更新:2019.10.21 作成:2019.10.21

社会人の出会いにもっとも効果的なのは?アプリから相席まで徹底比較

syakaijin-deaiganai
「恋愛や結婚をしたいけど相手がいない」「最近めっきり出会いがなくなった」と感じている人も多いのではないでしょうか。

実際、仕事に追われることの多い社会人は、学生の頃よりも出会いの機会が少なくなります。

そこでこの記事では、社会人の出会いにもっとも効果的なもの」をテーマに、アプリから結婚相談所、相席まで、様々な方法の長所・短所をご紹介していきます。
 

社会人になると出会いが減る

syakaijin-deaiganai2

学生にはアルバイト先、クラスメート、サークル活動など、異性と知り合う機会はたくさんあります。

余暇の時間も多く、外出先で誰かと出会うことも多々あったはずです。

ところが社会人になると、仕事優先になってしまい、休みの日であっても自宅でゆっくりと静養することが多くなります。

おまけに、友人達がどんどん結婚していくので、昔はたくさんあった合コンや飲み会のお誘いも減っていきます

その結果、年齢を重ねるごとに出会いの機会が減少していき、ぼやぼやしていると「お一人様」が当たり前の状態になってしまうのです。

孤独を愛し一生独身でいることを望むのならそれでも良いのでしょうが、「結婚したい」「恋人と楽しく過ごしたい」という人であれば、それを達成するために何らかの対策が必要となってきます。

社会人における出会いの手段には何があるか?

syakaijin-deaiganai3

恋愛や結婚をするには、まずは出会いの機会を増やす必要があります。

しかし、社会人ともなると身近に出会いの機会が多かった学生時代とは状況が大きく異なります。

というのも、社会人になると、「自分から出会いがある場に身を投じなければならない」からです。

では、「社会人の出会い」とは、どんな場・手段で探すべきなのでしょうか。

出会いの可能性が高く一般的なのは以下の6つです。
 

  • ● 友達からの紹介
  • ● 合コン
  • ● 相席居酒屋
  • ● お見合いパーティー
  • ● 結婚相談所・結婚情報サービス
  • 出会い系サイト・マッチングアプリ

 

特殊な出会いを除いて、自ら出会いを作りにいくにはこれらの場・手段が主力となってくるはずです。

なかには利用するのに抵抗を感じるものもあるかもしれません。

しかし、これまでの生活で出会いがなかったのであれば、同じことを繰り返していても出会える可能性は低いままです。

なので、「まだ利用したことがないもの」に新たな可能性を求めてみると良いのかもしれません。

あるいは、自分の性格やライフスタイルに合ったものを深く掘り下げていくのも良いでしょう。

出会いの各方法の長所・短所、口コミ

それでは、出会いの各方法の長所・短所を口コミと共にご紹介していきます。
 

友達からの紹介

syakaijin-deaiganai4

出会いからデート、そして交際と、一番すんなり話が進むのが、「友達からの紹介」です。

紹介というだけあって安心感がありますし、友達にアシストしてもらうこともできます。

Wデートであればデートに誘いやすいというメリットもありますから、交際に至る確率はかなり高いようです。

ただし、出会いの有無が完全に友達頼みとなってしまうところが難点です。

また、友達が素敵な人を大勢知っているとは限らないので、出会える人数はかなり少なくなります

その友達が結婚して疎遠になってしまうと、さらにチャンスが減ってしまうことなります。

それを考えると、出会い作りの主力にはなりえないでしょう。

あまり大きな期待をもせず、「もし誰かいい人がいたら紹介してね」と友達に頼んでおくくらいが無難なのです。
 

友達からの紹介に関する口コミ

<良い口コミ>

29歳:男性
僕の性格や癖をよく知っている大親友からの紹介だったので、相手の女の子ともあっという間に打ち解けて、2回目のデートで付き合うとになった。本当にいい出会いだったと思う

<悪い口コミ>

36歳:男性
何人か紹介してもらったけど交際までは発展しませんでした。友達も女性の知り合いが多くないので、紹介してもらえるような人がいなくなりました

33歳:女性
女同士だと、自分に彼氏がいる時は紹介できるけど、自分に彼氏がいない時はライバルが増えるだけだからなかなか紹介しないと思う

ご覧のとおり、上手く行くときは非常に話が早いのですが、その相手には数に限りがあり、出会いの場としてあてにするにはやや心もとないところがあるようです。

やはり主力とは考えずにサブ程度の手段と考えておくべきでしょう。
 

合コン

syakaijin-deaiganai5

友達がからむ出会いの場としては、合コンも有効な手段の一つです。

その場でお酒を飲むことが多いのでテンションがあがりやすく、また複数人で会うことから、人見知りしやすい人でも安心です。

こうしたメリットから、かつて出会いの手段としてとてもポピュラーだった合コンですが、最近では随分事情が変わってきました。

というのも、「参加メンバーにブサイクな人が多い」という感想をもつ人が多く、とくに飲み代を負担することの多い男性にとっては、コスパの悪い恋活であることが分かってきたからです。

