更新:2023.01.08 作成:2023.01.08

【再婚からヤリモクまで】バツイチでも出会えるおすすめの出会い系アプリ

バツイチであることを新しい出会いに対するハンディキャップだと感じている人は多いようです。

たしかにバツイチが有利にはたらく場面は少ないのですが、出会い系アプリを使えば大した問題ではありません。

実際、バツイチの人が出会い系アプリを使って再婚したりセフレを作ったりするのはよくあること。

そこでこの記事では、バツイチでも出会えるおすすめの出会い系アプリをご紹介していきます。

もやはバツイチは珍しくない

厚生労働省が公表している『令和3年(2021) 人口動態統計月報年計(概数)の概況』によると、令和3年における婚姻件数は50万1116組。

これに対して、離婚件数は18万4386組となっています。

この数値をもとに人口千人あたりの離婚率を算出すると、その値は1.50。

世界的にみれば低い方ですが、日本国内で考えると一昔前より確実に上がっているのです。

バツイチになりやすい年齢

厚生労働省の発表によると、令和2年においてもっとも離婚をした年齢は『男性が35歳~39歳』、『女性は30~34歳』。

それに続くのが、『男性は40~44歳』、『女性は35~39歳』となっています。

さらに同省によると、5年未満の夫婦の離婚率が高く、その中では結婚後の同居生活が1~2年未満のケースが一番多いのだとか。

このように比較的若い夫婦が離婚に至っており、バツイチで婚活・恋活する人は年々増えているのです。

バツイチになりやすい都道府県

人口千人あたりの離婚率は国内平均で1.50ですが、地域によってはバツイチになりやすいところもあります。

<バツイチになりやすい都道府県>

順位 県名 離婚率(千人あたり)
1 沖縄 2.2
2 福岡 1.7
3 大阪 1.7
4 宮崎 1.69
5 北海道 1.68

ご覧の通り、沖縄県の離婚率は群を抜いて高く、その値は人口千人あたり2.2人。

法律で婚姻が認められていない16歳未満(男性は18歳)や、すでに死別している高齢者を除けば、バツイチの割合はもっと高いことになります。

だからといって、沖縄でバツイチの人が差別を受けているわけではなく、狭い土地と少ない人口のなかで新しいパートナーをみつけて第二の人生を歩んでいます。

以上のことから、現代の日本においてバツイチは決して珍しいことではなく、出会いのチャンスは十分にあるのです。

出会い系にはバツイチが大勢いる

30代、40代にバツイチが多いことはご紹介しましたが、その世代で困るのが出会いの場。

職場に恋愛対象の異性がいれば良いのですが、そうじゃなければ初婚であれバツイチであれお相手探しには苦労します。

そんななか、出会いの場として近年急激に伸びているのが出会い系アプリです。

某大手結婚式場が調べたところでは、2021年における結婚の馴れ初め第一位は出会い系アプリだったとか。

それだけ出会い系アプリが社会に浸透した証拠であり、当然、バツイチの人も大勢利用しています。

バツイチで子供がいてもOK

実際に出会い系アプリで検索してみると、バツイチのほとんどが『子供がいる』とプロフィールに記載しています。

それを嫌がる人がいるのは事実ですが、「まったく気にしない」という人がいるのも事実。

その証拠に、バツイチ子持ちの女性であってもたくさんの『いいね』を貰っており、1~2ヶ月程度でお相手をみつけて退会するケースが多々あります。

これが可能なのは、会員数が多いという出会い系アプリの特徴があるから。

一つの出会い系アプリには数万~数十万の会員がいますから、そのなかに「子供がいても気にしない」という人が一定数いるのは当然のことなのです。

大事なのは自分磨き

ご紹介してきたように、現代の日本においてバツイチは決して珍しいことではなく、出会い系アプリを使えばたとえ子供がいても新しい出会いが期待できます。

よって、バツイチだからといって出会いに対して消極的になる必要はありません。

それよりも大事なのは、異性からみて魅力的であること。

ルックス、スタイル、服装、髪型、トーク力など、男女ともにしっかり磨いておく必要があります。

これらができていなければ、たとえ20代で初婚であっても出会い系アプリでお相手を見つけるのは無理。

逆に、しっかり自分磨きできている人はバツイチであれ50代であれちゃんとお相手をみつけることができるのです。

出会い系アプリは目的に応じて使い分けるのがコツ

一口に出会い系アプリといっても、ペアーズOmiaiに代表されるマッチングアプリと、ハッピーメールワクワクメールなどの出会い系サイトの二種類があります。

両者の違いは次の通り

  • ●再婚・恋人作り用(マッチングアプリ)
  • ●遊び・セフレ作り用(出会い系サイト)

