更新:2022.11.09 作成:2022.11.09

出会い系サイトにいるヤバイ女ってどんなの?避ける方法を徹底解説

出会い系サイトの利用を検討している人の中には、ヤバい女がいないか不安だという人が多いのではないでしょうか。

結論から言えば出会い系サイトには一定数ヤバい女性はいます。しかし、いくつかのポイントを押さえれば簡単に判断ができ、せっかくのお金や時間を無駄にすることなく楽しめます。

この記事では、ヤバい女に加えて危険な業者や美人局に関しても合わせて解説していきます。安全に楽しく出会い系サイトを使いたい人はぜひ読んでみてください。

出会い系サイトにいるヤバい女と被害を受けてしまう男性

前提として覚えておいてほしいのが、出会い系サイトにはヤバい女しかいないわけではないことです。魅力のある人は多くいますし、純粋に出会いを楽しみたい人、男性に対して優しい気持ちを持って接する人もいます。

それなのにヤバい女とやり取りをして嫌な目に遭ってしまうのは、男性側が他に良い女性がいないからが理由として大半です。他にも複数の女性と同時進行でやり取りをしていれば、ヤバいと思った瞬間即座にブロックできてしまうでしょう。

そのため、出会い系サイトを使って遊ぶ上でヤバい女と出会わないようにするためのコツは、複数人の女性と同時にやり取りすることが大きなポイントの1つです。

ここから紹介するヤバい女に該当するような相手だった場合は、早めにブロックして他の人を探しましょう。

出会い系サイトにいるヤバイ女の種類

ここからは、出会い系サイトによくいるヤバい女を種類ごとに紹介していきます。後半にいくつ連れて危険度は増していきます。合わせて業者の種類や実態も解説するので、どういったユーザーがいるのか気になる人は要チェックです。

ネガティブ過ぎて会っても楽しくない

危険度はさほどないですが、ヤバい女の1つとして「ネガティブ過ぎる」というものがあります。実害はないものの、男性側からしても一緒の時間を特に楽しめないまま終わってしまうことが多いでしょう。

「どうせ私なんて」「私かわいくないし」などというフレーズがメッセージのやり取りをしている時点で頻出したら、会うのはあまりおすすめできません。

ドタキャンをなんとも思わない

出会い系サイトのユーザーの中には、ドタキャンをなんとも思わない人がいます。オンラインで知り合ってやり取りしているからこそ、ブロックしてしまえば関係を切れると考えているのでしょう。

数日前から会う約束をしていたのに、「なんとなく気分が乗らないから」「雨で外に出たくないから」といった理由でドタキャンする人はいます。

メールのやり取りだけでなく、電話で距離を縮めておくとドタキャン率が少し下がります。

写真と全くの別人

写真ではかわいく見えたのに、実際に会ってみるとほぼ別人というケースはSNSなどでもちらほらと見かけます。完全に別の人というわけではなく、加工や良く見える角度を切り取ったことで起きています。

実際のところ、ノーマルカメラで撮った写真を載せている女性はほぼいないと言っても良いでしょう。実物に近いかどうか見極めるポイントは、輪郭です。輪郭が不自然なカーブだったり、完全に隠れていたりする場合は写真と別人が来る可能性は高いでしょう。

男性に対するハードルが異常に高い

出会い系サイトの中には、男性に対してハードルが異常なほどに高い人がいます。「身長が高くて、イケメンで、お金をたくさん持っている人がいいな」などとプロフィールに書かれており、自身は太っていて外見も磨かれていないことがほとんどです。

「遊ぶだけならいいか」と声をかけても性格がねじ曲がっていることが多く、メールのやり取りはあまり盛り上がらず楽しい時間を過ごしにくいでしょう。

攻撃的な性格で男性を恨んでいる

男性にひどい振られ方をされた過去があるからか、性格が男性に対して攻撃的になってしまっている人もいます。

「体目的の人はメールしてこないで」などと書かれている場合は逆にセフレ関係になりやすいというケースもあります。しかし、攻撃的な態度を上手くかわすのに慣れていない人はアプローチしないことをおすすめします。

会話が成立しない

大きな実害はないものの、中にはあまり会話が成立しないタイプのヤバい女もいます。決してキャラ作りでぶっとんだタイプの女性を演出しているわけではなく、本当に話が進展することもないため注意が必要です。

LINEを簡単に教えてくれるケースは多いですが、違和感があればすぐにやり取りをやめましょう。

奢ってもらうことだけが目的

美味しい食事やお酒を男性に奢ってもらうことだけが目的の、通称メシモク女子も出会い系サイトには存在します。ほとんどの出会い系アプリでは、初回デートの費用に関してプロフィールで設定が可能です。

