ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2019.09.12 作成:2019.09.10

ハッピーメールのスタンプ機能は意味がない?料金や使い方は?

hapime-stamp
 
LINEなどのメッセージアプリでよく使われるのが「スタンプ」です。

一時期のようなブームではありませんが、現在でも使っている人は多いことでしょう。

そんなスタンプ機能は、実はハッピーメールのメッセージにもあります

「意味がない」と、あまり評判が良くないようですが、実際のところはどうなのでしょうか?

この記事では、そんなハッピーメールのスタンプ機能について、料金や使い方、評判などをまとめました。
 

ハッピーメールのスタンプ機能とは

hapime-stamp2
 
ハッピーメールにおけるスタンプ機能とは、会員同士がサイト内のメッセージ機能を使う際に送る図柄のことです。

LINEでよく使われるスタンプと同じで、送り手の感情を表したり、簡単な挨拶をする時などに使われます。

メッセージ画面の左下に「+」のマークがあり、そこをタップ(又はクリック)すると、デフォルトで用意されているスタンプの一覧が表示されます。

送り手はこの中から好きなものを選んで、送信ボタンを押せばOKです。
 

送れるスタンプの種類

hapime-stamp3

 
デフォルトで用意されているスタンプの種類は、大きく分けると二つです。

一つはサルをモチーフにしたキャラクター。

もう一つは青色の人型キャラクターです。

「こんにちは」や「イイネ」などの吹き出しがついているものもあるので、ごく短い内容を伝える分には、相手にその意図を理解してもらえることでしょう。

ただし、その数はあまり多くはありません。

2019年9月時点では、送れるスタンプの数は全部で64図柄です。

普段LINEでよくスタンプを使う人であればお分かりだと思いますが、64図柄では、表現したいことにピッタリと合致するものがなかなか見つかりません

図柄の数がどんどん増えているというようなこともなく、現状では使いにくい機能といえるのではないでしょうか。
 

スタンプ送信の料金

ハッピーメールのスタンプ機能が使いにくいのには、他にも理由があります。

それは「料金が高いこと」です。

スタンプを一つ送るのに要するポイントは5ポイントです。

ハッピーメールのポイントは1ポイント=約10円ですから、スタンプの送信1回で約50円を消費することになります。

ちなみに、文章の送信をしても5ポイントですから、やり取りの細かさや正確さを考えれば、スタンプよりも文章を送った方が良いのではないでしょうか。

スタンプ送信はまったく効果がない?

hapime-stamp4

 
ハッピーメールのスタンプについて基本的なことはおわかりいただけたと思いますが、そもそもスタンプを送ることにどれほどの効果があるのでしょうか?

まず、ハッピーメールを利用する人の大半は援助交際目的です。

これは男女ともにいえることで、「メル友」や「恋人探し」を目的としている人もいるものの、その数は極めて少ないのが現状です。(恋人探しであれば、ペアーズOmiaiといったマッチングアプリの方が向いています)

では、援助交際目的で利用するにあたって、スタンプ機能が出会いにどれほどの効果をもつのかというと・・・

実はほとんど効果はありません

なぜならば、援助交際相手を探す側は、スタンプの良し悪しで相手を決めている訳ではないからです。
 

女性が援助交際相手を決めるポイントとは?

援助交際は女性側が掲示板に募集投稿をのせ、それをみた男性がメールを送るのが一般的です。

そして、女性側はお金さえきちんと払ってくれれば、相手は誰でも良い訳です。

なので、一番早く交渉がまとまった男性と会う女性がほとんどなのです。

また、援助交際における条件の交渉は、極めてシンプルかつ少ないやり取りで行われます。

そこに褒め言葉や雑談は必要ありません。

こうした状況を考えると、せっかくのスタンプ機能ではありますが、「使う必要性が感じられない」というのが正直なところでしょう。

スタンプそのものが時代遅れ?

hapime-stamp5

 
どのスタンプをどのタイミングで送るかで、送り手のセンスが分かるスタンプ機能。

かつては、「スタンプのチョイス次第でモテる」などと言われたこともありました。

しかし、現在では、少々状況が違うようです。

というのも、編集部が知る限り、「スタンプを送る」という文化そのものがかなり廃れてきているのです。

そもそも、スタンプを流行らせたのは女子中高生達でした。

そこから多くの年齢層に受け入れられていった訳ですが、現在ではその女子中高生達がスタンプを使わなくなってきています

それに伴って若い男性達もスタンプを使わなくなってきており、一部の人からは「今更さらスタンプなんてダサい」と言われることもあります。

そういった若い世代がハッピーメールを利用していることを考えると、令和になった今、あえてスタンプを送る必要はないのかもしれません。

男性会員からの評判

hapime-stamp6

 
編集部では、現在ハッピーメールを利用している男性会員に、スタンプ機能に対する感想を聞いてみました。
 

料金が高い

「無料でメッセージし放題のLINEならスタンプを送ってもいいと思います。しかし、ハッピーメールにおいてスタンプを送るには、1通で約50円もかかるわけで、『勿体無い』の一言に尽きます。どう考えてもお金の無駄なんじゃないでしょうか」(23歳 男性)

 
男性側の意見として多いのが、「スタンプ送信にかかる5ポイント(約50円)が高い」というものです。

スタンプを送れば見た目は良くなりますが、伝えていることはごく簡単な内容でしかなく、文章を送るよりも圧倒的に情報量が少ないのです。

そこに5ポイントをかけるとなると、「勿体無い」と感じる人が多いのも頷けます。
 

スタンプを送る意味が分からない

「学生の頃はよくスタンプを使ってましたが、最近ではほとんど使いません。もともとスタンプは遊び感覚で送るものですから、出会い系サイトで見ず知らずの女性と出会おうとする際に使う意味が分かりません。普通に文章を書いておくるのがマナーだと思います」(25歳 男性)

 
社会人になったのをきっかけに、スタンプを送らなくなったという人は多いようです。

そういう人にとっては、文章を書かずにスタンプを使用することが、失礼に思えているのではないでしょうか。
 

スタンプが送られてくるとイラっとする

「ハッピーメールで女性からスタンプが送られてくると、少しイラっとします。女性は無料だから1通あたりの内容が薄くても問題ないのでしょうが、男性は1通あたり5ポイントも使いますから、できるだけ内容の濃いやり取りをしたいところです。そういう男性の気持ちも考えてほしいですね」(30歳 男性)

1通あたり5ポイントも消費するのであれば、できるだけ多くの情報を詰め込んでコスパを良くしたいというのが男性の本音だと思います。

にもかかわらず、女性側から情報量の少ないスタンプが届くと、5ポイントが無駄になったような感覚になるのでしょう。

まとめ

この記事では、ハッピーメールのスタンプ機能についてご紹介しました。

使い方はLINEと同じなので、特に難しいことはないでしょう。

ただし、メッセージの送信と同じ金額がかかることや、情報量が少ないことから、やり取りにおいて効果的とはいえないようです。

スタンプ一つで簡単に終わらせてしまうよりは、きちんと文章にして送った方が良いのではないでしょうか。