この使い分けができないといくら課金しても思うような結果にならないので注意してください。

再婚・恋人作り用(マッチングアプリ)

マッチングアプリは主に真面目な出会い用に使われます。

特に女性会員は真剣に将来のパートナー探しをしており、「1~2年以内またはすぐにでも結婚したい」という人がほとんど。

結婚が大きなテーマであるため、会員の年齢層は若いもので20代中盤、大半は30歳前後です。

もちろん、そのなかにはバツイチも含まれており、男女ともに出会いのチャンスは十分。

再婚目的が基本線ですが、「再婚は考えていないけど恋人はほしい」という人もいます。

遊び・セフレ作り

出会い系サイトも運営会社の意図としては真面目な出会い用に作られています。

しかし、実際には男性はセックス目的、女性はセックスの対価であるお金が目的です。

また、なかにはその場限りの遊びやセフレ作りを目的としている人も。

結婚や真剣交際を目的として登録している人はほとんどおらず、この点においてマッチングアプリとは大きく異なります。

もっとも、アダルト目的だからこそ、バツイチであることが問題視されないという側面も。

男性がバツイチであっても、お金目的の女性はまったく気にしませんし、女性がバツイチであっても容姿さえ良ければ男性からアプローチされるのです。

バツイチでも出会える出会い系アプリ

ご紹介してきた通り、出会い系アプリには大勢のバツイチ会員がおり、日々新しいカップルが誕生しています。

ただし、各出会い系アプリには特徴があり、会員人数にも大きな差が。

「満足度100%」や「成婚率No.1」と謳いながら実際には内容が伴っていない、という出会い系アプリが非常に多いのです。

そこで、長年に渡って様々な出会い系アプリを利用してきた編集部が、本当におすすめできるところをご紹介します。

再婚・恋人作り用

再婚・恋人作り用としておすすめできるのは、次の4つです。

  • ●ペアーズ
  • ●Omiai
  • ●with
  • ●恋庭(人口の多い地域に限る)

ペアーズ

知名度が高くもっとも多くの会員を有しているマッチングアプリといえばペアーズです。

女性は20代中盤から後半がメイン、男性は20代から40代まで満遍なくいます。

婚活よりは恋活向きと言われていますが、それでも女性会員の多くは結婚を意識しており、男性会員も「いい人がいれば結婚を」と考えている人がほとんど。

初婚にこだわる人が多いのは事実ですが、バツイチ同士でカップルになるケースや「子供と同居じゃなければOK」という人も大勢います。

つまり、バツイチという一つの括りで何となくコミュニティが形成されており、そのなかでお相手探しをする分にはまったく困らないのです。

<ペアーズの基本料金>

プラン Web版 アプリ版(iOS)
1ヶ月プラン 3,700円/月 4,800円/月
3ヶ月プラン 3,300円/月
(一括 9,900円)
3,400円/月
(一括 10,200円)
6ヶ月プラン 2,300円/月
(一括 13,800円)
2,633円/月
(一括 15,800円)
12ヶ月プラン 1,650円/月
(一括 19,800円)
1,816円/月
(一括 21,800円)

*2022年10月に料金改定

\ペアーズは登録無料!/
Pairsを詳しく見てみる(R18)

Omiai

Omiaiは東証一部上場の企業によって運営されているマッチングアプリです。

ペアーズとの違いはOmiaiの方が婚活色が強いこと。

そのせいか、男女ともに年齢層はペアーズより数歳ほど高くなっています。

2021年に会員の個人情報流出事件があったことと、ロマンス詐欺集団からターゲットにされていたことで、直近では会員数の伸びが鈍化。

ピーク時と比べるとアクティブ会員が随分と減りましたが、前向きに考えれば穴場的存在になったともいえます。

実際、編集部が利用してみると、ピーク時よりは2022年の方がマッチングしやすくなったように感じます。

なお、2022年12月の時点では、情報管理の仕組みの見直しや本人確認システムの強化によって、前述のような問題点は解消済み。

これによって安心して利用できる環境が整ったため、今後は再び会員数が伸びていくと思われます。

<Omiaiの基本料金>

プラン アプリ版
1ヶ月プラン 4,800円/月
3ヶ月プラン 4,266円/月
(一括 12,800円)
6ヶ月プラン 2,466円/月
(一括 14,800円)
12ヶ月プラン 2,066円/月
(一括 24,800円)

