更新:2022.02.01 作成:2022.02.01

SNSで本当に出会いがある?出会いに最適なSNSの特徴や注意点などを徹底解説

sns-deai14

ここ数年で、スマートフォンの普及によりSNSが発達しました。その影響により友人や友人以外など、気軽に色々な人と連絡が取れる便利な時代になりました。

その背景により、近年ではSNSから恋愛に発展するケースも多く耳に入ってきます。SNSで恋愛と聞くと「本当に出会えるの?」「SNSからの恋愛って安全なの?」などと思う人も多いでしょう。

そこでこの記事では、SNSで本当に出会いがあるのか、SNSで出会える人たちの特徴や注意点などを徹底解説します。恋愛がしたい人や出会いが欲しい人は、ぜひ最後までご覧ください。

SNSで本当に出会えるの?

sns-deai15

SNSで出会えるのかについて疑問に思う人もいますが、結論から言うと、十分に出会えます。

理由は、冒頭でもお伝えした通り、色んな人と気軽に連絡が取れるからです。お互いの顔が見れなくても、SNSのチャット機能やダイレクトメッセージなどを使い、気になる人が見つかればすぐ連絡できます。

なので、出会いのハードルを下げられ、恋愛が苦手な人でもアタックしやすいです。また、SNSでは自分と同じ趣味を持っている人を見つけられるので、同じ価値観の人と繋がれます。

価値観が同じ人と繋がれば、たとえ顔見知りでなくてもチャットで仲良くなれるので、デートに誘いやすくなります。よって、出会える可能性が高くなるので、SNSは十分に出会えるチャンスが多いです。

出会えるSNSの種類と体験談

SNSで出会える可能性が高いことがわかりましたが、SNSといっても世界にはたくさんの種類が存在します。一体どんなSNSが出会いを求めるのに有効的なのでしょうか。

以下の4つのSNSがおすすめです。

それでは、実際の体験談とともにご紹介します。

マッチングアプリ

sns-deai7

圧倒的におすすめできるのが、マッチングアプリです。マッチングアプリとは、出会いを求める男女がアプリ上で出会えるサービスです。

お互いが出会いを求めるために使用するので、目的が明確で出会いやすいです。なので、LINEでよくある駆け引きや直接デートに誘うのが恥ずかしいなどの無駄なことを考える必要がありません。

ただ、マッチングアプリと聞くと「騙されたりするのではないか」「怖い」などまだネガティブなイメージがありがちです。

しかし、現在は安全なマッチングアプリが多く、セキュリティや年齢確認などがしっかりしているマッチングアプリを使用すればそのような心配はありません。よって、安全でかつ目的がはっきりとしているマッチングアプリは、1番出会いやすい方法といえます。

過度な期待をせずにアプリを入れて始めたら年上男性と付き合えた

大学を卒業後、一般企業に就職しました。しかし仕事が忙しく、しばらくは恋愛をしている余裕がありませんでした。最後に彼氏がいたのも大学3年生だったので、かれこれ2年以上も彼氏がいません。

現在は、就職して3年目になるので、仕事にも慣れてきたので心に少し余裕が出てきました。2年以上も彼氏がいないので、周りの友人や同期に彼氏がいる人を見るとすごく羨ましいです。

その気持ちから、私も出会いを求めて合コンや街コンに参加したり、友人から紹介してもらったりしました。しかし、どれもいい男性には巡り合わなかったので、半分気持ちが折れかけていました。

そんなある日、休日に家でゴロゴロスマホを見てたら、マッチングアプリの広告を見つけました。「マッチングアプリって出会えると聞くけど本当かな?」と少し疑いがありましたが、何もしないよりかはマシだと思い、マッチングアプリを入れてみました。

プロフィールを設定して実際に始めてみましたが、過度な期待はしてなかったので「いい人が出てくればいいな」程度でした。

いろんな男性からメッセージがきていたのですが、特にいい人がいなかったので、あるひとりの男性に目がいきました。

その男性は、私よりも4つ上でプロフィールの感じも目を惹かれるものがありました。たまたまメッセージが来たので返信し、何度か連絡を取り続けました。

人柄もよく、年上男性がタイプな私はすっかり「この人いいな」と思いましたし、実際に連絡を取り合うのが楽しかったです。しばらく連絡を取り続け、その男性からデートのお誘いを受けたので、デートまでこぎつけました。

