更新:2022.01.09 作成:2022.01.09

セフレ作りに効果的な場所とは?それぞれのメリット・デメリットを紹介

sefure-basyo16

彼女の有無にかかわらず「セフレがほしい」と思っている男性は多いようです。

セフレとはいわばタダで利用できる風俗店のようなものであり、彼女とのセックスとは違ったプレイを楽しむことも可能。

男性側がセフレを希望するのは当然なわけですが、問題はどうやってセフレ候補と知り合うかということでしょう。

そこでこの記事では、編集部の経験からセフレ作りに効果的な場所をご紹介。

それぞれのメリット・デメリットを説明するので、自分に合った場所でセフレ作りを行ってください。

セフレ作りの場所は大きく分けて3つある

sefure-basyo27

セフレ作りに向いている場所を大きく分けると3つあります。

  • ●酒を提供する店
  • ●インターネット上
  • ●その他

酒を提供する店

sefure-basyo1

酒を提供する店は古くから出会いの場所として多くの人に親しまれてきました。

近年では男女の出会いをテーマにした店がヒットしやすく、酒の味よりも値段や出会いやすさの方が重視される傾向が。

なかでも次に挙げる場所はセフレ作りに向いています。

  • ●クラブ
  • ●相席
  • ●スタンディングバー

一方、キャバクラやガールズバーはセフレ作りには向かない場所です。

女性に接客してもらって良い気分にはなれますが、実際にセックスできることはほとんどありません。

その割に料金が高いので、セフレ作りが目的ならキャバクラやガールズバーは利用しない方が賢明です。

クラブ

sefure-basyo7

若い男女の出会いの場となっているのがクラブです。

酒を飲みながら音楽を聴いたり踊ったりというのが元々のコンセプトですが、そういった音楽好きが集まるクラブは客数が伸びません。

一方、「音楽にはさほど興味がない」という男女が出会いを求めて集まる通称ナンパ箱は全国各地に存在し連日満員状態です。

「クラブ ナンパ ○○県」で検索すれば、各県における有名なナンパ箱が見つかるはずなので、ぜひ行ってみてください。

相席

sefure-basyo24

2013年頃から急速に知名度をあげてきたのが相席というシステムです。

見ず知らずの男女が店内で相席し、男性側は相席時間に応じて料金を払います。

その代わり飲食代はほぼ原価といえるほど安く、この料金体系が女性に大人気。

「安く飲めるから相席に行く」という大義名分をもとに、本音の部分では出会いを求めている女性が大勢来店しています。

スタンディングバー

sefure-basyo14

スタンディングバーの本来の姿は低料金のバーであり、昭和から平成初期は「角打ち」と呼ばれていました。

純粋に飲食するための場だった角打ちですが、現在では出会い(ナンパ)を主たる目的として営業している店がたくさんあります。

「○○分間ドリンク飲み放題」など、非常に低料金なのが特徴。

OLの利用者も多く、たとえば東京・銀座にあるコリドー街では、仕事帰りにスタンディングバーでナンパ待ちしている女性が大勢います。

インターネット上

sefure-basyo8

スマートフォンの普及によって一気にメジャーになったのが、インターネットを使ったセフレ作りです。

費用と効率の面で他の場所を圧倒しており、「酒が苦手」「セフレ作りは効率重視」という男性にとってはぴったり。

