ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2020.09.23 作成:2020.09.23

ハッピーメールのプロフ検索機能で絶対にやっておきたい活用法!業者対策と出会いやすいユーザーのフィルタリング

prof-kensaku-1

会員数が2000万人を超える国内最大級の出会い系サービスであるハッピーメール

そんなハッピーメールはプロフ検索を上手く活用するだけで、出会いに繋がりやすいユーザーを見つけやすくなるだけではなく、業者対策にもなります。

プロフ検索のコツを知っているかどうかで、出会えるかどうか、使用する料金すら変わってくると言っても過言ではありません。

最初から最後まで読むことで、プロフ検索の活用法を掴み効率的jに出会いを探せるようになるはずです。

プロフ検索は絶対に使うべき!プロフ検索を使用すべき2つの理由

この記事を読んでいる方はプロフ検索機能に興味があるはずだと思います。

ハッピーメールはプロフ検索以外にも検索機能が多くありますが、最も実用性が高いのはプロフ検索と、若干難易度が上がりますがピュア掲示板くらいです。

これは料金面と業者の多さに原因があります。

1.ハッピーメール主要機能の料金

ハッピーメールのプロフ検索を使うべき理由1つ目は、他の機能が高いにも関わらず出会いに繋がりにくいためです。

ハッピーメールで女性にアプローチするための機能は以下のようなものがあります。

機能 料金 出会いへの繋がりやすさ
プロフ検索+プロフィール閲覧 無料 maru
日記 無料 batsu
いいね!送信 10円/1回 batsu
タイプ送信 20円/1回 batsu
掲示板閲覧+投稿 60円/1件 sankaku
ボイスチャット(電話) 30円/15秒 batsu

プロフ検索とプロフィール閲覧は出会いに最も繋がりやすいにも関わらず、無料で利用することができます。

長年使ってきた経験上、いいね!とタイプ、ボイスチャットは全くと言っていいほど効果がないので使用しないのがおすすめです。

2.ハッピーメール機能別業者率

2つ目の理由が、プロフ検索以外の機能を使用して女性を探すと、業者と呼ばれる悪質ユーザーと頻繁に遭遇するためです。

ハッピーメールを始め、オンラインで出会いを探す際に業者を避けることはできません。

ちなみに、ハッピーメールに出没する業者は主に、風俗業者という風俗への集客を目的とした組織です。

各機能ごとの業者遭遇率は下記のとおりです。

機能 業者遭遇率
プロフ検索+プロフィール閲覧 普通
日記 普通
いいね!送信 高い
タイプ送信 高い
掲示板閲覧+投稿 高い
ボイスチャット(電話) かなり高い

つまり、プロフ検索はコスパが良いだけではなく、安全面を考えても、使用すべき機能であることが分かります。

ハッピーメールのプロフ検索でやっておきたい4つのこと

ハッピーメールのプロフ検索機能を使う際に絶対にやっておきたいことが下記の4つです。

1.アダルトな検索機能は絶対に使用しない
2.Web版をデフォルトで使うのがおすすめ
3.検索条件を絞り過ぎない
4.業者や出会いに繋がりにくいユーザーを事前にフィルタリング

具体的な設定のコツはありますが、それ以前にこの4つは必ず実施しておきたい項目です。

1.アダルトな検索機能は業者ばかり表示されるので注意

prof-kensaku-2

まず、ハッピーメールで絶対にやってはいけないのがアダルトな検索機能を使用すること。

ハッピーメールをWebで利用する場合、アダルトな条件を設定可能です。

アダルトな条件を設定すると、当然ですがアダルトな項目をプロフィールに設定している女性が表示されます。

当然、そうした女性は男性を釣ろうとしている業者だけです。

2.Web版を使用することで条件検索をフル活用

prof-kensaku-3

ハッピーメールで出会いを探す際は、Web版をメインに使用するのがおすすめ。

理由はWeb版のプロフ検索の方が充実しており、業者を見分けやすいからです。

アプリ版とWeb版のプロフ検索機能はほとんど変わりませんが、アプリ版ではアダルトな条件を設定することができません。

さらに、設定できないだけではなく、相手のプロフィールにアダルトな項目が設定されているか確認することもできません。

そのため、後ほど見分け方を紹介しますが、アプリ版で業者を見分けるのは非常に困難なのが現状です。

3.ニッチ過ぎる検索条件は指定しない

prof-kensaku-4

3つ目がニッチ過ぎる検索条件を設定しないこと。

好みに合わせてプロフ検索の条件を細かく設定すると、表示される女性ユーザーが減ってしまい出会いの機会を逃してしまいます。

また、好みに合わせて検索をしても、あくまでも相手の自己評価であり、絞りすぎない方が結果的に好みの女性を見つけやすいです。

ニッチすぎる検索結果を避けるためにも、下記の項目の設定には注意が必要だと言えます。

検索項目 設定する際の注意点
ルックス 設定しない
スタイル 細め〜ぽっちゃりの8段階で設定できるが、なるべく幅を持たせて設定
職業 1つに絞るのではなく、複数設定するのが重要
興味あること できれば設定しないのがおすすめ
タバコ・お酒 なるべく設定しない
どうしてもタバコ、お酒が嫌だという人のみ、「吸わない」「飲まない」を設定
血液型 設定しない

