YYC(ワイワイシー)に関するコンテンツ

更新:2019.04.25 作成:2019.04.25

YYCのメリットとデメリットを徹底調査!実用性は高い?

yyc-demerit
出会い系マッチングアプリとしても知名度の高いYYCを実際に使用してわかったメリット、デメリットをまとめました。
 
多くの出会い系、マッチングアプリがある中、YYCは実際のところどうなのというのを紹介します。
 
YYCを使うか検討中の方は、ぜひチェックしてみてください。
 

YYCの基礎知識!どんなアプリ?

yyc-demerit2

YYCは会員数1400万人を超える大手マッチングアプリです。
 
以前は出会い系サイトとしても認知されていたため、現在でも恋活よりも、暇つぶし、ライトな出会い探しに向いています。
 
しかし、これまで出会い系として認知されていたWEB版でアダルトな要素が排除されるなど、会員の民度が徐々に改善されつつある最中です。
 
ライトなマッチングアプリの中では、もっともユーザーの質は高いと実際に使用して、実感があります。

YYCを使うメリット

出会い系マッチングアプリの中だとダントツの安心感

yyc-demerit3

YYCを利用する最大のメリットは、悪質なサイト、アプリが乱立するライトな出会いに特化したサイト、アプリの中で安全に出会いを探すことができる点です。
 
YYCが安全な理由として、健全な運営会社がいることにより、サクラゼロ、キャッシュバッカーが増えない安全な環境が整っています。
 
YYCは現在は結婚支援事業をメインに行なっている上場企業のIBJ子会社であり、その前は同じく上場企業のミクシィの子会社でした。
 
上場企業間を移動できるということは、不正は行われていないということだと考えられます。
 

どこでも出会いを探せる

YYCは会員数が多いだけではなく、実際に利用しているアクティブユーザーが非常に多いです。
 
各都道府県単位でみても、毎日多くのユーザーがログインをしていることがわかります。
 
他のアプリでは1都道府県あたり、1000人以下ばかりというのも多い中、YYCは圧倒的な会員数だといえます。
 

北海道 16000人
東北 31000人
関東 106000人
中部 41200人
近畿 54000人
中国 14000人
四国 7300人
九州 27000人
沖縄 2800人

※2019年2月時点、独自調査
 
身近で出会いを探したい方は、YYCを活用してみるのがおすすめです。
 

一定のスペックがあれば低価格で無双

YYCを利用するのは男女ともに、主に20、30代です。
 
YYCは真面目系恋活アプリよりも、出会うまでのハードルは低いです。
 
とはいっても、誰でも、努力せず簡単に出会えるという訳ではありません。
 
ハードルが低いのは事実なので、しっかりと仕事をしていてお金を稼いでいたり、清潔感のある外見、可愛いなど特徴があれば簡単に出会うことが可能です。
 
世間一般で自分は普通より異性からの好感を得られるのではと自信がある方は、ぜひ使ってみてください。
 

検索機能の豊富さトップクラス

yyc-demerit4

YYCを使用する上でのメリットが検索機能の豊富さです。
 
複数の検索条件が設定できるので、好みの相手を探すことができるだけではなく、検索するだけでも楽しかったりします。
 
個人的にYYCの検索機能でここまで絞れるのかと思ったのが、下記の条件です。
 
・髪型、メガネ、性格(全17種)、(外見)タイプ(全17種)、職業(全24種)、休日、(利用)目的(全9種)、趣味(全30種)、興味あること(全8種)、フリーワード検索
 
