シュガーダディに関するコンテンツ

更新:2019.12.05 作成:2019.12.05

シュガーダディの入会と退会の手順、注意点を総まとめ!

sugardaddy-taikai7

ネット上でパパ活をしたいと考えている人にとって、とても便利なのが出会い系サイト・シュガーダディです。

当然、登録を検討している人や、すでに女性とステディな関係になって退会を検討している人もいることでしょう。

そこでこの記事では、シュガーダディの入会と退会の手順、さらに注意点をご紹介していきます。

シュガーダディへの入会の仕方

sugardaddy-taikai3

シュガーダディに入会するには、ログイン画面からメールアドレスとパスワードの設定を行います。

これによってアカウントが取得でき、会員専用画面を見ることができるようになります。

その後は、「プロフィール作り」と「年齢確認」を行えば、無料会員として登録完了です。

ただし、無料会員のままでは、2回しかメールを送信できず、実質的に女性と出会うのは困難です。

そのため、課金してプレミアム会員(有料会員)になる必要があります。(プレミアム会員になればメールは無制限です)

ちなみに、シュガーダディは月額固定制であり、1ヶ月コースで5,980円、3ヶ月コースで4,980円/月、6ヶ月コースで3,980円/月となっています。

課金方法はクレジットカードと銀行振込、ビットキャッシュに対応しています。(銀行の営業時間外に振込を行った場合は、翌営業日にならないと反映されません)

なお、クレジットカードで課金すると、年齢確認も自動的に完了します。

 

よりモテたいのであれば年収証明も

上記の手続きが済めばいよいよパパ活開始となるわけですが、容姿のより良い女性と出会いたいのであれば、年収証明することをおすすめします。

年収証明とは、プロフィールに記載した年収を証明するために、所得証明書などを運営側に提出することをいいます。

年収証明を行うとプロフィール上にマークがつき、女性会員側からもそれが分かります。

なので、年収証明を行っていない会員よりも信頼されやすく、希望する女性とデートできる確率があがります

もっとも、年収証明によって平均以下の年収を証明しても意味がありません。(むしろ逆効果です)

年収証明とは、お金持ちがやってこそ意味のある行為なのです。

 

シュガーダディはこんな人におすすめ

ここまでお読みいただいてシュガーダディへの入会を決めた人もいることでしょう。

ですが、シュガーダディには向いている人と向いていない人がいます。

なので、まずは下記条件に該当するかどうかをチェックしてみてください。

<シュガーダディに向いている人の条件>

  • ●月に自由に使えるお小遣いが10万円以上ある
  • 女子大生との会話に抵抗がない
  • ●仮にセックスをしないデートであっても満足できる
  • ●若い女の子とデートしても本気にならない
  • ●独占欲がない

シュガーダディではとにかくお金がかかります。

金額だけでいえば、平均的なキャバクラで3〜4時間飲むよりも多くの費用がかかります。

なので、その金額に対して抵抗なく支払えることが最大の条件となります。

また、「デートはするけどセックスはしない」という女性も多いので、パパになってからセックスができないことが分かったとしても、怒ってはいけません。(もちろん、セックスをしてお金をもらっている女性もいます)

つまり、シュガーダディでは、「気前が良くてクリーンな男性」に需要があるのです。

シュガーダディから退会する手順

sugardaddy-taikai2

シュガーダディからの退会手続きは比較的簡単です。

以下でその手順をご紹介します。

<退会の手順>

  1. シュガーダディにログインする。
  2. メニューの「各種設定」をクリックします。
  3. 「各種設定」ページ最下部の「退会の手続き」から「こちら」をクリックします。
  4. 退会の理由を選択し、アンケートに解答します。
  5. アンケート内容を確認し、「退会する」をクリックします。

ご覧のように、特に難しい作業はなく、引き止めもありません。

なので、1〜2分で手続き完了となります。

ちなみに、退会すると自動的に有料会員契約が解除され、クレジットカードの自動更新も止まります。

退会時の注意点

sugardaddy-taikai1

退会の手続き自体は非常に簡単なのですが、その際に気を付けるべき点もあります。

 

同じメールアドレスでの再登録は不可

シュガーダディを退会後、再登録するにはメールアドレスが必要になります。

ですが、前回使っていたメールアドレスは使用できません。

なので、再登録の際には新しいメールアドレスを用意することになります。

 

