イククルに関するコンテンツ

更新:2019.06.08 作成:2019.06.07

イククルでの援助交際は逮捕の危険性も!リスクを調査!

ikukuru-app

イククルなどの出会い系サイトを使って援助交際を楽しんでいる人は多いと思います。
 
しかし、何も分からずに利用していると危険な目に遭うこともあります。(時には逮捕されてしまうこともあるのようなのですが・・・)
 
そこで今回は、イククルで援助交際をする際に把握しておくべきリスクについてご紹介します。
 
リスクをしっかりと理解して、できるだけ危険な目に遭わないようにしてくださいね。
 

イククルでの援助交際って違法なの?

ikukuru-risk

すでにご存知だとは思いますが、イククルでの出会いの多くは、いわゆる援助交際です。
 
援助交際である以上、当然、”お小遣い”という名目で男性から女性に対して金銭が支払われる訳ですが、「それって買春なのでは?」と疑問に思ったこともあるのではないでしょうか。
 
また、相手が未成年であった場合は「淫行になってしまうのかな?」と考えることもあるはずです。
 
そして、「買春や淫行であれば、刑事事件になってしまう危険性もあるのでは?」と考える人もいるようです。
 
はたして、援助交際は違法なのでしょうか?
 
また、何をやってしまったら逮捕される危険性があるのでしょうか?
 
以下ではそれらの点について細かくご説明していきます。

援助交際には、法律上、どんな危険性があるのか?

結論からいうと、基本的に援助交際は違法ではありません
 
世間一般ではあまり良いイメージがなく、「援助交際撲滅運動」などのようなものまでありますから、「援助交際=違法、いかがわしい」とイメージする人が多いようですが、法律上は罰せられないのです。
 
なぜならば、現在の日本には、援助交際をした男性を罰する法律が存在しないからです。(同様に、援助交際をした女性を罰する法律もありません)
 
ただし、以下のような特定の行為やケースに該当すると、違法性がでてきて、逮捕される危険性があります
 

18歳未満の女性と性行為をした場合

ikukuru-risk2

イククルを含む出会い系サイトを利用するには、出会い系サイト規制法という法律を守らなければなりません。
 
そして、その6条によって、児童(18歳未満の男女)を対象に異性交際を求めてはならないことが明記されています。
 
つまり、出会い系サイトを使って、18歳未満の女性(法的には”少女”という)を誘ってはならないのです。
 
これに違反した場合は罰則が課せられますから、十分に注意しましょう。
 
また、出会い系サイト規制法とは別に、児童買春・児童ポルノ処罰法という法律もあります。
 
この法律では、18歳未満の男女を児童と規定して、「対価の供与やその約束によって、性行為、あるいはその類似行為をすること」が禁じられています。
 
簡単にいうと、金銭を渡して18歳未満の女性と性行為してはならない、ということです。(児童買春・児童ポルノ処罰法は、出会い系サイト以外にも適用されます)

 
これに違反した場合、300万円以下の罰金か、5年以下の懲役と定められており、かなり重い罪といえるでしょう。
 
ちなみに、相手方(18歳未満の女性)が罰せられることはなく、あくまでもその女性を買った側(大人)が加害者となります。
 
この点は、援助交際においてもっとも陥りやすい部分なので、その危険性を十分に理解しておきましょう。
 

相手の同意なく性行為した場合

ikukuru-risk3

18歳未満との性行為をともなう援助交際は違法ですが、相手が18歳以上であれば、問題はありません。
 
なので、18歳以上の女性に金銭を渡して性行為やそれに類似する行為をしても、処罰を受ける危険性はありません。
 
ただし、これはあくまでも双方の同意があった場合の話です。
 
冷静に考えれば分かることですが、相手の女性の同意なく性行為に及んだ場合は、強姦や強制わいせつ等の罪に問われる危険性があります。
 
もちろん、これは援助交際に限ったことではありません。通常のデートであっても同じことです。
 
さらにいうと、酒や何らかの薬物を用いて女性から正常な判断力を奪った上で性行為に及ぶのも、罪に問われる危険性があります。
 

管理者側だった場合

18歳以上の男女による援助交際であれば、そこに金銭の授受が発生しても問題はありません。
 
がしかし、管理者だった場合は状況が変わってきます。
 
ここでいう”管理者”とは、買春する女性を取りまとめてビジネスを行っている人、と解釈すれば分かりやすいでしょう。
 
日本には、売春防止法という法律があり、対価を支払って性行為等に及ぶことが禁止されています。
 
そしてこの法律によって罰せられるのは、買春をした本人たちではなく、それを管理している人に適用されることになっています。
 
この点がややこしいのですが、女性を集めて買春ビジネスを行うことは違法、女性が個人的に買春をするのは合法となっています。
 
なので、イククルなどのアダルト色の強い出会い系サイトにいる、”女性会員を装ったデリヘル業者”は買春防止法違反ということになります。

こんな場合は違法になるの?

