ワクワクメールに関するコンテンツ

更新:2020.02.13 作成:2020.02.13

ワクワクメールのおしゃべり機能は料金が高くて使えない?!

wakuwakumail-osyaberi2

ワクワクメールには、女性と通話することの出来る「おしゃべりする」という機能があります。

これは、自分の電話番号やLINEのIDなどといった個人情報を伝えずに女性と電話できる機能です。

と、ここまで聞くと非常に良い機能のように思えますが、会員からは「まったく使えない」と酷評されています。

そこでこの記事では、「おしゃべりする」の料金や使い方、酷評される理由をご紹介していきます。

おしゃべりするの種類と料金

wakuwakumail-osyaberi3

まずは、おしゃべりするの種類(コーナー)と料金からご紹介していきます。
 

おしゃべりするには3つのコーナーがある

おしゃべりするには3つのコーナーが用意されています。

  • ●フリートーク:同じエリアの女性と話せる、基本的な通話機能です。
  • ●テレH:近場の女性から優先して、エロ系の話題で通話できます。
  • ●全国フリートーク:全国の女性と、フリートークが出来る通話機能です。

それぞれに特徴がありますが、出会い系サイトで電話というツールを使うことを考えると、「テレH」がもっともそれらしいのではないでしょうか。
 

おしゃべりするの料金

「おしゃべりする」を使う際は、プラン料金と通話料の二つがかかります。

また、プランには、「通常プラン(15秒で3pt、別途通話料必要)」と、「フリーダイヤルプラン(15秒で5pt、通話料込みの通話料込)」という2種類があります。

どちらも女性と電話がつながるまではptを消費しませんが、ひとたび通話が始まると、10〜20分くらいはすぐに過ぎてしまうものです。

その場合、1回の通話で2,000〜4,000円もかかってしまう計算になります。

いくら個人情報を出さずに通話できるといっても、これだけのコストがかかるというのは考えものではないでしょうか。

ワクワクメールでは1回あたり約50円程度でメッセージを送ることができますから、4,000円といえば実に80通分もあります。

10〜20分の通話と80通のメッセージ…女性とデートのアポをとるのにどちらが有効なのかは、少し考えれば分かると思います。

おしゃべりするはキャッシュバッカーばかりで使えない?!

