更新:2020.06.08 作成:2020.06.08

最強のエロい出会い系サイトは?おすすめポイントと注意点をご紹介

deaikei-ero7

一口に出会い系サイトといっても、サイトごとに特色があり、利用者の目的も様々です。

では、男性がエロ目的で利用しようと思った場合、どの出会い系サイトがおすすめなのでしょうか?

この記事では、そんな最強のエロい出会い系サイトと、利用する際の注意点をご紹介していきます。

出会い系サイトは大きく分けて二種類ある

deaikei-ero3

出会い系サイトには、大きく分けて二種類あります。

一つは純粋な婚活・恋活目的の出会い系サイト、もう一つは、割り切り・援助交際がメインのエロい出会い系サイトです。

広告だけをみれば各サイトとも恋愛を強く打ち出していますが、実際に利用してみるとそうではない出会い系サイトも多々あるのです。

そのため、エロ目的での男性であっても、適切な出会い系サイトを選択すれば、かなり簡単にセックスできます

これは近隣に風俗街のない人や特定のパートナーがいない人にとっては、大変ありがたいことではないでしょうか。

純粋な婚活・恋活メインの出会い系サイトの特徴と代表例

純粋系とエロ系の二種類がある出会い系サイトですが、それぞれにどのような特徴があるのでしょうか。

まずは純粋系の方から、その特徴と代表的なサイトをご紹介していきます。
 

純粋系の特徴

deaikei-ero4

純粋系の出会い系サイトにおける特徴は以下の通りです。

  • ●料金が月額固定制(メールし放題)
  • ●メールする前にマッチングする必要がある
  • ●業者が少ない
  • ●キャッシュバッカーはいない

料金が月額固定制(メールし放題)

純粋系の出会い系サイトは、そのほとんどが月額固定制の料金システムとなっています。

複数月の契約を結ぶことで割引されるようになっており、契約期間の範囲であれば、女性のプロフィールは見放題、メールもし放題となっています。

その気になる料金ですが、1月あたり3,000円前後が相場となっています。

婚活・恋活をしている女性はじっくりとメールのやり取りをしたがる傾向がありますから、1日100円程度のコストで何往復もメールできるというのはかなりお得といえるでしょう。

メールする前にマッチングする必要がある

純粋系の出会い系サイトでは、メールのやり取りをする前にマッチングを成立させる必要があります。

マッチングとは、主に男性から「いいね」を送り、女性がそれを了承することで成立するものなのですが、このマッチング成立が非常に難しく、人によっては100人の女性の「いいね」を送っても誰ともマッチングできないこともあります。

このハードルの高さがネックで諦めてしまう男性も多いようです。

業者が少ない

出会い系サイトときいて「業者が多い」というイメージを持つ人もいることでしょう。

ここでいう業者とは、デリヘル業者のことなのですが、男女共に真剣に婚活・恋活をしている純粋系の出会い系サイトでは、デリヘル業者のニーズはほとんどありません。

なので、デリヘル業者側も純粋系の出会い系サイトに潜り込もうとしておらず、全体的に完全な運営がなされています。

キャッシュバッカーがいない

出会い系サイトのなかには、女性が男性からのメールに返信することで報酬を獲得することができるものがあります。

この報酬は商品やギフト券と交換することができるため、それのみを目的として登録している女性がいます。

当然、このような女性達とやり取りをしても、デートできることはなく、男性が得るものは何もありません。

こうした女性のことをキャッシュバッカーと呼ぶのですが、月額固定制を採用している出会い系サイトには、この報酬制度そのものがありません。

つまり、純粋系の出会い系サイトにはキャッシュバッカーはいないということになります。

なので、男性側は安心して利用することができます。
 

純粋系出会い系サイトの代表例

deaikei-ero5

純粋系の出会い系サイトはいくつもありますが、そのなかでも特に有名なのが以下のようなサイトです。

  • ペアーズ
  • Omiai
  • ●マッチドットコム
  • ●with
  • ●タップル
  • ●ゼクシィ縁結び
  • ●ゼクシィ恋結び
  • ●ブライダルネット

例えばペアーズは、20代前半~中盤の女性が多く、恋活がメインとなります。

マッチドットコムやwith、タップル、ゼクシィ恋結びも恋活がメインの出会い系サイトです。

一方、Omiai、ゼクシィ縁結び、ブライダルネットは20代後半~30代の女性が多く、恋活よりも婚活の方がメインとなります。

エロ系出会い系サイトの特徴と代表例

恋活・婚活がメインの純粋系に対して、エロ系出会い系サイトは割り切りや援助交際がメインとなっています。

つまり、恋愛よりもセックスを目的としてる男性が利用するサイトであり、純粋系とは随分趣きが異なります。
 

エロ系の特徴

deaikei-ero6

エロ系出会い系サイトの特徴は以下の通りです。

  • ●料金はポイント制(従量課金制)
  • ●マッチングの必要なし
  • ●業者が多い
  • ●キャッシュバッカーが多い

料金はポイント制(従量課金制)

