2018.08.05

マッチブック終了までに出会う!女性会員の画像解説付き

来春に閉鎖を告知しているマッチブック。最後の大盤振る舞いキャンペーンをしています。2019年1月31日まで。
マッチブックキャンペーンスマホ画面

ペンマークのイラスト現在契約中の会員さんへ配慮したサービスでもあります。やっぱりマッチブックは優良だった!

マッチブックは2019年3月4日サービス終了予定です。
マッチブックサービス終了告知スマホ画面
マッチブックサービス終了説明スマホ画面
リクルートグループが運営しているマッチングアプリ「マッチブック」。
大手マッチングアプリ、Pairsやwithと基本的な機能は同じで、それら2つのアプリを使い慣れた人が流れてこちらを利用する方も多くいらっしゃいます。

マッチブックにはどんな女性会員がいるのか?
ルックスが良い女性会員は多いのか?
以下は総合的にオススメだったのかどうかを解説した記事です。

ルックスがいい会員がいるのがウリのアプリだったが本当か?

一時期マッチブックは大学のミス&ミスターが会員となっている事で話題なっており、ルックスのいい会員がいるということで注目を浴びました。
今やそんな話はいつの事やらという感じですが、では実際にルックスの良い女性はいるのかと言うと、それなりにいます。
ものすごく多いと言う訳ではないですが、かわいい子や綺麗な子は確かにいるなというのをサイトを開いて実感できました(ただし、その子たちとマッチングできるかは別です)。
とは言え多い訳ではなく、他のマッチングアプリと差はそこまで無いなというのが率直な感想ですね。
つまり、ルックスがいい会員がいるのがウリとしていますが、言う程ではないと判断しました。

女性会員の利用目的や割合について

比較的ルックスの良い子が揃っているマッチブックですが、登録している女性会員の利用目的やどういった女性が多いのかについて画像付で解説致し、その上で割合を算出致します。
こちらを参考にし、自身が利用する際にニーズに合った女性を狙うようにしてみましょう。

恋活している人はこんなユーザー

マッチブックで恋活している女性ユーザーのプロフ画像
女性ユーザーのプロフィール"
マッチブック利用者で最も多い恋活ユーザーですが、具体的にはどんな人が該当するか以下にまとめました。

・基本的なプロフィールや自己紹介文、サブ写真をしっかりと埋めていること
・顔出ししていること(加工アプリやプリクラ等は極力避けていること)
・ログイン時間が24時間以内(もしくは3日以内のオフライン)
・年齢が20代前半~30代前半を目安
・Facebook友達数が多すぎず少なすぎず(10人は怪しいが、800人とか多いのも怪しい)
・「結婚に対する意思」が「いい人に会えたらしたい」「2~3年のうちにした」「わからない」に項目を入れていること
・初回デート費用で「割り勘」「相手と相談して決める」に設定していること

いわゆる真面目なプロフィールを入力している上に、ちゃんとログインしている女性、そして結婚に対する意思に「できるだけ早くしたい」という項目でない人が該当します。
特に、年齢が20代前半はやや低いですが、中盤~後半辺りは恋活確率が上がっていきやすいので、その辺りの年代の女性は狙い目ですよ。

婚活している人はこんなユーザー

婚活している女性ユーザーのプロフ画像
女性ユーザーのプロフィール"
正直かなり少ない婚活ユーザーですが、以下の項目に当てはまれば当てはまる程に確率がアップします。

・基本的なプロフィールや自己紹介文、サブ写真をしっかりと埋めていること
・顔出ししていること(加工アプリやプリクラ等は極力避けていること)
・ログイン時間が24時間以内(もしくは3日以内のオフライン)
・年齢が30歳~40代程
・Facebook友達数が多すぎず少なすぎず(10人は怪しいが、800人とか多いのも怪しい)
・「結婚に対する意思」が「できるだけ早くしたい」という項目に入れていること。

恋活ユーザーとの違いは、結婚に対する意思が「できるだけ早くしたい」ということと、年齢が30歳以降ということで、その条件に当てはまれば当てはまる程に確率が高くなります。
もちろん20代でも結婚に対する意思が「できるだけ早くしたい」という項目にしている方もいますが、結婚願望の多さや婚活に一生懸命であることから考えると、30歳以降がニーズに叶っていると言えるでしょう(20代だとまだ年齢的に余裕がり、そこまで熱意が強くない為)。

何となく登録しているだけの人

何となく登録しているだけの女性ユーザーのプロフ画像
女性ユーザーのプロフィール"
残念ながら相当数いるこのユーザーですが、以下の内容の項目を避ければ大丈夫ですので、きちんと確認するようにしましょう。

・登録日が1週間しか経過していないのに、もうオフライン
・ログイン時間が1週間以上(既にやる気無しなのでスルー)
・プロフィール項目を殆ど埋めていない
・自己紹介文が短いか、無い
・顔写真を登録していない

明らかにやる気が無いと一目で分かるプロフィール項目であれば避けて下さい。
また、検索項目でログイン時間順に並べて探せばそこまで大変な事ではないので問題ないでしょう。

サクラや業者について

サクラと思われる女性ユーザーのプロフ画像
女性ユーザーのプロフィール"
地味に一定数いるサクラや業者ですが、以下の項目になります。

・相手からいいねしてきた女性がハイスペック過ぎてぶっ飛んでる(若くてルックス良いのに経営者で高年収など)。
・Facebook登録数が極端に少ないか極端に多い(10人程度か1000人以上)

まず1点お伝えしたいのが、ルックスの良い女性自らいいねすることはありません(かわいくない人は別)。
その為、かわいい子からいいねしてくれたと思っても高確率でサクラなので、スルーしましょう。

