更新:2020.11.28 作成:2020.11.28

【法律コラム】マッチングアプリにインスタ紐づけは危険!

insta-image

マッチングアプリは、自分の趣味・嗜好が合う人と知り合うことできる便利なツールです。以前は、トラブルの温床と言うイメージがありましたが、今では出会いの場を提供してくれるものとして、多くの人が利用しています。

ただ、アプリにインスタが紐づけされていたため、トラブルが発生する事案も発生しています。今回は、そのようなトラブルに遭遇した方のご相談です。

――無料マッチングアプリのティンダーで知り合った女性とメールをやり取りする仲になりました。メッセージのやり取りを始めて1ヶ月経った頃、その女性から「今、会社の近くにいます。食事とかいかがですか?」というメッセージが突然来ました。

初めは誰かと間違えているのかと思って返信したら、「○○会社にお勤めですよね。」と自分の勤め先を知っているメッセージが来て、かなり驚きました。知り合いに相談したところ、「おそらくインスタグラムと紐づけしているからだろう。」ということでした。そういえばティンダーに登録する際にインスタIDを何気なく入力してました。

その後も、「今日は○○カフェに行かないんですか?」など、やたらと自分の行動範囲を把握されているメッセージをしてくるので、怖くなり、交換したLINEをブロックし、ティンダーも解約しました。

ティンダーは無料アプリのため、運営サポート相談も期待できません。彼女に待ち伏せなどされたら、どこに相談すればいいのでしょうか?――

マッチングアプリは、自分と気が合う人と知り合える便利なツールですから、上手に使えば、交際範囲が広まります。

ただ相談者のように、アプリとインスタを紐づけしていた場合には、個人を特定されるだけでなく、どのような行動をしているのかが筒抜けになってしまいます。

そもそもが、マッチングアプリとインスタを紐づけしたことが原因ですから、今回のことを教訓にして、今後マッチングアプリを利用するしかありません。

相談者の方が最も気になる「彼女に待ち伏せなどされたら、どこに相談すればいいのでしょうか?」ですが、相談内容を読む限り、彼女にそれほどの悪意があるように見えません。

ただ、相手の一方的な思い込みで、思わぬ行動に走ることも考えられます。ここしばらくは、自分の周辺に気を配り、少しでも異変を感じたら、地元の警察署の生活安全課に相談されることをお勧めします。

しかし、警察から相手に「これ以上付きまとわないでほしい」旨の「警告書」が交付されるのは、実際に何度も付きまとわれた事実があり、被害者が警察に「文書申出」を行った後になります。つまり、ハードルはかなり高いのです。

それでも、少しでも異変を感じた時点で、警察に相談しておけば精神的負担は軽減でますし、不測の事態が発生した時にどのような行動を取れば良いか、心構えができると思います。

編集部コメント

ティンダーに限らずマッチングアプリはFacebookと連携していたり、プロフィールに写メやビデオアップしたりすることで個人情報をある程度把握することが可能です。相手の情報がわかるから安心して使えるという口コミも多いです。

今回のケースは、インスタに紐づけしているのだから、「ちゃんとインスタ見てるよ」というアプローチだったのかもしれません。マッチングアプリ内だけでまだ会ったこともない相手ですから、距離感も大事だったかもしれませんが、自分で公開しているインスタや写メ、ビデオは人に見られているのだということを忘れないようにしましょう。