4.検索項目を活用して事前にフィルタリング

最後にハッピーメールのプロフ検索機能を使用する際は、アクティブなユーザー、業者を排除するといった2つの目的に合わせて、条件を設定するのが最重要。

これら2つと比べると、タイプな異性に合わせて検索する優先度はかなり低いです。

ハッピーメールはとにかく会員数が多いので、出会いに繋がりにくいユーザーを事前に排除することで、探す手間を軽減することができます。

目的別ハッピーメールプロフ検索の条件設定方法

目的に応じて設定しておきたいプロフ検索の条件を紹介します。

これを実行するだけで、より効率的に異性を探すことが可能です。

プロフ検索で絶対に設定してはいけない項目

prof-kensaku-5

プロフ検索の条件項目の中には、設定することで業者が大量に表示されてしまう条件があります。

すでにアダルトな検索条件は設定しない方が良いと解説しましたが、アダルトな項目ではなくても業者を避けるためにいじらない方が良い項目もあります。

ちなみに、下記の表は、この記事の中でも最重要です。

▼業者が多く表示される検索項目と対策

検索項目 対策 理由
職業 モデル、家事手伝い、無職以外を設定 業者や地雷女子が多い
興味あること その他の項目(主にアダルト関連)は設定しない 業者しか表示されない
カップ、3サイズ 指定しない 業者しか表示されない
動画 指定しない 動画を設定している男性、女性ともにまともなユーザは少ない
音声 指定しない キャッシュバッカーや業者率が高い

対策で紹介している項目については、デフォルトで常に設定しておくのがおすすめです。

設定しておくことでより便利な検索項目

次は設定しておくことで、より効率的にプロフ検索を活用できる検索項目です。

▼設定しておくと便利な選択肢

検索項目 選択肢 理由
居住地 自分の居住している都道府県 近場で異性を探すため
年齢 狙いたいユーザーの年齢層
自分の年齢層と近いと尚良い
アクセス状況 PC以外 PCでログインしている女性ユーザーは特に業者の可能性が高い
自己紹介 自己紹介あり
過去の利用 7日以内 7日以内よりもアクティブな「3日以内」に設定したいところだが、絞り過ぎるのは良くないため7日以内に留める
掲示板書き込み 掲示板なし 掲示板に自ら投稿する女性ユーザーは業者率が高い
交際ステータス 独身、交際中 ハッピーメールにはバツありや、既婚者がそれなりにいるため、特に理由が無ければ独身を選択
子ども いない

これらを設定することで、アクティブなユーザーかつ、出会いに繋がりやすいユーザーを表示することができます。

また、既婚女性はデフォルトで避けるのがおすすめです。

ネットの情報の中には既婚女性を狙うべきといったものがありますが、既婚女性は業者率が高いのであまりおすすめしません。

その他目的別に設定しておきたい設定パターン

かなり細かいですが、目的別に設定しておくと便利な項目をまとめました。

目的 設定項目
金持ち狙い(婚活) 「職業」大手企業、外資・商社、公務員、金融・保険関連
金持ち狙い
(パパ活など)
「職業」経営者・会社役員、弁護士・会計士、医師・医療関係
若い女の子狙い
(地雷を避ける)
「年齢」18〜19、20代前半
「職業」学生
酒・タバコを多用する人を避ける場合 「お酒」飲む、ときどき飲む
「タバコ」吸わない
セフレ目的 「交際ステータス」既婚、バツあり、交際中、別居中

セフレ目的だけであれば、独身女性をわざわざ狙う必要はなく、業者率は高いですが、既婚者を狙うのが有効です。

5年以上ハッピーメールを活用している私の設定例

私は良さそうな女の子がいれば付き合いたいし、セックスしたいといったハイブリッドな理由でハッピーメールを5年以上利用しています。

風俗業者や援助交際目的の女性とは絶対に出会う気は全くありません。

そんな前提条件の下、これまでに色々な検索条件を試したり、実際に会ってきた経験から行き着いた検索条件が下記のとおりです。

デフォルトで必ず設定すべきと紹介した項目以外を紹介します。

検索項目 選択肢 理由
身長 指定しない〜160-164 ヒールを履かれても自分より身長が高くならないように、自分の身長-7で設定
スタイル やや細め〜ふつう 痩せすぎず、ぽっちゃり体型でもない女性と出会いたい
職業 会社員・OL、上場企業、公務員
交通・旅行系、福祉・介護関連
広告関連、販売関連
飲食・食品関連、IT・Web関連
ブライダル、受付・秘書
サービス業、アパレル・ショップ
自分の知っている女性たちの職業と照らし合わせたり、実際に出会った結果
交際ステータス 独身、交際中 既婚者と婚姻歴のある女性を避けたかった
タバコ 吸わない 自分が吸わないため
子ども いない 既婚女性を避けるため