エロ系出会い系サイトのほとんどは、ポイント制の料金システムを採用しています。

1P=10円としているサイトが多く、一度にまとめて購入すると別途ボーナスポイントがつきます。

こうして取得したポイントは、プロフィールの閲覧やメールの送信など、サイト内のあらゆる行動に必要となります。

出会い系サイトによって消費ポイントの設定に若干の違いはありますが、メールの送信代を1回あたり5P(50円)としているところが多いようです。

マッチングの必要性なし

エロ系出会い系サイトではマッチングの必要がなく、気になった女性に直接メールを出せるようになっているところがほとんどです。

女性の方は対応が大変なようですが、男性にとってはアプローチが容易な分、出会いやすいといったメリットがあります。

ただし、自由にメールを出せるからといって、必ずしも返信があるわけではありません。

業者が多い

エロ系出会い系サイトには、女性会員のふりをしたデリヘル業者が大勢紛れ込んでいます。

男性がセックスを目的としているだけに、デリヘル業者側として非常に良いビジネスの場となっており、サイトによっては登録している女性のほとんどがデリヘル業者になっているところもあります。

なお、相手がデリヘル業者の女性である以上、その女性とセックスするにはお金がかかります。

相場は13,000~20,000円+ホテル代となっていますから、エロ系出会い系サイトを利用する際はこれくらいの出費は覚悟しておく必要があります。

キャッシュバッカーが多い

ポイント制となっているエロ系出会い系サイトでは、キャッシュバッカーも大勢います。

メールを送るたびにお金がかかる男性側としては非常に迷惑な話なのですが、キャッシュバッカーを事前に見抜くことは難しく、数回のやり取りを経て判断していくしかありません。

その判断基準ですが、「連絡先を教えてくれるかどうか」「話がかみ合うかどうか」の2点となっています。

数日かけてやり取りしているのに連絡先の交換を渋られる場合や、やり取り中の会話がかみ合わないような場合は、キャッシュバッカーと考えてまず間違いないでしょう
 

エロ系の代表例

deaikei-ero9

主なエロ系出会い系サイトには以下のようなものがあります。

ハッピーメールは最大手ともいえる出会い系サイトで、非常に多くの会員がいます。

エロ系出会い系サイトではサイト内の掲示板を使って相手を募集するのが一般的ですが、ハッピーメールは女性からの書き込みが多く、それらにメールを出すことでその日のうちにセックスすることが可能です。

ただし、前述した通りほとんどの女性がデリヘル業者であり、セックスするにはお金がかかるということは理解しておきましょう。

その他のエロ系出会い系サイトも若干の違いはあるものの、業者が多く簡単にセックスできるという点は同じです。

エロ目的で使えるおすすめの出会い系サイト

deaikei-ero8

各種出会い系サイトの特徴が分かったところで、特におすすめのエロ系出会い系サイトをご紹介していきます。

どのサイトも少ないコストで利用できますから大変おすすめです。
 

ハッピーメール

裕太 (3.00)

有名なので利用者は多いです

真剣な出会いを求める人には向いていないかもしれませんが、気軽な遊び相手を探したいという利用者がすごく多いので目的が同じであればオススメだと思います。自分も実際に何人かとデートをしたことがありますが、女の子の方もあまり真剣な交際を求めている感じではありませんでした。今ではほとんど連絡をとっていない女の子ばかりですが、一人だけ月に一度ぐらいの頻度で会う女の子がいます。そして現在も探していますが、自分が真剣な交際を考えているため同じ目的の女の子を探している感じです。遊びでやる方にはオススメです。
1
1

ハッピーメールの魅力は、何といってもその会員数の多さです。

東京などの大都市はもちろんのこと、地方の小規模な街であっても、ハッピーメールの掲示板をみればお相手を募集している女性が見つかります。

掲示板に書き込みをしている女性のほとんどがデリヘル業者か個人で売春をしている女性なので断れることがほとんどなく、2~3人にメールをだせば誰かとは出会えます。

その場合、金額などの条件を確認するだけですでに会う話になりますから、やり取りは5~6回程度で十分です。

待ち合わせ後もホテルに直行となり、ほぼセックスのためだけに会う(余計なことはしなくて良い)ことが可能です。

エロ目的で使う分には非常に良い出会い系サイトであり、ファーストチョイスになることは間違いないでしょう。
 

ワクワクメー

智也 (4.00)

自分には合ってます

女性のプロフィールをちゃんと見てから、気になる子にメールを送ってます。50%くらいの確率で返信が返ってきますが、食事に誘うとお手当ありなら行きたいという子が多かったです。そういう子達は自信があるのか、可愛い子が多いです。食事くらいなら奢るけど、お小遣いは渡したくないという人には向かないです。金銭目的な女の子が多いだけに、条件さえ合えば手っとリ早く会えます。
0
0

