ペアーズに関するコンテンツ

更新:2021.02.09 作成:2019.06.20

ペアーズで割り切りはできる?利用者の口コミから調査

pairs-warikiri

ペアーズのようなマッチングアプリを使って出会いを作る人が男女ともに増えています。

また、一口に出会いといっても、真剣な恋活・婚活から友達作りまで、様々な目的があります。

そのため、男性のなかには、「ペアーズで割り切った関係の女性を作りたい」「彼女はいるけど、割り切りで会える人も作りたい」等と考えている人もいることでしょう。

では、実際に割り切り目的でペアーズを利用した場合、どれくらいの人が上手くいっているのでしょうか。

今回はペアーズを利用している男性からの口コミをもとに、ペアーズで割り切りができるかどうかを調べてみました。

割り切りとは

pairs-warikiri2

まず、本記事における”割り切り”の定義からご説明しておきます。

割り切りには大きく分けて二つの関係性があります。

一つは「お金を払って一度きりのセックスをする関係」、もう一つは「定期的に会うがお互いに愛情を持たず体だけの関係」です。

今回は、後者のセフレ関係を割り切りを定義して話を進めていきます。

「お金を払って一度きりのセックスをする関係」とは、いわゆる援助交際であり、ハッピーメールPCMAXイククルなどの出会い系サイトに登録すれば、比較的簡単に会うことができます。

また、「定期的に会うがお互いに愛情を持たず体だけの関係」とは、いわゆるセフレ関係であり、どのような形で知り合ったとしても、セフレとして相手の女性を納得させる話術が必要になるでしょう。

一般的に、ペアーズは真剣な恋活・婚活用のマッチングアプリと言われており、援助交際やセフレ作りとなると不向きなどとも考えられますがそんなことはありません

これは、ペアーズには援デリ業者が存在しておらず、メッセージもポイント制ではないことから焦らずにアプローチがかけられるためです。

本記事では、その点を実際にペアーズで活動している男性達にインタビューしています。

ペアーズの使い方と料金

pairs-warikiri3

まずは、ペアーズの使い方と料金について簡単にご紹介します。

ペアーズの使い方

ペアーズで女性とやり取りをするためには、まずは”マッチング”しなければなりません。

このマッチングをするためには、プロフィール検索をして気に入った女性に「いいね!」を送り、相手の女性が「いいね!返し」をするか、あるいは、女性から届いた「いいね!」に「いいね!返し」をすることになります。

このマッチングシステムが、ポイント制アプリとの大きな違いです。マッチングアプリでは、お互いに相手のある程度の好印象を抱いていなければ連絡のやり取りができないのに対し、ポイント制アプリでは誰にでもアプローチが可能です。

よほどのイケメンでない限りは、女性からたくさん「いいね!」が届くことはありませんから、男性の方から「いいね!」を送るのが当たり前だと理解しておきましょう。

ちなみに、ペアーズに登録している女性会員は20代中盤から後半がもっとも多くなっています。

なので、ペアーズで比較的いいねをもらいやすい男性は、同年代の20代中盤から30代前半ということになります。

また、マッチングアプリ全般にいえることですが、男女ともにルックスが非常に重要な要素となっています。

ということは、ルックスに自信のない男性は、よほどのハイスペック(年収がずば抜けて高い等)でない限りは、なかなかマッチングできないでしょう。

ペアーズの料金

ペアーズの料金体系についてもご紹介しておきます。

1ヶ月プラン  4100円/月
3ヶ月プラン  3400円/月(10200円の一括払い)
6ヶ月プラン  2300円/月(13800円の一括払い)
12ヶ月プラン 1650円/月(19800円の一括払い)

ペアーズは月額固定制となっており、一度に長期の契約をすればするほど、割引率が大きくなるように設定されています。

婚活のためにお相手探しをする場合と違って、割り切り目的でペアーズを利用する場合はある意味終わりがありませんから、3ヶ月かあるいは6ヶ月プランで契約しておいても問題はないでしょう。

