paters(ペイターズ)に関するコンテンツ

更新:2020.01.18 作成:2020.01.18

ペイターズでパパ活するにはメッセージが重要! どんなメッセージが良いか教えます

paters-message4

ペイターズパパ活をしている方で、「良いパパをゲットできない……」という悩みを抱えた方はいないでしょうか。

好条件のパパは競争率が高く、ゲットするのは困難です。しかし、メッセージを上手に送れば太パパを手に入れられる確率が上がります。

この記事ではどんなメッセージを送れば良いかをお伝えしますので、ぜひ参考にして下さいね。

ペイターズでのメッセージによる攻略法は?

paters-message2

ペイターズでパパ活を成功させるために重要なもののひとつがメッセージ。ひと月に何十万円も稼げるようなパパ活をするためには、レベルの高いパパをゲットすることが必要不可欠。そのためにメッセージを工夫する必要があります。

メッセージの目的は、パパに対する自分への注目度を上げること。「この女性と会ってみたいな」と思わせなければ、パパ活に成功はありません。

メッセージを送るときの流れ

paters-message8

メッセージを送る際に気を付けておきたいことはいくつかありますが、まずはそれよりも先にやりとりのポイントとゴールを抑えましょう。

理想とする流れは以下の通りです。

  1. いいね! を送り、マッチングする
  2. マッチング後、メッセージを開始
  3. 連絡先(LINEなど)を交換する
  4. 顔合わせの約束を取り付ける
  5. 実際に会い、お手当をもらう

この時、実際に会うまでにお手当の金額を決めておくことも忘れてはいけません。顔合わせの約束を取り付ける前後にしておくのが理想でしょう。

これらの流れのうち、重視するべきポイントを見ていきます。
 

1. いいね! を送り、マッチングする

paters-message5

最初はマッチング前、いいねを送る段階です。

マッチングアプリでは全般的にいいねを送るのは男性側という傾向にあり、女性のほうがいいねをもらう回数は多くなりがち。

ペイターズも例外ではありませんが、パパ活をしっかりと成功させたいのであればこちらからいいねを送ることをおすすめします。

こちらからいいねを送るメリットの一つは、条件に合う人に当たる可能性が高いこと。

検索条件を絞り込むことで、理想のパパの条件を設定することができます。

paters-message7

年齢、居住地、身長、体型、出身地、学歴と、基本項目だけでも条件指定は多数できます。

特にお手当を気にするのであれば、「会員ステータス」を使いましょう。

「会員ステータス」で年収証明済みか否かで絞り込むことができます。虚偽の申告がされていないかどうかを気にしなくて良くなるので、安全性が上がりますね。

メリットの二つ目は、パパに対して「私はあなたに興味があります」というアピールができること。

「自分に興味を持ってくれているなら、簡単に会えるかも?」という男性側の心理を利用すれば、好条件のパパでも楽に会える可能性が高まります。

もちろん、パパ側からもらったいいねでメッセージを始めても問題ありません。マッチングしたら次はメッセージに移りましょう。
 

2. マッチング後、メッセージを開始。一言アピールと初々しさが重要!

paters-message9

メッセージでは可能な限り自分からメッセージを送るようにしましょう。

理由はいいねをした時と同じで、「私はあなたに興味があります」というアピールです。また男性の多くは自分からメッセージを送っているので、女性からメッセージを始めてもらえるだけで喜びます。

初回のメッセージはシンプルなもので構いません。「はじめまして! マッチングありがとうございます! よろしくお願いします!」でも十分です。

ただし、良い条件のパパほど競争率は高いです。そのためできれば初回のメッセージで「この人は他の女性とは違うかも」と思わせるとベター。

「〇〇さんの××の趣味が良いなと思いました」というような、簡単に相手を褒める一文を添えてあげましょう。たったこれだけで持ち上げられた男性は嬉しくなってメッセージが盛り上がる可能性が高まります。

また、メッセージ全体を通して初々しさをアピールすることを心がけると成功率が高まります。一般的に男性は男性慣れしていない女性を好む傾向にあるためです。

「パパ活には慣れていなくて……」というような雰囲気を醸し出すようにしましょう。タイミングがあれば「男性経験が少ないです」と言えると望ましいです。

なお、いきなりお手当の話をしてしまうとパパ側のイメージが悪くなります。

「目当てが自分自身ではないんだな」ということが一瞬で理解されてしまいますし、「お金が欲しいということは別に清楚な女性でもなさそう」と思われてしまうので、とにかく序盤のメッセージでは「普通の男性慣れしていない女の子」を演じるようなイメージでやり取りをしましょう。