男性側が「全て奢る」にチェックを入れておくと女性からアプローチを受けやすくなりますが、メシモク女子から狙われるリスクも高まります。

メシモク女子の大半は、やり取りをしてすぐ、その日の内に会う予定を決めようとします。これは、ダラダラと続く雑談のLINEが面倒だからです。

盗難目的

数が多くはないものの、始めから盗難を目的として出会い系サイトを利用している女性もいます。男性側の家やホテルに移動した後に睡眠薬を飲ませ、寝ている間に金品や高級時計を狙うケースです。

睡眠薬などの大がかりなものではなかったとしても、ホテルに入ってシャワーを浴びている隙に財布ごと盗まれて逃げられるというケースも。

お互いによく知らない人と密室で2人きりになるのは多少のリスクがあります。とはいえ、盗難被害を恐れてデートに行くのを控えていては何もできなくなってしまいます。

相手のことを信頼し切れていない段階では、持ち歩く現金は最低限にしておいて、高級な腕時計なども付けるのは避けましょう。

ストーカー化しやすいメンヘラ

出会い系サイトの中には、ストーカー化しやすいメンヘラ系の女性もいます。誰かと繋がりがほしい、連絡をとっていたいという寂しがりの体質は、そもそも出会い系サイトには多いと考えて良いでしょう。

マメに連絡を取り合いたい程度なら特に問題はないものの、関係が悪化したことでストーカーに発展するケースには注意が必要です。

自宅の場所を教えるかどうかは慎重に判断しましょう。

パパ活・割り切り

比較的増えているのが、パパ活や割り切りが目的の女性です。割り切りとは、割り切った身体の関係などではなく、金銭が絡む関係を指します。

特に、頻繁に掲示板に投稿している女性は要注意です。女性が自ら掲示板投稿をしている場合、金銭を引き換えにデートや肉体関係を提供したいと考えていることが多いことを覚えておきましょう。

他にも「助けてほしい」「割り切り」「P探し」といったキーワードは要注意です。

その他絶対にやり取りすべきではない業者に関して

ここまでは、あくまで一般の出会い系サイトにいる「ヤバい女」を紹介しました。ここからは、一般人とは異なり、組織的に活動している可能性のある危険な業者に関しても合わせて紹介していきます。

ネットワークビジネス・ねずみ講

出会い系サイトの中には、ネットワークビジネスの勧誘をしてくる人がいます。異性としての魅力と合わせて集客するのが、ネットワークビジネスとの相性が良いためでしょう。

商材によって誘い方は変わりますが、「稼げる副業がある」「自分の師匠に会わせたい」などと言われることがほとんどです。また、場合によってはメッセージのやり取りで一切ビジネスの話題が出なかったのに、会ってから勧誘されるケースもあります。

基本的にビジネス・副業関連の勧誘話が出た時点で、全て断りましょう。デートの最中で切り出されたら、すぐにその場を去ることを考えてください。

ぼったくりバーへの誘導

悪質なデート関連の詐欺としては、ぼったくりバーへの勧誘があります。流れとしてはメッセージで意気投合して合流すると、相手の女性から「行きたい店がある」と誘導されます。

ひとしきり楽しく飲んで会計しようとすると、法外な金額を請求されます。女性も一緒にびっくりしていますが、払わざるを得ない空気に。その女性が半分出してくれるケースもありますが、実際には女性とお店の人間はグルです。

出会い系ではその日の内に飲みに行けるケースはよくありますが、あまりにもトントン拍子で話が進む場合や相手が店を決めた場合は特に警戒しましょう。

援デリ業者

出会い系サイトに蔓延しているのが、援デリ業者です。援デリ業者とは、届け出を出していない違法風俗のことです。

ホテル代は別で男性が負担して、おおよそ1.5万円支払うことで関係を匂わされます。場合によっては、初回だけお金を支払ってもらって、その後はセフレとしての関係でいましょうと誘われるケースもあるでしょう。

写真やプロフィールは充実していますが、実際にその場に現れるのは全くの別人です。リピーターの獲得を求めていないことからも対応は乱雑。そもそも違法なのでトラブルに発展する可能性は充分あります。

↑こういった長文メールはほぼ間違いなく援デリ業者です。

悪質サイト誘導

近年減ってはいるものの、危険度が高いのが悪質サイトへ誘導するタイプの業者です。出会い系サイトからLINEを交換した後、「スマホを解約しなければならない」「彼氏にバレないように他のところでやり取りしたい」などと言われたのちに、新たな出会い系サイトのURLが送られてきます。

その出会い系サイトでは、1通メールを出すのに200円~500円と莫大な費用がかかります。(相場は1通50円)そちらで楽しく会話をしていると次々に費用がかさんでしまい、お金をとられてしまいます。

