更新:2020.02.27 作成:2020.02.27

パパ活で使う写真の選び方を男目線で解説!求められた時の対処法とそもそも必要なのかなど疑問を解決

papakatsu-syashin15

パパ活アプリなどオンライン経由でパパを探す場合、プロフィール写真として事前に写真をアップするか、男性からの要求に応じて写真を男性に見せる場面が頻繁にあります。

そして、通常のやり方では、写真を公開することなく、顔合わせまで辿り着くのは不可能です。

パパ活で不特定多数の男性に対して写真を公開したくないという女性にとっては、写真を公開しなければならないのは不安でしかありません。

一方で、写真を公開してはいるものの、パパからアプローチが少なかったり、顔合わせまですることができない女性も多くいるのが現状です。

実は簡単にできる写真選択のコツを実践するだけで、素敵なパパと顔合わせできる可能性がグンっと上がります。

そこで、今回は写真を公開するとしてどんな写真を選べばいいのか、写真を公開しなくても出会う方法、要求された時の断り方まで、3年間のパパ活で培った写真に関する知識を全て公開します。

パパ活をする男性が女性の写真を見たい理由!男性心理を知ることがパパ活成功への一歩

papakatsu-syashin1

顔写真は必ずしも必須ではありませんが、顔写真の公開無くしてほとんど出会えないのは事実です。

個人的な肌感覚ですが、オンライン上でパパを探して、良いパパと巡り会いパパ活を成功させている女性の8割は顔写真をしっかりと公開しています。

顔写真を公開した方がいい理由と、顔写真が大切である理由を知るためには、男性の心理を知るのが大切です。

まずは、なぜ男性が「写真を見せて」と言うのかについて見ていきます。
 

ただ若いだけではなく、タイプの女性とデートしたいと思っている

パパ活をする男性たちは、ただ若い女性と食事をするなどデートをしたい訳ではありません。

自分たちの年齢では、プライベートでは出会えないような好みの女性とデートをしたいと思っています。

また、女性たちが男性たちの経済力やルックスを評価するように、男性たちも女性のルックスやスタイルを評価するものです。

世間一般では可愛いと言われる女性であっても、パパ個人がお金を払ってまで出会いたいと思うくらいタイプであるかは分かりません。

そうした事情があり、男性たちは顔合わせ前に写真を見ておきたいと考えます。
 

風俗業者の可能性はかなり疑っている

パパ活アプリをはじめオンライン上でパパ活をする際に、男性には風俗業者と出会ってしまうというリスクがあります。

風俗業者というのは、パパ活女子のふりをして風俗への集客を行う悪質なユーザーです。

出会い系であれば8割程度は業者であり、パパ活アプリでも少なからず業者がおり、男性たちもそれを分かっています。

そして、プロフィール写真を設定しないというのは、業者の特徴に当てはまり、疑われる原因となります。

男性たちは業者などいわゆるプロを相手にしたいのではなく、一般の女性を求めているため、パパたちは業者を避けたいと考えています。
 

時間とお金を無駄にしたくない

papakatsu-syashin13

最後に、男性たちは時間とお金を無駄にしたくないと考えているため、女性に写真を見せて欲しいと考えています。

パパたちが時間とお金を無駄にしたと感じるのは、好みではない女性と会ってしまった時です。

いくらお金があっても、美味しいと思って入った飲食店が不味ければ、後悔するのと同じく、好みではない女性とのデートは不味い飲食店と同じです。

年齢を重ねても、女性へ求めるルックスは変わらず、お金を支払っていることもあってか、同年代の男性よりも求めるレベルは高い傾向があります。

