更新:2019.06.20 作成:2019.06.15

会うだけでお小遣い?ママ活ができるおすすめアプリ・サイトと方法を徹底解説

mamakatsu
パパ活という言葉は有名で、パパ活がしやすい環境は整っていますが、ママ活というとあまり言葉、方法ともにあまり認知がされていません。
 
実はママ活ができるアプリ、サイトは知られてはいないものの、実際に存在します
 
アプリやサイトを通じて、ママを見つけて、食事に行くなどママと時間を過ごすことで、お金をもらうことが可能です。
 
普通にアルバイトをするのに比べて、短時間でお金を稼ぐことができます
 
今回ママ活したい男性向けに、ママ活できるサイトとアプリ、ママ活をする方法などをまとめました。
 
ママ活に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。
 

お金だけじゃない!ママ活をするメリット

mamakatsu2

まず、ママ活の相場は大体1時間4000〜5000円ほどが相場と言われます。
 
ホストまがいのママ活で、人によっては月に数百万円ほど、ママ活で稼ぐ男性も一部いるようです。
 
1時間4000円でも、通常のアルバイトでは稼ぎきれない金額ですし、会社員の方でも片手間に4000円を稼ぐことができるという点で、経済的メリットがあります。
 
もう一つが、ママ活できるほどの経済力がある女性というのは、キャリアの長い優秀なビジネスマン、経営者であることが多いです。
 
お金だけではなく、彼女たちから聞ける話は将来の夢や目標を達成する上で、役立つことは少なくないと考えられます。

ママ活したい男性におすすめ!ママ活できるアプリ・サイト

ママ活したい方におすすめのアプリ、サイトは決して多くはありません。
 
間違ったアプリ、サイトを使用しても、全くママ活ができないばかりか、個人が特定されてしまうと笑いの対象となってしまいます。
 

ママ活できないアプリとサイトの特徴

真剣な恋活向けマッチングアプリ

Pairs、Omiaiwith、タップル誕生のような真剣な恋活に特化したマッチングアプリはママ活に不適です。
 
利用者のほとんどが恋活のために利用しており、ママになるような経済力のある女性も多くありません。
 
メッセージを送っても無視あるいは、通報されてアカウント停止になることもあります。
 
ママ活希望の方は、恋活アプリではしないのをようにしたいです。
 

無料で使えるSNS、掲示板などのサイト

mamakatsu3

他にも、ネットには無料で利用できるSNS、掲示板があります。
 
会員登録不要で使えるものから、身分証不要で登録できるものまでさまざまです。
 
こういった場所は安全性も低く、民度も低いため、女性はそもそも利用しません。
 
女性が利用しないということは、社会的な地位のある女性たちはさらに利用する傾向が少ないことを意味します。
 

ぬこペット(リリース間近)

mamakatsu4

ぬこペットは2019年夏頃リリース予定のママ活専門アプリです。(詳しいリリース日は公式サイトをチェックしてください。)
 
現在は事前登録を受け付けており、すでにママ候補も複数人登録しています。
 
アプリの詳しい機能は発表されていま線画、ママを探して、ママにお願いアピールをするというのが基本的な使い方になるようです。
 
男性は無料で使用することができます。
 
興味のある方は、ぜひ事前登録をしてみてください。
 


 

Sweet Memory2

mamakatsu5

SweetMemory2は18歳以上の男性、35歳以上の大人の女性限定のマッチングアプリです。
 
公式サイトにて、ママ活は禁止という記載がありますが、大人の女性とマッチングできるということで、ママ活ができる可能性はあります。
 
まだまだ、利用者は少なく、ママ活成功事例も多くないため、未知数のマッチングアプリです。
 
年上女性との出会いの場とのことですが、男性が有料なのは気になります。
 
SILK、Poiboyがおすすめなので、SweetMemory2は興味のある方のみ登録だけしてみるのが良いかもしれません。
 

利用料金 会員数 無料ポイント
・男性:月額2400-3900円
・女性:無料
不明
無料会員のままでも利用可

 


 

男子大学生限定!ママ活専門アプリSILK(シルク)

mamakatsu6

ママ活に特化したマッチングアプリとして注目されているのが、SILKです。
 
男性利用者は大学生のみで、大学から配布されるメールアドレスを利用しなければ、登録することができません。
 
プロフィール作成も運営側により、厳しく制限されており、どのアプリよりもママ活に適した環境です。
 
一方で、まだリリースしたばかりでママの人数が少ないデメリットがあります。
 
今後活発になることを想定して、ママ活したい大学生はとりあえず登録しておきたいママ活アプリです。
 

利用料金 会員数 無料ポイント
男性無料 不明

 


 

Poiboy(ポイボーイ)

poiboy-top

ママ活アプリとしても使えるPoiboyもママ活したい男性におすすめです。
 
マッチングアプリというと、通常は男性からアプローチするのが普通ですが、Poiboyの場合は女性が主導でアプローチ。
 
男性は女性からいいねをもらうのを待ちます。
 
女性に見てもらえるように、プロフィールを目立たせたり、いいねをもらって、メッセージをするためには月額制の有料会員になる必要があります。
 
SILKは将来起業したいなど意識高めの学生向けですが、Poiboyの場合は年齢に関係なくイケメンが有利です。
 
ママと出会いたい方は無料会員の状態で利用し続けて、ママからのいいねを待ってみるのがいいかもしれません。
 

利用料金 会員数 無料ポイント
・男性:月額1983-4300円
・女性:無料
110万人
無料会員のままでも利用可

 


 

一番おすすめ!ハッピーメール

hapime-top

ハッピーメールはママ活ではなく、ライトな出会いに特化したマッチングアプリですが、ママ活をすることは十分可能です。
 
会員数が多いため、20代から50代まで多くのユーザーがいます。
 
hapime-top2

実際に女性利用者の半分が30代以上で、ママ活の相手としては最適な年齢層の女性が多く利用。
 
女性にメッセージする際は、プロフィールのお金持ち度をチェックした上で、自己申告でお金を持っている女性にアプローチするのがおすすめです。
 
他にも、SILK、Poiboyにはない充実した条件検索を行うことができ、職業で医者の女性なども検索することができます
 

会員数 料金 無料ポイント
2000万人 ・男性 メッセージ送信
1通50円
プロフィール閲覧無料
・女性:無料
1200円分

 


 

具体的にママ活ってどうやるの?

