2019.06.12

マッチングアプリで騙された?安全に使うなら知っておきたい詐欺の手口

sagi-app-top
マッチングアプリで騙された」というのは、実は珍しいことではありません。
 
騙され方は人それぞれではあるものの、よくある写真詐欺から、可能性は極めて低いものの大きな損害を被るものさえあります。
 
男女の恋愛においてはまれにある詐欺や嘘はもちろん、マッチングアプリ特有の事案も少なくないです。
 
今回はマッチングアプリで騙されるパターンと、騙されないためのポイント、信頼できるマッチングアプリの選び方まで幅広く紹介します。
 
マッチングアプリで騙されたくない方は、ぜひチェックしてみてください。
 

マッチングアプリで騙されるパターン

マッチングアプリで騙されるパターンを網羅的に紹介します。
 
こんなことがあるのというものから、軽いものまで揃っています。
 
マッチングアプリで騙されるパターンだけを見ると、マッチングアプリは危ないという認識を与えてしまうかもしれません。
 
しかし、マッチングアプリで騙される可能性は低く、あくまでも事例ということ認識で読み進めてみてください
 

よくある写真詐欺

sagi-app

マッチングアプリで一番多いのが写真詐欺です。
 
マッチングアプリでマッチングするかどうか判断する基準のほとんどはプロフィール写真がもとになります。
 
写真は加工と撮り方でどうにでもなるため、特に女性ユーザーの写真詐欺が多いです。
 
男性ユーザーは、なるべく自然体で写っている女性の写真を参考にマッチング相手を探すのをおすすめします。
 

実は既婚者です

matching-app-chuui8

次にまれにいるのが実は既婚者ユーザーです。
 
「恋活、婚活アプリにどうして既婚者がいるの?」というのが、利用者の本心だと思いますが、刺激に飢えた既婚者が登録していることはあります。
 
既婚者自体は多くはないものの、男性ユーザーに既婚者率が高い傾向があります。
 

外部サイトに誘導して情報収集あるいはお金稼ぎ目的のユーザー

マッチングアプリ、交換したLINEなどから、外部のサイトに誘導することで情報収集、お金稼ぎを目的にしたユーザーがまれにいます。
 
「登録してみて」「こっちで連絡しよう」などと誘い文句をつけて、外部サイトに誘導しようとしています。
 
紹介しているものは安全なものもあれば、悪質なものもありますが、肝心なのは誘い方の悪質さです。
 
こうしたユーザーとも関わらないのが一番だと言えます。
 

派遣型風俗業者

matching-app-chuui5

一般女性のふりをして、男性に近づく風俗業者がいます。
 
風俗業者なので、身体の関係の対価にお金を要求してくるので、見分けるのは簡単です。
 
「この子はお金に本当に困っているのでは?」と思っても、実際には風俗業者であることがほとんど。
 
メッセージを打っているのは男性の可能性もありますし、やってくる女性は残念な可能性も非常に高いです。
 

ネットワークビジネス、マルチビジネス業者

マッチングアプリを利用していて比較的遭遇しやすいのが、怪しいビジネス勧誘業者です。
 
投資商材購入や怪しいビジネス団体への加入を勧められます
 
通常の精神状況であれば、引っかからないはずなので、それほど害はないはずです。
 

結婚詐欺

sagi-app2

ここからは遭遇する確率はほぼないですが、実際にあった事例を紹介します。
 
婚活女性の敵である結婚詐欺はマッチングアプリにもいるようです。
 
結婚詐欺被害自体は年間数百件ほど届出がされているようですが、その内の何%はマッチングアプリ経由だと思われます。
 
ほとんどないものの、結婚詐欺にだけは絶対に引っかかりたくないものです。
 

ぼったくり

sagi-app3

結婚詐欺と同じく確率はかなり低いものの、マッチングアプリで出会った女性にぼったくり店に連れて行かれたということもあったようです。
 
手口としては、相手の男性をその気にさせて、店舗まで誘導するというのが一般的。
 
怪しいお店に連れていかれ、数十万円の請求がされます。
 
そして、ぼったくり被害にあうのは男性だけではありません
 
ほとんどありませんが、女性の場合はホストに自然な流れで誘導され、色恋営業の末、お金を消費してしまうケースもあります。

マッチングアプリで騙されないためのポイント

マッチングアプリで騙される可能性は低いですが、騙されないためのポイントを把握しておくのは重要です。
 

プライベートを知ろうとすることで、既婚者と結婚詐欺師対策に繋がる

