PCMAXに関するコンテンツ

更新:2019.08.19 作成:2019.07.17

PCMAXの掲示板には詐欺が多い?気を付けるべき点を紹介

pcmax-keijiban
出会い系サイトの老舗で人気が高いのがPCMAXです。

出会い系サイトを利用したことがない人でも、その名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。雑誌でも紹介されており、男女共にユーザーが増え続けています。

それほどまでに有名なPCMAXですが、口コミをみると「詐欺の被害に遭った」と書かれていることが多々あります。

果たして、PCMAXにはどんな詐欺のリスクが潜んでいるのでしょうか。

この記事では、PCMAXにありがちな詐欺と注意点をご紹介していきます。

PCMAXとは

PCMAX(ピーシーマックス)は10年以上の運営実績をもち、累計会員数1300万人以上を誇る出会い系サイトです。

この規模は国内最大級であり、サイト内では会員達が活発にやり取りをしています。

完全前払いのポイント制のため、後から高額の請求が来るといったことはありません。老舗でセキュリティもきちんとしているサイトなので、安心して利用ができます。

PCMAXの年齢層

pcmax-keijiban2

PCMAXには多くの会員がいますが、女性は20代前半が一番多くなっています。

続いて20代中盤、18~19歳、29代後半となりますが、30代や40代の会員もいます。

一方の男性会員は幅広い年齢層に満遍なく散らばっており、50代、60代の人もいます

若ければ若いほど援助交際目的の割合が高まり、逆に40代以降は不倫相手を探している女性も多く存在します。また、数は少ないですが、真面目に恋人を探しているユーザーも中にはいます。

PCMAXの料金

PCMAXはポイント制、つまり従量課金制となっています。(女性は無料)

事前に1P=約10円でポイントを購入し、それをメールの送信やプロフィールの閲覧時に使用していくことになります。

特にポイントを消費するのはメールの送信で、5Pを消費します。

なので、多くの女性とやり取りをしたり、じっくりとやり取りを重ねたりしていると、月額固定制のマッチングアプリよりも割高になってしまいます。

しかしそれは逆に考えれば、少額のポイントでLINEのIDを複数交換できれば月額制より遥かにお得に利用ができるということでもあります。

PCMAXの特徴

マッチングが必要となるマッチングアプリとは異なり、いきなりメッセージを送ることができるため、PCMAXには出会いやすいという特徴があります

ただし、男女共に利用者のほとんどは援助交際を目的としており、真剣な出会いには不向きです。

掲示板をみると「恋人探し」というジャンルもありますが、後述するように、実際には業者や詐欺師が多く存在しており、よほど慣れた人でないと騙されやすい状況です。

その意味では、援助交際用のサイトと割り切って利用する方が賢いのではないでしょうか。

とはいえ、援助交際相手を募集している女性のなかには、大勢のデリヘル業者が混じっています。

むしろ素人の女性の方が少ないくらいなので、厳密には、「デリヘル嬢相手でもいいから援助交際をしたい」という男性に向いているサイトということになります。

PCMAXの使い方

pcmax-keijiban3

PCMAXで異性と出会うには、掲示板を利用するのが一般的です。

ブラウザ版の掲示板には、「スグ会いたい」「既婚者OK」「恋人探し」「エロトーク・TEL H」など、様々なジャンルがあります。(アプリ版ではいくつかのアダルト系ジャンルが削除されています)

これらの掲示板に女性が投稿し、それをみた男性がメッセージを送るのが通常ですが、逆のパターンで利用することもできます。

なお、ほとんどのマッチングアプリと同じように、プロフィール検索をして好みの異性を見つけることも可能です。

ただし、女性会員の多くはまともにプロフィールを作成していませんし、援助交際目的の女性会員はプロフィールに嘘が多いので、あまり有効な手段とはいえません。

この点はマッチングアプリと大きく違うので、よく理解しておきましょう。

PCMAXの長所と短所

PCMAXの長所といえば、何と言っても会員数の多さにあります。

同じ出会い系サイトであるYYCと比べても、累計会員数で数百万人の差があります。

実際、掲示板をみても、YYCの投稿数よりもはるかに多く、まさに国内最大級といえます。

そのため、大都市はもちろんのこと、地方の中小都市であっても、お相手探しに困ることはありません。

一方、短所といえば、業者が非常に多いことがあげられます。

前述のデリヘル業者に加え、悪質サイトへ誘導しようとする業者や、何かを売りつけようとする業者など、本来の目的とはまったく関係ない業者が大勢いますから、注意して利用しなければなりません。(これは出会い系サイト全般にいえることです)

PCMAXの掲示板には詐欺が多い

PCMAXで異性と出会うには掲示板を利用するのが一般的です。

しかし、この掲示板には詐欺を働く者も大勢います。

そこで、掲示板のジャンルごとに、気を付けるべき詐欺をご紹介していきます。

援助交際向けのジャンル

pcmax-keijiban4

「スグ会いたい」「今からあそぼ」「既婚者OK」「スグじゃないけど」「お食事でも」などのジャンルは、その投稿のほとんどが援助交際目的です。

これらは投稿する側、投稿をみてメッセージをする側、共に援助交際という目的で一致しているので、非常に話が早く、出会いやすいジャンルでもあります。

ただし、気を付けなければならない点が二つほどあります。

まず一つ目は、写真詐欺です。

投稿一覧のなかから気になる投稿を選択すると、投稿者が写真を載せているかどうかが分かるようになっています。

そして、1Pを消費すれば、その写真を閲覧することができます。(写真を載せていない人も大勢います)

