即エッチしたい時に絶対やってほしい4つのこと

鳥キャラのイラスト

出会い系サイトでは『会う』ということがひとつの最終目標的なものとなっている節がありますが、せっかく会うところまでこぎ着けたのならその日のうちにエッチまで済ませておいた方が何かと好都合ですよね。
それから2回目のデートに繋がったら、次回からもエッチ込みのデートをすることができますし、初回デートでさよならになってもエッチはしているので男性的に損をすることは特にないので次に行けばいいだけです。
初回エッチが叶わなければ2回目以降に期待を込めることも不可能ではないですが、時間をかければエッチできるというわけでもないですし、無理な子は何をしても無理だったりするので、時間をかけるだけお金と労力の無駄に終わることもあります。

エッチできるかどうかは女の子の中での好意レベルがどの程度なのか、デートの盛り上がり具合、ムード作りなどによっても左右されるので、絶対100%エッチできる方法というのは残念ながらありません。(あったら逆に知りたいくらいです)
ただ、抑えておくべきポイントをしっかりと抑えて、エッチに向けて事前準備しておくだけでも成功率は飛躍的に高まります。
そこで今回は、ホテルに連れ込む前に知っておいてほしい4つのポイントつにいてご紹介していきます。

1、デートの場所を下調べしておく

パソコンで下調べしている男性

まぁ、当たり前と言えば当たり前なんですけど、ここを手抜きしている男性は結構多いです。
インターネットでパパッと調べて口コミで良さそうなお店やデートスポットの目星を付ける程度で大抵現地に行って下見していません。

出会い系に慣れているとだいたいお決まりのデートコースというものが出来てくるので、下調べなどしなくても女の子のタイプに合わせて「ココとココ!」みたいな感じで頭の中でイメージできるものですが、出会い系に不慣れな人はデートコースがパターン化されていないどころか、どういう手順でデートを進めていけばよいのかすら分かっていません。
事前準備なしに女性と合流して「じゃあどうしよっか?」みたいな返事を返されたら女性は困惑しますし冷めます。

初回デートくらいは男性がリードしてほしい、というのが女性の本音ですから、ここは男らしく自分から積極的にデートの内容を決めていった方がいいかと思います。
しかし当日になって「どこに行こうかなー」と悩んでいるようでは大抵その日のデートは失敗に終わります。
なぜかというと、場所や時間帯によっては混雑が予想されますし、移動が必要になる場合はその移動に時間を要してバタバタする可能性があるからです。よって、結果的に全く楽しめないデートになることが多いのです。
予想外の展開で楽しめるのは相思相愛の恋人同士だけ。お互いに初対面のデートではアドリブによるバタバタデートは通用しません。

また、時間に余裕がない、慌ただしく移動するというのは女性がもっとも嫌がる行動のひとつなので、それだけで不機嫌になってしまう恐れもあります。
初心者はとりあえず下調べをしてください。そして王道のデートプランを選択してください。
王道のデートコースとしては

・カフェ
・居酒屋
・映画
・レストラン

のどれかです。
初対面のうちから長時間拘束されそうな遊園地とかドライブとかは止めておきましょう。
メールでとても会話が弾んでいても実際に対面してみると葬式のようなムードが続くことも多々あります。
よっぽど相性がよくて共通の趣味がかなり豊富にあって価値観がぴったりの人でない限り初対面の時から長時間一緒にいるのはかなり苦痛です。
というか間が持ちません。
間が持たないと自然と沈黙が続くようになって「ああ、盛り上がらないデートだな」という印象を与えてしまうので、初回は食事だけで切り上げるのがベターです。

食事する場所が決まったらホテルまでの道のりと終電時間をチェックしておきましょう。
エッチに誘うとなればだいたい夜の時間帯(18時から21時前後)に誘うのが普通だと思いますので、あまりダラダラしていると女の子が「終電なくなるから帰るね」と言い出しかねません。
なので、少なくとも終電前にはホテルに誘えるムードまで持って行く必要があります。

ここでホテルの道のりや終電時間を調べ忘れていると段取りが狂って、食事を終えたら終電時間だった!なんてことも考えられます。
即エッチが成功するかどうかはすべての下調べにかかっており、下調べを怠ればそれだけスケジュールが狂ってしまう可能性も高くなります。
時間がズレるとホテルに誘うタイミングも逃しやすくなるので、時間配分も含めて下調べはしっかりとするようにしてください。

2、初回エッチできそうな女性かどうか見極めておく

虫眼鏡を持った男性が見極めている

初心者の方はこの見極めが難しいと思うかもしれませんが、出会い系に登録している時点で女性の方もある程度は覚悟しています。
もちろん全員が全員エッチ目的で出会い系を利用しているわけではありませんが、やっぱりネットで出会っている以上は「そういう誘いもあるだろう」くらいの心積もりはしているはずです。

まぁ、女の子がそういう認識を持っているからと言ってエッチできるとは限らないんですが、ガードは一般女性よりも緩いです。これは確かです。
あと、ホテルに誘うムードになると流されやすい子が多いので、最初は嫌がっていても結局は男性の言いなりになってエッチしてしまうような意思の弱い子が出会い系にはうじゃうじゃいます。
こういうタイプは一言でいうと「押しに弱い子」です。
デート中もちょっと強引にお願いして「仕方ないな~」みたいに折れてくれたらその子はほぼ確実に押しに弱い子です。
こういう子は自分の意見よりも他人の意見を尊重する性質があり、人から頼み事をされたらそれが例えエッチでも断れません。