デートも楽しく、かなり人もよかったので、その後もデートしたり毎日連絡を取り合うようになりました。

出会って2ヶ月経った頃、その男性からついに告白されました。完全に好きになっていたので、もちろんOK。付き合ってからも仲良く過ごせているので、今ではマッチングアプリを入れてよかったと思っています。

Twitter

sns-deai2

Twitterとは、青い背景に白い鳥のアイコンのSNSです。スマホが普及し始めた頃から人気があるSNSで、世界共通のSNSサービスです。

日本国内では、月間利用者数が4,500万人の利用者がいるので、かなり多くの人が利用しているのがわかります。

Twitterの特徴は、ハッシュタグをつけられることです。ハッシュタグをつけて、自分と同じ趣味や特技の人を見つけられるので、自分と似たような価値観のある人と繋がれます。

たとえば、以下のような感じでハッシュタグをつけられます。

  • ●#オシャレ好きな人
  • ●#カフェ巡りが好きな人
  • ●#出会いを求めている人

同じ価値観を持つ人同士で繋がれば、話が合うので出会えるチャンスが大きくなります。また、TwitterにはDM機能やリプライ機能があるので、気になる人を見つけたら気軽に連絡できます。

特に、ハッシュタグをつけて同じ価値観の人を見つけて連絡すれば、出会える確率は高くなるでしょう。よって、Twitterも出会えるSNSとして使えます。

ハッシュタグをつけてグルメの投稿したら、リプライがきてそこから恋愛に発展した

私は、普段からTwitterを利用していて、1日に3ツイートほどしています。現在は社会人となって会社に勤めていますが、休日にはオシャレなカフェやレストランへ行き、ランチや間食を楽しんでいます。

お店にいった際には、頼んだメニューや外観の写真などを撮影して、Twitterに「#グルメ好きと繋がりたい」とハッシュタグをつけて投稿しています。

そんなある日、Twitterでハッシュタグをつけていつも通りグルメのツイートをしたら、同い年くらいの男性からリプライで「美味しそうですね」と返ってきました。

私は何気なく「おいしかったです。ここおすすめですよ」と返信しました。しばらくラリーが続いてその日は終わりました。

次の日以降、グルメのツイートをすると、その人から高確率でいいねが来るようになりました。たまにリプライもきてました。

気になったのでその男性のTwitterを見ると、その人も私のようにグルメのツイートをしていました。ハッシュタグもつけてツイートしていたので、おそらく自分と同じ趣味を持っているんだなと思いました。

「自分のツイートをみてくれている」と思い、なんだか親近感が湧いたのを今でも覚えています。リプライが頻繁にくるようになったので、私も色々とグルメ情報を教えたり相手のツイートにも反応したりと、お互いツイートに対して反応していました。

そんなある日、DMでその男性から「今度ご一緒にどうですか?」ときたので、お会いすることになりました。

初めてあった感じ、とても優しくていい人だったので楽しかったです。その後も連絡を取り合ったり、一緒にグルメ巡りをしたり、気づいたら好きになっていました。

そして私から告白しようか迷った時に、その男性から告白されました。私も好きだったので、もちろん告白を受け入れて、お付き合いできました。

今では、週に1回、一緒にオシャレなレストランでランチをしたり一緒にグルメ巡りをしたりして、彼と充実した日々を過ごしています。

あの時、Twitterにグルメの投稿をしてなければ今の出会いはなかったし、もっと言えばリプライで反応しなければ今の自分はありません。Twitterで出会うのはイメージが悪いかもしれませんが、Twitterでの出会いも悪くはないと思います。

Instagram

sns-deai16

Instagramは、10〜20代の若い世代を中心に人気のあるSNSです。Instagramは、Twitterと異なり、主に画像や動画でのビジュアル要素のコミュニケーションツールです。

「インスタ映え」という言葉があるように、オシャレな写真をとって投稿することで、いろんなユーザーと繋がれます。

また、Twitterと同様、ハッシュタグが使えるのでうまく利用すれば、近い価値観を持っている人と繋がれます。DM機能もあるので、気になる人ができたら気軽に連絡も取れます。同じ価値観を持つ人にDMやコメントを送付すれば、話が広がりやすいので出会えるきっかけを作れるでしょう。