なので、合コンという文化は残っているものの、「その場を楽しむだけ」と考える人がほとんどのようです。
 

合コンに関する口コミ

<良い口コミ>

26歳:男性
合コンの場で好みの女の子と出会えるとは思わない。だけど、連絡先を交換しておけば、そこから新たな人脈が広がる可能性がある。その中に好みの子がいることに期待します

<悪い口コミ>

30歳:男性
合コンってとにかくコスパが悪い。女の子はタダ飲み目当てでくるし、ほとんどの場合、幹事の子以上にカワイイ子はいない。なので、幹事がカワイくない合コンは参加する意味がない

27歳:女性
合コンに参加してもヤリモク男子ばかりで、いい出会いはないと思います。奢ってくれるのはいいけど、だからといって彼氏ができるかというとかなり微妙


合コンに関しては、男女共に「お相手の質」というものに不満が出やすいようです。

そもそも、数千円の飲み代をかけてわずか数人の異性としか会えない訳ですから、コスパの面ではあまり良くない手段だといえます。
 

相席居酒屋

syakaijin-deaiganai6

ややブームが下火になったものの、20代の男女を中心に非常に利用者が多いのが相席居酒屋です。

「その場を楽しく飲めれば良い」というのが男女に共通する意識ではあるものの、「好みの人と相席したい」という願望もしっかりとあり、結果としてカップルになることも多々あります。

ただし、男性にとっては、費用の面でかなりの負担になります。

相席中の席料は、1時間あたり概ね4,000円ほどです。

ここに飲食費が別途かかるので、2~3時間相席すると一人当たり10,000円を超える計算になります。

一方、女性は基本的に無料ですが、話が合わない男性と相席することも多々あり、当たりはずれの多い場といえます。
 

相席居酒屋に関する口コミ

<良い口コミ>

28歳:女性
私の友達は相席居酒屋で知り合った男性と交際しています。何度も通ったみたいですけど、お金をかけずに色々な男性と知り合えるので、意外と楽しめるようです

<悪い口コミ>

24歳:男性
相席居酒屋にいる女の子には態度の悪い人が多い。相席を前提とした店なのに、相席が始まると露骨にいやな顔をする。当然、会話を盛り上げようという意識もない。そういう人は相席にこないでほしい

30歳:女性
友達と一緒に相席居酒屋に初めていきました。すぐに相席となりましたが、私が人見知りな性格なのでほとんど会話できず、苦痛な時間でしかなかったです

手軽に出会いを楽しめる相席居酒屋ですが、良い出会いばかりかというと、実はそうでもないようです。

特に料金を負担する男性側は、「まったく満足できなかった」と感じることが多いのではないでしょうか。
 

お見合いパーティー

syakaijin-deaiganai7

本気度の高い出会いがあると評判なのが、お見合いパーティーです。

それは、合コンや相席居酒屋とは違い、恋愛や結婚に高い意識を持っている、ということが参加者の大前提となっているからです。

なので、お互いに好みがあえば、高い確率で交際に発展します。

また、料金的にもお手頃で、男性は1回2,000円~、女性は無料か500円~ほどで参加できます。

ただし、参加者の質(特に女性)に関しては、決して高いとはいえないのが実状です。

編集部が男性参加者にヒアリングしたところでは、「カップルになりたいと思えるような女性がいなかった」という意見が非常に多くなっています。
 

お見合いパーティーに関する口コミ

<良い口コミ>

31歳:女性
お見合いパーティーは恋愛というお互いの目的がはっきりしているから、話が早いですね。単に社会人同士というだけでなく、年齢を区切って開催してくれることがほとんどなので、話の合う人を見つけやすいです