写真は必須級だけど見せる相手は大事!公開すべきパパの見分け方

写真を見せるのは大切ですが、見せる相手はしっかりと選ぶべきです。
 

TwitterなどSNSの男性には絶対に公開しない

papakatsu-syashin4

まず、絶対に写真を見せてはいけないのが、Twitterなど質の悪いパパしかいない場です。

Twitterでパパ活をする女性は多くいますが、Twitterでパパ活をするお金持ちの男性はいません。

オンライン上でパパを探せるのは、パパ活アプリだけです。出会い系でも、マッチングアプリでもパパを見つけることはほとんどできません。

TwitterなどのSNS、掲示板には、パパ活女子を騙そうとする男性、1回きりの援助交際をしようとする経済力の無い男性しかいないので注意が必要です。
 

パパ活アプリであれば、公開しても基本は問題なし

パパ活アプリですらも、写真を公開したくない方は多いかもしれませんが、公開するリスクはほとんどありません

テレビに出るような有名人でもない一般人の写真が悪用される心配をしすぎる必要は無いと言えます。

100%安全という訳ではありませんが、パパ活アプリで写真を公開するだけであれば、危険は無いです。

オンライン上で写真を公開するのであれば、パパ活アプリに限ります。
 

どうしても公開したくない場合は、太パパになりそうな男性だけに公開

パパ活アプリでも、どうしても公開したくない方は、太パパになりそうな男性だけに公開するようにします。

メッセージ段階で太パパになりそうかを判断する基準は、下記のとおりです。

  • ●いきなり肉体関係を要求してこない
  • ●女性への気遣いがある
  • ●常識がある
  • ●パパ活目的で利用している

パパ活において、写真を公開するのは必須レベルなので、太パパになりそうな男性にだけは公開しておくのをおすすめします。

優良パパを惹きつける写真選択4つのテクニック

papakatsu-syashin14

以前パパから、「PatersやSugarDaddyに登録している女性のプロフィール写真がイマイチなんだよね」と言われたことがありました。

実際に、パパから男性用の利用画面を見せられ、9割はイマイチと衝撃の事実を耳にしました。

これは、男性目線に立ったプロフィール写真を設定できていないことが原因です。

パパ活アプリを使う多くの女性は、たしかにパパが見つからず苦戦しています。

このことから分かるのは、どの写真を選ぶかで、優良パパと顔合わせができる確率が上がるということです。
 

メイン写真を選択するための5つのポイント

まずは、男性の目に最初に触れることになるメイン写真のポイントを見ていきます。

メイン写真がいまいちでは、プロフィールを見てもらえず、メッセージをもらうことはできません。

5つのポイントを押さえて、魅力的なメイン写真を設定してみてください。

メイン写真の加工は必須!どの程度の加工なら許される?

papakatsu-syashin16

メイン写真はプロフィールを見てもらうためにも、しっかりと盛れた写真を選択するようにします。

そのため、多少の画像補正は問題ありません。ただし、補正のしすぎには注意が必要です。

補正をしても問題ないのは、美肌補正、背景の明るさ調整だけ。

一方で、スタンプで顔の一部を隠したり、輪部補正で輪郭や顔のパーツが明らかに違うのは避けるべきです。

しっかりとデートだけでお金を払ってくれる経済力のある男性は、補正についてしっかりと見ており、パパ活に成功している女性のほとんどは非常にナチュラルな写真を選択しています。

補正が激しい写真を設定していると、パパ活を軽い気持ちで考えている男性ばかりがやってきて、お金がもらえなかったり、暴言を吐かれたりとトラブルに遭う可能性が高いです。