*OmiaiのWeb版は2021年12月に廃止
*2022年10月に料金改定

<Omiaiのプレミアムパック料金>

プラン 基本料金
1ヶ月プラン 4,800円/月
\Omiaiは登録無料!/
Omiaiを詳しく見てみる(R18)

with

2019年頃から急激に会員数を伸ばし始めたのがwithです。

2022年の時点ではOmiaiに迫る勢いがあります。

会員の主な年齢層は30代前半から中盤。

心理テストや性格診断によって相性の良いパートナーを教えてくれるシステムが充実しており、男女ともに「外見より中身や相性」と考える人が集まっています。

<withの基本料金>

プラン Web版 アプリ版(iOS)
1ヶ月プラン 3,600円/月 4,200円/月
3ヶ月プラン 3,000円/月
(一括 9,000円)
3,600円/月
(一括 10,800円)
6ヶ月プラン 2,217円/月
(一括 13,300円)
2,800円/月
(一括 16,800円)
12ヶ月プラン 1,833円/月
(一括 22,000円)
2,233円/月
(一括 26,800円)

*2022年10月に料金改定

\いますぐwithを使いたい方はこちら/
withに今すぐ無料登録(R18)

恋庭

恋庭は『あつ森』のようなゲーム要素を取り入れた新感覚のマッチングアプリです。

会員はマッチングした相手とチャットをしながら共同で庭を育成。

また、ある程度庭が育つと、そこから先はゲーム内でカップルにならない限り進めない仕組みになっています。

この恋庭がバツイチにとって有利なのは、『マッチング時には相手のニックネームと大まかな年齢、性別くらいしか分からない』という点。

二人でチャットした回数に応じてお互いのプロフィールが少しずつ公開されていくシステムなので、バツイチであることを隠しながら相手にアプローチできます。

無論、いずれは伝えなければならないのですが、それまでに惚れさせておけば、「まぁバツイチでもいいか」と思ってもらえることでしょう。

<恋庭の料金:エンジョイプラン>
恋庭をゲームとして楽しみたい人向けのプラン。

月額980円で利用可能です。

最大3名まで同時進行できますが、LGPランキングやカップルコンテストには参加できません。

<恋庭の料金:プレミアムプラン>
プレミアムプランは恋活用マッチングアプリの要素を濃くしたプランです。

プレミアムプランのコース 料金
1ヶ月プラン 2,000円
3ヶ月プラン 1,500円/月
(一括4,500円)
6ヶ月プラン 1,100円/月
(一括6,600円)
12ヶ月プラン 800円/月
(一括9,600円)

プレミアムプランに加入することで追加される機能は次の通り。

  1. 詳細な絞り込み検索が可能
  2. マッチング前に相手のプロフィールの一部が見られる
  3. 条件マッチが使える
  4. 貰ったいいねが一覧で見られる
  5. 送ったいいねが最優先表示される

一般的なマッチングアプリに備わっている機能とほぼ同等なので、恋庭を恋活用として利用したい人におすすめです。

<ゲーム用アイテムの料金の一例>

アイテム名 料金
オーブ60個 160円
オーブ5,000個 12,800円
アバターチケットプレゼントセット1 1,000円
マッチングカードセット1 160円
\いますぐ恋庭を使いたい方はこちら/
恋庭に今すぐ無料登録(R18)

遊び・セフレ作り用

遊び・セフレ作り用には出会い系サイト。

なかでも次の4つは特徴的で大変おすすめです。

ハッピーメール

一番人気の出会い系サイトといえばハッピーメールです。

男性がアダルト目的、女性がお金目的という構図にはなっていますが、他に恋活や婚活、友達作りなどを目的としている人もいます。

また、利用者の年齢層も20代を中心に幅広く、いわば万能型出会い系サイト。

もちろん、バツイチも大勢います。

会員数の面で2位以下を圧倒しているので、出会い系サイトを使うなら間違いなくファーストチョイスといえるでしょう。

<ハッピーメールのポイント消費>

行動 消費量 行動 消費量
掲示板閲覧 1P 画像閲覧 2P
掲示板投稿 5P(1日1回無料) プロフィール作成 無料
日記コメント 無料 プロフィール閲覧 無料
日記投稿・閲覧 無料 メッセージ閲覧 無料
    メッセージ送信 5P

<WEB版ハッピーメールの料金表:クレジットカード決済>

金額 ポイント数
500円 50P
1,000円 100P
2,000円 210P
3,000円 370P
5,000円 650P
10,000円 1,400P
20,000円 2,800P

<アプリ版ハッピーメールの料金表:iOS>

金額 ポイント数
490円 49P
730円 730P
1,600円 170P
2,320円 247P
3,920円 432P
8,000円 940P

*アプリ版は2022年10月に料金改定

\ハッピーメールは登録無料!/
ハッピーメールを詳しく見てみる(R18)

