華の会メールに関するコンテンツ

更新:2021.07.29 作成:2021.07.29

華の会の禁止ワードと禁止行為を総まとめ!強制退会に要注意

hana-mail-kinshiword4

出会い系サイトの利用において気を付けなければならないのが禁止ワードや禁止行為です。

これらに抵触すると強制退会(利用停止)になることがあり、後に様々な不利益が発生します。

もちろん華の会にも利用規約によって強制退会の対象となる行為が定められているわけですが、会員のなかには「利用規約なんて読んでない」という人もいるようです。

そこでこの記事では、利用規約をもとに華の会の禁止ワードと禁止行為をご紹介。

うっかり違反して強制退会にならないように何がNGなのかをしっかり頭にいれてくださいね。

禁止ワードとは?

hana-mail-kinshiword15

出会い系サイトにおける禁止ワードとは、メッセージや掲示板投稿、自己紹介などに記載したときに伏せ字表示なったり文章そのものが削除されたりするワード(単語)のことをいいます。

類似の制限はチャット機能があるスマホのゲームアプリにも備わっており、よくプレイする人はチャットのコメントが伏字になっているのを目にしたことがあるでしょう。

このような禁止ワードは運営会社が独自の判断で設定するのですが、差別用語、児童に関連するもの、アダルト性が高いものなどが一般的。

とくに出会い系サイトでは、アダルト性が高いもの及び売(買)春に関連するものがたくさん禁止ワードに設定されています。

<アダルト・売春関連の一般的な禁止ワード>

  • ●お小遣い・おこづかい・オコヅカイ
  • ●ギャラ・ぎゃら・ギャランティ
  • ●月極・つきぎめ
  • ●先払い・さきばらい
  • ●愛人・愛人契約・愛人募集・アイジン
  • ●売ります・売り・ウリ
  • ●支援・お助け・謝礼・援

禁止ワードの検出はAIによって行われるので、運営会社が設定したものはすべてシャットアウト。

内容によりペナルティが異なり、軽度であれば禁止ワードの伏字又は文章全体の削除。

重度なペナルティになると強制退会がありえます

また、サイトによってはAI以外に有人監視も行われており、禁止ワードの代用として使用される単語も不定期に禁止ワードとして追加されていきます。

実際、10年程前までは「お小遣い」や「売り」などは禁止ワードに含まれていませんでしたが現在では禁止ワードの筆頭株。

もはや売(買)春する側と運営側のいたちごっことなっているため、現在問題とされていない単語でもいずれは禁止ワードに追加されるかもしれません。

華の会の禁止ワード

hana-mail-kinshiword1

前章では出会い系サイトにおける一般的な禁止ワードをご紹介しました。

運営側が独自の判断で禁止ワードを決めているため出会い系サイトごとに禁止ワードが異なります。

では華の会の禁止ワードはどうなっているのかというと…

なんと華の会には禁止ワードの設定がありません。(2021年7月時点)