もちろん、実際に会うまでにはお手当の話は必ず行う必要があります。タイミングが重要です。

初回のメッセージを交わしたら、あとは普通にメッセージを続けていくようにしましょう。

なるべくパパ相手にメッセージをしているというイメージを持たず、あくまで普通の男性とメッセージをしているつもりでやりとりをするほうが好感度は上がりやすいです。

メッセージ自体は男性側がリードすることが多いので、大まかな流れは基本的に任せてしまいましょう。

2通に1通くらいの割合でこちらからパパ本人に関することを言ってあげると、「この人は自分に興味があるんだな」と思ってもらえてメッセージがスムーズになりますよ。

質問内容は「〇〇のお仕事をされているんですね、いつも遅くまでお疲れ様です」というようなものが望ましいです。「パパのプロフィールを読んでいる」アピールと、「パパを気遣うやさしい女性」アピールが成功します。

ついでにパパから「そうですね、残業が多くて……」なんて返信がもらえれば、残業代でたくさん稼いでいそうな雰囲気まで掴めちゃいます。一石三鳥です。
 

3. 連絡先(LINEなど)を交換する

paters-message1

メッセージが問題なく始まったら、その調子で何通か続けましょう。返信のペースは基本的に自分の気が向いたときでOKですが、一日に最低でも2回くらいはしてあげましょう。そうしないと、パパの興味がなくなってしまうかもしれません。

ちなみに、常に一時間以内に返信を送ってくるパパだからといって、こちらも似たペースで返信をする必要はありません。早い返信をしてくるということはそれだけこちらに関心を持っているということなので、少しくらい放置しても大丈夫です。

この調子でメッセージを続けたら、次は連絡先の交換を提案してあげましょう。

連絡先を教えることでパパに対して親密になった感を感じさせることができますので、そこまでいけばお手当ゲットまであと少しです。

通常、連絡先交換を提案するのは男性側ですから、こちらから提案すれば喜んでもらえます。

連絡先交換の目安は1日2~3往復のメッセージを3日くらい続けた程度のタイミング。合計で10往復分のメッセージが溜まる頃ですね。

もちろんそれより早く相手側から連絡先交換を提案されたら承諾してあげても良いでしょう。ただ、ちょっとでも「なんかまだ交換したくないな」と思ったら交換してあげる必要はありません。無理をせず、自分が許せるタイミングで交換しましょう。

なお、メッセージを続けていて思いのほか盛り上がったら1日目で連絡先交換をしてしまっても構いません。「鉄は熱いうちに打て」という言葉がありますが、話が盛り上がったタイミングこそ一番のねらい目です。

一方で、話が盛り上がっていないにも関わらず、あまりに早く連絡先交換を提案するのはおすすめしません。

なぜなら「この人は男性慣れしそうだな」と思われてしまう可能性があるからです。

「面倒くさい!」と思うでしょうが、男性はちょっと手に入れにくいものを手に入れようとすることが大好きです。面倒くさいですが、男性の心理を利用して「パパ活に慣れていない清楚女性アピール」をしておきましょう。
 

4. 顔合わせの約束を取り付ける

paters-message10

連絡先を交換したら、次は顔合わせの約束を取り付ける段階に入ります。連絡先まで交換できたなら、男性側もこちらが顔合わせを断らないだろうと考えますので、基本的には向こうから誘ってくるでしょう。誘いが来たら、時間と場所を決めればOKです。

時間と場所を決める時に気を付けたいのが、なるべくお昼の時間帯のカフェなどで会う約束を取り付けること。

これとは逆の「夜で居酒屋、それも個室」というシチュエーションを想像してみてください。相手は恐らく肉体関係を期待しているはずですので危険です。

ちなみに、顔合わせの約束を取り付ける際、先にこちらの条件、特にNG事項を話しておくと良いでしょう。特に肉体関係NGは最初に話しておいた方がお互いの誤解がなく摩擦を生みにくくなります。

なお、万が一連絡先を交換しても一向に顔合わせの提案をしてこない男性だった場合、こちらから提案してしまってOKです。

ただし、こちらから提案しなければいけない時点でパパとしてはあまり期待できない可能性があります。

「単に誘う勇気がない」ようなパパであれば、今後のパパ活のときに毎回こちらから誘ったりお店の予約を取る必要が出てくるかもしれませんし、「そもそも興味が薄い」パパの場合は金払いが悪かったりたくさん会ってくれないかもしれません。
 

