2019.03.19

YYCとイククルを比較!コスパ、サクラの有無まで徹底検証

yyc-ikukuru-hikaku
大手出会いマッチングアプリYYCイククルを比較し、どちらが出会いやすいのか、使いやすいのか検証してみました。
 
YYCとイククルどちらを使用するか迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。
 

YYCとイククルの概要

YYCとイククルはどちらも国内最大級の出会いマッチングアプリとして有名で、2000年から運営実績があります。
 
YYCは男女の利用率のバランスが良いことが分かります。
 

YYC イククル
会員数(2019年2月時点) 1400万 1200万
男女比(2019年2月時点) 6:4 8:2
主な年齢層 20-30代 20-40代
運営企業 Diverse プロスゲイト
サービス開始 2000年- 2000年-

 

最初にYYCとイククルの会社は安全なのか調査

どちらも運営歴の長いマッチングアプリですが、念のため、会社が健全に経営されているのかを調べてみました。
 
サービスの中には、実態のないペーパーカンパニーが経営していることもあり、サクラだらけの詐欺サイトも存在します。
 

YYC イククル
企業HP DiverseHP 法人台帳に実態有
代表名 津元啓史 佐藤靖久
所在地 東京都千代田区永田町2-10-3 東急キャピトルタワー 13F 兵庫県神戸市中央区雲井通3-2-3

 
イククルは企業の公式HPの確認ができませんでしたが、実態のある会社であることは確認ができました。
 
YYCはもともと上場企業であるmixiのグループ会社であったりしたこともあり、公式サイトもおしゃれな安心感のあるホームページになっています。
 
結果としては、どちらも安全な企業なので、アプリも安心して使用可能です。

YYCとイククルの口コミはこんな感じ!

良い口コミ

YYC編

yyc-ikukuru-hikaku-inyo
引用:GooglePlay
 

イククル編

yyc-ikukuru-hikaku-inyo2
引用:GooglePlay
 

悪い口コミ

YYC編

引用:@飛緑魔@零崎龍織
 

イククル編

引用:@高垣楓
 
口コミはYYCの方が圧倒的に好印象なものが多いですが、どちらもサクラや業者がいるという口コミが目立ちます。

YYCとイククルの会員層を徹底調査!誰でも使える?

YYCとイククルの1日あたりアクティブユーザー数

YYCとイククルの1日の利用者数ですが、他のマッチングアプリと比較しても、かなりの利用者数です。
 
中でも、YYCはアクティブユーザー数でトップクラスだといえます。
 
利用者数、男女比のバランスが良いYYCは良い口コミが多い理由が分かります。
 

YYC イククル
北海道 16000人 4320人
東北 31000人 7200人
関東 106000人 25000人
中部 41200人 15000人
近畿 54000人 16000人
中国 14000人 4100人
四国 7300人 1800人
九州 27000人 5700人
沖縄 2800人 400人

 

YYCとイククルは20代から40代のアクティブユーザーが多い

居住地別だけでなく、年齢別でもかなりの利用者がいます。
 
YYCは20代、30代のアクティブユーザーが多く、イククルは40代以降の利用者も多いです。
 
20代以上の方であれば、どちらを使っても、十分に出会いを探せるはずです。
 

YYC イククル
18-19 520人 2880人
20代 37000人 50400人
30代 29600人 24480人
40代 5000人 28800人
50代 1400人 5760人
60代以上 400人 2880人

口コミにあったYYCとイククルはサクラと業者だらけは本当?

YYCとイククルには運営側が雇ったサクラはいません。
 
利用料金は相場であり、十分な会員数がいるため、サクラを雇うメリットはほとんどなく、むしろ風評被害のリスクさえあります。
yyc-ikukuru-hikaku2

ただし、どちらにも風俗集客を目的にした業者はいます。
 
プロフィールや送られてくるメッセージを見ればすぐにわかるので、女性に対して健全なイメージを持っていれば無駄にポイントを消費してしまうこともないと思われます。
 
女性からのメッセージや、やたらと綺麗な女性、アダルトなメッセージ内容は業者だと把握しておくと、効率的に出会うことができます。

すごいのは利用者数だけ?会員の質も調査

外見レベル

yyc-ikukuru-hikaku3

外見レベルはYYCの方が上です。イククルは普通の女性が多いものの、そうではない女性も多く登録しています。
 
YYCは可愛い人、普通より少し上というレベルの女性がかなり多いです。
 
その分人気度も高く、男性も誠実なコミュニケーションをするなど、出会うための努力が必要です。
 

YYC イククル
ブサイク 10% 25%
普通 85% 74%
可愛い 5% 1%

 

職業 真面目系恋活アプリよりも利用しやすい

yyc-ikukuru-hikaku4

YYCとイククルですが、バリバリ働く高収入の女性は少なく、学生や事務職、専門職の女性がほとんどです。
 
男性としても、自分の収入を気にせず利用しやすいといえます。
 
YYCの場合は、平均年収以上だと思われる仕事についている女性もかなりの人数がいました。
 
それなりに収入のある女性と出会いたい方は、イククルではなく、YYCを利用するのがおすすめです。

YYCとイククルの料金を徹底比較!どっちが安く使える?