援助交際に関する法律が分かったところで、具体的な事例を挙げてその危険性を見ていきましょう。
 

18歳未満だと知らなかった場合

ikukuru-risk4

イククルの掲示板で知り合った女性が、実は身分証を偽造した18歳未満だった!ということが考えられます。
 
18歳未満との援助交際が禁じられている訳ですから、買った側の男性としては非常に困ったものですよね。
 
しかし、刑事法では、故意にやったかどうかが重要なポイントとなっています。
 
相手が18歳未満だと知らなかった、あるいは、騙されていた場合は、故意とはいえず、罪に問われる危険性は低いといえるでしょう。
 
もっとも、服装や容姿、話の内容などから明らかに18歳未満だと分かる場合は、この限りではありません。
 

相手は18歳未満だけど、本番まではしていない

「本番までしなければ淫行にはならないのでは?」と考える人もいるかもしれません。
 
しかし、児童買春・児童ポルノ処罰法によると、「性行為のみならずその類似行為」も罰則の対象とされています。
 
どこまでを”類似行為”と呼ぶかに関しては諸説あるようですが、明確な基準がないからこそ、児童に対するセクシャルな行為は全般的に避けるべきでしょう。
 

掲示板に18歳未満の女性を募集する書き込みをした

ikukuru-risk5

では、イククルの掲示板に18歳未満の女性を募集する書き込みをした場合はどうなのでしょうか。
 
実のところ、この場合は、実際に会っていようといまいと、処罰の対象となってしまいます。
 
これは、出会い系サイト規制法によって「児童(18才未満の少年少女)を相手方とする異性交際を求める書き込みをすること」が禁じられているからです。
 
これをやってしまうと、100万円以下の罰金が科せられることになります。
 
ちなみに、金銭の授受を前提とした書き込みはもちろんのことですが、仮に金銭の授受がなかったとしても、児童を性交の相手方とする交際を求める書き込みをしてしまうと処罰の対象となってしまいます。
 
児童を対象とした内容を掲示板に書き込むという行為そのものが違法となってしまうので、仮に冗談であっても、そのような書き込みはしないようにしましょう。
 

相手が18歳未満だったのでお金を渡さなかった

イククルの掲示板で知り合い、実際に会って性行為をしたけれども、18歳未満だったのでお金を渡さなかった、というケースも考えられます。
 
これは「若い女性と合意の上でセックスをしただけで、買春ではない」と考えられがちですが・・・
 
この場合は、買春かどうかではなく、相手の年齢が問題になってきます。
 
児童福祉法や青少年保護育成条例によって、18歳未満の男女との性行為が禁じられていますから、このケースは淫行ということになります。

法律面以外にはどんな危険性がある?

援助交際そのものは違法ではなく、ルールを守れば逮捕される危険性はありません。
 
しかし、実際の援助交際の現場では、他にも”危険”なことが起こっているといいます。
 
以下では、編集部がイククルの利用者から聞いた「危険な目に遭った事例」をご紹介します。
 

ハニートラップだった

ikukuru-risk6

イククルの掲示板で知り合った女性から『宿泊しているホテルに直接来てほしい』と言われたので、指定されたホテルに行き、部屋に入りました。そしてお互いが服を脱いでセックスをはじめようとしたとき、いきなり部屋に知らない男性が入ってきて殴られた挙句、脅迫されました