実際に写真を見てみると分かりますが、どの女性も驚くほどルックスがよく、男性側はテンションが上がることでしょう。

しかし、その写真が実物を正しく表現しているとは限りません。

むしろ、実物とはまったく違うことが多いのです。

これは女性側が写真を大幅に加工していたり、別人の写真を載せていたりするからです。

つまり、わざわざポイントを消費してまで写真を確認する意味はなく、実際に会ってみなければ何も分からないという訳です。

もう一つ気を付けなければならないのは、援助交際募集の投稿をしている女性の多くはデリヘル業者だということです。

PCMAX内での営業活動は禁止されているので、表向きは一般女性を装っていますが、実際には掲示板への投稿からその後のやり取りまでをデリヘル業者のスタッフが行っています。

そして、待ち合わせ場所と時間が決まると、事務所で待機していたデリヘル嬢を派遣するのです。

なので、素人女性と出会いたいと考えている人にとっては、「詐欺だ」と感じられることでしょう。

もっとも、デリヘル業者であれ素人女性であれ、1回の援助交際にかかる費用には差はありません。

どちらの場合でも、事前のやり取りで決めた通りの条件で会うだけなので、デリヘル業者であることを気にしないのであれば、特に問題はないでしょう。

とはいえ、こういったデリヘル業者から派遣される女性は、ルックスのレベルやサービスの質が著しく悪い場合が多いです。アダルトジャンルの掲示板を利用する場合は、業者を見分けるスキルが必須となります。

真剣な恋活向けのジャンル

pcmax-keijiban5

援助交際向けのジャンルではデリヘル業者による活動が目立っていますが、「恋人探し」や「同性愛など」では、もっと悪質な詐欺行為が横行しています。

それの一つがキャッシュバッカーによるものです。

キャッシュバッカーとは換金可能なポイントやマイルを目的に、ひたすらメッセージのやり取りを行う女性会員のことです。(出会い系サイトでは女性が男性にメールを返信すると、ポイントやマイルが貰える仕組みになっています)

数回のやり取りで待ち合わせが決まってしまう援助交際とは違って、恋活を目的としたやり取りでは、数日から数週間ほどやり取りをするのが基本です。

その間、男性側は「少しずつ距離を縮めて、いずれはデートに誘う」と考えている訳ですが、相手がキャッシュバッカーであった場合、会うことはありません。

気を持たせるようなメッセージを送りつつ、初デートの誘いをのらりくらりとかわしてきます

最終的には我慢できなくなった男性側から文句を言われるのですが、その途端に連絡がとれなくなります。

これがキャッシュバッカーによる詐欺の典型的な例なのですが、早い段階で見分ける方法もあります。

まず、相手がキャッシュバッカーであった場合は、やり取りの初期の段階から妙に好意的です。

さらに、一つ一つのメッセージが短い傾向にあります。

これらの点は、マッチングアプリを使い慣れている人であれば、「何か会話がおかしい」と気付くのではないでしょうか。

しかし、功名なキャッシュバッカーの場合、見分けるのが非常に難しくなります。常に警戒するぐらいの気持ちでいましょう。

また、キャッシュバッカー以外にも、強引に援助交際につなげようとする女性もいます。

これは「お金はいりません」「長期的な愛人関係希望」などのタイトルで相手を募集している女性に多く、やり取りをしてみると「初デートの時に2万円を預かりたい」等といってきます。

「最低三回は会いたいので、その証拠として初回にお金を預かりたい」ということらしいのですが…もちろん、これは低レベルな詐欺です。即やりとりをやめましょう。

その他、LINE IDを盗み取ろうとする女性や、外部の悪徳サイトへ誘導しようとする女性もいます。(これらも古典的で低レベルな詐欺だといえます)

LINEやカカオトーク以外の外部サイトへ誘導された場合はまず間違いなく詐欺なので、すぐにわかるはずです。

ちなみに、編集部がPCMAXに登録し、「恋人探し」のジャンルに投稿している女性20人とやり取りしてみたところ、あきらかにキャッシュバッカーと思われる女性が8人、低レベルな詐欺だと思われるものが3人、援助交際に持ち込もうとする女性が6人もいました。

つまり、20人中17人が「恋人探し」ではなかったことになります。

それを考えると、PCMAXで恋活すること自体がナンセンスなのではないでしょうか。

金銭目的の詐欺は男女共通

pcmax-keijiban6

ここまでご説明したように、PCMAXなどの出会い系サイトでは、出会う前にたくさんの詐欺行為がみられます。

しかし、一番危険なのは出会った後に交際をちらつかせながら金銭を要求してくるパターンです。

「お金を貸してほしい」「一定の期間立て替えてほしい」「○○を買ってほしい」など、要求の仕方は様々ですが、交際を前提としているだけに、要求された側は簡単に騙されてしまうようです。

