ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2020.03.26 作成:2019.10.14

ハッピーメールのブロック機能とは?メリットやされないための対策

hapime-top
出会い系サイトのハッピーメールを利用していると、「もうこの人とはやり取りしたくない」と思うこともあります。

そんな時に役立つのがブロック機能(無視設定)です。

便利な機能ではありますが、接し方を間違えると、自分がブロックされてしまうこともあります。

そこでこの記事では、ハッピーメールのブロック機能と、ブロックされないための注意点をご紹介していきます。

\いますぐハピメを使いたい方はこちら/
ハッピーメールに今すぐ無料登録(R18)

ハッピーメールのブロック機能とは

hapime-block2

ハッピーメールにおけるブロック(無視設定)とは、お互いに見えなくなるように設定することです。

双方が相手の存在を知ることができなくなるので、「これ以上のやり取りを望まない」時や、「この人にはプロフィールを見られたくない」という時に使うと大変有効です。

なので、「ハッピーメール内で知り合いを見つけてしまった」というような時に使用すると、お互いに存在を隠すことができる訳です。

ブロックするとどうなる?

hapime-block3

ブロックした場合、お互いに相手の全てが見えなくなります

なおかつ、ブロックしたことは相手には通知されません

そのため、プロフィール検索をしても表示されませんし、過去にメールのやり取りがあったとしても、ブロック後はメールを送ることができなくなります

つまり、相手をバッサリと切り捨てることになるのですが、ハッピーメールの会員のなかにはそうせざるを得ない相手がいるのも事実です。

なので、何か問題があった場合は、遠慮せずにブロック機能を使うと良いでしょう。

なお、ブロックした相手はマイページ内にある「無視」のなかにリストで表示され、任意のタイミングでブロックを解除することができます

見ちゃいや機能とブロックの違い

hapime-block4

ハッピーメールには、ブロック(無視設定)とは別に、「見ちゃいや」という機能もあります。

一見すると似ているようなこの二つの機能ですが、どこが違うのでしょうか。

まず、ブロックは、前述の通り「完全に双方の存在を消す」機能です。

一方「見ちゃいや」は、「掲示板への投稿だけを隠す」機能です。

たとえばAという人物とやり取りをしつつ、掲示板でA以外の人を募集したとします。

この時、募集していることをAに知られると、関係がこじれるかもしれません。

ところが、Aを「見ちゃいや」に登録しておけば、掲示板への投稿を知られることはなく、関係がこじれることもないのです。

ちなみに、「見ちゃいや」に登録した人はリストで表示されますが、後に解除することもできます

ブロックされないようにするには

自分からブロックすることもあれば、逆に「ブロックされてしまった」というパターンも考えられます。

特に男性が女性からブロックされることが多いようです。

そこで編集部では、ハッピーメールの女性会員に、「どのような時にブロックするのか」という点について聞いてみました。
 

頻繫に足あとをつけてくる

hapime-block5

「メールを送ってくる訳ではないのに、毎日のように足あとをつけてくる人がいます。私は日記などもつけていないので、毎日足あとをつける必要はないはずです。何となく気味が悪いのでブロックしました」(31歳 女性)

男女ともに、異性から足あとがつくというのは嬉しいものです。

ですが、同じ人が頻繫に足あとを残し、なおかつメールが届く訳でもないとなると、急に怖くなるようです。

「ストーカーかも?」という疑念も生じるので、同じ人に足あとをつけるくらいであれば、何か別の意思表示をするようにしましょう。
 

しつこくメールしてくる

「何度かやり取りをした男性からデートに誘われたのですが、話が会わないので断りました。すると、『どうしてもダメですか?』『お茶だけでもしませんか?』等と、しつこくメールが送られてくるようになりました。情熱は感じましたが…数日後にブロックしました」(24歳 女性)

ハッピーメールにおけるトラブルで多いのが、男性がしつこくメールを送ってしまうパターンです。

女性からきっぱりと断られている訳ですから、潔く諦める方が無難なのではないでしょうか。
 

デートが最悪だった

hapime-block6

「ハッピーメールで知り合い、一度デートしました。でも、相手の男性の話し方、服装、性格など、どれをとっても最悪だったので、デート後すぐにブロックしました」(20歳 女性)

ハッピーメールも含むあらゆる出会い系サイトでは、デート後に連絡が途切れてしまうパターンが多々あります。

これは双方、あるいはどちらか片方が「デートがイマイチだった」と感じたからです。

このような場合、デート中から何かしらのサインが出ているものですから、それを敏感に察知し、デート中に立て直すようにしましょう。
 

メールの内容が悪い

32歳 女性
私はハッピーメールで真剣に交際相手を探しています。プロフィールにもちゃんとそう書いてあるのに、援助交際を求めるようなメールが届くことがあります。援助交際が多いサイトだとは知っているけど、そうじゃない人もいるので、ちゃんとプロフィールを読んでほしいですね」

 
27歳 女性
女の子のところにはたくさんのメールが届くので、全部に返信することはできません。当然、読んでいて楽しいとか興味がわくメールに対して返事をしていくことになるので、内容が悪い人は返事をしないかブロックすることになります」

 

19歳 女性
ちょっと返信が遅いだけで、『何で返事くれないの?』とか『何してるの?』などと急かしてくる人がいます。見張られているみたいで気持ち悪いのでそういう男性はブロックします」

 
ブロックされる理由としてもっとも多いのが、メールに関することです。

基本的には、質問で終えるようにしたり、ちょっとした笑い話をいれたりすることで、スムーズなやり取りができるようになります。

「やり取りが上手く続かない」という人は、これらの工夫ができていない可能性があるので、相手の立場になって、「どんなメールなら楽しいと感じるか」という観点で書くようにしましょう。

まとめ

この記事では、ハッピーメールのブロック機能についてご説明しました。

ブロックすることで双方の存在を完全に隠すことができるのですが、相手からブロックされるというのは、気持ちの良いものではありません。

そうならないように、マナーとルール、そして面白みのあるやり取りを心がけるようにしましょう。

\新規登録で最大120ポイントもらえる!/
ハッピーメールに今すぐ無料登録(R18)