 
上のような被害例は典型的なハニートラップです。部屋で待っていた女性と後でやってきた男性はグルだったのでしょう。
 
このように現場に見知らぬ男性が乗り込んでくるというのはよくある話で、様々な理由をつけて金銭を要求してきます。
 
それを断ると暴力を振るわれることもあり、泣き寝入りしてお金を払う人が多いようです。
 
類似の被害例としては、「既婚者の男性が女性とホテルに入っていくところを写真に撮られた」という話もあります。
 
後日、その写真をもとにゆすられる訳ですが、相手の女性が18歳未満となっているケースもあるようで、かなり周到に計画されたハニートラップといえます。
 
その他、合意のもとで性行為をしたはずなのに、後になって女性が被害届を出すケースもあります。
 
もちろん、この女性は確信犯で、被害届を取り下げるかわりに示談金を要求してきます。
 
たいていの場合、背後には示談金の交渉役となる協力者がいるのですが、強姦罪は重い罪となっているだけに、被害に遭った男性としては非常に不利な状況といえます。
 
これらのハニートラップは、既婚者や社会的立場のある男性を狙って行われることが多いようです。
 
支払うだけの資金があり、守らなければならないものがあるため、犯罪者側からすればターゲットにしやすいのでしょう。
 
ドラマのような話だと思うかもしれませんが、実際に被害に遭っている人がいるのは紛れもない事実です。
 

昏睡強盗

ikukuru-risk7

女性とホテルに行って二人でジュースを飲んだ後、交互にシャワーを浴びることにしました。でも、女性がシャワーを浴びている間に眠くなってしまい、起きたら朝でした。室内には誰もおらず、財布とバッグが無くなっていました

 
援助交際中の被害として多いのが昏睡強盗です。
 
この場合は、ジュースの中に何らかの薬物が入っていたのではないでしょうか。
 
このような被害に遭った場合、イククルに通報することは可能ですが、そもそもイククルに提出された身分証明書自体が偽造されている可能性があります。
 
また、警察に被害届けを出すこともできますが、仮に犯人が捕まったとしても、盗まれた金銭が返ってくるとは限りません。
 
古典的な犯罪手法ではありますが、未然に防ぐことが難しく、被害に遭う男性は大変多いようですよ。
 

写真の流出

ikukuru-risk8

会社の同僚と地方に出張に行った際、イククルを使って援助交際をしました。相手の女性は大変ノリが良く、しかもお互いに酔っていたので、ホテルで写真をたくさん撮ったのですが…後日、どういう訳かそれらの写真がネット上に流出しました。知り合いや近所の人もその写真を見ていて、いまだに気まずいです

 
援助交際に限ったことではありませんが、性行為中の写真が流出したという話は非常に多いように思います。
 
こうした背景には、意図的な流出、端末のウイルス感染、酔った上での端末操作ミス等、様々な原因が考えられます。
 
軽い気持ちで写真を撮影したのでしょうが、それによって世間から批判されたり、社会的地位を失う危険性があります。
 
また、一度ネット上に流出してしまうと、完全に削除するのはほぼ不可能ですから、他人に見られて困るような写真はそもそも撮影しない方が無難ではないでしょうか。
 

性病をうつされた

ikukuru-risk9

イククルで援助交際をしました。その日は十分に楽しめたのですが、数日経ってから性器に異常が出始め、泌尿器科で検査したところ性病と診断されました。抗生物質を飲んで2週間ほど治りましたが、やはりよく知らない女性との性行為は怖いですね

 
近年、梅毒やクラミジアなどの性病に感染する人が増えているようです。
 
とくに援助交際を長期間している女性は、それだけ不特定多数の人と性行為をしている訳ですから、性病に感染している可能性があります。
 
しかも、性病は自覚症状がない場合もあり、「自分は大丈夫」と思っていても、すでに感染している可能性があります。
 
それを警戒して「挿入時は必ずコンドームをつけている」という男性も多いようですが、厄介なことに、性病に感染するのは挿入時だけではありません。
 
あまり知られていませんが、性病の菌が女性の喉で繫殖していることもあり、その場合はオーラルセックス(いわゆるフェラチオ)でも感染する危険性があります。
 
性病を放置し悪化させてしまうと、生殖機能そのものを失ってしまうこともありますから、不特定多数の女性と性行為をした人は、一度検査しておいた方が良いでしょう。

まとめ

今回は、イククルで援助交際をする際の危険性についてご紹介しました。
 
法律的なことをいえば、相手の女性が18歳以上であれば、特に問題はないようです。
 
しかし、実際の現場では、ハニートラップや昏睡強盗の被害に遭う人も大勢おり、充分な注意が必要となってきます。
 
イククルなどの出会い系サイトは、その手軽さからとても遊びやすくなっていますが、そこで危険な目に遭ったとしても自己責任となります。
 
そうならないようにするためにも、正しい知識を持つこととリスク管理は忘れないでくださいね。