当然、編集部もインターネットを使ってセフレ作りをしているのですが、成果が出やすいのは次の2つです。

  • ●インスタグラムやTwitter
  • 出会い系サイト・アプリ

一方、LINE掲示板とマッチングアプリはセフレ作りには不向きです。

まず、LINE掲示板は「セフレ募集」と言いながらパパ活や援助交際、デリヘル業者による集客がほとんど。

出会い系サイト・アプリも似たような状況ですが、それに輪をかけて酷いので、セフレ候補者をみつけ出すのは困難です。

その点、マッチングアプリは会員の多くが純粋な出会いを求めていますが、結婚に対する意識が非常に強いので、セフレとして関係を長続きさせることはできません。

インスタグラムやTwitter

sefure-basyo12

インスタグラムやTwitterを頻繫に利用する人のほとんどはいわゆる構ってちゃん。

メンヘラ気質があり、いったん肉体関係になるとずるずると長続きする傾向があります。

出会うことを前提としていないのでセフレ化までにやや時間がかかりますが、無料であることを考えると着手しておいて損はないでしょう。

出会い系サイト・アプリ

sefure-basyo5

出会い系サイト・アプリは出会うことを前提としている分、インスタグラムやTwitterよりも手っ取り早いのが特徴。

業者や援助交際が多いというネックはあるものの、それを見分ける技術さえ身につければ割と簡単にセフレを作ることができます。

その他

sefure-basyo11

酒を提供する店やインターネット以外でセフレ作りができるとしたら、可能性が高いのは次の三つです。

  • ●ストリートナンパ
  • ●女友達
  • ●元カノ

ストリートナンパ

sefure-basyo18

ストリートナンパは昔ながらの方法。

人通りの多い場所を選んで好みの女性を見つけたら話しかけるだけなのですが、実際にやってみると簡単なようで非常に奥が深く、なかなか上手くいきません。

それゆえ、最近ではストリートナンパをする男性が随分少なくなったように思います。

ただし、俗にナンパスポットと呼ばれている場所やフェス、ハロウィンなどのイベント会場においては非常に効果的です。

女友達

sefure-basyo20

女性に対して「男友達とのセックスはありですか?」と尋ねると、「友達同士でセックスなんて有り得ない」「友達は友達。そういう関係にはならない」などの回答が返ってきます。

しかしこれは単なる建前。

実際には酔った勢いやふとしたきっかけでセックスに発展することは多々あり、そこからセフレ関係となる友達同士は結構います。

そもそも、女性側が密かに好意を抱いている可能性もあるので、二人きりになることがあったら手を出してみても良いでしょう。

元カノ

sefure-basyo26

女友達よりも成功率が高いのが元カノのセフレ化です。

別れた理由や別れてからの期間はさほど重要ではなく、すべては女性の気分次第

何らかの理由で「誰かに優しくされたい」「1人は寂しい」などと感じているときが狙い目です。

元カレとして元カノの性格や思考回路は分かっているでしょうから、タイミングをはかって連絡してみると良いでしょう。

場所別のメリット・デメリット

sefure-basyo30

セフレ作りに向いている場所はご紹介してきた通りです。

どれも編集部が実績を出している場所であり大変おすすめなのですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