どんなに仲良くなれたと思っても実際に出会えることはありません。メール相手の大半は男性です。

美人局

出会い系サイトにはあまり多くはないものの、美人局(つつもたせ)も存在しています。ホテルで関係を持った後、「無理やりされた」などと警察に通報されるケースや、旦那が後を付けてきていたみたいなどと言われて金銭を脅し取られることがあります。

あまりにもスムーズに関係が進展した場合は警戒しましょう。きちんと言葉で関係を持つことに関して了承を得つつ、スマホを録音モードにしておくことで、警察関連のトラブルは回避できます。

投資詐欺

近年増えているのが、投資関連の詐欺です。仮想通貨などの購入で儲かっていることを女性が自慢し、一緒に挑戦しようと誘われます。指定された口座を作ってお金をいくらか振り込むと、そのまま引き出せなくなって泣き寝入りするしかなくなるケースがほとんど。

場合によっては、最初の数回のみ確実に儲けさせて、後から大きな金額で勝負するときに突然引き出せなくなるケースもあります。投資関連の話題が出た時点でブロックしてしまいましょう。

出会い系サイトでヤバい女を避ける方法

ここからは、出会い系サイトでヤバい女を避けるための基本的な方法を紹介していきます。少しでも疑念が生まれた場合は、他の女性にアプローチしてみることをおすすめします。1人に固執しないのが魅力的な人と出会う上での大きなポイントです。

じっくり数日間LINEをする

ヤバい女を確実に避けるのであれば、数日間LINEでじっくりやり取りしてみましょう。その間楽しくやり取りができ、違和感がなければ高確率で会話の相性が良い相手です。

掲示板に投稿してその日飲みに行ける相手を探す、LINE交換してすぐ電話をして、会う日を決めるというのは出会い系サイトを使う上でよくある方法ですが、リスクを下げるのであればじっくりLINEするのがベストです。

会う前に電話をする

ヤバい女を避けたいのであれば、会う前に1度電話をしてみましょう。じっくりLINEでやり取りした上でするのがベターです。そうすることで、相手との会話の相性が少しだけ分かります。

電話をすることで安心感を与えやすく、ドタキャンのリスクを下げる効果も期待できます。相手が電話嫌いのケースを除いて、積極的にチャレンジしてみましょう。

遊びに行く前に軽くカフェを挟む

もし、メッセージのみでホテルに行く約束が組めたとしても、1度カフェを挟むことをおすすめします。お互いの信頼関係が生まれてからでなければ、トラブルが起こりうるためです。

そこで異常なまでに嫌がるのであれば、業者の可能性が高まります。メッセージで充分過ぎるほど距離が縮まった場合は構わないですが、リスクを避けたいのであればカフェや食事を挟みましょう。

店は事前に決める

一緒にお酒を飲みに行く約束をして会う場合は、事前にお店を決めておきましょう。特に相手が決めた店に行く場合、ぼったくりバーへ連れられてしまうリスクがあるためです。

女性を口説く上でも、相手に店を決めさせる、もしくは相手が知っていて自分は行ったことがない店に行くのはマイナスの要因になります。

店は男性側が待ち合わせに行く前に決めましょう。

危険を感じたら帰る

危険や不満を感じた場合はすぐに帰ると事前に決めておきましょう。事前に決めておかないと、相手の顔色を伺って行動に移せなくなってしまうためです。

待ち合わせに写真とは全然違う人が現れたら、別人のフリをする、飲食店で副業の勧誘をされたら、その場で席を立って帰ることを告げるなど、シチュエーションを想定して行動を決めておくことをおすすめします。

収入や職業を深堀してきた場合は要注意

収入や職業に関して相手が深堀してきた場合は警戒レベルを高めましょう。盗難や美人局といった大きい被害が起きるのは、お金持ちの男性を狙い打ちする必要があるためです。

そのため、「時計集めが趣味」「会社を経営している」などといったお金を持っていそうなエピソードを話してしまうと狙われるリスクが高まってしまいます。

お金を稼ぐ能力は女性には魅力に映ることが多く、自身の魅力をアピールする材料にはうってつけですが、行き過ぎると危険も高まることを事前に把握しておきましょう。

まとめ

今回は、出会い系サイトにいるヤバい女をまとめ、合わせて業者の種類や特徴を解説しました。

出会い系サイトには、優良な「PCMAX」「ハッピーメール」「ワクワクメール」といったものでもヤバい人は存在します。そういった相手に騙されてしまう原因のほとんどは、1人に執着してしまうからです。

「この子とは別に会えなくても構わない」と思えるように、複数の相手と積極的にメッセージのやり取りをしてみましょう。

今回紹介した対策方法やポイントを押さえれば、ヤバい女は回避できます。ポイントを押さえて、ぜひ出会い系サイトに挑戦してみてください。