PCMAX

出会い系サイトのなかでもPCMAXは特にアダルト性の高いサイトです。

公式サイトにはアダルト関連のバナーが多数貼られていますし、裏プロフィールというアダルトな質問のみで構成されたオリジナルコンテンツもあります。

他の出会い系サイトがクリーンなイメージ構築に取り組んでいるなか、PCMAXの方針は真逆。

そんなアダルト特化の方針を好む人は男女ともに一定数おり、お金目的ではなく純粋に遊び目的で登録している女性もいます。

こうした遊び目的の女性にとって、男性がバツイチかどうかは関係ありません。

そもそも、遊び目的の女性自身がバツイチであり、もはや結婚を考えていないことがほとんど。

そのため、PCMAXは男女ともにバツイチが利用しやすい出会い系サイトといえます。

<WEB版PCMAXのポイント消費>

行動 消費量 行動 消費量
掲示板閲覧 1P 画像閲覧 2P
掲示板投稿 5P(1日1回無料) プロフィール作成 無料
日記コメント 無料 プロフィール閲覧 1P
日記投稿・閲覧 無料 メッセージ閲覧 無料
    メッセージ送信 5P

<WEB版PCMAXの料金表:クレジットカード決済>

金額 ポイント数
500円 50P
1,000円 100P
2,000円 200P
3,000円 300P
5,000円 500P
10,000円 1,000P

*キャンペーン中はポイントが二倍(不定期開催)

<アプリ版PCMAXの料金表:iOS>

金額 ポイント数
650円 65P
1,000円 100P
2,000円 230P
3,000円 380P
5,000円 650P
10,000円 1,200P

*アプリ版は2022年10月に料金改定

\PCMAXは登録無料/
PCMAXを詳しく見てみる(R18)

イククル

イククルは清純そうな女性が多い大手出会い系サイトです。

これは、PCMAXとは違って早くから真面目路線でのイメージ作りに取り組んだ結果。

実態はハッピーメールと同じくお金目的の女性ばかりなのですが、外見上はかなり清純です。

これは出会い系サイトでは珍しいことですから、清純派が好きな人はイククルでお相手を探すと良いでしょう。

<イククルのポイント消費>

行動 消費量 行動 消費量
掲示板閲覧 1P 画像閲覧 2P
掲示板投稿 5P(1日1回無料) プロフィール作成 無料
日記コメント 無料 プロフィール閲覧 無料
日記投稿・閲覧 無料 メッセージ閲覧 無料
    メッセージ送信 5P

<WEB版イククルの料金表:クレジットカード決済>

金額 ポイント数
1,000円 100P
2,000円 200P
3,000円 400P
5,000円 700P
10,000円 1,500P
20,000円 3,000P
30,000円 4,500P
40,000円 6,000P
50,000円 8,200P

*2022年10月に料金改定(実質的な値上げ)

<アプリ版イククルの料金表:iOS>

金額 ポイント数
1,500円 157P
2,800円 295P
4,400円 481P
7,600円 891P
12,800円 1,605P

*アプリ版は2022年10月に料金改定

\イククルは登録無料!/
イククルを詳しく見てみる(R18)

華の会

人妻や熟女といった30歳以上の女性にターゲットを絞りたいなら華の会がおすすめです。

というのも、華の会は会員資格を30歳以上と定めているから。

この年齢制限を考えると、他の出会い系サイトよりバツイチの比率が高いのは間違いありません。

全体的に会員数が少なく、関東と関西くらいでしか機能しないのがネックですが、バツイチであることが問題視されないという点ではもっとも条件の良い出会い系サイトといえます。

<華の会のポイント消費表>

行動 消費量 行動 消費量
掲示板閲覧 2P 画像閲覧 6P
掲示板投稿 10P(1日1回無料) プロフィール作成 無料
日記コメント プロフィール閲覧 2P
日記投稿・閲覧 メッセージ閲覧 2P
    メッセージ送信 10P

<華の会の料金表>

金額 ポイント数
(クレジットカード)
ポイント数
(銀行振込)
1,000円(初回のみ) 200P
2,000円 200P 200P
3,000円 300P 300P
5,000円 600P 600P
10,000円 1,200P 1,300P
15,000円 1,800P 1,900P
20,000円 2,400P 2,700P
30,000円 3,600P 4,100P
\華の会は登録無料!/
華の会を詳しく見てみる(R18)

まとめ

この記事では、バツイチでも出会える出会い系アプリをご紹介しました。

離婚率が高まっている現代において、バツイチであることは大したハンディキャップではありません。

とはいえ、出会いに関して独身・初婚より有利にはたらく場面は少なく、登録する出会い系アプリはしっかりと選ぶべき。

その点、本記事でご紹介した出会い系アプリであればバツイチでも十分に出会えるので、これを機に登録してみてはいかがでしょうか。