ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2020.03.26 作成:2019.09.14

ハッピメールの位置情報機能とは?そのメリットとデメリットを紹介

hapime-gps1
出会い系サイトのハッピメールには、GPSと連動して自分のおおなかな位置を伝える機能があります。

この位置情報機能を使えば、近くにいる異性を探し出し、「今から会いませんか?」と誘うことができる訳ですが・・・

実は過去には、位置情報機能のためにトラブルもあったようです。

この記事では、そんなハッピーメールの位置情報機能について、設定の仕方やメリット・デメリットをご紹介していきます。
 

以前の位置情報機能は不評だった

hapime-gps2

以前、ハッピーメールには「ハッピーレーダー」という位置情報機能がありました。

この機能は、GPSを使って会員の現在地を特定し、マップ上にピンを使って表示するというものでした。

この機能をつかえば、「○○という女性会員が△△という近くの店にいる」といった具合に、誰がどこにいるのかを知ることができます。

相手のことを知るという意味ではとても便利な機能で、「誘いやすくなった」「会話のきっかけになる」などという好意的な意見もありました。

また、「自宅にいる」といいながら、ピンが指し示す場所がホテル街だったりした場合などは、「この女性はデリヘル嬢だろう」と予測を立てることもできていました。
 

ハッピーレーダーの問題点

上記のように、ハッピーレーダーは相手のことを知るのに大変便利な機能でした。

ですが、立場を変えて、自分が探される側になった時はどうでしょうか。

自宅でハッピーレーダーを起動させれば、自宅の住所が分かってしまいます。

また、頻繫に行く馴染みの店でハッピーレーダーを起動させれば、自分の行動範囲を知られてしまします。

ということは・・・ストーカーを生み出しやすい状況になっていた訳です。
 

女性からの不評をかい、ハッピーレーダーは廃止に

出会い系サイトの長所のひとつに、「秘匿性の高さ」というものがあります。

本名、年齢、住所、氏名、写真を公開しなくても異性と出会えるというのが、根底にある長所のはずでした。

ところが、ハッピーレーダーで居場所が特定されるようになったことで、その秘匿性が脅かされる事態が発生します。

当然、多くの女性会員から安全を心配する声があがることになりました。

その批判はすさまじく、口コミサイトや2ちゃんねるなどでは、「ハッピーメールは怖いから退会する」などといった書き込みが相次ぐほどでした。

実際、この時期のハッピーメールは、会員の退会が相次いでいたそうです。

こうした流れを受けて、ハッピーメールは位置情報サービス・ハッピーレーダーを廃止とすることになりました。

新しい位置情報機能が追加になった

hapime-gps3

ハッピーレーダーが廃止になって以降、ブラウザ版では位置情報サービスが使えなくなっています。

ですが、アプリ版の方では別の位置情報サービスが始まりました。

それが、現在でも利用できる「位置情報を使った検索機能」です。
 

ハッピーレーダーとの違いは?

大不評だったハッピーレーダーと、新しい位置情報機能。

この二つの違いといえば、「居場所を特定しない」という点です。

現在地を地図上にピンで指し示していたハッピーレーダーと異なり、現在では「半径○○メートル」という形で表示されるようになっています。

これによって、「近くにいる」ということまでは分かっても、「どこにいるか」というところまでは分からなくなりました。

このような検索方法は、tinderやマッチドットコムといったマッチングアプリにも採用されており、プライベートを守るという意味では、格段に向上したといえるでしょう。

新しい位置情報機能の使い方

hapime-gps4

アプリ版からハッピーメールにログインすると、会員の一覧が表示される画面になります。

この画面の右上に、時計のマークがあります。

新しい位置情報機能を使うには、この時計のマークをタップしてください。
hapime-gps5

すると、上の画像にように、会員を表示する方法を選べるようになります。

ここで「距離が近い順」を選択します。

hapime-gps6

その後、自分のを位置情報を通知することを許可すれば、現在地から近い順に異性が表示されるようになります。

検索結果をみると、相手がどれくらい近くにいるのかが分かるようになっており、時には半径100メートルほどということもあります。

それが自宅だとしたら、もはやご近所ということになりますね。

位置情報機能のメリットとデメリット

hapime-gps7

半径という形で表示されるようになったことで、安全性が格段に向上したハッピーメールの位置情報機能ですが、そうはいってもメリットとデメリットがあります。
 

メリット

位置情報機能のメリットといえば、なんといっても「近くにいることが分かるので誘いやすい」ということです。

「どうやら近くにいるみたいですね。これから会ってカフェにでもいきませんか?」という具合に話しかければ、スムーズに会うことができるかもしれません。

また、相手が近くにいれば、「今からすぐに会えますよ」という展開になりやすいものです。

ハッピーメールなどの出会い系サイトではドタキャンが多いのですが、「今すぐ」となれば、ドタキャンされる確率はグッと低くなることでしょう。

 