そして、メリットとデメリットを理解すれば自分にあったセフレ作りの場所も分かってくるはず。

以下でそのメリットとデメリットを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

クラブ

ナンパ箱と呼ばれるクラブは20代前半の男女が中心

音楽に詳しくない人や遠方からの一元客でも気兼ねなく利用できます。

メリット

sefure-basyo4

クラブでのセフレ作りのメリットは、話が早いこと。

お酒をおごることを口実にして話しかけるのが一般的ですが、相手から気に入られれば10分後にはホテルに向かっていることもしばしばあります。

また、ほとんどのクラブ(ナンパ箱)は一晩で数百人を集客するので、リアルな出会いの場の割に好みの女性を選びやすいというのもメリットです。

デメリット

sefure-basyo10

クラブのデメリットは会話しにくいこと。

店内は大音量で音楽が流れており、会話するにはお互いが耳を近づけなければなりません。

深い話をするのには不向きな場所であり、トーク力を武器にしている男性は実力を発揮できません。

これはつまり、ルックスの良さが求められるということ。

したがって自分の容姿に自信がない人にはあまりおすすめできません。

相席

相席の客層は店によって様々。

下は学生から上は40代くらいまでいます。

メリット

sefure-basyo25

相席のメリットはナンパする必要がないこと。

店側がなかば強制的に相席をセッティングしてくれるので、クラブのように一言めの声掛けで苦戦することはありません。

また、着席して会話するスタイルなのでじっくり口説くことが可能

ルックスが重視されるクラブとは逆のパターンであり、トーク力を生かしたい人は相席をおすすめします。

デメリット

sefure-basyo9

相席のデメリットは一晩で出会える人数が少ないここと、一度相席が始まったら離席しにくいこと。

男女双方に好みがあるわけで、相席相手が好みに当てはまるとはかぎりません。

場合によっては残念なルックスの女性と相席になったり、女性側から塩対応されたりすることも。

その間も料金はかかり続けているわけで、運が悪いと一晩で2~3万円もつかったのに収穫ゼロという状況になります。

スタンディングバー

スタンディングバーの利用者は20代から40代くらいまで様々

店によってメインの年齢層が異なります。

ただし、出会いをテーマにしているという点では共通しており、店内では積極的に声をかけることが必須です。

メリット

sefure-basyo15

スタンディングバーのメリットは話しかけやすいこと。

出会いをテーマにしているだけあって店内ではナンパするのが当たり前

女性側も好みの男性からナンパされるのを待っており、むしろ声をかけない方が失礼なくらいです。

また、ドリンク代が安いので大勢の女性におごっても割と安い料金で済みます。

デメリット

sefure-basyo23

スタンディングバーのデメリットは競争倍率が高いこと。

まだまだ女性客の割合が低いので、ルックスの良い女性には複数の男性が群がっています。

それらの男性をはねのけつつ自分をアピールするのは非常に困難。

そのためクラブと同じく男性には容姿の良さが求められます

インスタグラムやTwitter

インスタグラムやTwitterは若い世代ほど利用率が高くなります

とくにインスタグラムは男性より女性の方が熱心に利用しており、フォロー申請すれば割と簡単に繋がれます。

メリット

sefure-basyo21

インスタグラムやTwitterのメリットは無料であることと利用者が非常に多いことです。

他人とコミュニケーションをとるのがSNS本来の目的ですから、時間さえかければセフレ候補はいくらでも見つかります。

その意味ではもっともターゲット数の多い場所であり、セフレ作り以外の目的にも使えます。

デメリット

sefure-basyo17

最近ではハッシュタグ(#)に「セフレ募集」と書いてインスタグラムやTwitterに投稿する女性が増えてきました。

自身の全フォロワーに対して「私はセフレを募集しています」と宣言しているわけで、なかなか大胆な行動のように思えますが・・・

実はこうしたアカウントはデリヘル業者(主に闇営業)が作成したもの。

メッセージを送ると金額が提示され、それに納得したら女性と待ち合わせしてセックスできます。

インスタグラムやTwitterで「セフレ」と検索してヒットするのはこうした偽アカウントの女性ばかり。

したがって、「セフレ」や「セックス」など、アダルトな内容をまったく書いていない普通の女性を口説くようにしてください。

出会い系サイト・アプリ

出会い系サイト・アプリの主な利用者は20代ですが、30代くらいまでは十分な人数がおり、なかには40代、50代という女性会員もいます。

年齢が高くなるにつれて真剣に出会いを求める人の割合が高くなっており、セフレを作りたいなら30代後半以上が狙い目です。

メリット

sefure-basyo29

出会い系サイト・アプリのメリットは検索機能が充実していること。

目的はもちろんのこと、身長や体型、年齢、居住地、子供の有無など、様々な条件で検索することができます。

業者や援助交際が多いと言われている出会い系サイト・アプリですが、それらの検索条件を駆使すればセフレターゲットのみに絞り込むことが可能。

元々出会いを前提に登録している女性ばかりなので、適切な絞り込みを行ってからアプローチすればインスタグラムやTwitterを使うよりも早くセフレを作ることができます