よって、Instagramも出会えるSNSとして活用されています。

あまり接点がなかった高校の同級生に、趣味が近かったので勇気持ってDMしたら付き合えた

僕は、普段からInstagramを利用していて、週に2回投稿しています。現在は大学生で、休日には趣味であるカフェ巡りをしています。

カフェで頼んだメニューや外観の写真などをとって、Instagramに載せています。

そんなある日、Instagramでハッシュタグをつけていつも通りカフェの投稿をしたら、久しぶりに高校の同級生の女子から「いいね」がつきました。

気になったのでその子のInstagramを見ると、その子も自分と同じくカフェ巡りのツイートをしていました。おまけに、ハッシュタグもつけていたので、おそらく自分と同じ趣味を持っているんだなと思いました。

その子は、高校が一緒だったのですが、クラスが隣で顔見知り程度でした。ただ、すごく可愛い子だったので、モテていたのを覚えています。

「自分のツイートをみてくれている」と思い、なんだか親近感が湧いてきたので、DMで話しかけてみようと思いました。しかし、あまり接点がなかったので「いきなりDMは変だな」と思い、その日は結局DMしませんでした。

その後も、ハッシュタグをつけてInstagramで投稿していましたが、その子からほとんど「いいね」がついていました。

いいねをたくさん押してくれるから勇気を持ってDMしてみようかなと思い、ついに勇気を持ってDMしてみました。そしたらなんと連絡が返ってきたので、その後もやりとりを続けていました。何回かやりとりを続けてついに一緒にカフェ巡りができました。

お互い同じ趣味だったので、高校の時に接点がなくても意外と会話は弾みました。その後も何回かデートを重ねて、見事お付き合いすることに成功しました。

今では、同棲をしており休日は一緒にカフェでランチをしたり巡ったりして充実した日々を過ごしています。あの時、Instagramにカフェの投稿をしてよかったですし、勇気を持ってDM送ってよかったと思っています。

Instagramでの出会いも悪くはないと思います。

Facebook

sns-deai8

Facebookと聞くと「今どき古いのではないか」と思う人も多いですが、まだまだ活用してる人がいるのも事実です。

日本では、2,000万人ほどが利用しているのですが、年々利用者が減ってきています。フFacebookの特徴は、実名制という点です。TwitterやInstagramは、本名でなくてもニックネームやペンネームなどで利用できますが、Facebookでは通用しません。なので、信頼性も高く安心して利用できます。

実名制なので、もし気になる人ができたらその人の名前を検索してつながります。たとえば、昔好きだった同級生や気になる先輩など、Facebookで検索しヒットする可能性があるのです。

「知り合いかも?」機能を使ったり、検索したりして昔の同級生や同じ会社の人と繋がりやすいFacebookは、出会えるSNSとして最適です。もし、気になる人がいたらFacebookで検索し、勇気を持ってメッセージを送ってみましょう。

中学の同級生で当時好きだった人と繋がれて付き合えた

僕は現在、会社員として働いていますが、少し前に周りの友人や同期がどんどん結婚していっているのを近くで見て、少し寂しい気持ちになっていました。

年齢はまだ28歳ですが、周りの人が結婚していくと「自分はこのまま結婚できるのだろうか」となぜか不安な気持ちになります。

また、僕は彼女がいなかったので余計に寂しい気持ちになっていました。しばらく恋愛もしていなかったので、自分にも彼女ができるか不安でしたが、転機が訪れました。

僕はFacebookを入れているのですが、暇だったので中学生の頃好きだった女の子の名前を検索してみました。すると、ヒットしたのでフォローしました。

中学校を卒業してからもみんなでご飯にいく仲だったので、特に気まずいわけではないですが、ここ数年は全くあってなく連絡もしてなかったので覚えているのか不安でした。

フォローしてから1日後に、フォローが返ってきたので、思わず「久しぶり」と連絡してみました。数年会っていなかったのですが「久しぶり、元気?」とメッセージが返ってきたので安心したのを今でも覚えています。

そこから、お互いの現状や昔話などで盛り上がりました。連絡のやりとりをしている中で、現在は彼氏がいないことがわかりました。当時は好きだったのですが、恥ずかしくて告白できなかったこともあり「こんなチャンスはない」と思い、一度ご飯に誘いました。