ペアーズは会員数が多く、毎日新規の会員が登録してきますから、数ヶ月単位で契約しても割り切り相手が枯渇することはないはずです。

ちなみに、支払い方法は、クレジットカード決済の他、携帯料金と合わせて支払う方法や、プリペイドカードで支払う方法などの中から選択できます。

割り切りで狙うべき女性とは

pairs-warikiri4

さて、前述のとおり、ペアーズとは本来真剣な恋活・婚活を目的とした男女が利用するマッチングアプリです。

そのため、何も考えずに「いいね!」を送ってマッチングしても、そのなかに割り切りを許容できる女性はなかなかいません。

なので、「この人なら割り切りができそう」と、ある程度予測を立てて「いいね!」を送る必要があります。

では、その「割り切りができそうな女性」にはどんな特徴があるのか・・・

その点を経験者達に聞いてみました。

結婚願望がない女性

ペアーズのプロフィール欄には結婚についての意識を回答する箇所があります。そこが無回答になっているか、『今のところは考えていない』、『わからない』などになっている女性は割り切りができる可能性があります。

当たり前ですが、結婚目的でアプリを利用している人を狙うのは効率的ではありません。婚活女子と判断したら、どんなに好みの見た目でもスルーするのが効率良く割り切りで遊ぶコツです。

お酒が好き

プロフィールに『お酒が好き』と書いてある女性はチャンスです。おそらく1~2度は酔った勢いでセックスしているはずなので、一度きりの割り切りができる可能性があります。しかも酔った勢いなので、お金を渡す必要もないです。

お酒好きをアピールしている女性は、飲みに行く口実を作るのが簡単です。割り切りを狙う場合はほとんどお酒もセットなことが多く、飲める女性の方がスムーズに話が進みます。

彼氏と別れた直後

ペアーズに登録するきっかけとして『長く付き合った彼氏と別れたから』という女性がいます。こういう女性は自暴自棄になっていることがあり、その場の雰囲気に身を任せた結果、割り切りになることがありますね。

彼氏と別れた直後の女性は、割り切り関係に持ち込みやすい利点があります。他の男性も考えていることはほとんど同じなので、ライバルに取られる前に積極的にアピールして、LINE交換まで済ませられるかが重要になります。

派手なメイクや露出の多い服

プロフィール写真をみて、派手なメイクをしていたり露出の多い服を着ている女性も狙い目です。本人は『こう見えて真面目』というかもしれませんが、過去にはそれなりにワンナイトを楽しんだ経験があるはずです。

露出の多い服装は、ガードの緩さをそのまま表しています。つまり露出の多い服装をプロフィールにしている女性は、自分は比較的簡単に遊べますと言っているようなもの。こちらもライバルが多いターゲットになるため、早めに会う約束を取り付けるのが重要です。

引っ越してきたばかり

転勤などで遠方から引っ越してきたばかりの女性は、まだまだ知り合いが少なく不安になりがちなので、口説きやすいです。一度きりの割り切りよりはセフレとしての割り切りに向いていると思います。

引っ越してきたばかりの女性は友人もおらず、寂しい思いをしている人がほとんど。そのため食事の約束を取り付けやすく、割り切った関係に持ち込むにはピッタリの条件とも言えますね。

休みが不定休

休みが不定休の女性には、積極的にアプローチした方が良いでしょう。普段から出会いが少ないので、こちらが気軽に会える姿勢を示せば、どんどん連絡がくるようになります。

休みが不定休な場合、遊び相手が少なく激務でストレスを抱えている人が多くいます。特に看護師はストレスから性欲が強くなっている割合が高く、かなり狙い目の職種です。もし自分が相手の不規則なスケジュールに合わせてやり取りできそうなら積極的に狙ってみましょう。

ここに挙げた例は、どれも100%ではないものの、割り切りができる可能性が比較的高くなっています。

ペアーズは真剣な恋活サイトとはいえ相手によっては、「初回デートで飲みに行ってその後セックス」という展開は充分期待できます。

なかには、そのままセフレとして割り切った関係になることもあるようで、狙いを定める価値は十分にあるでしょう。

経験者が語るペアーズでの割り切りの難しさ

pairs-warikiri5

ペアーズで割り切りができそうな女性には傾向がありました。それは分かりましたが、実際に割り切り目的で活動してみると、難しい部分も多いようです。

以下では、そんな”難しい部分”について、経験者達に聞いてみました。

一晩限りの割り切りなら他の出会い系サイトで

当たり前のことですが、援助交際的な割り切りがしたいなら、ペアーズはおすすめしません。なぜなら、援助交際を募集している女性がいないからです。なので、メールのやり取りとデート中の話術に関しては、ある程度の技術が必要になります
はっきりいって、一晩かぎりの割り切りを楽しみたいなら、ハッピーメールやPCMAXを利用すべきです。ペアーズで一晩限りの割り切りができるのは、ある程度モテるタイプの男性だけでしょうね

