ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2022.11.26 作成:2020.01.15

ハッピーメールで送信済みメッセージを消す方法!突然消える原因も紹介

happymail-message-keshikata6

メッセージ交換を経て異性と出会えるハッピーメール

相手に送ったメッセージを読み返してみたら、思ったよりも微妙だと感じ、送信取り消しをしたいと思う場面は珍しくありません。

また、ハッピーメールでは過去のメッセージが突然消えてしまうことがあります。

今回は、LINEのように送信済みメッセージを取り消す方法、メッセージが消えてしまう原因を紹介します。

\いますぐハピメを使いたい方はこちら/
ハッピーメールに今すぐ無料登録(R18)

ハッピーメールの送信済みメッセージを消す方法

happymail-message-keshikata1

残念ながら、ハッピーメールで一度送ったメッセージを取り消す方法はありません。

LINEのように送信取り消しができないということです。

そのため、送ったのを後悔しないように画像をはじめとした個人情報の送信には特に細心の注意を払うべきです。

また、狙っている異性にアプローチする際にも、不快感を与えるようなメッセージを送らないように意識してメッセージを送信します。

自分の画面からメッセージを消すことは可能

一方で、自分の画面からのみ消すことはできます。

使い道としては、恋人に万が一ハッピーメールを見られても安全な状態にするために、見られてはまずいメッセージのみ削除するといった場合に便利です。

見られるのが良くない状況にいる場合は、定期的にメッセージを削除しておくのをおすすめします。

ハッピーメールで過去のメッセージが消える原因

自分で削除する以外で、特定のユーザーとの過去のメッセージが突然消えてしまうことがあります。

なぜ消えてしまったのか気になる方もいると思いますので、原因をまとめてみました。

相手が自主退会あるいは強制退会

happymail-message-keshikata3

1つ目が相手が自主退会あるいは、運営に強制退会にされた場合です。

ハッピーメールを利用していたユーザーが突然自主退会することはあまりありません。

そのため、規約違反をしていた悪質なユーザーである可能性が高いです。

無視リストに追加(ブロック)された

happymail-message-keshikata4

相手のメッセージが消えていた場合に考えられるもう一つの理由は、ハッピーメールでブロックに該当する機能である無視リストに追加されてしまったことが考えられます。

相手が明らかな悪質ユーザーで、怪しい言動が多かった場合を除いて、何らかの理由でブロックされてしまった可能性が高いです。

自主退会、強制退会、ブロックいずれにしても、メッセージが消えてしまい、退会したかのような表示になっている場合、どうすることもできないので、諦めるしかありません。

ハッピーメールは、退会後に再登録をしても、同じ電話番号の場合は以前のアカウントを復活させるだけなので、ブロックが解除されずにそのままです。

携帯電話を変えるなど面倒な手続きをして、電話番号を変更しなければ、メッセージが消えた原因は究明できません。

一定期間が過ぎたため自動削除

最後の原因は、メッセージの保存期間である3ヶ月を過ぎてしまった場合です。

3ヶ月が過ぎたメッセージは自動的に削除され、復元することができません。

もしも、突然消えたメッセージが3ヶ月前のものであれば、保管期限切れが理由です。

ハッピーメールで消えたメッセージを再度見る方法

消えたメッセージを自力で復元することは不可能なので、別の方法で代替するのがおすすめです。

ハッピーメールにメールアドレスを登録し、メールで記録を残す

happymail-message-keshikata2

ハッピーメールではメールアドレスにハッピーメールのメール通知がいくように設定することができます。

つまり、GmailやYahoo!メール、各種キャリアのメールボックスにハッピーメール内のやり取りを残しておくことが可能です。

設定は簡単で、下記の手順で行うことでできます。

①マイページの各種設定をクリックします。

②各種設定より、メールアドレス通知設定をクリックしメールアドレスを登録する。

③ハッピーメールのメールが登録したメールアドレスに転送されてくる。

重要なメッセージはスクショで残しておく

もう1つはアナログな方法ですが、スクリーンショットで手元に残しておく方法です。

確実に手持ち残るため、非常に安全なので、トラブルに巻き込まれそうな場合などにはスクショで残しておくのが大切だと言えます。

重要そうなメッセージはメールアドレス登録をしていても、探すこと自体が大変なので、スクショしておくのがおすすめです。

送信メッセージの内容には要注意

ここまではご紹介してきた通り、ハッピーメールでは送信したメッセージを相手の端末内から自由に消すことはできません。

仮に自由に消す消し方があったとしても、消す前に相手が画面をスクリーンショットしていれば画像として保存され続けることに。

これのデメリットは、「送るべきではなかったと気付いても修正できない」ということです。

たとえば、何らかの個人情報を書いて送信した場合や、その他、ハッピーメールを使って浮気したことが分かるような内容。

これらが相手側の端末に残ってしまったために、後で脅迫のネタに使われることがあるのです。

よって、既婚者や立場のある人は送信する内容に細心の注意をはらうべき

これはハッピーメール内のメッセージに限らず、LINEや一般的なメールにおいても同じです。

まとめ

ハッピーメールでメッセージの送信取り消しをすることはできず、相手の受信ボックス内には最低でも3ヶ月残り続けてしまいます。

一方で、自分の手元にメッセージの履歴を残しておく方法はあるので、重要なメッセージは残しておくののが大切です。

\新規登録で最大120ポイントもらえる!/
ハッピーメールに今すぐ無料登録(R18)