YYCとイククルの料金一覧

YYCの料金一覧

YYCはまとめ買いの料金体系がかなり分かれており、32400円まで購入オプションがあります。
 

購入価格 ポイント数 1Pあたり料金
980円 907P 1.08円
1080円 1000P 1.08円
2160円 2000P 1.08円
2980円 2759P 1.08円
3240円 3501P 0.92円
4320円 4752P 0.9円
4800円 5235P 0.9円
5400円 6000P 0.9円
9800円 11507P 0.85円
10800円 13000P 0.83円
21600円 27000P 0.8円
32400円 42000P 0.77円

 

イククルの料金一覧

イククルも購入価格で比較すると、同じ価格帯であれば、同じくらいの料金です。
 
これだけだと、どちらが低価格で女性と出会えるのか分からないため、さらに詳しく見ていきます。
 

購入価格 ポイント数 1Pあたり料金
1000円 100P 10円
2000円 210P 9.5円
5000円 550P 9円
10000円 1200P 8.3円
20000円 2550P 7.8円
30000円 3950P 7.59円
40000円 5500P 7.27円
50000円 7200P 6.9円

 

YYCとイククルどっちがコスパが良いのか白黒つけます

YYCとイククルはポイントをチャージして、購入したポイントを消費することで女性とやり取りをしていきます。
 
そして、ポイントですが、YYCは1P1.08円に対して、イククルが1P10円と1Pの料金が異なるだけでなく、プロフィール閲覧などの機能も違うため、10人の女性にアプローチする上で必要な費用を比較します。
 
イククルで10人の女性にアプローチする場合は、800円必要です。

 

項目 費用 合計
プロフィール閲覧 1人10円×10人 100円
プロフ画像閲覧 1人20円×10人 200円
初回メッセージ送信 1通50円×10人 500円
アプローチの総費用 800円

YYCで10人の女性にアプローチする場合は、最低でも600円必要なので、イククルより200円安く利用可能です。
 

項目 費用 合計
プロフィール閲覧 1人10円×10人 100円
初回メッセージ送信 1通50円×10人 500円
アプローチの総費用 600円

イククルはプロフィール画像閲覧にお金がかかるため、実際はもっとお金がかかるので、5000円はすぐに使ってしまいます。

 

念のため無料でもらえるポイント数も調べた結果

YYCとイククルの無料でもらえるポイント数を比較した結果はイククルの方が多いことが発覚しました。

 

YYC イククル
初回付与ポイント数 最大500P(540円分)
(登録+3日間ログインボーナス)
最大80P(800円分)
ログインボーナス なし 1日1P

開始したてに使用できる無料ポイントを比較すると、イククルの方が260円分多くポイントをゲットすることができ、さらに毎月最大で300円分のログインボーナスを入手することができます。
 

注意!無料ポイントは多くても、イククルはYYCよりも業者率が高い

私が使用した際のデータですが、男性側から女性にアプローチした場合にイククルの方が業者率が高く、ポイントをいくらか無駄にすることがありました。
 
不発率が高いということは、その分、ポイントを消費してしまうことになります。
 

YYC イククル
業者率 30%(3/10) 50%(5/10)

 

無料ポイントが多くてもイククルのコスパが良くない理由

しかし、イククルの場合はYYCよりも1人にアプローチするための料金が20円多く必要なため、初回で260円分ポイントが多くても、コスパの悪さは否定できません。

 
無料ポイントが終わった後は毎日ログインすることで300円分のログインボーナスがもらえますが、プロフィール閲覧の料金が3倍違うため、10人のプロフィールを確認すると、燃費の悪い出会い探しになってしまいます。
 
毎月10人以上のプロフィールは見ることになるので、無料ポイントは少ないものの、YYCの方がお得に利用することが可能です。
 

YYCには豊富なパックプランもあり、コスパがとにかく良い

YYCにはパックプランがあり、プロフィール閲覧、メッセージ送信などを、ポイントを購入して消費する通常利用よりも低価格で行うことができます。
 
パックを活用することで、イククルだけでなく、その他のマッチングアプリをしのぐコスパの良さを発揮します。
 

プロフィール詳細・募集の閲覧パック

プロフィールの閲覧を低価格でできるパックです。
 
閲覧回数144回分を購入すると、通常1回の閲覧で10円必要なものが、1000円で144回閲覧できることになります。
 

料金 通常料金との差
閲覧回数66回分 500P(500円) 160円お得
閲覧回数144回分 1000P(1000円) 440円お得
閲覧回数500回分 3000P(3000円) 2000円お得

 

最重要!メール送信パック

メッセージ送信もパックを購入することで、かなりお得に利用することが可能です。
 

料金 通常料金との差
送信回数13回分 500P(500円) 150円お得
送信回数28回分 1000P(1000円) 400円お得
送信回数90回分 3000P(3000円) 1500円お得

パック利用をしなくてもイククルよりも低価格で女性と出会うことができますが、パック利用でさらにお得に利用できることが分かります。

まとめ コスパ良さ、出会いやすさはダントツでYYC

コスパ良く利用したい方はYYC一択です。
 
毎月10人以上は確実に女性のプロフィールを見るはずなので、20人、30人とプロフィール閲覧数が増えるたびに、イククルはYYCの何倍もの料金がかかることになります。
 
さらに、実際に使用した結果としても、YYCは使いやすく、業者も少ないため、安心して利用できるアプリでした。
 
YYCとイククルで迷っている方は、YYCをおすすめします。