4.5. お手当の話をするタイミングは、約束を取り付けた後!

paters-message3

NG事項、顔合わせの約束まで取り付けたら、いよいよお手当の話をするタイミングです。

「じゃあ、〇月〇日の××で待ってます!」というようなコメントのあとに、「最後にお手当の話なんですけど……」と切り出しましょう。

すでに会う約束をしている手前、お金の話も交渉に乗ってくれる可能性が高いです。

それまで一切お手当の話をしていない場合、相手は驚くかもしれません。それでも構わず続けましょう。

「でも、約束する前にお金の話なんてしてなかったよね?」なんて言ってくるパパもいるかもしれませんが、そんな男性の金払いが良いはずありません。この段階でそんな文句を言うパパはすぱっと切ってしまったほうがむしろ時間の節約になりますよ。

顔合わせのお手当の相場は比較的幅があるようですが、首都圏、地方問わず5,000円以上のようです。交渉に自信がある場合は15,000円以上を狙ってみても良いかもしれません。

万が一会う前にお手当の話ができなかった場合は会ってから話すことになりますが、一番トラブルが起きないのは事前に決定しておく方法です。
 

5. 実際に会い、お手当をもらう。次回に繋がるよう意識して!

paters-message6

すべての準備が整ったら、あとは会うだけです。まともなパパなら会えた時点でお手当はくれるはずですが、かといって油断していては次回に繋がりません。気を抜かず、パパに好印象を与えられるようにしましょう。

会う時に気を付けるべきは遅刻をしないこと。時間にルーズな女性が相手だと男性は「軽く見られてるな」と感じるので、なるべく5分前くらいには待ち合わせ場所にいるようにしましょう。

次に気を付けたいのは礼儀です。パパによっては口汚い女性が嫌いな可能性があるので、最初はちゃんと敬語を使っておくのが無難。フランクな方が好きという男性もいるので、その場合少しずつ崩してみるのも有効です。相手を見て変えていきましょう。

会う時の格好としてベストなのは2通りです。

ひとつはいかにも清楚な女性っぽい服装。先述の通り男性は男性慣れしていない女性を好むので、とりあえず清楚な女性らしい格好をしていれば外れません。

ふたつめは自分がプロフィール画像に使っている服装と同系統のもの。相手はあなたのプロフィール画像を見ているはずなので、少なくともその系統のファッションは予想しているはず。良くも悪くも予想通りな服装なら問題はないでしょう。

ただし、プロフィールに肩から上の画像しか載せていない場合は要注意。肩から上以外のファッションを勝手に男性が想像している場合があるので、全身画像を見せていない場合は清楚ファッションで向かいましょう。
 

お手当をもらうタイミングは、会ってすぐがベスト!

paters-message12

お手当をもらうタイミングでベストなのは会ってからなるべくすぐです。会話が始まっても「もしかしたらお手当もらえないかも……」なんて思ってしまうと会話に身が入りませんし、最初に確保しておきたいという意味でもなるべく早くもらっておくのがおすすめです。

もちろん挨拶もせずにお手当くださいと言ってしまうのは印象が悪いので、会って挨拶をして、ちょっと落ち着いたらお願いしてみましょう。

「言いにくいんですけど、最初にお手当をお願いしても大丈夫ですか?」と遠慮がちに言ってあげればOKです。良質なパパほど気前よく渡してくれるでしょう。

まとめ

paters-message11

以上、ペイターズのメッセージについてでした。

太パパを捕まえるメッセージのコツからお手当のもらい方まで、参考にしてパパ活が成功してもられば嬉しいです。

重要なのは以下のポイント。

  • ●いいねや初回メッセージはなるべくこちらから!
  • ●パパは清楚な女性を好むので、男性慣れしていないイメージを与えるようなメッセージが有効
  • ●2通に1通くらいパパのことに関心があるようなメッセージを送る
  • ●お手当の約束は顔合わせの約束を取り付けた後! ただし必ず金額を決めておくこと
  • ●お手当をもらうのは会った直後がベスト

良いパパほど金払いは良いはずです。言うべきタイミングでは遠慮せずにお手当のお話を持ち掛けましょう。清楚で男性慣れしていない女性を演じるのが太パパゲットの近道ですよ。