禁止ワードの設定が緩い出会い系サイトは多々ありますが、まったく設定されていないというのは大変珍しいこと。

そのため華の会の掲示板では売春相手の募集が露骨に行われています。

伏字と文字化けは別もの

hana-mail-kinshiword13

「華の会でも一部の文字が伏字になっているのをみた」という人もいることでしょう。

たしかにメッセージのやり取りをしていると一部の文字が読めなくなることがあるのですが、それは伏字ではなく文字化けの可能性もあります。

実のところ、Y!mobile端末から送信されたメッセージやSoftbank端末に設定されている絵文字などは文字化けしやすいのです。

このような文字化けと伏字の見分け方は同じ文字(記号)が並ぶかどうか。

特定の文字(記号)が3~5文字程度続いて単語を隠している場合は伏字、複数の文字(記号)で単語を隠している場合は文字化けと考えられます。

なお、この文字化けするという状況を利用してキャッシュバッカーが「文字化けして読めません」と言ってくることがあります。

  • ●メッセージを再送させてやり取り回数を増やすため
  • ●連絡先の交換をしたくないから

このような理由で頻繫に「文字化けしている」といってきますが、決して話を鵜吞みにしないようにしましょう。

華の会の禁止行為とは

hana-mail-kinshiword9

華の会は禁止ワードを設定してはいません。

しかし、禁止行為に関しては利用規約で明確に定められており、それに該当する文言を書いた場合はたとえ禁止ワードが含まれていなくてもペナルティを科せられます。

しかも禁止行為に定められているものは複数あり、うっかりすると悪意がなくてもやらかしてしまう可能性が。

詳細は華の会の公式サイトでご確認いただくとして、ここでは禁止行為のなかから特にありがちなものをご紹介します。

<主な禁止行為>

  • ●会員間の金銭のやり取り
  • ●虚偽の申告、申請をする行為
  • ●援助交際または18歳に満たない児童・高校生を相手とする性行為を助長する行為。
  • ●暴言及び暴言と判断される言葉
  • ●宣伝、広告、勧誘、または営利目的、営業活動等を目的とする行為
  • ●URLやメールアドレスなど連絡先が表示されている写真
  • ●公序良俗に反する写真

会員間の金銭のやり取り

hana-mail-kinshiword12

金銭のやり取りとは物品やサービスの提供とその対価、贈与などが含まれます。

とにかく会員間でお金が動いてはいけないわけで、パパ活や援助交際におけるお小遣いは禁止行為。

もちろん、セックスの対価としてお金を渡すのも禁止です。

真面目にお相手探しをする人がいる一方で華の会を使ってパパ活や割り切りを楽しむ人がいるのも事実。

もはや当たり前のようにパパ活や割り切りが行われているので気にしない人が多いようですが、実は禁止行為でありいつペナルティを科せられてもおかしくないということは理解しておきましょう。

虚偽の申告、申請をする行為

hana-mail-kinshiword18

虚偽の申告・申請で多いのは登録時に性別や年齢を偽るケース

面白半分で性別を偽ると後々変更できず、本来の目的で利用できなくなります。

また、華の会に入会したいからといって年齢を上に申告するのもNG。

とくに18歳未満及び高校生はどの出会い系サイトであっても利用不可となっておりやっていはいけない行為です。

無論、これらに付随して偽の身分証明書で年齢確認するのも違反

禁止ワードの使用以上に重い処分となりがちなのでたとえ冗談でも決してやらないようにしましょう。

援助交際または児童・高校生を相手とする性行為を助長する行為

hana-mail-kinshiword8

セックスの有無に関わらず援助交際は利用規約違反です。(もちろんパパ活も)

これは「会員間の金銭のやり取り」にも抵触します。

また児童保護の観点から18歳未満や高校生を性の対象とするようなコメントも禁止

JKとエッチしたい」「子供の○○をみたい」などと書いてしまうとアウトです。

ちなみに、ほとんどの自治体において18歳未満との性交渉は禁止されています。

「結婚を前提とした交際が成立していれば良い」とする解釈がある一方で、裁判で有罪となった判例も。

いわゆる淫行になってしまう可能性があるので、たとえ合意の上であっても18歳未満や高校生には手を出さないようにしましょう。(本来、華の会にはいないはずの年齢ですが…)