デメリット

sefure-basyo2

業者や援助交際が多いということ以外にも出会い系サイト・アプリにはデメリットがあります。

それは有料だということ。

上級者になれば1,000円ほどのコストでデートまでもっていくことができますが、初心者ややり方が下手な人であれば初デートまでに数千円ほどかかることも。

別途、デート費用がかかるわけで、結局クラブや相席で知り合うよりも高くなってしまうのです。

ストリートナンパ

ストリートナンパでは年齢を問わず全ての女性がターゲット。

人が多い場所におもむき、手当たり次第に声をかけていくのがポイントです。

メリット

sefure-basyo6

ストリートナンパのメリットはコストがほとんどかからない上に、好みの女性を探しやすいことです。

たとえば東京の場合、OL風の女性が好きなら銀座や丸の内、ギャル系が好きなら渋谷や原宿といった具合に、自分の好みに合わせてナンパの場所を変えていきます。

ちなみに、編集部は信号の待ち時間が長い場所を選ぶようにしています。

なぜなら、通行中より信号待ちの女性の方がはるかに高い確率で話を聞いてくれるから。

そのため大きな交差点のある場所は大変おすすめです。

デメリット

sefure-basyo3

ストリートナンパのデメリットはとにかく成功率が低いこと。

男性側のルックスや話術によりますが、どんなに上手な人でも話を聞いてもらえる確率は10%ほど。

そこからカフェや居酒屋に誘い、最終的にセフレ化するとなると、100人程度に声をかけただけではまったく足りないでしょう。

また、声をかけたほとんどの女性から手厳しく断られるので、それでもへこたれない強いメンタルが必要。

つまり、時間、行動力、忍耐力、容姿、話術の5つを兼ね備えていないとストリートナンパからセフレを作ことはできないのです。

女友達

どんな男性であっても、仲の良い異性は1人くらいはいるものです。

それは職場の同僚や友人の彼女などであることが多く、最初からセックスの対象から除外していることでしょう。

しかし、ちょっとしたことをきっかけにセフレ関係に発展することは多々あります。

メリット

sefure-basyo28

女友達を狙うメリットは、意外と口説きやすく、しかもセフレ関係が長続きすることです。

普段はお互いに「単なる友達」と考えているのですが、宅飲みをした時や重大な悩みを聞いて上げた時などに上手く口説けばセックスすることは可能。

双方に恋人がいない場合はその一度のセックスからセフレ関係に発展しやすく、元々仲が良いのでそのままセフレ関係が長続きします。

デメリット

sefure-basyo13

デメリットは一度セックスをするともう純粋な友達には戻れないということ。

セフレ関係が続くとしても、純粋な友達同士だったころとは二人の空気感が異なるはず。

とくに異性に関する相談をしづらくなるので、手を出すなら「良い友達を1人失う」ということを覚悟してください。

元カノ

どんな理由で別れたとしても、基本的に男性より女性の方が早く忘れます。

したがって、「連絡すればよりを戻せるかも」という考えは男性側の勘違いです。

ただし、よりを戻せることはなくても状況次第でセックスすることはあります

メリット

sefure-basyo19

元カノを狙うメリットは呼び出しやすいということ。

よほど酷い別れ方じゃなければ、「久しぶりにごはんでもどう?」の一言でアポがとれます。

クラブでのナンパや出会い系サイト・アプリではそこにたどり着くこと自体が難しいわけで、元カノはもっとも身近なセフレターゲットといえるのです。

デメリット

sefure-basyo22

元カノのデメリットはセックスに新鮮みがないことと、多くの場合において女性が劣化していることです。

交際当時に何度もセックスしているので前戯から挿入まで目新しさはゼロ。

それどころか交際当時より太っていたり肌にハリがなかったりと、何らかの劣化を感じることすらあります。

そのため、セフレ化後に男性の方が興味を無くすことが多いようです。

まとめ

この記事では、セフレ作りに向いている場所と、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。

セフレ化の簡単さでいえばおそらく元カノが一番です。

一方、好みの女性を探せるという点を重視するなら、出会い系サイト・アプリやクラブが有効。

セフレ作りをするときはこれらの特徴と自分の性格を考慮し、もっとも可能性の高い方法を選んでくださいね。