ここまでゴチャゴチャと紹介してきましたが、どう設定しようか迷っている方の参考になれば嬉しいです。

並び順はログイン順にしておく

prof-kensaku-6

最後にハッピーメールは条件設定とは別に、表示される順番を登録順あるいはログイン順に設定することができます。

登録順に設定すると業者ばかり表示されてしまうので、基本はログイン順に設定しておくのが安全です。

プロフ検索で業者と一般ユーザーを見分ける方法

プロフ検索で表示されるユーザーの中には、業者と呼ばれる悪質ユーザーが多くいます。

これはハッピーメールに限らず、どの出会い系とマッチングアプリでも避けることができません。

そこで、プロフ検索の結果から業者を見分ける方法を知っておくのが大切です。

ちなみにハッピーメールは大手出会い系の中でも、数少ないプロフ閲覧が無料の超優良サービスです。

したがって、ポイント消費を気にせずプロフィールを閲覧することができるので、ここで紹介する特徴に当てはまっていないかチェックした上で、メッセージを送るようにしてみてください。

まずは検索一覧画面のプロフィール写真に注目

prof-kensaku-7

20代で検索をすると割と可愛い女の子が表示されますが、その中でもずば抜けて可愛い女の子は業者の可能性が高いです。

可愛いと思う人もいれば、思わない人もいるくらいの女の子を狙うことで業者と遭遇する可能性を少し避けることができます。

詳細プロフィールから業者を判断するポイント

プロフ検索の結果から良いなと思った女性がいたら、次にすべきなのは顔写真をクリックして、プロフ詳細をチェックすることです。

プロフ詳細を確認することで、高精度で業者かどうか判断することができます。

プロフ詳細の上から順にチェックポイントを解説していきます。

1つでも当てはまった場合は、業者の可能性が極めて高いので、メッセージするのは控えるのがおすすめです。

1.自己紹介文にアダルトな単語が無いかチェック

prof-kensaku-8

自己紹介文で業者を見分けるのは実は簡単ではありません

上記画像は業者の自己紹介文ですが、これだけを見て業者だと判断するのは不可能です。

一方で、それほど多くはありませんが、自己紹介文から業者だと分かるユーザーもいるので最低限の特徴だけは押さえておくと便利だと思います。

・「優しい」「紳士」「美味しいご飯」など心が広く、お金に余裕のある年配の男性をターゲットにしたキーワードを使用
・「寂しい」「人肌恋しい」「彼氏欲しい」など明らかに出会い目的かつ、簡単に出会えそうな印象を与える言葉を使用