暴言及び暴言と判断される言葉

hana-mail-kinshiword6

メッセージ中や掲示板投稿、日記を通して特定の会員に暴言を吐くことは禁止されています。

心なくフラれたりデートをドタキャンされたりしたら腹が立つもの。

感情にまかせて相手を罵倒してしまいがちですが、その内容を運営会社に通報されたら強制退会になってしまいます。

また、特定の会員の情報を外部の掲示板やチャットで公開するのも禁止行為。

たとえ相手のマナーが悪かったとしても、大人らしく冷静に対応するようにしましょう。

宣伝、広告、勧誘、または営利目的、営業活動等を目的とする行為

hana-mail-kinshiword3

華の会は純粋な出会いをテーマにしたサイトです。

そのため、営利目的で宣伝や広告、勧誘などを行ってはいけません。

以前は別の出会い系サイトへ誘導する業者が目立っていましたが、現在では個人のYouTuberが自身の動画を拡散させるために使うケースが続出。

当然、YouTuber自身は出会いを欲しているわけではなく、いくら動画を視聴してあげたところでデートには至りません。

なので華の会でYouTuberを見つけたら迷わず通報しましょう。

写真に連絡先を表示して載せる

hana-mail-kinshiword2

最近になって増えてきたのがプロフィール写真にURLやメールアドレス、InstagramのIDなどの連絡先を表示して載せるというやり方です。

「私の顔をよく見てくださいね♡」などの一言コメントが付いており、頬や口元などに小さく連絡先が書かれています

このような女性は大抵の場合が援デリ業者

実際に連絡してみると15,000円ほどでセックスを持ちかけられます。(写真とは別人がやってきます)

また、メッセージ代を節約するために男性が連絡先付きの写真を載せることも。

たしかにメッセージ代の節約にはなるかもしれませんが、不特定多数に向けて連絡先を公開するわけで非常に危険です。

なので「バレなければ良い」という考えではなく、最初からやらないようにしましょう。

公序良俗に反する写真を載せる

hana-mail-kinshiword17

公序良俗に反する写真とは、一般常識で考えて公にするには不適切な写真をいいます。

そのもっとも分かりやすい例が性的な写真。

どこまでを性的とするかは運営側の判断次第ですが、男女ともに乳首が見えると「公序良俗に反する」と捉えられるようです。

無論、性器や陰毛が見えるとアウト。

逆に、水着を着た後ろ姿くらいであれば男女ともに問題なし。

洋服を着た状態で女性の胸の谷間が見えているのもOKなようです。

なお、アダルト関連だけでなく、暴力や犯罪を想起させるような写真、特定の人種・性別・地域を差別又は侮辱するような写真はダメです。

禁止ワードのない華の会は強制退会になりにくい?

hana-mail-kinshiword5

ここまでは華の会における禁止ワードや禁止行為についてご紹介してきました。

華の会には禁止ワードが設定されていませんから、遠回しな表現をすればたとえ禁止行為であってもAIに見つかりにくいはず。

実際、華の会には援デリ業者やパパ活女子が大勢登録しており、他の出会い系サイトと比べると強制退会になる人数が少ないように感じられます。

では、男性、女性それぞれがどんな表現を使ったら強制退会になるのでしょうか?

とくにパパ活や割り切りに関しては、「強制退会にならない表現を知りたい」という人も多いはず。

そこで編集部が確認できている範囲でセーフな表現をご紹介していきます。

「えっちしたい」はセーフ

hana-mail-kinshiword16

編集部が確認した限りでは、「えっち(エッチ)したい」という表現はセーフのようです。

上の画像がまさにそれなのですが、投稿から12時間ほど経過しても削除されていませんでした。

あきらかにセックス相手を募集する投稿なのですが、パパ活や割り切りといった金銭のやり取りが絡む表現がないため問題なしと判断されているのでしょう。

また、「えっちしたい」に類似する表現も軒並みセーフ。

hana-mail-kinshiword11

例えばこちらの投稿をみると「割り切り」相手を求めていることがはっきり分かります。

さらに下の投稿ではセフレを募集しているのですがやはり強制退会にはなっていません。

hana-mail-kinshiword10

これらがセーフなのは金銭のやり取りにも援助交際にも該当しないから。

つまり華の会においてセックスの相手を募集するだけなら、少々ストレートな表現を使っても問題ないということになります。

パパ活や援助交際の金額交渉は?