断られることなく無事ご飯に行けました。懐かしい思い出話や恋バナ、仕事のことなどで話が盛り上がり、非常に楽しい時間を過ごせました。食事デートが終わってから、毎日連絡を取り合い、その後も何回か一緒に食事に行ったり出かけたりしました。

向こうも僕のことを気にするようになったと思ったので、初めてのデートから1ヶ月経った頃、ついに告白しました。結果は、見事OKをいただき、付き合えました。

現在もお付き合いは続いており、お互い将来のことを考えています。Facebookで何気なく検索したらヒットしたので、あの時Facebookを入れていて本当によかったと思いました。

SNSで出会うコツ

sns-deai21

いくらSNSが発達したからといって、ただ利用すればいい出会いがあるとは限りません。SNSには多くの利用者がいるので、ライバルがたくさんいます。

いかに自分を魅力的に見せるかが重要です。相手に魅力的に映れば、いい出会いもおのずと現れます。

では、SNSで出会うコツはどんなものがあるのでしょうか。主に、以下のポイントを意識してみましょう。

  • ●プロフィール文を充実させる
  • ●フォロワーを増やす
  • ●DM機能を利用する
  • ●ハッシュタグ機能を使って投稿する
  • ●オフ会に参加する
  • ●気になる人を名前検索する

それでは、順番に解説していきます。

プロフィール文を充実させる

sns-deai19

SNSで出会いを求める際、顔見知りではない場合が多いです。つまり、顔も知らない自分に対して好印象を与える必要があります。

そのためには、SNSのプロフィール文を充実させて自分が「どんな人間なのか」を相手に魅力的に伝えなければなりません。プロフィール文で、自分についてうまくアピールができれば、相手は自分に対して興味を示します。

興味を示してもらえたら、あなたのことを知りたがるので連絡をくれたり、SNSの投稿に反応したりします。結果的に、成功率がグッと上がるので、まずは自分のことをしっかりとアピールしましょう。

成功させるために、自分の長所や短所、趣味などを分析して、相手の立場を考えてプロフィール文を作成してください。

フォロワーを増やす

sns-deai4

フォロワー数は、相手に1番目に見えるものです。フォロワーが多ければ、それだけあなたには魅力があるということを数字が示しているので、相手に魅力がある人だと伝えやすいです。

あなたの投稿が好きな人や、あなたのことが気になる人がそれだけ多いということなので、自分から連絡しなくても、相手からの連絡が多くなります。

TikTokがいい例です。最初は、興味本位ではじめたとしても、投稿しているうちに、見ている人は「この人可愛い」「この人面白い」などとその人の魅力に気づくので、口コミがどんどん広まります。

やがて多くの人に認知されるほど広まり、フォロワー数がかなり増えたところで、企業からの案件紹介の相談やモデルのスカウトなど声をかけられる機会が出てくるのです。このように、フォロワー数が多ければあなたの魅力が広まるので、その魅力に気づいてくれる人が出てきます。

逆に、どんなにいい投稿をしてもフォロワーがいなければあなたの魅力は、伝わり辛いでしょう。まずは、SNSのフォロワーを増やすのに注力するのをおすすめします。

DM機能を使う

sns-deai12

SNSには、DMといってダイレクトメッセージが送れる機能があります。主に、TwitterやInstagramについている機能です。

もし気になる人がいたら、投稿に対しての感想をダイレクトメッセージで送れますし、同じ価値観を持っている同士であれば会話を続けられます。

また、ダイレクトメッセージはリプライと違い、完全に個人間同士で連絡を取り合えるので、フォロワーの人にやりとりをみられることがありません。

よって、気軽に連絡できる点がメリットなので、気になる人がいたらDMで話題を振って積極的にアタックしてみましょう。

ハッシュタグ機能を使い投稿

sns-deai5

SNSでよく見かけるハッシュタグですが、この機能も出会いを求めるには必須なものです。理由は、趣味や好きなものが似ている人や同じ人を見つけられるからです。

たとえば、あなたが旅行が好きで休日に旅行に出かけた時の写真をアップして投稿するとします。その際に、投稿欄に「#旅行」とつけると、そのハッシュタグを押したらあなたのほかにも旅行について投稿している人が見つかります。

すなわち、自分の趣味と好きなことが一緒の人をすぐに見つけられるのです。同じ価値観を持っているので、リプライやDM機能を使って気軽に話すことも可能です。趣味や好きなものが一緒の人との連絡は、同じ「初めまして」の状態でも会話しやすいので、仲が深まりやすいです。