ママ活ができる数少ないマッチングアプリを紹介してきましたが、アプリに登録したところでママとどう繋がればいいのか未知な部分が多いです。
 
ここでは、ママ活アプリに登録した後、どうやってママと繋がるかを紹介します。
 

まずはママ活願望ある年上女性を探す

mamakatsu7

まずはママ活願望がある可能性のある年上女性を条件検索機能を使用して、検索していくところからスタートです。
 
紹介したSILK、Poiboyでは年収や収入で検索することができないので、年齢を30歳以上に絞ってアプローチしていきます。
 
SILKの場合は、条件検索がないので一覧から女性を探すことになります。
 
ママ活前提のアプリなので、検索機能がなくても特に問題はありません。
 
Poiboyの場合は、女性を30歳以上の年齢で検索をして、アピールという機能で文字通りアピールします。
 

ママ活では初回から、やんわりとママ活希望であることを伝える

SILKであれば問題はないですが、ママ活を前提としないアプリの場合はやんわりとママ活希望を伝えるのが重要です。
 
あまり意識の高い印象を与えないように、将来の夢を可愛くアピールするとマッチングしやすくなります。
 
例えば、

「初めまして!現在は役者目指して、毎日レッスンしています!」

 

「現在は◯◯で美容師をしています!いずれは自分でお店を持てるように、特訓中です!」

 
などのように自己紹介文に書いたり、メッセージに付け加えるのがおすすめです。
 
ママ活の意思があるのかどうかをフィルタリングすることができます。
 
特に将来の夢はなくても、大人の方とお話する機会が欲しくて利用していますくらいでも大丈夫です。
 

ママ活は実際に会ってからが勝負!

mamakatsu8

ママ活アプリで会うことが決まったら、緊張と同時に、どんな人なのかとワクワク感もあります。
 
しかし、会う約束が組めただけでは、まだママ活開始とはいきません。
 
会ってから、お小遣いをもらえる関係になれるか、継続して会ってもらえるかが重要です。
 

大人の女性の癒しになる

会ってもらえただけでも、良いスタートです。
 
しかし、ママ活を本格的に成立させるためには、相手の女性にとって癒しを与えられる存在であることが重要になります。
 
相手は日常にはない癒しがあるからこそ、お金を払って、また会いたいと思ってくれます。
 
まずは、相手が何を欲しているのか、時間をかけて把握していくのが大切です。
 
イケメンであるだけでは、継続して、ママ活をすることはできません。
 

女性としてしっかりと接すること

mamakatsu9

相手の女性は年上でなおかつ、男性からしたらママという立場ですが、女性として接することは必須です。
 
彼女が大変そうだな、喜びそうだなと思うことがあれば、それをママにもするのがママ活成功の鍵を握ります。
 
飲み物が無くなっていれば、「何か飲みますか?」と聞いたり、疲れていそうなのであれば、「大丈夫ですか?」と声をかけるなど、気にかけるなどは当然します。
 

女性の話を優先して聞くのが重要

年上女性の包容力からついつい自分の話をしてしまうかもしれませんが、ママ活で重要なのは、なるべくママの話を聞くこと。
 
相手が話したがりの女性であれば、話をなるべく遮らずに、聞き手に回るのが重要です。
 
また、男性からママの話を引き出すことで、女性に居心地が良いと感じてもらうことができます。

ママ活詐欺には要注意!ママ活したい男性を騙す手口

最後にママ活をする男性を騙す、ママ活詐欺というのがあります。
 
実際に、ママ活詐欺によって、お金をもらうどころか、失ってしまった男性もいるので注意が必要です。
 

ママ活ができるといい高額サイトに男性を誘導

mamakatsu10

ママ活ができそうな女性とマッチングした際に、「こっちのサイトでメッセージしよう」と誘導されることがあります。
 
飛ばされるサイトは、有名なマッチングアプリのこともあれば、高額な料金が発生する怪しいサイトのことも。
 
有名なマッチングアプリの場合は、アフィリエイトという、集客に対して報酬をもらえるお小遣い稼ぎ目的のユーザーの可能性が高いです。
 
一方で、会員数、運営会社もよくわからない怪しいサイトの場合は注意が必要だといえます。
 
ママ活でアプリ内から出る際に、怪しいサイトでメッセージ交換の要求があった場合は無視して、次にいくのがおすすめです。
 

初回だけママにお金を払う謎のシステム

また、初回だけ手付金などと称して、ママ活の契約金を要求されるケースもあります。
 
お金にゆとりのあるママが、契約金を要求してくること自体おかしな話です。
 
契約金など、男性にお金を要求してくる女性とは、ママ活をしないのが安全だといえます。
 
別サイトでメッセージ、男性が事前にお金を払うのはありえないと念頭に置いて、ママ活をするのが安心です。

まとめ ママ活は簡単ではないもののメリットは大きい

ママ活はママを見つけるまでが決して簡単ではありません。
 
しかし、実際にママ活が成立すれば、お金と普段は聞けないような役立つ話や体験ができる貴重な場になります。
 
ママ活が少しでも気になった方は、早速ママ活アプリでママ探しをしてみてください。