全体の割合について

恋活、婚活、何となく登録している人、サクラ・業者ユーザーを1,000人以上調べてパーセンテージにて算出し、円グラフにてまとめました(ただし、一週間以上の放置しているユーザーは除く)。

【調査日2018年8月11日】

女性の目的

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

全体的な利用者の層を見ると、恋活目的が半分以上で占めています。
次に「何となく登録したユーザー」ですが、避けてアプローチすれば、いいね数を無駄にすることなく対応できるので、先に解説した内容に沿っていいねして下さい。
また、利用者の年齢層もあってか、婚活向きではないことが顕著に表れているでしょう。

女性の年代層

マッチブック全体の年代別女性ユーザー年齢層です。
【調査日2018年8月11日】
年代別女性ユーザー年齢層グラフ

グラフを見て分かる通り、20代の会員数が圧倒的に占めています。
その為、20代の若者向け利用者が多いことが顕著に表れているのです。
つまり、20代の若い女性を探したい方にはオススメできるアプリと言えるでしょう。

月額課金して利用するだけの価値があるか

20代女性会員が約8割を示すマッチブックですが、月額課金して利用するだけの価値があるかと言われると、ハッキリ言ってありません(ただし、Pairs等の他のマッチングアプリに飽きた方は考慮する余地ありとします)。
何故課金する価値が無いのかを具体的に解説致します。

①女性会員のアクティブユーザー数が極端に少ない

一番の理由はこちらです。
20代女性会員が多いですが、そのメインとなる20代女性会員のアクティブ数が極端に少ないのです。

以下、ログインして1週間以内の女性をアクティブユーザーとした比率です。
【調査日2018年8月11日】
年代別女性アクティブユーザー比率グラフ

18~19歳 アクティブユーザー数:11%
20~24歳 アクティブユーザー数:3%
25~29歳 アクティブユーザー数:7%
30~34歳 アクティブユーザー数:11%
35~39歳 アクティブユーザー数:13%
40歳以上 アクティブユーザー数:12%

本来最も多い20代の会員数のはずが、アクティブユーザーとして活動している割合は1割も満たないのです。
これは1週間以内の人数によるものなので、これで3日以内にしたらさらに低下するでしょう。
つまり、いかに女性会員がマッチブックを利用していないかが顕著に表れているのです。

利用していなければ、女性とマッチングできないですし、いいね数が無駄になってしまうので、何の為にいいねをしているのかが分からなくなってしまいます。

ペアーズ、with、マッチブックの月間アクティブユーザー数を比較

【調査日2018年8月7日】
ペアーズ with マッチブックのアクティブユーザー数比較
マッチブックの月間アクティブユーザーはペアーズの約100分の1です。
withはアクティブユーザーが安定しないものの、withのアクティブユーザーが少ない時期と比べても、マッチブックはwithの約10分の1です。

②他のマッチングアプリに比べて会員数が少ない

ここ1年~2年程で出たマッチングアプリと比較すると数は多いですが、それでも大手マッチングアプリに比べたら極端に少ないです。
その上でアクティブユーザー数の少なさなので、拍車がかかります。
さらに、地方都市利用者ともなると、マッチングできるかどうか以前に健全な利用者がいるかどうかも怪しいレベルとなります。

③男性マッチング数が少ない

男性プロフ画像とマッチング数

私の女友達に、マッチブック利用でどの程度男性がマッチングしているか協力して貰いました。
そしたら、全国1位のいいね数を保有する男性ユーザーは134いいねと、他のマッチングアプリに比べて非常に少ない数字だったのです(全国1位のユーザーは恐らくサクラですが)。
全国20位でも45いいねという少なさだったので、いかに女性とマッチングできないかがさらに分かりました。

以下、1位から30位までの全国いいね数の数値です。
【調査日2018年8月11日】
全国で男性がもらっているいいね数 1位から30位までのの数値

④システムや機能がPairsの劣化版

システムがpairsと似ているのは使いやすいのでメリットですが、機能においてPairsのパクリというか劣化版なので個性が全くありません。
それこそ女性ユーザーにバレない「シークレットモード」や、一時的に上位表示にさせる「ブースト機能」など、やっていることがPairsと変わらないのです。
劣化版というのは、Pairsにはどんな趣味があるのかという「コミュニティー」がありましたが、マッチブックにはありません。
全体を通して見ると、使いやすさ以外にこれといった個性的な機能が無いので、何だかなぁ…という感じが拭えないです。

⑤イベントをあまり行わない

通常、どのマッチングアプリでも各種イベントを行うのですが、マッチブックに関してはイベントがこれと言ってありません(いいねたくさん無料でできるイベントや、各種オリジナルイベント等)。
その為、マッチブックをやりたいと思わせる、活気付けるイベントが少ないのです。
こういった部分が無いと、どうしてもアクティブユーザー数は減少し、ログインを一切しないゴースト会員か退会ユーザー増加のケースが多発してしまうので、その点においても悲しいところです。

まとめ

昨年を通じて利用者が激減しているマッチブックですが、調査した結果、納得がいく理由となりました。
もちろんこちらが全て良くないとは言いませんが、現時点ではオススメしにくいです。
運営は2018年からライブ動画でやり取りできる新機能を追加し、利用者のサービス向上はしているので今後の人気動向にも注目したいです。
他のマッチングアプリに飽きた方は、新鮮さを味わう為にもやってみるのも良いでしょう。
この記事を参考にし、マッチブックの登録をよく検討して頂けたらと思います。

さようならマッチブック。4年間ありがとう、そしてお疲れさまでした!