そこから友人が増えたり恋愛に発展するケースも多いので、特にTwitterやInstagramで趣味の投稿をする際は、積極的にハッシュタグをつけてみましょう。

オフ会に参加する

SNSで活動していると、オフ会に参加している人をたまに見かけます。特に、TwitterやInstagramでオフ会を開催している投稿を見かけます。

オフ会とは、オフラインで開催される会の略称で、普段はオンラインでやりとりをしている人たちが集まるような会です。主に、ゲームやスポーツ観戦などの趣味や好きなものが一緒の人同士で集まり、食事やお酒を楽しんでいます。

オフ会に参加すれば、自分と同じ価値観をもった人とつながれますし、もっと言えば、オフ会で出会った人から友人や知人を紹介してくれる可能性もあります。

つまり、人間関係の幅が自然と広がるのです。人間関係が広がれば、おのずと出会う機会が増えるので、思わぬ形で異性と出会えるチャンスが到来します。

逆に、オフ会に参加しなければ人間関係は現状のままです。出会いがない人は、人間関係の輪が狭いのがひとつの原因なので、オフ会が開催されていると聞いたら積極的に参加してみましょう。

気になる人を名前検索

sns-deai1

初対面の人で気になる人ができたら、一度SNSで名前検索してみるのもありです。特に、Facebookは実名制なので、名前検索でヒットすれば繋がれるチャンスが広がります。

一度出会っているのであれば、こちらからフォローしても「顔見知りだから」という理由でフォローを返してくれる確率が高いです。また、FacebookだけでなくTwitterやInstagramも実名でやっている人は多いので、フォローして繋がれるチャンスを掴みにいくことが大切です。

フォローした理由なんていくらでも作れますし、フォローするだけタダなので、変に怖がらずにまずは名前検索してみましょう。

SNSでメッセージを送る際のコツ

sns-deai17

SNSは気軽に相手にメッセージを送付できるので、非常に便利ですが1歩間違えると関係性が悪化します。

SNSでメッセージを送るには、自分本位な連絡はしないことが重要です。では、SNSメッセージでいい関係を持てるようにするには、どんなコツがあるのでしょうか。

SNSでメッセージを送る際は、以下のポイントを意識してみましょう。

  • ●適度に質問する
  • ●長文メッセージは避ける
  • ●連絡の頻度は相手に合わせる
  • ●上から目線な態度は取らない

適度に質問をする

相手と長く連絡を続けたいのであれば、返信確率が高い内容を送るのが大きなポイントです。その方法は、適度な質問をすることです。

質問をすれば、相手も「自分のことを聞かれている」という意識が働くので、返信してくれます。逆に、返信しなければ悪い印象を持たれるので、質問が来たら大半の人は返してくれます。

仮に、あなたが「好きな食べ物はありますか?」とメッセージを送れば、相手も「〇〇が好きです」と返信してくれます。このように返信がくれば、その話題を広げられるので会話が続くというわけです。

上記の場合だと「〇〇が好きなんですね!僕もよく食べますし、〇〇の美味しいお店があるんですよ」と相手を誘う方向に持ち込めますね。つまり、話題を広げて次のアクションに持っていきやすいシチュエーションを作れるのです。

もし、気になる人ができて連絡を続けたいと思っている人は、適度に質問をするのを意識しましょう。

長文メッセージは避ける

好きな人との連絡で、つい気が舞い上がって長文のメッセージを送ってしまった経験がある人は多いのではないでしょうか。長文メッセージを相手に送るのは絶対に避けるべきです。長文で送られてきた内容は、みるのに時間がかかります。

さらに、内容もわかりづらく頭に入ってこないので、送られた側は理解しづらいです。その状態では、相手は「長文でめんどくさい」「後で考えて送ろう」といって後回しになります。

後回しにされると、送ったメッセージがほかの人とのやりとりで埋もれてしまい、気づいたら忘れられていることが多いです。

長文の連絡がくる→「長い。めんどくさいし後でみて返せばいっか」→1日経つ→2日経つ→1週間経つ→「あ、忘れてた。今頃送るのも変だし無視でいっか」

上記のような流れになり、一生返信がないまま関係性が終わりかねません。連絡を長く続けたい場合は、長文は避けて短く端的な内容を送るように心がけましょう。

連絡の頻度は相手に合わせる

連絡がこないからといって立て続けに連絡したり、即返信したりと自分本位な連絡をした経験がある人は意外にも多いです。

そのような連絡は、相手のことを考えずに身勝手に連絡をしているただの自己満足状態です。SNSで長く連絡を続けたい場合は、相手のことを考えて連絡するのが何よりも大切です。