会員時のデータはすべて消える

シュガーダディを退会すると、アカウントそのものがなくなってしまうため、メールの履歴や自己紹介文などといったすべてのデータが消えます。

これは再登録しても復活しませんから、必要なものは記録に残しておく方が良いでしょう。

 

やり取りしていた相手にはうっすらと写真が表示されている

シュガーダディを退会したことですべてが安心というわけではありません。

実は、やり取りをしていた相手側の画面には、退会後もうっすらとプロフィール写真が表示されているのです。

なので、退会前にプロフィールから写真を削除することを忘れないで下さい。

ルール違反をすると強制退会になる場合もある

sugardaddy-taikai5

シュガーダディの会員規約第11条には、「会員の削除」という項目があります。

これはルール違反者を対象にしたいわゆる強制退会のことです。

では、どんな行為が強制退会の対象になるのかというと・・・

<強制退会になる行為>

  1. 18歳未満であることが判明した場合(高校生は18歳以上でも利用できません)
  2. 一度に複数のアカウントを取得したり性別を偽った場合
  3. 登録者や第三者を誹謗中傷または侮辱した場合
  4. 運営の妨害、強迫、脅し、侮辱などを行った場合
  5. 登録者や第三者のプライバシーを侵害した場合
  6. 公序良俗、法律、条令に反する行為を行った場合
  7. 閲覧者が不快に感ずる内容を書き込んだ場合
  8. 営業目的で利用した場合

上記のような場合は強制退会扱いになることがありますので、注意が必要です。

普通にパパ活をしていれば問題はないはずですが、何らかの理由でカッとなって相手を侮辱したり、デートした相手の個人情報をSNSなどで公開したりしてしまうような行為はNGです。

なので、シュガーダディを利用する場合は、「パパ」という表現に相応しい大人の対応を心がけましょう。

通常の退会の理由で多いものは?

sugardaddy-taikai8

シュガーダディを退会する理由は様々ですが、元ユーザーに話をきくと、いくつかの理由に集中しているようです。

シュガーダディとの契約を考えている人には参考になると思いますので、以下でご紹介します。

 

会員が少ない

(31歳:年収1,200万円)
シュガーダディはまだまだ会員が少ないですね。東京に住んでいる人であればそれなりに出会えると思いますが、地方に住んでいる僕にとっては、メールを出す相手にすら困るほど会員がいません。これで月会費がかかるわけですから、バカらしくてすぐに退会しました。


シュガーダディのネックの一つが、男女ともに会員数が少ないことです。

首都圏に住んでいる会員はあまり感じないかもしれませんが、地方在住者は顕著に感じるようです。

 

デート費用が高い

(40歳:年収850万円)
ワンランク上の出会い系サイトであることは利用前から知っていましたが、デートにかかる費用はワンランク上どころか、普通の出会い系サイトの2倍以上です。お金があり余っている人はいいのでしょうが、一般人の私にはついていけない金額でした。


シュガーダディでデートをする場合、食事をするだけでも2〜3万円のお小遣いが発生します。

まして体の関係となると5万円前後もします。

ハッピーメールPCMAXを使ってセックスをする場合は1.5〜2万円で済みますから、それらと比べるとかなり高額だといえます。

 

お金だけの関係に飽きた

(47歳:年収3,500万円)
シュガーダディで若い女の子とデートするとはいっても、所詮は疑似恋愛です。女の子はそれなりに愛想よくしてくれますが、ちょくちょく『お金目当て』という本音が出てしまいます。最初のうちはそれでも楽しかったのですが、すぐに飽きてしまいました。


シュガーダディで出会えるのはパパ探しをしている女性です。

彼女達の大半は大学生であり、接客などの訓練を受けたわけではありません。

なので、デート中にお金目当てであることが如実に分かってしまったり、「あまり楽しくない」と感じることが度々あるようです。

あくまでも疑似恋愛に過ぎませんから、そこを気にする人はシュガーダディには向いていないかもしれません。

 

懲りた

(39歳:年収2,200万円)
シュガーダディで何人もの女性と出会いましたが、お小遣いだけせびられてデート自体は30分で終了なんてことも多々ありました。それに対して文句をいうと音信不通になります。費用の割には満足度が低いので、それならキャバクラで遊んだ方がマシだと思いました。