ハッピーメールやPCMAXであれば、最初からお互いに援助交際目的であるため、相手の女性を口説く必要はありません。

しかしペアーズでは、援助交際をしている女性はゼロに等しいので、どうしても口説くという作業が必要になってきます。

言い換えれば、デート中に「この人とならセックスしてもいいかも」と思わせる必要があります。

それができるようになるにはある程度の経験がいりますし、清潔感のある男性でなければいけません。

それを考えると、金銭の絡んだ割り切りの関係を狙いたいのであれば、ハッピーメールやPCMAXを利用した方が手軽で楽だといえるでしょう。

そもそもマッチングするのが難しい

ペアーズを使って女性と会うためには、最初にマッチングしないといけませんよね。このマッチングが難しいので、気軽に合うことはできません
ルックスにある程度自信がある男性でも、マッチングできる確率は1割ほどではないでしょうか。しかもマッチングしたからといって、その後まったく連絡がこないパターンもあるので、デートにもっていくまでが一苦労です

いくら割り切りしやすい女性の傾向が分かったところで、その女性とマッチングできなければまったく意味がありません。

マッチングできる確率は人によって異なります。一般的に女性ウケの良いルックスでも、気になった一人に刺さらなければ意味がないからです。

そこに自分の好みを加え、さらにやり取りをしてデートまで持っていくとなると、なかなかハードルの高い作業といえるでしょう。

メールのやり取りにも難しさがある

pairs-warikiri6

マッチングするだけでも難しいのに、その後のメールのやり取りにも難しさがあります。女性側は恋活をしているので、少しでも気が合わないと感じると、ぱったり返事が来なくなります
ペアーズだと、やり取りをはじめてから上手くいかないケースが多いですよね。特に短い文章でしか返事してこない女性や、まったく質問をしてこない女性とは、会話が弾みません。そういう女性が多いので、男性側にやり取りのテクニックが必要になってきます

割り切りできそうな女性とマッチングできたからといって、すぐに会える訳ではありません。

ペアーズに登録しているほとんどの女性が「メッセージを重ねてから会いたい」と思っているようなので、やり取りをしながら少しずつ仲良くなっていく必要があります。

しかし、「メッセージを重ねてから会いたい」と言っているからといって、その女性がやり取り上手だとは限りません。

実際に数人の女性とやり取りしてみると分かりますが、「この人、コミュニケーション能力が低いな」と感じることが多々あるはずです。

そういった女性を相手になんとか会話を盛り上げ、デートに持ち込まなければならないのですから、ある程度の話術が必要になってきます。

デートのドタキャンが多い

デートの約束をしたのに、その直後から連絡がとれなくなることもあります。もっと酷い時は、前日までやり取りをしていたのに、当日待ち合わせ場所に来ないということもあります
ペアーズに限ったことではありませんが、ネットでの出会いにドタキャンはつきものです。事前に断りの連絡があるならまだしも、まったく連絡がないことがほとんどなので、非常に腹立たしいです

会う約束をした以上、その約束を履行するのが常識でありマナーな訳ですが、不思議なことにネットでの出会いになると、そのマナーを守れない女性が非常に多いようです。

マッチングできなかったり、やり取りが上手くいかなかったりするのは女性との相性だと納得できますが、デートの約束までしておいてドタキャンとなると、腹立たしく思うのは無理はないですよね。

2回目のデートに繋がらない

マッチングから初デートまでいくつものハードルがある訳ですが、初デートから2回目のデートに繋げるのも一苦労です。『理想の男性じゃなかった』と思われてしまうのか、初デート後に連絡が途切れることが多いです
マッチングアプリを利用している女性はとにかく理想が高いので、2回目のデートに至らないケースが多いです。逆に、相性が良いと思われた場合は、初デートでそのままお泊りということもあります

マッチングアプリに登録している時点で恋人探しに苦労しているはずなのですが、実際には非常に高い理想をもっている女性が多くなっているようです。

そのため、初デートをしても、2回目に行く前に連絡が途絶えてしまいます。

経験者達の話を聞いていると、初回のデートで充分な手応えがないようでは、2回目のデートはないとのことです。

まとめ

今回は、「ペアーズで割り切り」をテーマに、経験者達から話を聞いてみました。

もともとが真剣な恋活・婚活用のサイトなだけに、ターゲット探しからマッチング、やり取り、初デートと、いくつかの障害がありました。

これらをすべてクリアしつつ、一晩限りかセフレかの展開に持っていくテクニックも必要になる訳ですから、かなりハードルが高いといえるでしょう。

ペアーズで割り切りができるのは、ある程度モテている男性だけなのかもしれませんね。