wakuwakumail-osyaberi4

ワクワクメールを含む出会い系サイトに多いのがキャッシュバッカーと呼ばれる女性会員です。

女性会員はサイト内で特定の行動をすることによって、金券や商品と交換可能な専用のポイントを貰うことができます。

キャッシュバッカーとは、この専用ポイント集めを目的に出会い系サイトを利用している女性会員のことをいいます。

ワクワクメールではメッセージのやり取りをすることで専用ポイントが貰えるのですが、実は「おしゃべりする」で男性と通話しても貰えるようになっています。

しかも、メッセージ1通あたりの報酬が3円程度なのに対して、「おしゃべりする」の場合は1分の通話あたり15円〜20円が女性に支払われます

仮に、10〜20分程度通話したとすると、その電話だけで150円〜400円の専用ポイントが入ることになるのです。

決して高額ではありませんが、小さい子供がいてなかなか外出できない場合や、OLの副業としてはかなり都合のよい収入源といえるのではないでしょうか。
 

電話が繋がらないという問題点もある

「おしゃべりする」には、電話がなかなか繋がらないという問題点もあります。

おそらく利用者が少ないのでしょうが、週末の夜などはほとんど繋がりません。

これは地方にいけばいくほど顕著になり、人口の少ない県でフリートークやテレHを選択すると、数時間待っても繋がらないことがあります。

もっとも、そこまで不便な思いをして「おしゃべりする」を利用しても、大した旨味はないかもしれません。

というのも、初めて電話する女性を10〜20分程度の会話で口説き落とせるはずがないからです。

仮にそんなトーク力がある人であれば、日常生活のどんな場であっても女性を簡単に口説くことができ、ワクワクメールを利用する必要はないでしょう。

また、電話する相手を選べないわけですから、仮に相手が素人女性であったとしても、自分の好みに合っているとは限りません。

なので、実際に会うよりも、通話中に妄想すること、つまりテレH向きの機能ということになります。

それがフェチだという人には良いのかもしれませんが、音声や二次元の世界でのセックスで満足できるのであれば、DVDや無料動画を視聴した方が良いのではないでしょうか。

おしゃべりするの使い方

wakuwakumail-osyaberi1

あまりメリットのない「おしゃべりする」ですが、それでも「利用してみたい」という人もいることでしょう。

そこで、「おしゃべりする」の使い方をご紹介しておきます。

<使い方>
  1. TOPページ下にある「おしゃべり」ボタンをクリック
  2. 次に電話番号を設定し、プランを選択
  3. 自分が電話してみたいコーナーを選択
  4. 女性と電話が繋がるのを待つ

「おしゃべりする」では、携帯端末を使って通話することになります。

といっても、女性と直接繋がるのではなく、ワクワクメールを経由して電話がかかってきます。

つまり、電話の相手に自分の電話番号を知られることはないのです。

「おしゃべりする」のメリットをあえて挙げるとすれば、この秘匿性の高さではないでしょうか。

おしゃべりするに関する口コミ

wakuwakumail-osyaberi5

編集部は、実際に「おしゃべりする」を利用した男性から、その感想を聞いてきました。

以下は、その代表的なものです。
 

全然つながらない

「おしゃべり機能を利用しようと思っても、まったく電話が繋がりません。多分利用している女性が少ないからなのでしょうが、サービスとしてここまで使えない状況では、いずれ廃止になるのではないでしょうか」(神奈川在住:36歳)

神奈川県といえば、日本でも非常に人口の多い県です。

そこで「おしゃべりする」を使っているのに電話がつながらないとなると、やはり女性の利用者はかなり少ないのではないでしょうか。
 

まったくエッチじゃなかった

「興味本位でテレHのコーナーを利用してみました。かなり待った後にやっと電話が繋がったのですが、相手の女性はまったくエッチではありませんでした。

いわゆるテレフォンセックス的なものを期待していたのですが、子供だましの下ネタ程度が精一杯で、それ以上になると『私、こういうの慣れていないから』と断れます。これであの料金ですから、損した気分です」(東京都在住:41歳)

テレフォンセックス目的で利用したとしても、相手の女性がどこまでやってくれるかは別問題です。

女性をその気にさせるトーク力が必要になりますし、何より、女性にテレフォンセックスに慣れているとは限りません。

そのため、「期待外れだった」ということもしばしばあるようです。
 

どう考えてもキャッシュバッカー

「相手の女性とはそれなりに会話できました。しかし、デートに誘おうとしたり、連絡先を聞こうとするとはぐらかされてしまいます。にもかかわらず、電話を切ろうとすると『もう少しお話したい』などと言ってきます。

後で気が付いたのですが、あれは間違いなくキャッシュバッカーだったと思います」

ご紹介した通り、「おしゃべりする」には多くのキャッシュバッカーが潜んでいます。

事前に相手を選ぶことはできませんから、話てみてキャッシュバッカーかどうかを判断するしかないのですが、その時点ですでにポイントをかなり消費していることになります。

それを考えると、地道に掲示板やプロフィール検索から素人女性を探していった方が良いかもしれません。

まとめ

この記事では、ワクワクメールの「おしゃべりする」についてご紹介しました。

「メッセージのやり取りよりも手っ取り早く電話したい」という人もいるでしょうが、キャッシュバッカーが多く、相手も選べない状態なので、出会いの方法としては非効率です。

また、利用者が少ないという根本的な問題もあります。

お金と時間が余っている人には良いかもしれませんが、そうじゃなければ、掲示板やプロフィール検索から相手を探した方が良いでしょう。