仮に、連絡がこないのに連続でメッセージを送れば、相手からは「しつこい」と思われますし、即返信しても「余裕がないのかな」と思われてしまいます。

1番いいのは、相手の連絡頻度に合わせることです。なぜなら、相手にも都合があり生活スタイルも異なるからです。

相手に合わせれば、相手も返信に追われることがないので、負担を追わずにすみます。つまり、連絡するのにストレスを感じないのでやりとりが長く続きやすいです。

もし、気になる人と連絡を取り合っているのであれば、一旦連絡頻度を分析して、相手に合わせてみましょう。

上から目線な態度は取らない

連絡する上でありがちなのは、距離を縮めようと早い段階からタメ口を使ったり偉そうな内容を送ることです。関係性が良好でお互いのことを気に入っているのであれば、タメ口でも問題ないですが、関係性が浅い段階では不快に思う人が大半です。

例えば、あなたが仲良くない人からいじられるとどんな気分になるでしょうか。仲がよければまだいいものの、おそらくいい気分はしないですよね。

それと同じで、関係ができていないのにいきなりタメ口を使うと、相手はいい気分をしません。上から目線に聞こえてしまうので、まずは敬語を使って丁寧に連絡するのをおすすめします。

SNSで出会う際の注意点

sns-deai10

SNSで出会えますが、必ずしもいい出会いばかりではありません。中には、危険なことが潜んでいたり、使い方次第では、いい出会いが巡ってこないことも考えられます。

では、どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。SNSで出会いを求める際は、以下の3点に注意しましょう。

  • ●未成年とは繋がらない
  • ●肉体関係は持たない
  • ●ネガティブな投稿は避ける

未成年とは繋がらない

SNSは、幅広い年代が利用しています。なので、学生や社会人、もっと言えば有名人なども利用している世界です。

そんな幅広い世代が利用しているSNSですが、未成年の人とは繋がりを深く持たない方がいいです。特にTwitterやInstagramは、無料でできるSNSなので、年齢詐称して騙そうとしている人も潜んでいることがあります。

SNSで出会いを求める人は、無料で気軽に出会えると思い込んでいる人が多いので、その気持ちに溶け込んで年齢を偽り、大きなトラブルに発展させようとすることがあります。

なので、リスクを減らすためにも、未成年と気軽につながるのはやめましょう。

肉体関係を持たない

sns-deai22

SNSから出会いを求める中で、必ず見かけるのが「ヤリモク」です。特に女性をターゲットにされるケースが多く、簡単に出会って肉体関係を持つ事例が多いです。

安易に肉体関係を持つと、金銭トラブルや女性の場合は妊娠などリスクが大きく、後悔することになりかねません。また、肉体関係をもってしまうと恋愛に発展しないことがほとんどです。いい出会いを求めてSNSを活用しても、それでは意味がありません。

なので、安易に肉体関係を持つのはやめましょう。

ネガティブな投稿は避ける

SNSは、ある程度自由な投稿ができますが、ネガティブな投稿をするのはおすすめしません。理由は、ネガティブな投稿は見る人はいい印象を持たないからです。

仮に、あなたが仕事や友人関係で少しうまくいかなかったからといって「もう何もかも嫌だ」「自分なんてどうせ無理だ」などの投稿をしたとします。

もしかしたら友人から心配の連絡は来るかもしれませんが、異性からは決していい印象を持たれることはないですよね。

むしろ、暗い印象を与えてしまい、恋愛には発展しづらいです。なので、SNSに投稿するときは、自分の趣味だったり好きなこと、ポジティブなマインドを投稿しましょう。そのようにすることで見る人が共感し、印象がよくなります。

初心者はマッチングアプリ一択

sns-deai18

SNSで出会いを求める際に、どのようなSNSを使うのが1番いいのか迷う人は多いです。結論から言うと、初心者はマッチングアプリを使用するのをおすすめします。

マッチングアプリは、お互い目的がはっきりして利用しているので、気軽に素早く出会いやすいです。

また、マッチングアプリに悪い印象を持つ人もいますが、TwitterやInstagramなどとは異なり、年齢確認ができるので年齢詐称した詐欺に遭うことはありません。

