2019.06.10

マッチングアプリで関わってはいけない要注意人物一覧!ヤリモク、既婚者、業者、サクラ

matching-app-chuui
低価格で、異性との出会いを探せる便利なマッチングアプリ
 
便利ではあるものの、出会いを探したい人にとっては迷惑な要注意人物も利用しています。
 
ヤリモクや既婚者、業者、経歴詐称、いいね稼ぎ目的の足跡女子など要注意人物はさまざま。
 
数こそ多くはないですが、可能であれば要注意人物に遭遇して不快な思いはしたくないものです。
 
今回はマッチングアプリの要注意人物の種類と、見分け方をまとめました。
 
マッチングアプリを安心して利用したい方は、ぜひチェックしてみてください。

 

どのマッチングアプリにもいる要注意人物とは

matching-app-chuui2

要注意人物というと怪しいマッチングアプリにしかいないイメージがあるかもしれません。
 
しかし、Pairs、Omiaiwith、タップル誕生など会員数数百万人を超える知名度の高いマッチングアプリにもいます
 
どのアプリにも似たような要注意人物がいるため、要注意人物ごとの見分け方さえわかれば、汎用的な判断方法を把握することが可能です。
 
マッチングアプリには、下記のような要注意人物が出没します。

 

  • ・ヤリモク
  • ・既婚者
  • ・業者(ビジネス勧誘、風俗業者)
  • ・サクラ
  • ・経歴詐欺
  • ・いいね稼ぎ目的の足跡女子
  • ・結婚詐欺師

 
マッチングアプリによっていたりいなかったり、多い少ないはあります。

マッチングアプリの要注意人物の見分け方

要注意人物の種類ごとに共通する見分け方を紹介します。
 

ヤリモク男はデート前に判別

matching-app-chuui3

マッチングアプリの要注意人物の中でも、遭遇してしまう可能性が比較的高いのがヤリモクです。
 
合コン、学校、職場、マッチングアプリと場所を選ばず、ヤリたいだけの男性は多くいます。
 
ヤリモクの男性の見破り方は、「遅い時間にデートしたがる」「下ネタを話したがる「個室デートを好む」の3つが特徴です。
 
気軽に異性と繋がれるなど、ライトな出会いを訴求するマッチングアプリには多い傾向があります。
 

マッチングアプリに共通する出没頻度 出没頻度が少ないマッチングアプリ
普通 婚活アプリ:ゼクシィ縁結び
恋活アプリ:Pairs、Omiai、with

 

プライベートを明かさない隠したがりの既婚者

matching-app-chuui4

既婚者の見破り方は出会う前と、出会った後で見分け方が大きく2通りあります。
 
出会う前はプロフィールを詳細に記載していないユーザーは既婚者の可能性が高いです。
 
特に既婚者は顔がバレたくないので、隠す傾向にあります。
 
そのため、既婚者はメッセージ内で細かい自己紹介文を送ってくることが多いです。
 
一方、出会った後であれば、相手の自宅、友人、SNSをなかなか教えてくれない場合は既婚者だと判断できます。
 

マッチングアプリに共通する出没頻度 出没頻度が少ないマッチングアプリ
珍しい 婚活アプリ:ゼクシィ縁結び

 

ビジネス勧誘業者は投資、副業がキーワード

jishou-toushika4

マルチビジネス、ネットワークビジネスともいわれる怪しいビジネスの勧誘をしてくる業者。
 
意外にも、知名度の高い恋活アプリによく出没します。
 
ビジネス勧誘業者はどこかで勧めたいセミナー、投資システム、美容グッズ、団体加入など商品を勧めたいと考えています。
 
そのため、どこかで彼らの営業トークである副業、お小遣い稼ぎ、投資、ビジネスなどのキーワードを使いがちです。
 
プロフィール、メッセージなどで少しでも怪しいキーワードを見かけたら、ビジネス勧誘業者の可能性を疑うのをおすすめします。
 

マッチングアプリに共通する出没頻度 出没頻度が少ないマッチングアプリ
普通 婚活アプリ:ゼクシィ縁結び

 

女性からの脈ありアプローチは風俗業者の可能性大

matching-app-chuui5

ハッピーメールYYCPCMAXなどライトな出会いに特化したマッチングアプリで多いのが、風俗業者です。
 
個人女性のふりをして、男性に近づき、身体の関係と引き換えにお金を要求します。
 
女性からのメッセージ、エッチの誘いは基本的に風俗業者だと判断することが可能です。
 
ゼクシィ縁結び、Pairs、Omiai、withなど真面目な婚活や恋活アプリにはほとんどいません。
 
ライトな出会いに特化したアプリではかなりの頻度で風俗業者が、真面目路線のアプリではまれにビジネス勧誘業者という形で分かれます。
 

マッチングアプリに共通する出没頻度 出没頻度が少ないマッチングアプリ
多い 婚活アプリ:ゼクシィ縁結び
恋活アプリ:Pairs、Omiai、with

 

サクラ対策はマッチングアプリ選びから

マッチングアプリでよく疑われるのが、運営会社によるユーザー水増しのサクラです。
 
マッチングアプリにおけるサクラは、サクラを活用して、利用者からお金を取るという点で、詐欺罪になります。
 
したがって、知名度の高い有名なマッチングアプリには当然いません
 
サクラを避けるためには、マイナーなアプリ、完全無料で使えるアプリを避けるのが一番の対策になります。
 

マッチングアプリに共通する出没頻度 サクラがいないマッチングアプリ
アプリによって有無が異なる 婚活アプリ:ゼクシィ縁結び
恋活アプリ:Pairs、Omiai、with
ライトな出会い:ハッピーメール、YYC