他のアプリにはない機能なので、的確に異性を検索できるのは非常に便利だといえます。

YYCを使うデメリット

複数のメリットを紹介しましたが、YYCにはデメリットもあります。

業者が非常に多い

yyc-demerit-kuchikomi
引用:Google Play
 
YYC最大のデメリットは業者の多さです。個人のふりをした派遣型風俗業者が多くいます。
 
特に男性の場合は何もしていなくても、女性からメッセージがきます。
 
毎日メッセージが来るので、ライトな出会いに特化したアプリの中で、業者の数は多い方なのではと思われます。
 
女性からのメッセージを無視して、自分からアプローチしていく分には業者との遭遇率は20-50%ほとです。
 
業者の見分け方は非常に簡単で、「お金の要求」「アダルトなメッセージ」「女性からの連絡先交換の提案」の3つさえ警戒すればほとんど見分けることができます。
 

ヤリモク、勘違い男が少なくない

男性にとっての業者とは反対に、ヤリモク、勘違い男が多いなど女性にとって不快なユーザーも多いです。
 
YYCに登録すると、男性から毎日のようにメッセージが届きますが、ヤリモクの男性が少なくありません。
 
中には上から目線で、何様なんだという男性もいます。
 
もちろん、真面目に使用している男性も多くいるため、そういった失礼な男性を無視して利用することができるのであればおすすめです。
 

出会えない男性にとってはお金がかなり必要

yyc-demerit-kuchikomi2
引用:Google Play
 
YYCのように都度課金型のアプリの場合は、出会うために数を打つ必要がある場合はお金がかなりかかってしまいます。
 
まず、YYCで女性にアプローチするには最低でも1人につき60円(内訳:プロフィール閲覧1人10円、メッセージ送信1通50円)必要です。
 
そして、そこからすぐに連絡先交換をすることができるわけではありません。
 
最低でも5〜10通(250円〜500円)、場合によっては20通以上(1000円〜)必要な女性もいます。
 
お金の面で心配な方は、都度課金型ではなく、月額2000〜3000円で利用できる定額制アプリがおすすめです。

結局メリットとデメリットどっちが大きい?

メリット、デメリットを見ていきましたが、YYCはライトな出会いを探す方にとってはおすすめのアプリです。
 
一方で、なかなかマッチングできない、女性とスムーズに連絡先交換ができないなどお金がかかってしまいそうな方は定額制アプリを利用するのが良いと思われます。
 
また、真面目に恋活、婚活したい方もYYCはあまりおすすめできません。

 

メリット デメリット
運営会社、体制の安心感 業者が多い
どこでも出会い探し可能 ヤリモクが多い
一定のスペックがあれば低価格で出会える アプリにしては高額な利用料金が発生する可能性もある
検索機能の豊富さトップクラス

もっと真面目に恋活している男女と知り合いたい方はこちら

業者少なめ、定額制で利用できるPairs(ペアーズ)

tapple-konkatsu6

YYCのデメリットである業者が少なく、定額制で利用できるおすすめの恋活アプリがPairsです。
 
会員数は1000万人を超えており、YYC同様どこでも利用者がいます。
 
月額で1280円〜固定で料金を支払うと、そこから追加でお金がかかることなく、女性とメッセージし放題になります。
 
恋人探しをしたい方はPairsの利用をしてみてください。

 

会員数 1000万人
会員男女比率 7:3
主な男性の年齢層 20代前半-30代前半
(年齢関係なく利用者多い)
主な女性の年齢層 20代前半-30代前半
(年齢関係なく利用者多い)
利用料金 男性月額1280円〜
女性無料

 

恋活真剣度、マッチング率トップクラスwith

with-gyousya-miwake2

withはYYC、Pairsと比較すると会員数が少ないものの、関東を中心に人気のマッチングアプリです。
 
YYCとは異なり月額制で、業者が少ないのが特徴。
 
メンタリストのDaiGoが監修しており、相性診断機能のおかげもあってマッチング率が高いです。
 
数多くのマッチングアプリを利用し、情報を集めてきましたが、恋人探しのために少しでも多くの異性と出会いたいという方はwithを使うべきだと思われます。

 

会員数 85万人
会員男女比率 5:5
主な男性の年齢層 20代後半-40代前半
主な女性の年齢層 20代後半-30代後半
利用料金 月額2592円〜
女性無料

 

まとめ YYCはライトな出会いをしたいならおすすめ

YYCは豊富な検索機能、各都道府県ごとに利用者が多いなどライトな恋活アプリとしてメリットが多くあります。
 
一方で、業者が多い、恋活意識の低いユーザーが多いなど、恋人探しをするのであればあまりおすすめできるものではないです。
 
目的に応じてライトなアプリなのか、恋活アプリなのかを選んでみてください。