特に、安心かつ安全なマッチングアプリを利用すればいい出会いができるでしょう。マッチングアプリといってもたくさん存在しますが、ここでは以下の3つをおすすめします。

それでは、それぞれの特徴や魅力をご紹介していきます。

ワクワクメール

sns-deai13

運営会社
株式会社ワクワクコミュニケーションズ
公式サイト
ワクワクメール
会員数
約900万人
男女比率
6:4

おすすめ人気マッチングアプリ1つ目は、ワクワクメールです。

2000年からサービスが開始され、20年以上の歴史を誇る老舗ママ活サイトです。会員数は、900万人を超える大手サイトであるため、恋人を作りたい人が多く存在しています。

特に、10〜20代前半の若い人が多く登録しているので、年齢が若い人とマッチングしたいと考えている人には最適なマッチングアプリです。

さらに、ワクワクメールにはサクラがいないということで有名です。その理由として、以下の3点が挙げられます。

  • ●マッチング実績が豊富で評判がいい
  • ●サクラを雇う必要がないほど会員数がいる
  • ●サクラを雇うデメリットが大きいことを運営側が重々理解している

sns-deai6

ワクワクメールでは、900万人以上の登録者がいるので、ユーザーが利用することで十分利益が生まれるので、サクラを雇うメリットがないのです。

なので、信頼感は抜群です。そのため、初心者でも安心して利用できます。これだけの規模で異性を探せることは、非常に魅力的ですし、いい異性と巡り会える可能性も高いでしょう。また、新規登録で1,200円分のポイントがもらえるのはありがたいですね。

Jメール

sns-deai9

運営会社
有限会社エムアイシー総合企画
公式サイト
Jメール
会員数
約600万人
男女比率
6:4

人気マッチングアプリ2つ目は、Jメールです。

Jメールについても、2002年から運用実績があるので、ワクワクメールと同様に老舗サイトと言えます。会員数は約600万人とワクワクメールには及ばないものの、男女の比率は同じです。

Jメールの1番の強みは、登録から相手探しまで無料でできることです。一般的な出会い系アプリは、相手のプロフィールを見るだけでポイントを消費してしまいます。

しかし、Jメールでは無料でプロフィールを見れるので自分に合う異性を入念に判断できます。さらに、ログインボーナスを貯めれば、無課金で出会うことも可能です。

なので、Jメールはお得に使えるアプリといえます。

sns-deai11

また、Jメールは監視体制がしっかりしているため、不正行為の防止や不適切な投稿をしているユーザーから身を守ってくれます。よって、安心かつ安全でいい出会いを求められますね。

PCMAX

sns-deai3

運営会社
株式会社マックス
公式サイト
PCMAX
会員数
約1,500万人
男女比率
7:3

人気マッチングアプリ3つ目は、PCMAXです。

このサイトも2002年からあり、サービス実績は十分なサイトです。会員数は、業界でも最高峰の約1,500万人いる大きなサイトになります。

sns-deai20

これだけの会員数がいる中、男女比率が7:3と男性が多いです。特に女性は、いい男性と出会える確率が高いです。男性側も女性比率が少ないと感じがちですが、信頼性のある大手サイトなので、質のいい女性が集まっています。

つまり、いい異性と出会える確率が高く、自分の条件にあった異性を選べます。

また、PCMAXではオフ会と称し、定期的に会場を貸し切ってイベントを開催しています。なので、気が合う人を見つけやすく出会いを求めている人にはありがたいサービスです。

まとめ

今の時代、SNSでもいい出会いは十分可能で、SNSからの恋愛も多くなっています。ただし、SNSを利用しているだけではいい出会いにありつけません。

自分を魅力的に映すために工夫したり行動したりすることが大切です。もちろん、いい出会いばかりでなく危険なこともあるので、その点を理解してSNSでの出会いを求めてみましょう。

特におすすめなSNSは以下の4つです。

  • ●マッチングアプリ
  • ●Twitter
  • ●Instagram
  • ●Facebook

初心者の方は、マッチングアプリがおすすめですが、自分にあったSNSを活用していい出会いを探してください。