ハッピーメールの規制は年々厳しくなっているため、以前よりも売春やパパ活に関連した言葉が使用しにくくなっているおり、遠回しに表現する業者が増えています。

2.興味あることが複数設定、ジャンルバラバラに注意

prof-kensaku-9

自己紹介で判断できなくても、次の興味あることで業者かどうか高確率で判断することができます。

まず、チェックするべきなのは、「大人の交際」などアダルトな利用用途が選択されているかどうかです。

次に、興味あることが複数選択されており、なおかつ整合性が全くないこと。

業者はプロフ検索の結果に表示されるために、複数の項目を設定するのが一般的です。

3.基本情報はアクセス状況をチェック

prof-kensaku-10

私のこれまでの経験則ですが、女性の一般ユーザーはアプリを利用しているパターンが多いです。

そのためアクセス状況による業者の判断方法としては、下記のようになります。

アクセス状況 怪しさ
アプリ 一般ユーザーの可能性が高い
Web 一般ユーザーの可能性あり
PC 業者の可能性がかなり高い

PCのユーザーは警戒レベルマックスでメッセージをするのがおすすめです。

プロフ検索の時点で、アクセス状況でPC以外を設定しておけば、事前に避けることができます。

4.外見でカップを公開している女性は要注意

prof-kensaku-11

外見でチェックすべきなのは、カップの項目です。普通の女性は、自らカップサイズを公開することはありません

また、上記画像のように、スタイルのグラマーとカップサイズ公開が合わさると、なおさら業者感が増します。

5.ライフスタイルは出会うまでの希望をチェック

prof-kensaku-12

ここまでで見分けることができなかった場合は、出会うまでの希望をチェックします。

注意すべきは、「まずは会いたい」を設定している女性です。

これを設定しているからと言って、必ずしも業者とは言えませんが、注意しておいた方が良いと言えます。

6.自己評価でアダルトな項目を設定

prof-kensaku-13

プロフ詳細の自己評価にアダルトな項目を設定しているユーザーは、ほぼ100%業者です。

何度かメッセージを送信して試してみたことがあるのですが、一般ユーザーだったことはありませんでした。

7.相手に求める条件のストライクゾーンが広すぎる

prof-kensaku-14

相手に求める条件の幅が広すぎる女性は、確実に業者です。

求める条件を広く設定しているのは、プロフ検索の検索条件であるお相手の好みの年齢で「自分に当てはまる」を選択した男性の検索結果に表示するためではと思われます。

また、若い女性と遊びたいと考えている男性がプロフィールを見た時に可能性を感じさせる目的があることは明らかです。

8.掲示板への投稿履歴がある

prof-kensaku-15

プロフ詳細の最後にチェックすべきなのが、掲示板への投稿履歴です。

掲示板に投稿している女性が全て業者という訳ではありませんが、業者の可能性は限りなく高いと言えます。

特にピュア掲示板、その他掲示板(アダルト掲示板)と2種類ある中でも、その他掲示板で投稿をしている場合は100%業者なのでメッセージは送らないよう注意が必要です。

プロフ詳細まとめ

ここまでバラバラと注意すべきプロフィール項目を紹介してきたので、簡単にまとめます。

確認順 プロフ項目 危険度
1 自己紹介文にアダルトな単語 高い
2 興味あること複数設定・ジャンルバラバラ 高い
3 アクセス状況がPC 可能性あり
4 外見の項目でカップを設定 可能性あり
5 出会うまでの希望「まずは会いたい」 可能性あり
6 自己評価でアダルトな項目を設定 高い
7 相手に求める条件のストライクゾーンが広い 高い
8 掲示板への投稿歴あり 高い

危険度が高いとなっている項目に1つでも当てはまっていた場合は、絶対にメッセージしないようにします。

これらの項目の多くは、デフォルトで設定しておきたい項目で紹介したプロフ検索条件を設定おくことで、大部分は避けることが可能です。

わざわざプロフ詳細の複数項目をチェックするのは面倒という方は、戻って再確認してみてください。

ハッピーメールのプロフ検索から出会うまでの流れ

プロフ検索でいいなと思う女性を見つけてからどういう流れで、異性とデートの約束をするか流れを解説します。

ハッピーメールでは特に女性の倍率は高いので、適当にメッセージをするだけでは出会えない点には注意が必要です。

男性からメッセージでスタート

prof-kensaku-19

ハッピーメールでは女性からメッセージが来ることはありません。

ログインをすると、女性ユーザーからいいね!やメッセージは来ますが、確実に業者なので無視します。

そのため、プロフ検索で異性を探して、男性自らメッセージを送るのが大切です。

コミュニケーションは丁寧に行うのが必須

ハッピーメールは主にメッセージに対して課金されるため、ハッピーメール内メッセージから早くLINEやメールに移行するのがポイントです。

LINEやメールに移行するためにも、丁寧なメッセージを送ることは必須。

初回のメッセージでは自己紹介、メッセージをした理由(興味を示す)、締めの挨拶を入れます。

初回メッセージの例

はじめまして、◯◯と言います!

普段は◯◯の営業をしています。

笑顔が素敵だなと思ったのでメッセージしました!

お酒をよく飲むそうなので、もしメッセージでいいなと思ってもらえたら、美味しい居酒屋でお話できれば嬉しいです😆

私の場合は、かなり率直にメッセージを送っています。

タイミングを見てLINEへ移行

prof-kensaku-17

ある程度メッセージをしたら、LINEなど外部の連絡先を交換します。

そのためにも、ハッピーメールのアプリ内で女性に多く話をさせて楽しませたりするのが大切です。

私の経験則ですが、相手からの返信が早い時ほど交換のチャンスかなと思います。

例えば、1日1件、相手がログイン中なのに返信が来ない時などは優先順位が低くなっている可能性が高いので、連絡先交換を失敗する可能性が高いです。

デートの誘いをする

prof-kensaku-16

連絡先交換ができたら、デートの誘いをします。

誘う時はストレートに誘えば大丈夫なので、誘い文句をどうしようと悩む必要は特にありません。

「飲みにいきませんか?」のように、率直に聞いてしまって問題ないです。

連絡先交換ができて、しばらく連絡をできている時点で断られる可能性は低いと思われます。

まとめ

ハッピーメールの中でも最も使用するのがプロフ検索です。

つまり、プロフ検索を活用法を理解することで、ハッピーメールで出会いを探す成功率、効率は確実に良くなります。

今回紹介した内容は多かったので、参考にしようと思った方は、ぜひこの記事を読みながら条件設定をしてみてください。