ハッピーメールほどではないものの、会員数の多さでいえばワクワクメールもかなりのものです。

女性の質、目的、年齢層などはハッピーメールと似ていて、20代前半~中盤の女性が多くなっています。

当然、彼女たちの目的はお金なので、エロ目的の人はハッピーメールと併用していくと良いでしょう。

ただし、上の口コミにもあるように、セックスなしで食事だけ、という関係を希望している女性もいます。

それでもお小遣いを要求されてしまうので、エロ目的の人は事前にデートで何をするのか、という点を確認するようにしてください。
 

PCMAX

航平 (4.00)

登録数が多くて選択肢が広がる

特に、女性の登録者数が多いので選択肢はかなり広いです。年代も幅広く学生〜40代、50代まで登録しています。自分の好みに合わせた使い方が可能で使いやすい。しかしながら、なかにはサクラや業者かなと思う人もいます。連絡を取ると矛盾していることを言っているなどはありました。目的が合えば結構すぐ会えます。
6
4

PCMAXは女性の年齢層が幅広いところに特徴があります。

20代を中心としながらも、30~40代、50代もいます。

この40~50代はお金目的ではなく、純粋に出会いを求めている女性も多いので、熟女好きには丁度良い出会い系サイトです。

また、通常のプロフィールとは別に、アダルトな質問に答える裏プロフィールというものがあります。

ここに回答している人のなかにはセフレ関係を希望している素人女性もいるので、お金目的以外の人を探しやすくなっています。

エロ系出会い系サイトを利用するときの注意点

deaikei-ero1

エロ系出会い系サイトを利用する際には注意すべき点があります。

これらを理解していないと様々な被害に遭うことになりますから、しっかりと頭に入れておきましょう。
 

利用停止になることがある

どの出会い系サイトにも利用規約というものがあり、そこに禁止事項が書かれています。

これに違反してしまうと利用停止となり、その時点で保有していたあらゆるデータが使用できなくなります。

こうした利用停止はエロ系出会い系サイトに特に多いので、かならず利用規約に目を通してから利用するようにしてください。
 

アドレス回収業者に注意

出会い系サイトにはデリヘル業者以外に、アドレス回収業者と呼ばれる業者も潜んでいます。

アドレス回収業者は女性会員に扮して連絡先の交換をし、その連絡先を他の悪事に利用することを目的としています。

こうした被害に遭わないようにするには、安易に連絡先を交換しないのが一番です。

特に、女性側から連絡先の交換を提案された場合は、アドレス回収業者であることを疑った方が良いでしょう。
 

ハニートラップ

エロ系出会い系サイトで多いのがハニートラップです。

「お金はいりません」「私の部屋でエッチしましょう」などの好条件でアポをとり、やってきた男性からお金を脅し取ることが多いようです。

その他、セックスをしてから「私は未成年だよ」と脅してきたり、「住所と会社を突き止めた」と脅してくる女性もいます。
 

性病

エロ系出会い系サイトで出会う女性は、他に複数の男性ともセックスをしていると考えられます。

そうなると怖いのが性病です。

この10年ほどで性病罹患者の報告例が急増しており、そこに出会い系サイトを介しての安易なセックスが関係しているとの指摘もあります。

性病は口からうつることもあるので、コンドームを使用したからといって100%安全ではありません。

また、自覚症状がでないこともあります。

なので、エロ系出会い系サイトを使う人は、定期的に検査を受けた方が良いでしょう。

ペアーズやwithはセフレ作りにも使える

deaikei-ero2

恋活や婚活がメインとなっている純粋系の出会い系サイトですが、ペアーズやwithではセフレを作ることも可能です。

というのも、この二つには、比較的ライトな出会い(遊び)を求めている素人女性も登録しているからです。

エロ系出会い系サイトほど露骨ではありませんが、上手に口説いてあげることで割と簡単に本音がでてきますから、初デートでセックスすることも不可能ではありません。

この場合、相手の女性はお金目的ではないので、長期的な関係になっても費用が重荷になることはないでしょう。

このような関係はお金目的の女性が多いエロ系出会い系サイトでは築きにくいので、ペアーズやwithで狙ってみるのも良いでしょう。

まとめ

この記事では、おすすめのエロい出会い系サイトをご紹介しました。

ポイント制の料金システムを採用している出会い系サイトの多くがエロ系であり、わずか数回のやり取りをしただけで簡単にセックスすることができます。

とくにハッピーメール、ワクワクメール、PCMAXの3つは会員数が多いので、よほどの田舎でない限り、セックスの相手に困ることはないでしょう。

ただし、それは相手がデリヘル業者か個人で売春をしている女性だからであって、セックスするにはお金を払う必要があります。

そのような関係では満足できないという人は、純粋系のペアーズやwithで遊び目的の女性を探すと良いでしょう。

いずれにしても、選択する出会い系サイト次第では割と簡単にセックスできますから、エロ目的の人は上手く活用してみてください。