シュガーダディの女性会員のなかには、マナーの悪い人もかなりいます。

酷い女性になると、「今日、会いたい」と男性を呼び出しておいて、30分もしないうちに「急用ができた」とお金だけ受け取って帰ってしまいます。(急用というのはおそらく嘘です)

こうした女性の存在が男性の満足度を大幅に下げていることは間違いありません。

全員というわけではありませんが、こうしたマナーの悪い女性が多いということも頭にいれておくべきでしょう。

シュガーダディ退会後におすすめの出会い系サイト

sugardaddy-taikai6

ご紹介したように、シュガーダディには、「会員数が少ない」「費用がかかる」「態度の悪い女性がいる」などのネックがあります。

そこで以下では、シュガーダディでネックとなる部分を補完してくれる出会い系サイトをご紹介します。

 

本気で婚活したい人は・・・

「シュガーダディで女遊びは最後」「そろそろ結婚したい」という人には、ゼクシィ縁結びをおすすめします。

<ゼクシィ縁結びの概要>料金 :月額固定制 4,000円前後/月
年齢層:20代中盤〜40代(女性は30代前半がメイン)
目的 :婚活
会員数:やや少なめ(地方の小規模都市だと会員数はかなり少ない)

ゼクシィ縁結びの特徴は、なんといっても「女性の結婚への意識が非常に高い」ことです。

出会い系サイトとしては会員数が少なめなので、契約期間は1〜2ヶ月を想定しておくのがベストです。

短期間の婚活にはなりますが、「結婚相手を探してみたい」という人は一度登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、同じゼクシィ系で「ゼクシィ恋結び」というサイトもあります。

こちらは「結婚よりも恋愛がしたい」という人向けで、ゼクシィ縁結びよりも年齢層が若くなります。

 

真面目な恋愛をしたい人は・・・

シュガーダディで女性の態度が悪いのは、彼女達のなかに「お金さえくれればいい」という気持ちがあるからです。

その点、真面目な恋愛であれば、気持ちがこもっており、お互いを思いやりながらお付き合いすることができます。

そんなお相手を見つけたいのであれば、マッチングアプリOmiaiがおすすめです。

<Omiaiの概要>料金 :月額固定制 4,000円前後/月
年齢層:20代前半〜40代(女性は30歳前後がメイン)
目的 :恋活・婚活
会員数:非常に多い(地方の小規模都市でも問題なし)

Omiaiの女性会員のなかには、お金目的の人はいません。

なので、援助交際やパパ活が成立することはほぼ皆無です。

その一方で、多くの女性が真剣にパートナーを探しており、「登録から1〜2ヶ月で恋人ができた」というケースが多くなっています。

「シュガーダディのようなお金による繋がりには懲りた」という人は、Omiaiで純粋な恋を探してみるのも良いでしょう。(ただし、既婚者にはおすすめしません)

 

費用を抑えて遊びたいという人には・・・

「シュガーダディよりも安い費用で女性と出会いたい」という人には、ハッピーメールやPCMAX、イククルなどの出会い系サイトがおすすめです。

どれも援助交際がメインの出会い系サイトで、1.5万〜2万円ほどの費用で簡単にセックスできます

そして、これらのなかでも特におすすめなのがイククルです。

<イククルの概要>料金 :ポイント制 1ポイント約10円
年齢層:18歳〜40代(女性は20歳前後がメイン)
目的 :援助交際
会員数:多い(地方の小規模都市でも問題なし)

イククルとシュガーダディの女性を比べてみると、その年齢層はほぼ同じです。

そんな若い女性達と、シュガーダディの約半分の費用でセックスできるので、体目的の人にとっては利用しやすい出会い系サイトとなっています。

ただし、女性会員のほとんどはデリヘル業者に所属しているデリヘル嬢です。

なので、一度セックスをしたからといって、長期的な関係になれるとは限りません。(むしろ一度きりの割り切った菅家になることがほとんどです)

まとめ

sugardaddy-taikai4

この記事では、シュガーダディの入会と退会についてご紹介しました。

どちらも簡単な手続きで済みますから、特に警戒するようなことはありません。

ただし、シュガーダディで女性とデートするには、

  • ●お金がかなりかかる
  • ●相手の態度が悪いことがある
  • ●地域や日にちによっては、活動している女性が少ない

などのネックがあります。

こうしたネックに我慢できないようであれば、出会い系サイトを利用する目的そのものを見直して、ゼクシィ縁結びやOmiai、イククルなどを使ってみるのも良いでしょう。