キメ顔ではなく、笑顔の写真

papakatsu-syashin3
※Paters公式サイトより引用

次に、キメ顔ではなく、笑顔の写真を選択するようにします。

男性はパパ活女子にパパ活などに慣れていない素人感を求めており、笑顔は素人感を漂わせる上で非常に効果的です。

私自身、パパから「笑顔が良かった」と言ってもらえ、笑顔のプロフィール写真を設定したことで顔合わせに繋がったことがあります。

もちろん、笑顔ではなくても問題ありませんが、証明写真のような仏頂面だけは避けるべきです。

写真背景は明るい清潔感を基調に

papakatsu-syashin2

顔のドアップ写真は避けて、必ず背景と顔の比率がバランスの良いものを設定します。

その際に、家の中など生活感のある場所での撮影は避けた方が良いです。

理想的な写真としては、外で撮影したものがベスト。

背景がほとんど無く、顔がアップで撮影された写真よりも、健康的で、純粋なイメージを与えることができます。

自撮りではなく、他撮りの写真

papakatsu-syashin5

写真選びで大切なのが、自然体の写真を選択することです。

自然体で映っているかどうかは、ルックスのレベルをかなり埋めてくれます。

自然体の写真選びで大切なのが、自撮りではなく、他撮の写真を選択することです。

プライベートで他の人に撮影してもらった写真を選択してみてください。

落ち着いた服装の写真を選択

papakatsu-syashin9

服装は派手な服装ではなく、清楚な服装がおすすめです。

上記写真のような落ち着いた服装に加えて、膝あたりまでワンピースなどが印象の良い服装。

パパ活では個性的な服装ではなく、ありがちな服装が外れることなく安全です。

プロフィール写真で設定している服装を見て、男性は顔合わせで着てくる服装を想定します。

40代以上の男性が一緒に歩くのに、恥ずかしくない服装を心がけるようにします。
 

サブ写真は超重要!サブ写真選び4つのポイント

パパ活アプリでは、メイン写真に加えて、サブ写真も設定することができます。

サブ写真は他の女性と差をつける上で欠かせないので、最低でも2枚以上は設定しておきたいです。

全身が写った写真

papakatsu-syashin7

サブ写真として設定しておきたいのが、全身が映った写真。

男性たちはルックスだけではなく、スタイルも気にしています。

スラッとしたモデル体型、細身、少しぽっちゃりとしたスタイルなど、男性の好みはさまざまです。

特に細身の女性は男性ウケが良く、顔写真だけでは、それが伝わらないため、全身が映った写真でスタイルの良さをアピールするのが大切です。

水着姿などセクシーな写真

papakatsu-syashin18

水着の画像など明らかにあざとい写真を設定することに疑問を持つ方がいるかもしれません。

しかし、パパ活に関わらず、男性にはかなり効果的なので、設定することが可能であれば、サブ写真に水着の写真を入れておくことで、メッセージをもらえる確率は上がります。

浴衣姿など私服とは雰囲気がガラッと変わる写真

papakatsu-syashin12

次に、浴衣など私服とは雰囲気がガラッと変わる写真の設定もパパへの印象が良いです。

パパ活の時に浴衣などを着る訳ではないですが、どんな人何だろうという妄想を引き立てることができます。

プライベートの分かる写真

papakatsu-syashin11

プライベートの写真を載せておくことで、男性が求める素人感を演出することができます。

素人感と、業者ではなく本人っぽさにより、男性に安心感を与えることが可能です。

また、プライベートの写真を載せることで、男性がデートのイメージをしやすくなります

イメージが沸けば湧くほど、会いたいと思わせることができます。
 

非公開写真は2〜3枚を目安に設定

PatersやSugarDaddyなど大手パパ活アプリでは、サブ写真に公開制限をかけることができます。

男性にもっと見たいと思わせるように、サブ写真に加えて、非公開写真も2枚ほど設定しておくのがおすすめです。

非公開写真に設定するのは、メインとサブで設定済みのものよりもグレードアップしたものにします。

例えば、顔のパーツしか設定していない場合は顔写真を公開したり、普通の顔写真のみの方は水着写真を公開するなど使い分けが大切です。
 

印象ダウンの写真に注意!最後に確認すべきNG事項

papakatsu-syashin10

プロフィールに設定する写真が決まったら、最後に男性からの印象を下げてしまう要素がないかどうか確認するようにします。

男性にネガティブな印象を与えかねない要素は、下記のようなものです。

  • ●ブランド品
  • ●高そうな食事
  • ●旅行
  • ●男性と写った写真

パパ活女子の中には、こうした写真をSNSでアップしたりする女性が多いですが、パパ活アプリで行うとかなりの減点です。

パパたちは、擦れていない、純粋そうな女性とのデートを楽しみたいのであって、ブランド物で囲まれたり、高いレストランに行きたい女性にお金を払ってデートしたい訳ではありません。
 