なかには100万単位で騙し取られたというケースもあるくらいですから、大金を要する話を持ち掛けられた場合は、「詐欺かもしれない」と意識するべきでしょう。

ちなみに、金銭目的の詐欺では、身分を偽っていることがほとんどです。

なので、どこかのタイミングで身分証を確認するなどして、相手の話が本当なのかどうかを確かめておくと良いでしょう。

詐欺に遭わないためのコツ

pcmax-keijiban7

ご紹介してきた詐欺行為には、軽度なものから本格的なものまで様々な種類があります。

とはいえ、すべてに共通しているのは、詐欺師は「良い出会いがほしい」という気持ちにつけ込んでくるという点です。

こうして文字にしてしまえば、「自分はそんなに簡単に引っかからない」と感じられるのですが、いざ当事者になると、急に盲目になってしまうのが怖いところです。

「こんなに丁寧なメッセージをくれる人が詐欺師であるはずがない」「自分が選んだのだから間違いはない」などと思い込んでしまった結果、客観的に考えればあきらかにおかしい状況でも、まったく疑わなくなってしまうのです。

それが写真詐欺程度の話であればまだ良いのですが、大きな被害に遭うこともあるため、しっかりと対策を講じる必要があります。

まずは、出会い系サイトでは詐欺や業者が蔓延している事実を知り、そして時々冷静になって客観的に相手を分析しましょう。

以下では、PCMAXを利用する際の詐欺対策をご紹介します。これらのポイントを意識することで、詐欺に遭う確率を減らすことができますので、参考にしてみて下さい。

まず一つめは、「実際に会ってみるまでは何も信じないこと」です。

写真が好みのタイプだったり、メッセージで熱烈に言い寄られたりすることもあるでしょうが、実際に会う前に鵜吞みにするのは危険です。

特に写真は、素人でも簡単に加工ができてしまいます。

逆に言えば、いくらメッセージを重ねても分からないことが多い訳ですから、なるべく早めに会ってみる方が合理的だということになります。

二つめは、「恋活目的では利用しないこと」です。

ご紹介した通り、PCMAXを利用している会員のほとんどは援助交際目的です。

そして、悪徳な業者もゴロゴロいます。

そのような状況で恋活を展開すること自体が、非常に危険であり、効率的とはいえないのです。

真剣に恋活をしている会員もわずかながら存在していますし、援助交際から本当の交際に発展する可能性もありますから、恋人ができる可能性は0ではないのですが・・・

詐欺を見抜く自信がないのであれば、マッチングアプリや結婚情報サービスを利用した方が無難でしょう。

三つめは、「人恋しいと感じているときに利用しないこと」です。

人間は寂しさや悲しさを感じている時に優しくされると、その相手に好意を持つ傾向があります。

腕の良い詐欺師はそういった弱さにつけ込んでくるので、「人恋しい」と感じているときは非常に騙されやすい状態であるといえます。

なので、「人恋しい」と感じているときは出会い系サイトではなく、家族や友人と話すようにするのが無難だといえるでしょう。

四つ目は、「業者のプロフィールやメールの傾向を知ること」です。

業者は効率的に相手を見つけるために、共通した特徴がいくつかあります。

一つ目は写真です。多くの男性とのやり取りをするため、タレントやモデル級の美女が写った写真を悪用していることがほとんどです。あまりにかわいい写真が使われている場合は、ほとんどが業者です。また、胸の谷間や水着の写真など、露出の多い写真を積極的に使用しているのも業者の特徴です。

次に、業者の特徴として、すぐに会いたがる、というものがあります。一般ユーザーの女性は、出会い系で知り合った男性と即日2人で会うことにリスクを感じます。

援助交際の相手を探している人であれば話は別ですが、普通の女性が1通目のメッセージからぜひ会いたいといった内容のメールを送ることはありえません。そういったメッセージが来た場合は、まず間違いねく業者です。

三つ目の特徴として、メールにおいて話がかみ合わないという特徴があります。

特にキャッシュバッカーは、ダラダラと無意味なやり取りを続ければ続けるだけポイントが稼げます。そのため、適度なタイミングでLINEの交換を打診しても、まるで何事もなかったかのように雑談を続けようとします。

もし業者ではなかったとしても、話の噛み合わない女性とのメールにポイントを使うのはもったいないだけなので、そう感じた時点で返信はしないようにしましょう。

まとめ

今回はPCMAXの掲示板をジャンルごとに分け、それぞれにありがちな詐欺をご紹介しました。

援助交際向けのジャンルであればさほど大きな被害は発生しないのですが、恋活向けのジャンルになってくると、本格的な詐欺のリスクがあります

また、どういう心境でPCMAXを利用するかによっても、引っかかりやすさが変わってきます。

これらを踏まえて考えると、PCMAXとは「気軽な感覚で援助交際を楽しむサイト」といえるのではないでしょうか。