イククルに関するコンテンツ

更新:2019.09.26 作成:2018.05.19

おしゃべり―コーナーって何?

1 おしゃべりコーナーとは

おしゃへりコーナースマホ画面

イククルにはおしゃべりコーナーという、お互いの番号を通知せずに通話できるコンテンツがあります。おしゃべりコーナーには、待機する・待機している人に電話をかける・電話に誘うの3つのアクションがあります。この記事では、おしゃべりコーナーについて詳しく解説していきます。
待機するとは、おしゃべりコーナーで部屋を立てて、女性から電話がかかってくるのを待つという方法。待機している人に電話をかけるのは、こちらからおしゃべりコーナーで待機している女性に電話する方法。そして最後の電話に誘うは、メールしている女性に電話に誘って音声で話してみるという方法となります。

おしゃべりコーナーには、アダルトな誘い文句で男性ユーザーを誘惑している人が多数います。基本的には男性は電話をしながら自慰行為を楽しむための物と覚えておきましょう。

2 おしゃべりコーナーの使い方

2-1 待機する場合

おしゃべりコーナーに入り、電話を待つのボタンを押します。

電話を待つボタン画面

電話番号を入力します。この時、イククルで登録した番号を入力しなければおしゃべりコーナーを利用することができませんので注意してください。
また、ここで入力した番号は相手に伝わることはありませんのでご安心ください。

電話番号入力する画面

最後に待機メッセージを記入すれば登録完了です。ちなみにおしゃべりコーナーが賑わうのは夜の8時~深夜1時くらいの間となっているので、なかなか電話がかかってこない場合はその時間帯を狙って待機するといいでしょう。

2-2 電話をかける場合

メインページからおしゃべりコーナーに入り、電話をかけるを選択します。
以下のように、各部屋ごとに待機している人数が表示されます。部屋は全部でフリートーク・テレH・全国フリートークの3種類となっています。

下の画像を見てもわかる通り、フリートークと全国フリートークの2つは人が集まりずらくなっています。気軽に雑談したい、寂しいから話相手が欲しいという女性はほとんどいません。
待機0人の部屋に入っても意味がないので、ここではテレHの部屋に入室します。

おしゃべりコーナー各部屋の画面

テレHの部屋に入室すると、女性の基本情報、待機メッセージ、何時ごろまで待機しているかなどの情報が表示されます。
この中からいいなと思う相手を選んで電話をかけます。

女性一覧

電話をかけるのボタンを押すと、サイト側で自動的に女性に電話を転送してくれます。後は女性と自由に音声でやりとりするだけです。

電話をかけるボタン画面

2-3 電話に誘う場合

メールボックスから電話に誘いたい相手を選択し、メール下部にある電話に誘うのボタンをタップします。

電話に誘うボタン画面

後は、相手の女性が電話に同意すれば、音声でのやりとりが開始されます。

3 おしゃべりコーナーから出会うとポイントを激しく消費する

電話派の人はメールよりも早く話を進められるので、おしゃべりコーナーの方が使いやすそうに思えるでしょう。しかしおしゃべりコーナーには思わぬ欠点があります。それは少し通話しただけで激しくポイント消費するということです。

おしゃべりコーナー料金一覧

通常プランとフリーダイヤルプランの2つがありますが、これは携帯通話料が含まれているかいないかの違いです。しかし今のご時世、カケホーダイにしていない人の方が珍しいと思うので、フリーダイヤルプランにする意味はあまりありません。カケホーダイに入っていない人は通話料も込のフリーダイヤルの方がお得でしょう。
言わずもがなですが、かなりお高いです。20秒で5Pということは1分間でその3倍の15P(150円)かかるということですから、1時間通話すると60×150=9000円かかるってことです。9000円かけて会えなかったらかーなり凹みますね。しかし、時間をかけて電話をし、仲良くなれれば出会えるかというとそういったことはありません。

基本的にこのおしゃべりコーナーの機能は、女性側が稼ぐために存在しています。おしゃべりコーナーで待機している女性と通話で意気投合し、実際のデートに至るということはありえないのです。

なぜなら、そもそもいきなり見ず知らずの人との電話から出会いを求めている女性などいないためです。もし通話から仲良くなって交際を望んでいる女性がいるのであれば、相手のプロフィールをよく吟味した上で最も気に入った相手を選ぶ方法を取ります。

おしゃべりコーナーではアダルト色の強いコメントで男性を誘惑している人ばかりですが、それらは全てポイントを稼ぐための副業です。電話しながらの自慰行為で遊ぶためのものなので、出会えるという考えは必ず捨てましょう。