ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2020.03.26 作成:2020.03.15

ハッピーメールの文字化けは業者のサイン?!その理由とは?

happymail-mojibake4

ハッピーメールを利用していると、まれにメールや投稿の一部が文字化けしていることがあります。

「単なる入力ミスか?」と思う人もいるようですが、実はこれ、業者によるものである可能性が非常に高いのです。

そこでこの記事では、ハッピーメールの文字化けが業者である可能性が高い理由や、業者以外で考えられるケースについてご紹介していきます。

本来、ハッピーメールでは文字化けしない

happymail-mojibake1

ハッピーメールの入力システムにはかなりしっかりしたプログラムが使用されています。

なので、普通に文字を入力していれば、文字化けすることはありません

それは、スマートフォンだけでなく、タブレットやPCを使用しても同じです。

@マークやアンダーバー(‗)なども正しく表示されますから、相手にLINEやカカオ、メールアドレス、電話番号等を伝えることも可能です。

また、仮にメールや掲示板投稿のなかに不適切な表現や単語があった場合は、文字化けではなく伏字という形で表示されるようになっています。(主に売春に関する表現があった場合に伏字になります)

なので、相手から届いたメールなどに文字化けがあった場合は、そこに何らかの理由があることになります。

問題は、それがどんな理由なのか?という点なのですが…

理由によっては相手が業者である可能性が高くなるのです。

もっとも、これは業者と素人女性を見分ける良いヒントになる、ということでもあります。

なぜハッピーメールで文字化けが起こるのか?

happymail-mojibake2

本来であれば文字化けしないはずのハッピーメールですが、以下のような場合は、文字化けor文字が伏字になるという状況が発生します。

<文字化けor伏字になる状況>

  1. 年齢確認していない
  2. 対応していない絵文字や顔文字
  3. 1通目のメールや掲示板への書き込みに連絡先を記載している
  4. コピペを繰り返している

 

年齢確認していない場合

ハッピーメールでは、年齢確認を済ませていないと、メールの送受信が正常にできない仕組みになっています。

厳密にいえば、メールの送信時は文章の作成ができず、メールの受信時は文章全体が文字化けしていてまったく読めません。
 

対応していない絵文字や顔文字を使った場合

使用する端末によっては、特殊な絵文字や顔文字が設定されていることがあります。

これらの文字はハッピーメール側で対応できておらず、表示されるときに文字化けしてしまうのです。

また、メールソフトでハッピーメールからの通知を受け取れるように設定していた場合、そのメールソフト内でのみ文字化けしていることがあります。

この場合は、ログインしてハッピーメールのメール画面で見ることで、文字化けしていない状態の文字を確認することができます。
 

1通目のメールや掲示板への書き込みに連絡先を記載している

ハッピーメールでは、1通目のメールや掲示板への書き込みに連絡先を記載することはできない仕組みになっています。

それを無視して書いてしまうと、連絡先部分がすべて文字化けor伏字となって表示されます。
 

コピペを繰り返している

メールや掲示板への書き込み時にコピペを繰り返していると、システムに誤動作が発生して文字化けします

2〜3回のコピペであれば問題ないのですが、10回、20回と繰り返していくうちに、どんどん文字化けが酷くなっていくのです。

前後の文脈から連絡先や顔文字ではないと推測される部分に文字化けが発生していたら、その部分はコピペを繰り返して書かれていると考えて良いでしょう。

コピペの繰り返しによる文字化けが起きるのは業者だから

happymail-mojibake3

「コピペを繰り返すことで文字化けしやすくなる」とご紹介しましたが、そもそも、どんな人がどんな時にコピペを使うのでしょうか。

これについてよく考えてみると、もっともコピペを使っていそうなのは、大量の男性にお誘いのメールを送る必要がある業者です。

ハッピーメールを利用していると、突然女性側からメールが届くことがありますが、ほぼ同じ時刻に多くの男性会員が同様のメールを受け取っています。

ということは、送信者である女性会員は、コピペを使ってメールを作成していることになります。

これこそが、文字化け=業者だと考えられる最大の要因になっています。

もちろん、素人女性であってもコピペメールを送ることはあるわけですが…

たかが数通程度では文字化けはしません。

つまり、文字化けするほど多くのコピペメールを送っていることになり、いくら素人女性であったとしても、そういう人を相手にするのは避けた方が良いでしょう。
 

文字化けしていると言って来る女性はキャッシュバッカー

届いたメールが文字化けしているのとは別に、こちらから送ったメールの内容について「文字化けしていて読めません」と言われてしまうことがあります。

コピペでも絵文字使用でもないのに文字化けしているとのことで、その理由がまったく分からない状況になってしまうのですが…

このように「文字化けして読めません」と言ってくる女性は、かなりの確率でキャッシュバッカーです。

というのも、「文字化けしている」と指摘される箇所は、たいていの場合がこちらの連絡先が書かれた箇所だからです。

キャッシュバッカーはサイト内でやり取りすることで運営会社から報酬を得ていますから、連絡先を交換してしまっては何の意味もありません。

なので、「文字化けしている」とウソをついて連絡先の交換を避けようとしているのです。(実際には正しく表示されているはずです

これに対して、連絡先の表記を色々と工夫をしてメールを送り直す人がいますが、相手がウソをついている以上、どんなに工夫しても意味がありません。

なので、相手が「文字化けしている」と言ってきた時点でキャッシュバッカーであると判断し、それ以降のやり取りを打ち切るようにした方が良いでしょう。

まとめ

この記事では、ハッピーメールで起こる文字化けについて、その理由をご紹介しました。

届いたメールが文字化けしていた場合、年齢確認が済んでいないことや特殊な絵文字になっていることが理由として考えられますが、もっとも可能性が高いのは、相手の女性が業者である場合です。

また、こちらから送ったメールに文字化けがあると指摘され、それが連絡先を書いた箇所であった場合は、相手がキャッシュバッカーである可能性が極めて高くなります。

これらを頭にいれておけば、文字化けを逆手にとって、素人女性とそれ以外を見分けていくことができますよ。