 

ハイスペックな男性に経歴詐称の傾向あり

matching-app-chuui6

恋活、婚活する女性の敵ともいえる、経歴詐称をする男性。
 
マッチングアプリでは高収入な男性ユーザーに、経歴詐称の傾向が多いです。
 
経歴詐称をしているかどうかは、実際に会うまで分かりません。
 
怪しいなと感じたら、「お仕事はなにをしてるんですか?」という流れから、「本当ですかー?」と冗談混じりに聞いてみるのが良いです。
 
ほとんどの場合、名刺を出してくるはずです。名刺さえあれば、SNSなどで情報の信憑性をチェックすることができます。
 
経歴詐称をする男性は、年齢確認、収入証明、卒業証明まで提出ができる婚活アプリを使うことで、事前に避けることも可能です。
 

マッチングアプリに共通する出没頻度 出没頻度が少ないマッチングアプリ
少ない 婚活アプリ:ゼクシィ縁結び、youbride

 

年齢差、高嶺の花女子からの足跡は無視

matching-app-chuui7
 
次に足跡をつけて、男性からいいねをもらうことで、マッチングアプリ内で人気ユーザーになろうとしている女性もいます。
 
男性からしてみると、いいねを無駄に消費してしまうので、迷惑な話です。
 
実際に人気恋活アプリで人気ユーザーになっている20代の女性は、「いいねを返してくれそうな男性を検索して、足跡をつけた」と言っていました。
 
自分よりも年齢が一回り以上年下の女性など、なぜこんな人が自分にという可愛い女性からの足跡は、足跡だけ女子の可能性が高いです。
 
足跡を無視して、自分から女性を探していけばいいだけなので、あまり気にする必要はありません。
 

マッチングアプリに共通する出没頻度 出没頻度が少ないマッチングアプリ
普通 婚活アプリ:ゼクシィ縁結び、youbride

 

レアケース 結婚詐欺師はお金の要求が多め

matching-app-chuui8

マッチングアプリはおろか、リアルでさえほとんど遭遇する可能性はありませんが、結婚詐欺師は実際にいます。
 
結婚詐欺というと、身体の関係を持つために、気があるフリをすると思う方もいるかもしれません。
 
しかし、それは結婚詐欺とは言わず、犯罪にもならないケースがほとんどです。
 
結婚詐欺の本来の意味は、結婚をチラつかせて、信頼関係を築くなどして、何かしらの資産を奪うことを指します。
 
やたらとお金を貸して欲しいと言ってきたり、お金がかかる場面で後で返すからお願いと言ってくる男性は結婚詐欺師の可能性が高いです。
 
同様に、借金、親の病気、これが欲しいなどと、理由をつけて金銭の要求をする女性も結婚詐欺師の可能性があります。
 

マッチングアプリに共通する出没頻度 出没頻度が少ないマッチングアプリ
ほとんどいない

要注意人物を避けたい方向け!おすすめのマッチングアプリ

恋活アプリ最大手Pairs(ペアーズ)

pairs-top

恋活アプリ一番のおすすめは最大手のPairsです。
 
会員数が多い分、いいね稼ぎ目的の足跡女子がいたり、経歴詐称をする人が少なからずいますが、他アプリと比較すると断然出会いやすく、安全に使用できます。
 
これまでに20万人以上がPairsを通じて交際、成婚しており、恋人探しはもちろん、将来のパートナーを探している方まで対応。
 
会員数が多いだけあり、どんな年齢層、収入層でも利用者がいるため、使う人を選ばないのがPairsを使うメリットです。

 

会員数 月額料金
1000万人 男性:2592-4298円
女性:無料

 

Pairsの要注意人物出現頻度一覧

要注意人物 出現頻度
サクラ batsu-mark
業者 sankaku
ヤリモク sankaku
既婚者 sankaku
結婚詐欺師
いいね稼ぎ目的の足跡女子 maru
経歴詐称 maru

 

超優良婚活アプリのゼクシィ縁結び

zexy-enmusubi-top

婚活アプリで一番おすすめなのが、リクルートが運営するゼクシィ縁結びです。
 
婚活アプリということで、Pairsよりも提出できる本人確認書類が多く、業者、既婚者、経歴詐称のユーザーはほとんどいません
 
男女ともに年齢確認だけでなく、卒業証明、収入証明、資格証明まで任意で提出することが可能です。
 
提出済みの利用者であれば、要注意人物の心配はほとんどないといえます。
 
婚活アプリではあるものの、真剣に恋活したい方にも便利です。
 

会員数 月額料金
85万人 男性:2592-4298円
女性:2592-4298円

 

ゼクシィ縁結びの要注意人物出現頻度一覧

要注意人物 出現頻度
サクラ batsu-mark
業者 sankaku
ヤリモク sankaku
既婚者 sankaku
結婚詐欺師
いいね稼ぎ目的の足跡女子 sankaku
経歴詐称 sankaku

まとめ 要注意人物は徹底無視でマッチングアプリで恋活・婚活

マッチングアプリには決して数は多くないものの、要注意人物は存在します。
 
見分け方はそれほど難しくなく、そもそも適切なマッチングアプリを活用すれば、遭遇する頻度すら下げることが可能です。
 
そして、結婚相談所や婚活パーティにもヤリモクの男性がいたり、お金目的の女性はいます。
 
マッチングアプリには結婚相談所、婚活パーティにはない時間、お金の面で大きな利用価値があります。
 
要注意人物は徹底的に無視して、気に留めず、マッチングアプリで恋活、婚活を進めてみてください。