デメリット

位置情報機能を使うことのデメリットは、「知られたくない人にまで自分のことを知られてしまう」ということです。

位置情報機能を使うためには、自分の位置情報も公開しなくてはなりません。

つまり、誰かによって自分が検索される可能性がでてくる訳です。

たとえば、顔写真を載せてプロフィールを作成していたとしましょう。

さらに、それをみた誰かが位置情報を使って検索し、100メートル以内だったとします。

この場合、検索した人がストーカー気質だったとしたら、写真をもとに周辺を探す可能性がでてきます。

万が一自宅にいた場合は、その周辺をストーカー気質の人がうろつくことになる訳です。

こうなってしまっては、ハッピーメール上でブロックしたところで、何の意味もありません。

すでに顔写真はスクリーンショットされているでしょうし、年齢もバレています。

こうしたトラブルは誰にでも起こりうることなので、安易に位置情報機能を使うのは、避けた方が良いのではないでしょうか。

トラブルを避けるための対策

hapime-gps8

位置情報機能によるトラブルを避けるためのもっとも効果的な対策は、そもそも位置情報機能を利用しない、ということです。

それには、位置情報設定をオフにする必要があります。

「マイページ」の右上にあるマークをタップし、オフを選択しましょう。

こうすることで、位置情報検索に引っかからなくなります。

なお、同じマークをもう一度タップすると、位置情報機能をオンにすることもできますので、時と場合によって使い分けるのが良いでしょう。
 

外出先のみで使うようにする

位置情報検索されて困るのは、自宅や勤務先、よく行くお店など、自分の行動範囲がバレてしまうことです。

そういったリスクを避けつつ位置情報機能を使うには、普段行かないような場所で使用するのが一番です。

たとえば、滅多に行かない街にいき、そこのカフェでコーヒーでも飲みながら、のんびりと位置情報機能を使う、といった具合です。

これであれば、仮に現在地を特定されたとしても、さほど問題はなく、位置情報機能のメリットのみを存分に活用することができます。
 

プロフィールから顔写真を削除する

プロフィール欄に自宅や勤務先の場所を細かく書いている人はいないと思います。

ですが、顔写真を載せている人は多く、そこに位置情報機能が加わることで、居場所が特定されてしまうことがあります。

なので、位置情報機能を使う時は、一時的にでもプロフィールから顔写真を削除しておく方が良いでしょう。

位置情報機能の評判・口コミ

hapime-gps9

最後に、ハッピーメールの位置情報機能に関する評判をご紹介します。

編集部では、実際にハッピーメールを利用したことのある男女にインタビューを実施しました。

その結果は、良い評判の悪い評判の両方が拮抗するものでした。
 

良い評判・口コミ

35歳 男性
近くにいる人が分かるというのは、大変便利だと思います。メールしやすいし、相手側も近所ということで親近感を持ってくれますからね

 
27歳 女性
プロフィールがあるとはいえ、ほとんど相手のことを知らない状態でやり取りするので、情報は少しでもあった方が助かります。私は会うなら近くにいる人が良いと思っているので、その目安としては丁度良いです

 
29歳 男性
援助交際目的でよくハッピーメールを利用するので、近所に済む女性とはできるだけ会いたくないですね。一度会った女性と後日街中でばったり会うのは気まずいです。なので、あえて遠くにいる人にメールを出すようにしてます

 
34歳 女性
以前のハッピーレーダーと比べて、とても良くなったと思います。相手のことは知りたいけど、自分のことが必要以上に知られてしまうのは避けたいですから

 
43歳 男性
ハッピーメールではドタキャンが多いけど、位置情報機能があれば、相手が待ち合わせ場所に向かっているかどうかが分かります

 

悪い評判・口コミ

40歳 男性
プロフィールや掲示板におおまかな場所や行動範囲が書いてあるので、あえて位置情報を利用する必要はないと思いますね

 
23歳 女性
女性の立場としては、自分の現在地が分かってしまうのには抵抗があります。特定はできないにしても、100メートル以内とかだったら、すぐ近くにいる可能性もありますから

 
31歳 男性
位置情報検索ができることを知らないで、機能をオンにしている人が結構います。メールで『近いですね』と書いたら、『なんで分かるの?気持ちわるい』と怒られてしまいました

 
24歳 男性
位置情報検索しても、その相手が何を目的としているのかが分かりませんし、これから会える状態なのかもハッキリしません。結局、掲示板から最新の投稿にメールを出した方が確実だと思います

 
23歳 女性
私は顔写真を載せているので、位置情報機能は絶対に使いません。どんな人がどこにいるかが分からないのに、自分の場所をある程度教えてしまうのは、あまりにも危険だと思います

 

評判・口コミの総括

利用者達の評判・口コミを読むと、「相手の情報を詳しく知りたい」という希望を持っている人は、概ね良いイメージを持っているようです。

一方、「自分のことはできるだけ知られたくない」と考えている人にとっては、プライベートと秘匿性を脅かす危険な機能に感じられるのでしょう。

このことから、相手の情報をとるか、自分の存在を隠す方をとるか、この違いで位置情報のオンオフを使い分けるのが良いといえます。

まとめ

この記事では、ハッピーメールの位置情報機能についてご紹介しました。

以前のハッピーレーダーは極めて不評でしたが、現在の表示形式に変わってからは、安全で使いやすいものになっています。

とはいえ、否定的な意見をいう人も大勢います。

なので、ハッピーメールにログインしたら、かならず位置情報機能のオンオフを確認し、望まない展開にならないようにきちんと管理する必要がありそうです。