<悪い口コミ>

34歳:男性
お見合いパーティーには何度か行きましたが、いい人がいなかったですね。15対15のパーティーでしたが、カップルになったのは2組だけでした

29歳:女性
ルックスの良い女性にばかりに男性が集中してしまうので、ルックスに自信のない私にはまったくチャンスがありませんでした

お見合いというキーワードが良くないのか、パーティーでは厳選して相手を選ぶ傾向があり、結果としてルックスの良い人にばかり人気が集中してしまうようです。

このため、カップルが成立する確率は低く、効率の良い出会いとはいえないようです。
 

結婚相談所・結婚情報サービス

もっとも確度の高い出会いが期待できるのが、結婚相談所や結婚情報サービスです。

男女共に有料、しかも高額なので、軽い気持ちや遊び目的の人はいません

また、入会審査に際して独身証明書や所得証明書を提出することが多く、お相手の身元がハッキリしているという安心感があります。

ただし、お見合いパーティー同様、お相手に高いレベルのルックスを求める傾向があります。

「高いお金を払ったのだから、高いレベルのお相手をみつけたい(みつかるはず)」という意識が働いてしまうのではないでしょうか。

その結果、結婚相談所や結婚情報サービスの成婚率は10%にも満たないと言われています。
 

結婚相談所や結婚情報サービスに関する口コミ

<良い口コミ>

38歳:男性
女性無料の恋活サービスとは違って、女性の本気度が非常に高いのが長所だと思います。女性のやる気が高いので、メールのやり取りもしっかりと続きます。おかげで恋愛下手な僕でも結婚できました

<悪い口コミ>

35歳:男性
良い出会いがあると期待して入会しましたが、まったく出会えませんでした。後から知ったのですが、女性は男性の所得を気にするのだとか。平均以下の年収の私には、そもそも不向きだったようです

「結婚情報サービスに登録する男性は、女性に容姿と若さを求めているようです。容姿が普通で30代後半の私では、出会いどころかメールのやり取りすらまともにできませんでした」(37歳:女性)

結婚相談所や結婚情報サービスでは、男女共に高望みする傾向が非常に強いようです。

それはお見合いパーティーの比ではなく、お相手がみつかるのは一部の容姿の良い人だけだと思われます。
 

出会い系サイト・マッチングアプリ

ikukuru-aenai3

近年、利用者が急増しているのが出会い系サイトやマッチングアプリです。

普段忙しい社会人にとって、自宅にいながら好きな時間に恋活ができる出会い系サイトやマッチングアプリは、とても大きなメリットがあります。

しかも費用が安いことから、大手になると全国で数百万人の会員を抱えています。

それらすべての人にアプローチできる訳ですから、コスパは抜群だといえます。
 

出会い系サイト・マッチングアプリに関する口コミ

<良い口コミ>

32歳:男性
ネットでの出会いに多少の不安がありましたが、やってみるととても便利です。しかもカワイイ人も大勢いるので、他の恋活方法よりも圧倒的に効果的だと思います

26歳:女性
マッチングアプリに登録したら、1日で100人以上の男性からアプローチがありました。無料でこれほどたくさんのチャンスがあるなんて、マッチングアプリに登録して正解でした

<悪い口コミ>

37歳:男性
会員数が多いのは良いのですが、なかなかマッチングできませんね。とくに美人さんは競争倍率が高いようです。メンタルを強くもってとにかく多くの女性にアプローチしまくるしかないと思います

29歳:女性
たしかにたくさんの男性からアプローチされるけど、ヤリモクだったり勧誘だったりすることも多いです。あと、身元確認がないので、既婚男性も大勢います。これらを見分ける力がないと、簡単に騙されそうで怖いです

メリットの多い出会い系サイト・マッチングアプリですが、男性には「なかなかマッチングできない」という悩みがあるようです。

また、誰でも簡単に登録できてしまうことから、既婚者や勧誘目的の人も大勢いるようです。

これらがマッチングアプリの短所といえるのですが、「スペックの高い人がモテる」「騙されるリスクがある」などの点は、どんな出会いにおいても言えることです。

そう考えると、マッチングアプリ特有の短所というのはないのかもしれません。

まとめ(結局どれがおすすめなの?)

syakaijin-deaiganai8

この記事では、出会いの手段6パターンをご紹介してきました。

それぞれに一長一短がありましたが、労力、コスト、要する時間、人数の多さなどを総合的に判断すると、マッチングアプリが一番良いのではないでしょうか。

マッチングアプリであれば、絶えず新規会員が入会してきますから、恋愛対象者が枯渇することがありません。

なので、年間を通して利用することができます。

まずはマッチングアプリを主力として出会いを探し、それに足りない要素を補うサブ的な役割で、他の手段を追加してみるのがベストな組合せでしょう。

ちなみに、マッチングアプリを利用するのであれば、ペアーズOmiaiといった大手を選ぶのが無難です。

登録は簡単なので、出会いがほしいという人は、すぐにでも始めてみてはいかがでしょうか。