2018.09.26

出会い系サイト規制法って何?

本の写真
出会い系サイトを利用するとき、知らず知らずの間に違法行為に巻き込まれてしまうこともあるので、法律についての正しい知識が重要です。
今回は、出会い系サイト規制法について知っておきましょう。

出会い系サイト規制法とは

「出会い系サイト規制法」の正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」です。
最初に制定されたのは平成2003年ですが、2008年に規制を強化する方向で改正されています。

出会い系サイト規制法の目的

この法律の主な目的は、18歳未満の未成年(児童)を守ることです。子どもが出会い系サイトを利用すると、援助交際を始めとしていろいろなトラブルに巻き込まれて被害を受けやすいからです。

規制されるサイト

出会い系サイト規制法で規制されるサイトは、以下のようなものです。

  • 一般的な男女の出会い系サイト
  • 男女の出会いを目的にした掲示板
  • 男女の出会いを目的にしたアプリ

異性との交流を希望する人が、ネット上の情報をもとに相手を探して連絡を取り合えるサービスであれば、すべて「出会い系サイト」となります。有償か無償かも問わないので、無料の掲示板やアプリも規制対象です。

出会い系サイトで禁止される行為

出会い系サイト規制法は、利用者が「児童」を対象にして交際を求める書き込みをすることを禁じています(6条)。このような行為を「禁止誘引行為」と言い、違反すると罰則も適用されます。たとえば援助交際サイトなどで、18歳未満の子どもに誘いをかけると、それだけで逮捕されたり処罰されたりするということです。
また18歳未満の児童が出会い系サイトを使うこと自体も禁止されています。

サイトやプロバイダ、保護者に対する規制

出会い系サイトを運営する業者は「届出」をする必要があります。また利用者が児童でないことを確認しなければなりません。利用者による禁止誘引行為の書き込みがないかチェックし、もしあったら削除すべき義務も負います。
ネットプロバイダは、児童がサイトを利用しないようにフィルタリングすべきとされており、保護者もフィルタリング利用に努めるべきと定められています。

以上が出会い系サイト規制法の概要です。利用者にも処罰が適用される可能性のある法律なので、くれぐれも未成年者相手に出会いや交際の誘いをしないように注意しましょう。