ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2019.11.17 作成:2018.05.14

ハピメのプロフは画像・ムービー・ボイスのどれにするべきか

1 ハピメのプロフには5つの情報が載せられる

メインページのスマホ画面

ハピメのメインページを開くと、上の画像のようなボタンがいくつも並んでいます。赤い線で囲んでいる部分は実は全てあなたの情報を載せることができる機能で、その数実に5つにも及んでいます。
まあ、アバターに関してはゲーム要素が強いので情報と言っていいのか怪しいところでもありますが・・・気になるのはプロフムービーとプロフボイスですよね。
画像はすでにお馴染みの機能ですが、ムービーとボイスを載せられるサイトはなかなかないと思います。
そこで、ムービー、ボイス、画像のどれを掲載すれば出会いを円滑に進められるのかを解説していきたいと思います。

2 ムービー登録の仕方

ムービーを登録するには、マイページからプロフムービーのボタンを押して、ムービー登録画面に入ります。

プロフムービー登録画面

プロフムービー登録というボタンがページ真ん中程に配置されているので、こちらをタップ。

ムービー送信説明スマホ画面

フォームから送信するか、メールから送信するかの二択が表示されるのでお好みの方を選択。画像を送信したら登録完了です。
ムービーは、初回登録のみ20Pプレゼントのキャンペーンを行っているので、人の目に触れても抵抗がないという方は動画投稿に挑戦してみては。
ちなみに送信された動画はこんな感じでプロフに載ります。

ユーザーのプロフムービー動画視聴画面

3 ボイス登録の仕方

例によってマイページからプロフボイスを選択し、ボイス登録画面に飛びます。

プロフボイス登録画面

音声を追加するのボタン押して電話をかけます。電話が繋がると同時に録音が始まるので、プロフに流したい音声をここに吹き込みます。
登録している番号以外からかけたい人は、下部に別の番号を登録するとその番号からボイス登録ができるようになります。

4 情報は小出しにするのが鉄則!

静止画よりムービーやボイスの方が自己アピールができていいように見えますが、実はオープンにしすぎるとそれはそれで良くないんです。
「もっと顔が見たいな~」「話してみたいな~」くらいのところで止めておいた方が結果的には会えることが多いです。チラリズム効果とでも言うんでしょうか。見えそうで見えないくらいが丁度いいわけです。サイト上で全部見せてしまうと、相手はお腹いっぱいになり会う楽しみがなくなってしまうんですね。なので、おすすめは無難に画像でアプローチ、もしくはアバターでしょう。
補足ですが、女性のムービーは閲覧するのに5P必要なので、ルックスが気になる場合はムービーはスルーして画像を見るようにしましょう。

5 顔写真無しではほとんど会えない

できるならムービー、写真、ボイスどれも設定せずに会いたいと考えている人も多いでしょう。しかし、ハッピーメールでは顔写真がわからない状態で女性と出会うのはかなり難しくなります。

女性側の警戒心も強く、顔がわからない相手に対してはメールを一切返信しないという人も少なくはありません。人気の女性ユーザーは1日に30通以上のメールが届くことも珍しくはないため、返信率を上げて効率的に出会うためには顔写真の設定は必須です。

ボイスや動画設定もアピールとしては悪くはありません。しかし、どういった動画やボイスを撮るかが難しく、載せないよりも載せてしまった方がマイナスに作用する場合もあるでしょう。変に凝ったものを用意してしまってもナルシスト臭が感じられてしまい女性から敬遠される場合もあります。

6 どういった写真・プロフィールが適切なのか?

女性からのメールの返信率を高めるために、写真の設定とプロフィールの充実は必須です。写真はなるべく自然で他人から撮ってもらったもの、そして笑顔の写真がベストです。自撮りだとどうしても無表情になりがちで、女性からは怖い印象を受けてしまうためです。

また、プロフィールですが、なるべく詳細に入力することで女性からの返信率を上げられます。信頼できる人間なのかどうかが重要なため、住んでいる場所や身長に加え、どういった仕事をしていて何を目的でハッピーメールを始めたのかを記載しておくと良いでしょう。

7 ムービーとボイスを載せるなら

もしムービーやボイスに挑戦するのであれば、意識しておくべきポイントはいくつかあります。まず1つは顔がはっきりとわかること。会う相手の顔がわからなければ女性側も安心できないため、変に顔がわからないものを設定してもあまり意味はありません。

次に清潔感・誠実さを感じられるかどうかです。ハッピーメールではマッチングアプリに比べるとアダルトな出会いを求めている女性がやや多めな傾向にありますが、誠実さは重要なポイントです。もごもごして何を言っているのかわからないようなボイスであれば逆効果になってしまうため、注意が必要です。

最後に、ウケを狙った物はリスクが大きいことを覚えておきましょう。メールの返信にはユーモアがあればあるほど良いですが、動画やボイスで会う前にウケ狙いのものを載せてしまうと、自分が想像している以上に引かれてしまい、返信してもらえなくなる可能性もあります。