hana-mail-kinshiword19

掲示板に「えっちしたい」「セフレ募集」と書くのは援デリ業者の常套手段。

いざやり取りしてみると金額交渉が始まり、それが売(買)春だと分かります。

会員間の金銭のやり取りは禁止なので、援デリ業者の金額交渉はアウトなはずなのですが

実際にやり取りしてみると金額交渉をしても強制退会にはなりません。

まず、女性側の表現でセーフなのが

  • ●「大人の関係で会いたい」
  • ●「お願いアリですが聞いてもらえますか」
  • ●「お手当をお願いしたいです」
  • ●「諭吉2枚」←20,000円の意味
  • ●「1.5で」←15,000円の意味

などです。

前後の文脈や数字をみればそれが売(買)春だというのは明白。

しかしながら上記のようなメッセージはちゃんと受信できますし、その後数日経っても強制退会にはなりません。

このことから、金額交渉は「2」や「1.5」といった数字を使えばセーフだと分かります。

また、「大人の関係で手当てアリ」と書いたとしてもセーフなようです。

とはいえ、自分から金額を提示するのはリスクがあるので、「会うための条件は?」と尋ねて女性側に金額を提示させるようにしましょう。

通報されなければ強制退会にはならない?

hana-mail-kinshiword14

前述の通り、華の会では公にセックスの相手を募集できます。

また、わずかな工夫を施せばやり取りにて金額交渉することも可能。

やり取り相手のなかには数ヶ月経っても強制退会になっていない女性もおり、禁止ワードのない華の会は取り締まりがかなり緩いように感じられます。

しかしながら、男女ともに「強制退会になった」という事例がいくつか報告されていますから強制退会になるには何かしらの引き金があるはず。

正確なところは運営会社にしか分からないのですが、編集部が実際に強制退会になった男女に話を聞いたところ、引き金として一つの仮説が浮上しました。

それは、デート後に相手から通報された可能性があるということ。

というのも、強制退会になった人のほとんどが直前のデートで口論になったり不愉快な思いをした(させた)りしていたのです。

デートの相手がやり取りの履歴を使って「実際に会ってはいないが売(買)春に誘われた」と嘘の通報すれば、運営会社としては対応せざるを得ません。

あくまでも仮説に過ぎませんがやり取りの履歴付きで通報されると非常に不利なのは事実。

なので華の会で売(買)春をする時は、マナー良く接して相手ともめないようにした方が良いのでしょう。

強制退会になるとどうなる?

hana-mail-kinshiword7

華の会を一度強制退会になると以下のようなデメリットが発生します。

  • ●保有していたポイントがなくなる
  • ●やり取りの履歴が消える
  • ●ログインできなくなる
  • ●同じ電話番号から再登録できない

強制退会になるとアカウントそのものが利用停止・削除となるのであらゆるデータがなくなります。

それだけなら再登録すれば良いのですが、前回登録時の記録が運営側に保存されているため、同じ電話番号からの再登録も不可。

また、華の会の利用規約には

姓名・性別を偽り登録した場合及び強制退会させられた者が登録した場合、当サイトの信頼を著しく損ねたものとして、当該登録者は損害金を支払うものとします。

と書かれており、たとえ電話番号を変えても過去に強制退会の履歴があると利用できません

まとめ

この記事では華の会の禁止ワードと禁止行為についてご紹介しました。

華の会は利用規約において禁止行為を定めており、それに抵触すると強制退会になってしまう可能性があります。

禁止行為には多くの男性からニーズのある売(買)春も含まれており注意が必要。

とはいえ、掲示板はセックスのお相手を募集する投稿が溢れており、その後のやり取りで金額の交渉をしても滅多に強制退会にはなりません。

このように取り締まりが緩い背景には禁止ワードが設定されていないという事情が考えられます

売(買)春は利用規約違反なので使い方として推奨はできませんが、それでもしたい場合は露骨な表現に気を付けつることと相手にマナー良く接することを忘れないでくださいね。