありますが、基本的には、人に見られては困るようなもの(セックスをしている写真や音声データ等)をこっそりと取得し、後にそれを使って脅迫してくる、というものです。
 
脅迫されるネタとして多いのは、
 

  • ●男性に妻子がある場合 ⇒ 「奥さんにバラすぞ」と脅迫してくる
  • ●男性の社会的地位が高い場合 ⇒ 「セックスをした女性は18歳未満だ」と脅迫してくる
  • ●女性が「レイプされた」と被害届を出す場合 ⇒ 示談金を要求してくる

 
などです。
 
その他、ホテルで女性とイチャイチャしていると、突然見ず知らずの男性が入ってきて、「俺の女に手をだしたから金を払え!」と脅されることもあります。
 
たいていの場合、セックスをしたのは事実でしょうから、男性側としては非常に不利です。その上、共犯者の男性からの暴力もあるということで、しぶしぶお金を払う人が多いようです。
 
このようなハニートラップに関しては、対策を講じるのが難しくなっています。
 
ただし、警戒しておくことで、万が一の際の被害を最小限に食い止めることができます。
 
例えば、「お金がない独身男性」というキャラにしておけば、被害に遭いにくく、仮に被害に遭っても少額の被害で済みます。
 
また、女性と会う時には、身分証明書や携帯を所持せず、必要最低限の現金だけ持っていくようにするのも有効です。
 
こうしておけば、仮に現場で共犯者の男性から身元を聞かれても、嘘の情報を教えてその場を逃げ切ることが可能です。
 
さらに、警察に被害届を出された時のことを想定し、ホテルに入る時は女性を前にして入っていくのがベストです。
 
こうしておけば、警察が防犯カメラの映像を確認した際に、「女性との間でセックスの同意があった」と判断されます。
 
少々面倒ではありますが、「ハッピーメールでの出会いにはハニートラップもありうる」ということを念頭に、しっかりと警戒しておくことをお勧めします。

詐欺の被害事例⑥:昏睡強盗(危険レベルMAX)

hapime-sagi6

ハニートラップと並んで危険なのが昏睡強盗です。
 
昏睡強盗とは、文字通り、男性が昏睡している(寝ている)間に、女性が盗みを働くというものです。
 
古くからある犯罪の手口で、お酒や薬物を使って男性を昏睡させる他、シャワーを浴びている間に強盗を働くという手口もあります。
 
こうした犯罪は、出入りが自由なビジネスホテルやシティホテルで起こりやすくなっています。(ラブホテルでは、女性が一人で退室すると怪しまれるからです)
 
こちらも対策を講じるのが難しいのですが、盗まれて困るようなものは最初から持っていかない、というのがベターでしょう。
 
また、編集部が話を聞いた男性のなかには、「ホテルに入ったら飲食は絶対にしないし、シャワーは必ず女性と一緒に浴びるようにしている」という人もいました。
 
対策が難しいだけに、「昏睡強盗も有りうる」という意識を常に持っておくことは重要なポイントとなるでしょう。
 
ちなみに、警察に被害届を出すことは可能ですが、仮にそれで逮捕できたからといって、盗まれたものが返ってくるとは限りません。(警察は強盗犯を捕まえることはしますが、盗まれた物の返却には協力してくれません)

まとめ

今回は、ハッピーメールでありがちな詐欺の被害事例をご紹介しました。
 
写真や年齢を誤魔化している程度であればさほど大きな被害にはなりませんが、ハニートラップや昏睡強盗など、出会い系サイトを使って悪質な犯罪を犯す人もいます。
 
困ったことに、それらの手口は巧妙かつ計画的なだけに、対策を講じることが難しくなっています。
 
なので、ハッピーメールで援助交際をする場合は、万が一のことを常に考えて行動する方が良いでしょう。
 
そういった警戒態勢こそが、自分の身を守る最大の手段となりますよ。