番外編 SNSなどで公開した写真はアップしない

パパ活アプリで写真公開するのは危険なことではありませんが、SNSなどですでに公開したことのある写真は念のため公開しないのをおすすめします。

papakatsu-syashin6

Googleでパパ活アプリやTwitterを利用すると、公開されている写真を検索して、他にどこで使用されているか見ることができてしまいます。

全く同じ画像の場合はヒットしてしまいSNSのアカウントが表示されてしまう可能性があるため、SNSで公開していない写真を設定するのが安全です。

写真を送るように要求された時に使える断り文句

パパ活アプリでは基本的に、どこかのタイミングで写真を公開するのが基本ですが、中には見せたくない相手から写真を要求されることがあります。

そうではなくても、どうしても顔写真を公開せずに、顔合わせしたいという方も少なくないです。

そうした方は、写真を要求された時に断り文句を入れるのがルーティンになってきますが、どういった断り文句を入れるのか分からないという方も多いかもしれません。

今回紹介する断り文句は見せたくない相手への断りと、顔写真を見せずに出会いたい時に使えるフレーズなので、ぜひ活用してみてください。
 

悪用が心配と言う

一番使える理由としては、悪用されるのが心配と伝えること。

ただし、使い方には注意が必要です。

目の前の男性に悪用されるのが心配と伝えるのは、「あなたは悪用するかもしれない」と伝えているのに等しいと言えます。

そのため、「◯◯さんのことを疑っている訳ではないのですが」と前置きした上で、万が一に備えておきたいことを付け加えておくのが良いです。
 

一度嫌な目に遭ったと話す

これを話せば、まともな男性なら踏み込みにくいのが、一度怖い目に遭ったと理由を話すこと。

理由としては、「ネットに写真を公開する」と脅されたことがあると話すのが良いと思われます。

この際に顔について暴言を吐かれたなど、ルックスがそれほど良くないという印象を与えてしまうような理由は話さないよう注意が必要です。
 

◯◯さんならと前置きして、顔写真の一部あるいは後ろ姿の写真を送る

papakatsu-syashin8

ここからは顔写真を見せずに、顔合わせをしてもらうために使えるフレーズを紹介します。

理由を話したにも関わらず、粘られてしまった場合は相手が満足するかは不明ですが、「◯◯さんなら。。これで許してもらえませんか?」と伝えながら、顔写真の一部または、後ろ姿の写真を送るのが手です。

男性から怒られる可能性があるかもしれませんが、顔写真を公開せずに顔合わせに繋がるかもしれません。
 

初回のお手当辞退とカフェでの面会を提案

papakatsu-syashin17

最終手段が、初回の顔合わせをカフェで行うなど、男性の出会うハードルを下げてあげることです。

他にも、初回顔合わせの際のお手当を辞退するなども有効。

辞退する際は、「顔写真を見せないのは、こちらだけずるいと思うので」など、男性に気遣った言葉を入れながら提案するのがおすすめです。

良い子そうという印象を与えることもできるかもしれません。

写真を見られずに出会える方法はある?

パパ活アプリをはじめ、オンライン上で写真を見せずに顔合わせのセッティングをするのは簡単なことではありません。

100人が実践して、数人成功するかというのが実際の成功率なのではと思われます。

そこで、どうしても写真を公開したくない方向けに、パパ活を成功させる方法を見ていきます。
 

顔写真公開率の低いパパ活アプリを使用

まずは、成功率はそれほど高くないですが、顔写真を公開せずに出会いたい方は、どのパパ活アプリを使用するかが重要です。

そこで注目すべき指標が、女性ユーザーの写真公開率

写真公開率の高いアプリでは、当然写真を公開している女性ユーザーに負けてしまいます。

そこで、使用すべきは写真公開率の低いSugarDaddyです。

アプリ 公開率
Paters 7割
paddy67 8割
SugarDaddy 5割

ただし、いずれにしても厳しいパパ活になることは覚悟の上、臨まなければならないのには変わりありません。
 

顔バレしたくない方は交際クラブの活用がベスト

最後に、写真公開をせずに出会いたい女性の最後の砦が交際クラブです。

交際クラブであれば、写真公開を恐れずに利用することができます。

交際クラブは面接必須の会員制サービスで、パパ活を前提にした出会いが可能。

パパ活アプリなどオンライン上の手段と異なるのが、全男性が身元審査を行われており、利用料金が年間で数十万円〜数百万円と非常に高額であるため、経済力のある男性しか利用できないことです。

交際クラブでは写真を公開せずに顔合わせすることはできませんが、プロフィール写真を見れるのは極々一部の限られた男性のみ。

そのため、悪用されたり、知り合いの男性に見つかるなど身バレの心配もないので、安心して利用することができます。

また、スタッフがしっかりと相談に乗ってくれるので、悪質な行為をしたパパたちは会員資格の剥奪など何かしらの処置がされるのも特徴です。

交際クラブを利用するのであれば、大手のユニバース倶楽部あるいは、青山プラチナ倶楽部の利用をおすすめします。

まとめ

パパ活では写真選択が、成功の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

そのため、女性目線ではなく、パパ候補の男性がどういった写真に好感度を持つのかを理解するのが大切。

また、写真を見せずに出会いたいという女性がいるかもしれませんが、いくつか方法はあるものの、写真公開をせずに顔合わせをするのは非常に難しいです。

写真を見せたくない理由が、悪用されるのが怖かったり、身バレるするのが怖いという方は交際クラブの活用をおすすめします。