「エッチするのは嫌だな」と最初は思っているかもしれませんが、エッチすることよりも面倒なことに巻き込まれたくないと思っているので、結構しつこくお願いしたらOKしてくれます。
あまりにも強い口調で言うと脅迫になりかねないので、そこは女性に判断を委ねる形で優しくアプローチするのがベストですが、ちょっと積極的に誘った方が女の子もサクッと合意してくれたりします。
要するに「ちょっと強引な感じで粘り強くお願いする」ということです。

ちなみに、自分の意見を貫くガードの硬いタイプに関してはこのようなやり方は一切通用しません。というか強引に迫れば迫るほど逆効果です。
何があっても自分の意見を譲らないタイプの子は、しつこくアプローチしてくる男性を嫌う傾向があります。
なので、何度か誘ってみて断られたら「もうダメだな」と思って即撤退しましょう。

即エッチに持ち込めるのは基本的に押しの弱い子一択です。
それ以外は押しても時間の無駄だと思ってください。
押してエッチさせてくれる子か?はたまたガードの堅い子か?をデート中に見極めてください。

最初のうちは失敗することも多く、デート中に女の子のタイプを見極めることもなかなかできないと思います。
しかし経験を積み重ねれば積み重ねるだけエッチできる子とできない子の違いも分かるようになります。
その違いが勘で分かるようになれば最短距離で即エッチに到達することができるはずです。

3、デート中は恋愛ネタを中心に

恋愛ネタトーク中イメージの鳥キャラと女の子イラスト

『会う→食事する→エッチ』という最短ルートを攻略するためには会話にも気を使う必要があります。
よく恋愛指南書などで「エッチしたい日は下ネタトークで盛り上げよう」みたいなことを書いていますが、これはあまりおすすめできません。
冷静に考えてみてください。出会ってまだ数時間しか経っていない相手からいきなり下ネタトークをされて受け入れる女性がいると思いますか?
中にはそういうのが平気な女性もいるでしょう。
しかしそれはかなり限られたごく一部の子です。
大半はそこで引いてしまいます。というよりも「この人ちょっとやばい人?」と思われるかもしれません。
女性から引かれてしまっては元も子もありませんので、引かれない程度にエッチなムードに持って行く必要があります。
そこで登場するのが恋愛トークです。

恋愛ネタは下ネタではありません。そして女性が好む話題のひとつです。出会い系で知り合っているので恋愛トークをするのは何ら不自然なことではないですし、恋愛に関する質問をしていけば嫌でも女の子はあなたのことを意識するようになります。

どんな男の人がタイプなの?

今まで出会い系で会った人いるの?

○○ちゃん、モテるでしょ?

といった軽いトークから攻めていって、少しずつふたりの核心に迫るような話に流れを変えていきます。

俺はメールしてた時から○○ちゃんのことすごくいいなぁと思ってたよ

○○ちゃんと話してると楽しいな

○○ちゃんと出会えて俺は幸せ者だな

という感じでさり気なく好意があることをアピールしていきましょう。
別に相手のことを好きじゃなくても構いません。嘘でもいいので好意があるフリをしてアピールするのです。
ちょっと軽くない?と思われるかもしれませんが、何しろ食事からホテルに誘うまで短くて2時間、長くても5時間くらいしかないので、少々荒っぽくても強引に攻めていかないと即エッチまで持ち込むのはなかなか難しいのです。

こういう感じで恋愛トークで女の子といいムードになってきたら次は軽くボディタッチをしてみましょう。
最初は頭をポンッと叩いたり肩にタッチしたりする程度でOKです。
食事を終えて外に出るころに手を繋げるくらいまで距離感が縮まっていれば80%くらいの確率でエッチできます。

とはいえ、そのまま手を引いて強引にホテルに連れ込むと女性も気持ちが冷めてしまいますから、一旦は手を繋いで少し恋人っぽく散歩でもしてみましょう。
そしてさり気なくホテル街の近くまで来たところで、

好きなんだ

もう少し一緒にいてほしい

君のことをすごく大事に想っている

と、ストレートに伝えましょう。
下心を全面的に見せつけるよりも好意があることを示した方が確実に落とせます。
「エッチしたいんだ」というセリフで連れ込める場合もありますが、これは相手にもある程度好意がある場合に限られますし、女性よりも低い立ち位置になってしまうのであまり良い方法とは言えません。
女性脳は自分よりも弱い立場や力のない男性には魅力を感じないようにできています。

エッチしたいというのは男性側の性的欲求を満たしたいがための発言で、女性側には何のメリットも得られません。
それを女性に求めるということは「無償で欲しいものを提供してくれ」と言っているようなもの。つまり、女性に頭を下げてお願いしているような状態なんですね。
押しに弱い子なら「まぁいいかな」となるかもしれませんが、意思の強い子なら「男らしくない!」と感じることでしょう。
まぁ、この辺りはタイプによって使い分けてもいいかもしれませんが、大抵は最初に申し上げた通りにストレートに好意を伝えてホテルに誘い込む方向で行く方が無難だと思います。