ワクワクメールに関するコンテンツ

更新:2019.08.25 作成:2018.07.28

ワクワクメールで出会えない都道府県は?女性ユーザーが少ない地域の楽しみ方

鳥キャラとスマホのイラスト

この記事では、ワクワクメールでの一ヶ月に入ってくる新規女性ユーザーの数を都道府県ごとにまとめ、どの都道府県で女性ユーザーが少ないのかを比較していきます。

女性ユーザーが少ない地域の楽しみ方も紹介していくので、なかなか出会えない人もワクワクメールを利用する上で地方に住んでいる人はぜひ参考にしてみて下さい。

各都道府県の新人数/月

毎月、新しく入ってくる女性会員、ワクワクメールではニューフェイスと呼びますが、各都道府県で表の通りです。
女性の入会者がゼロの月がある地域もあります。

ワクワクメールをはじめとした出会い系全般では、始めたばかりの新人の女性にしぼってメールを出すのが非常に有効的です。メールの返信率も高く、積極的に利用しようと考えている女性が多いためです。

そのため、新人の女性が多いかどうかは出会い系を利用していく上で非常に重要な数値と言えます。

1ヶ月の新人数

調査期間:2018年4月1日~7月28日の平均

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬
12 0~2 0~4 8 0~1 0~7 20 8 28 0~11
埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野
84 128 1184 116 28 0~3 28 4 0~4 0~6
岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
0 32 124 0~5 28 28 204 28 0~8 0~3
鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡
0~2 0~1 40 64 0~4 28 0~6 0~8 0~4 232
佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
0~2 0~3 28 0~2 0~4 0~1 0~1

女性会員が少ない都道府県でも会員数は1000~5000人はいますが、アクティブ率も地方では少ないため検索しても同じ人ばかり表示されてしまいます。

東京をはじめ、関東では圧倒的に多くの利用者が集まっています。栃木、群馬、茨城の3つは明らかに数が減りますが、千葉、神奈川、埼玉の利用者数は多いです。この3つの県は東京にも比較的容易に出ることができるので、東京で遊ぶことが多い人は登録地域を東京にしてしまうのも良いでしょう。

西日本は全体的に関東に比べ人数が一気に減ります。大阪、福岡、愛知以外は比較的少なく、広島、岡山以外の県ではさらに利用者は減少します。

東北地方や北海道は、活発に利用者がいる県はほぼ0になります。出会える可能性はかなり低くなります。

アクセス数は出会い系の中でダントツ1位

アクセス数だけで見ると全国で毎日のアクセスが一番多いのはワクワクメールです。
※集計期間2018年6月1日~6月30日
各出会い系の毎日のアクセス数比較グラフ
上記グラフは2018年6月の数値で表していますが、過去1年以上ワクワクメールがどの出会い系サイトよりもアクセスが多いです。
会員数は男女合わせて約600万人、女性会員だけだと約162万人です。会員が集中している都心の人との出会いも考慮できる、または友達作りになら使えるでしょう。

老舗で安心して利用できるというのは1つのポイントでしょう。特にこだわりがないのであれば、アクセス数が多いアプリやサイトを使うのが最も効率的です。単純に女性と出会える確率が上がるためです。

ワクワクメールの楽しみ方

みんなワクワクメールにそんなに毎日アクセスして何やってるの?
疑問を解消すべく独自調査した結果、
ワクワクメールのあとに行くサイト
ワクワクメールで遊び相手を探したりメールチェックをしたあとは、ワクプラというワクワクメールから独立したSNSサービスに行く人が多く、ワクプラのゲームや日記、アバターでコミュニケーションを取って、またワクワクメールに戻ってやり取りをします。

ワクプラの大きな特徴は2つあります。1つ目は、ワクワクメールと違って、18歳未満の人でも利用できるサービスということです。パトロールがあるため、出会いに繋がるようなやり取りは消される可能性が高いです。

もう1つは、ゲームを遊ぶことで、ワクワクメール使えるサービスポイントがもらえるということです。そのため、日記やゲームにあまり興味がない人でもワクプラを利用することでお得にワクワクメールが利用できます。

ワクプラのトップページイメージ
ワクプラ:https://wakupl.com/
ワクプラで知り合った仲間のプロフィール詳細やプロフ画像をワクワクメールに戻って見に行ったり、メールでのやり取りを開始するわけですね。
あとはライブドアニュースに行く人も2割いるので、ワクワク内でニュース広告を出しているのでしょう。ニュースで話題作りをしたり、ゲームをSNS感覚で使いながら知り合うのなら会員が少ない地域でも楽しめるでしょう。

ゲームでの出会いで期待できるのは、時間を持て余している40代の主婦の人が多いです。そういった年代が好みの人は積極的に狙ってみるのも良いでしょう。