ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2019.12.01 作成:2018.05.05

ハピメでCB(キャッシュバッカー)を見分ける方法

cash-backer3-600x400

ハッピーメールに限らず、ポイント制の出会い系アプリに付き物なのがキャッシュバッカーです。
キャッシュバッカーとやり取りしてしまうとだらだらとメールを長引かされ、ポイントを大量に無駄にしてしまいます。
そこで今回は、ハッピーメールにおけるキャッシュバッカーの見分け方を解説していきます。
他のアプリでも参考になるはずなので、ぜひ読んでみて下さい。

1 ハピメにCB(キャッシュバッカー)はいるの?

キャッシュバッカーとは、出会い系にあるキャッシュバック制度(換金システム)を利用してお小遣い稼ぎをしている素人女性のことを指します。

ハピメではポイントを現金に交換してくれるシステムがあるのでキャッシュバッカーもそこそこにいます。しかし、メール1通でもらえるポイントはわずか2Mと泣きたくなるようなレートの低さなので、そこまで活発にキャッシュバッカーが活動しているとは思えません。

2 ハピメでのキャッシュバッカーの見分け方

とはいえ、やはりシステム上キャッシュバッカーが活動できる環境であることは確かなので、ここではキャッシュバッカーの見分け方を解説していきます。

キャッシュバッカーはできるだけレートの高いカテゴリーで効率よくお金を稼ごうとするので、メール交換はあまりしません。

ではどういう場所に出没するのかというと、主に以下の3つです。

  • ボイスチャット
  • アダルト動画・画像
  • メールH・TEL

順番に見ていきましょう。

ボイスチャット説明画面

ボイスチャットのレートはかなり高く設定されています。
1分あたり30M、転送電話なら20Mのポイントを稼ぐことができるので、1時間通話すれば1800円です。バイトするよりずっと効率よく稼ぐことができるので、CBはボイスチャットを積極的に使っています。
ちなみに男性は15秒で3P(30円)を消費します。1時間トークすれば7200円です。大人しくキャバクラに行った方がまだマシと思える金額です。

アダルト動画・画像もボイスチャット程ではありませんがレートが高いです。

動画や画像を投稿して「すごくいい評価」をもらうと30円、「いい評価」をもらうと20円稼げるので、アダルト動画や画像を積極的に投稿している女性は要注意です。

どんなサイトでもそうですが、アダルトワードが含まれている女性は素人ではありません。
普通の女性はそういった場所に画像を投稿したりしないので、騙されないようくれぐれもご注意ください。
基本的にボイスチャット機能は、男性と女性が通話して仲良くなるためのものではなく、チャットレディといった女性が稼ぐための手段として存在しています。
ボイスチャット機能を誘ってきた時点で100%キャッシュバック目当てとみて間違いありません。

女アダルト動画と画像の投稿画面

メールH・TELに投稿している女性は全員CBと思っていただいてOKです。

メールとTELは合わないことが前提で、かつメールのラリーを長引かせることができるカテゴリーなので、メールで稼ぎたいCBはここに集中します。

会うことが前提の方はそもそもこの掲示板を覗くことはないと思いますが、興味本位でもメールしないようにしましょう。

3 メール機能を利用したキャッシュバッカー

メールで稼げるポイントは非常に低く、稼ぐためには途方もないやり取りが必要になるため、数は少なくなります。しかし、0ではありません。
また、メールを利用したキャッシュバッカーが最も見分けにくく、厄介な存在とも言えます。そのため、キャッシュバッカーに限らず、ある程度のやり取りをしてもLINEやカカオトークに移行できない相手は即連絡をやめてしまうのをおすすめします。
女性側にその気が無くとも、連絡先を出し渋るのはキャッシュバッカーと同じです。
ハッピーメールには多数の女性が利用しています。1人の相手に固執していては、出会いを逃してしまうことになります。

4 まとめ

今回は、ハッピーメールでのキャッシュバッカーの見分け方を解説していきました。
ハッピーメールではキャッシュバックの効率が非常に悪く、現在キャッシュバック目当てで利用している女性はほとんどいません。
しかし、アダルト動画の投稿や、ボイスチャットの誘いが合った場合は、一般ユーザーとは言い難い相手となるため、十分に注意しましょう。