sagi-app4

まず、既婚者の見破り方は、プライベートに踏み込ませてくれるかどうかで判別することができます。
 
例えば、付き合っているのに、自宅、実家、相手の友人、SNSを教えてくれないというのは結婚詐欺や既婚者のよくある手口です。
 
また、結婚詐欺は最終的にお金を得るのが目的なので、「お金を貸して欲しい」と頻繁に要求し、小さな金額から、大きな金額を徐々に要求してくるようになります。
 
結婚詐欺師でも、自分の親と顔合わせをしたり、結婚式の準備をするところまでいくケースもあります。
 
どれだけ婚約が進んでいても、相手のプライベートを把握しておくのは重要です。
 
また、交際関係の相手であっても、お金の貸し借りには応じないようにするのが理想。
 
頻繁にお金を貸して欲しいと要求する相手とは、早い段階で縁を切るのが自分のためです。
 

マッチングアプリやLINEでURLが送られてきたら黄色信号

マッチングアプリ、LINEなどでURLが送られてきたら疑うのがおすすめです。
 
特に高額な商品、怪しい商品の場合は絶対に話に乗ってはいけません
 
こういったURLを送って、そこから情報収集をしたり、商品購入に繋げようとするユーザーは早い段階でアプローチしてくるので見分けるのは簡単です。
 
彼らはとにかく多くの人にURLを送り、効率的にお金に繋げたいと考えています。
 
結婚詐欺とは違い回りくどくないので、ほとんど被害はないと思われます。
 

エッチな言葉には誘惑されない

sagi-app5

マッチングアプリにはまれに風俗業者がいるのは紹介しましたが、彼女たちにも大きな特徴があります。
 
風俗業者の特徴は、一般女性のふりをして、身体の関係の対価にお金をもらうことです。
 
したがって、下記のようなアプローチには警戒するのが大切です。
 

  • ・女性からのメッセージ
  • ・女性からのエッチなメッセージ
  • ・初回に女性からぐいぐい距離を縮めてくる

 
マッチングアプリであっても、アクションは男性からと把握しておくことで、業者に引っかかる可能性は大きく下がります
 
風俗業者も効率重視でマッチングアプリを使って営業活動をしているおり、早い段階ですぐに分かるため、被害はあまりありません。
 
相場はホテル代に加えて、15000〜20000円ほどで、合わせて20000〜30000円ほどかかります。
 
やってくる女性の質はそれほど高くなく、脅されるケースもこれまでにあったようです。
 

副業、投資などの言葉に誘惑されない

sagi-app6

次にビジネス勧誘業者も、風俗業者と同じく大きな特徴があります。
 
彼らの目的は主に下記のようなものです。
 

  • ・高額商品の販売を通じて成果報酬でお金を稼ぐ
  • ・ビジネス団体に勧誘することで、自己承認欲求を満たしたり、紹介料をもらう
  • ・怪しい投資システムやセミナー集客をすることで紹介料を稼ぐ

 

メッセージ内で副業、投資、自己成長などのビジネス系キーワードが出てきたら要注意です。
 
中には、実際に会ってから「すごい人がいるから会ってみない?」と勧誘されるケースもあります。
 
sagi-app7

また、こうしたビジネス勧誘業者は、恋人探しではなく、友達が欲しい、話相手が欲しいなどと言うケースも多いため、本来の利用目的と異なるユーザーは無視するのが良いと思われます。
 

自分でお店を決めるのがぼったくり対策

最後にぼったくり対策で有効なのは、お店を自分で決めることです。
 
ぼったくり店に入ってしまえば、恐怖感から出にくい状況になってしまいます。
 
ぼったくり被害はほとんどありませんが、「なぜ自分なんかにこんなイケメン、可愛い子が近づいてくるの?」と感じたら、多少は警戒してみるのが良いかもしれません。
 

マッチングアプリで騙されないための対策まとめ

マッチングアプリで騙される手口別に、対応すべき人と対策、特徴を一覧表にしたので、サクッと確認したい方は参考にしてみてください。。
 

手口 対応すべき人 対策・特徴
既婚者 男性/女性 ・プライベートを把握
結婚詐欺 男性/女性 ・プライベートを把握
・お金の貸し借りはしない
風俗業者 男性 ・女性からのメッセージ
・女性からのエッチな誘い
・お金の要求
ビジネス勧誘業者 男性/女性 ・投資、副業、自己成長などのキーワード
・セミナーへの招待
・商品などをやたらと勧めてくる
ぼったくり 男性/女性 ・お店は自分で決める
・お店の情報を調べる
・やたらとグイグイくるイケメンに注意

 
ここまでマッチングアプリでユーザーに騙されるパターンを紹介しました。
 
多くのユーザーが利用している以上、悪質なユーザーが紛れ込んでしまっているのは、マッチングアプリ側にそれほど非はないと考えるのが妥当です。
 
一方で、ユーザーを騙して、お金を取るために作られたマッチングアプリも存在します。
 
そこで、最後にマッチングアプリに騙されないためのマッチングアプリ選びを紹介します。

騙されないためのマッチングアプリの選び方

マッチングアプリで警戒すべきは、派遣型風俗業者、ネットワークビジネス、マルチビジネス勧誘を行う業者です。
 
その他は、遭遇する可能性としては極めて低いため、業者が少ないマッチングアプリ選びをすることで、騙されること以前に、遭遇する可能性を下げることができます。
 
また、ユーザーを騙す目的で作られたマッチングアプリの見分け方を把握することも重要です。
 
業者が少なく、安全に利用できるマッチングアプリと使わない方がいいマッチングアプリの特徴をお伝えします。
 

もしかして騙されてる?悪質なマッチングアプリの特徴

優良マッチングアプリと悪質なアプリの違いは明らかです。
 
マッチングアプリに騙されないためにも、マッチングアプリ選びの参考にしてみてください。
 

項目 優良マッチングアプリ 悪質マッチングアプリ
インターネット異性紹介
届け提出
maru sankaku
(バラツキあり)
料金 月額3000円前後 メッセージ送信1通100円〜
メッセージ閲覧1通100円〜
外部のマッチングアプリ
出会い系サイトへの誘導
batsu-mark sankaku
(無料アプリは誘導があるケースあり)
アダルトな訴求 batsu-mark sankaku
運営会社 maru
(実在する企業)
不明/ペーパーカンパニー
公式サイト無し
知名度 maru
雑誌・街中広告など実施
batsu-mark

 

おすすめ恋活アプリ Pairs(ペアーズ)

pairs-top

騙されないマッチングアプリ選びでおすすめなのが、恋活アプリ最大手のPairsです。
 
雑誌などのメディア露出も多く、知名度の点は問題無し、私の周りでもPairsを通じて出会った友人は多くいます
 
業者は一部いますが、見分け方さえ把握しておけば全く問題ありません。
 
恋活するなら、最初にPairsは登録しておきたいマッチングアプリです。
 

会員数 月額料金 特徴
1000万人 男性:1280-3480円
女性:無料
知名度 nijyu
年齢確認あり
業者率低め

 

おすすめ婚活アプリ ゼクシィ縁結び

zexy-enmusubi-top

リクルートグループが運営する婚活アプリであるゼクシィ縁結びは、婚活アプリの中でもダントツでおすすめです。
 
女性ユーザーも有料のため、男性が被害にあいがちなマッチングアプリ詐欺に遭遇する可能性はほとんどありません。
 
また、Pairsの公的証明書による年齢確認に加えて、収入証明、卒業証明、資格証明なども任意で提出可能です。
 
安全にマッチングアプリを利用したい方の強い味方になります。
 

会員数 月額料金 特徴
85万人 男性:2592-4298円
女性:2592-4298円
知名度 nijyu
業者率ほとんど無し
充実の本人確認

まとめ マッチングアプリで騙される可能性は低い

マッチングアプリで騙されるパターン、対策、マッチングアプリの選び方を見てきました。
 
繰り返しになりますが、マッチングアプリで騙される可能性はかなり低いです。
 
ただし、実際に騙そうとしてマッチングアプリを利用している人がいるのも事実。
 
しかし、マッチングアプリで騙される最低限のパターンさえ抑えておけば、安全にマッチングアプリで出会い探しができます。
 
マッチングアプリ選びから、対策まで把握して、長期的にマッチングアプリを活用してみてください。